名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

人見洋二郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

人見洋二郎のプロフィール

人見洋二郎、ひとみ・ようじろう。日本の経営者。「鳥放題」などを展開する「ダイニングファクトリー」社長。会社員をしながら起業。その後、心屋(のちのダイニングファクトリー)を設立。

人見洋二郎の名言 一覧

食べ放題の場合、お客様のストレスになるのが、「出てこない」ということです。焼肉であればお客様が自分で焼くのでいいですが、焼き鳥はそうはいきません。私が個人的に研究したものでいうと、その時間は9分以上。対して通常の焼き方をすると15分はかかってしまう。そこで当社は通常40g~50gといわれている烏を一回り小さい35gにし、オリジナルの電気焼台で焼くことで3分まで短縮したのです。


鳥放題が目指しているのは、回転寿司です。もともと寿司も回転寿司が出てくる前までは高級品でなかなか若い方やファミリーではいけませんでした。ただ回転寿司が出てきたことで、今ではファミリーが堂々と食べられるようになりましたし、メニューも昔だったら寿司好きの人たちに煙たがられるようなアレンジ商品も、今では受け入れられるようになっています。ですから焼き鳥もそうなるのではないかと思ったのです。


人見洋二郎の経歴・略歴

人見洋二郎、ひとみ・ようじろう。日本の経営者。「鳥放題」などを展開する「ダイニングファクトリー」社長。会社員をしながら起業。その後、心屋(のちのダイニングファクトリー)を設立。

他の記事も読んでみる

西多昌規

お酒に頼ったり、愚痴を言ったりするのは、精神的疲労に良くありません。アルコールは質の良い眠りを阻害します。また愚痴ばかり口に出すのは、一種の洗脳に当たります。ネガティブな思考のクセがつき、疲れを助長させるでしょう。


勝田忠緒

大事なのが心理学の知識です。取引をする際は、相手の気持ちを汲む必要があるからです。


児玉光雄

リレハンメル冬季五輪の金メダリスト、ダン・ジャンセンは、1日も欠かさずトレーニング記録をつけることを日課にしていました。そこには目標記録と実際の記録がびっしりと書き込まれていたのです。漠然とした目標ではなく、クリアすれば確実に金メダルを獲得できる目標記録があったからこそ、ジャンセンは過酷なトレーニングを見事に克服したのです。


嶋聡

時代の流れを読むのはもちろん重要ですが、単にそれにとどまらず、みずからの意志と行動力で未来をつくり出す。それこそが最良の先見力。


家本賢太郎

私も部下の欠点を指摘しないわけではありません。改善すればよくなる点は指摘します。でも、まずはその人の光り輝く部分を見つけることが前提です。


緒方健介

エリートコースを歩めるのはごく一部の人だけ。逆にいえば、ビジネスマンの多くは非主流派(非主流部署)に属しているといえます。そして、そんな傍流の上司には「ついていってはいけない人」が少なくないのも事実ですね。有能とは言えない上司とともに没落しないようにすること、そして傍流からなんとか抜け出すことが大切です。


脇若英治

個人の希望と会社の都合という2つのベクトルが合っていなければ、お互いにハッピーになれません。この2つをマッチングさせるのが人事の仕事。だから、当社のモットーは「good for you, good for BP」なのです。


川村益之

他人が褒めてくれないとやる気が出ない人は、自分の力では何も解決できないと言っているようなものです。


森永卓郎

「何をすればいいかわからない」なら、忙しい人のそばに行くのはどうですか? そこには必ず仕事があります。良い例が元経済財政担当大臣の大田弘子さんです。元々生命保険文化センターという財団法人の嘱託職員だった彼女は、センターに出入りする多忙な大学教授らの資料作成などを手伝ううちに、仕事が認められ自らも教授となり、最終的に大臣にまでのぼりつめました。これはできすぎだとしても、今の時代、何がチャンスになるかわかりません。「足りないお金は自力で稼ぐ」。その気概が、問われているんじゃないでしょうか。


上田比呂志

上司が帰らないから、用もないのに、残業したりするのは無用の気配りですね。礼は大事だが「私の仕事は終わりましたけどお手伝いすることありますか」とかひと言かけるといい。上司に帰る時間を合わせるのは、なんの意味もない。会社にもメリットがない。


牛島信

上場しているから狙われる。上場しているからお金のロジックの嵐の中に巻き込まれてしまう。上場するメリットとは何なのか。むしろサッポロHDにとってはMBOを実施して上場を廃止するチャンスが巡ってきたのではないかとも私は思います。


ひろゆき(西村博之)

これは個人的な思い込みなのですが、インターネットの場合B to Cで成功している企業はB to Bで失敗しているということです。たとえばヤフー。日本での知名度は抜群になり、宣伝力も技術力もあるにもかかわらず、ヤフーサーバーをB to Bで使用している企業はありません。ヤフードメインも使われていないような気がします。もちろん、多少は使用されていると思いますが、宣伝効果に対しての比率で考えると、非常に効率がよくないというイメージです。