名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

人見洋二郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

人見洋二郎のプロフィール

人見洋二郎、ひとみ・ようじろう。日本の経営者。「鳥放題」などを展開する「ダイニングファクトリー」社長。会社員をしながら起業。その後、心屋(のちのダイニングファクトリー)を設立。

人見洋二郎の名言 一覧

食べ放題の場合、お客様のストレスになるのが、「出てこない」ということです。焼肉であればお客様が自分で焼くのでいいですが、焼き鳥はそうはいきません。私が個人的に研究したものでいうと、その時間は9分以上。対して通常の焼き方をすると15分はかかってしまう。そこで当社は通常40g~50gといわれている烏を一回り小さい35gにし、オリジナルの電気焼台で焼くことで3分まで短縮したのです。


鳥放題が目指しているのは、回転寿司です。もともと寿司も回転寿司が出てくる前までは高級品でなかなか若い方やファミリーではいけませんでした。ただ回転寿司が出てきたことで、今ではファミリーが堂々と食べられるようになりましたし、メニューも昔だったら寿司好きの人たちに煙たがられるようなアレンジ商品も、今では受け入れられるようになっています。ですから焼き鳥もそうなるのではないかと思ったのです。


人見洋二郎の経歴・略歴

人見洋二郎、ひとみ・ようじろう。日本の経営者。「鳥放題」などを展開する「ダイニングファクトリー」社長。会社員をしながら起業。その後、心屋(のちのダイニングファクトリー)を設立。

他の記事も読んでみる

冨山和彦

革新的な技術を基礎とした新産業創出を目指す「イノベーションの担い手」として、大学発ベンチャーへの注目度が近年改めて高まっている。その一方で、「日本の大学にそんな力はない」「日本から世界を席巻するメガベンチャーが生まれるわけがない」という懐疑論も根強い。しかし、東大発ベンチャーの時価総額が1兆円を超え、東大や京大から毎年、数十件の新たなスタートアップ企業が生まれるなど、大きな地殻変動が起きつつあるのも事実だ。私自身、20年近く東大の産学連携を手伝ってきた者として、山が動き出している実感を持っている。


アイスキュロス

人間は高慢な思いを抱くべからず。高慢は花を付け、破滅の穂を実らせる。実りの秋はとめどない涙を刈り取る。


伊藤謙介

今は第一線を退いていますので社員に直接業務に関係ある話はあまりしませんが、それでも月に一度ほど工場に参りまして、社員に話をします。「何のために会社があるのか」といった話もよくするのです。


渡辺淳一

作家も、なかなか芽が出なくてもへこたれない、したたかな鈍感力がないと続かないよね。僕が新人作家のころ、故・有馬頼義先生が主宰していた「石の会」という新人作家の会があってね。一応、全国区の新人賞はとっても、直木賞や芥川賞の手前という連中が集まっていたんだけど、生き残ったのは、いい意味で、したたかでたくましい人たちだよ。


前川孝雄

上司が無口なタイプなら、自から本音を打ち明けましょう。「相談」というかたちをとると果的です。自分の弱みを見せることは最大の自己開示です。そういう部下は「かわいいヤツだな」と思われます。


岡田斗司夫

ダイエットにおいて本当に大事なのは、「どうやるか」ではなく、「なぜ太ってしまったのか」という原因を見つけることです。仕事でも、何か不具合があればまず原因を突き止めてから対策を立てます。それと同じです。


五嶋みどり

支援活動を通じて一番学んだことは、私たちはすごく裕福な生活をしているということです。ただ、それが精神的な幸福とは結び付かないのではないかと感じています。欲を捨てないと、本当の意味での生きる理由が見つけられないのではないかと考えるようになりました。


工藤公康

相手の心を読み取れるかどうかは、自分のメンタルを良い状態に保つ意味でも重要。読み取れていれば優位に勝負できる気持ちになれる。読めていないと不安になり、勝手に追い詰められることになる。どんな勝負事でも、戦う前から相手に呑まれては、良い結果は出ない。


西村克己

仮説で大事なのは、「正しさを犠牲にしてでも先読みする」こと。後で実際に確かめればOKです。もし間違っていたら仮説を修正して再検証。そうすれば正しいゴールが見えてきます。


横山光昭

夫婦共働きの場合、互いのお金の使い道はノーチェックとなりがちだ。それが浪費のもととなり、ふたを開けたら夫婦ともに貯金がないというケースが多い。


佐野恵一

株式会社となって4年を過ぎていますが、その間のお客様のリピート率は83パーセントです。14回ご利用いただいているお客様もいらっしゃいます。リピート客が多いといっても、初めは、これが最後の旅行だと思って申し込まれる方がほとんど。でも、一度旅行を経験すると自信がついて、「また行きたい」という思いがふくらむようです。それに、私たちスタッフがたんに介助をするというだけではなく、第二の家族のように接することを心がけていることも、プラスに働いているのでしょう。私たちが家族のように接するからこそ、安心してお一人で参加される方が大半なのです。


大宮英明

私は新し物好きで、自分がやっている仕事以外にも面白い仕事があるんじゃないかと常に思っている人間なのです。そして産機(産業機械事業部)へ行ってみたら実に面白い。事業部が小さいから人間付き合いの密度も濃いし、製品の開発期間が短いから、設計もサービスも営業の現場も、すべてを見ることができました。産機は私の第二の故郷だと思っています。
【覚書き|30年関わった戦闘機や航空宇宙産業の部署から、産業機械の部署に移されたときを振り返っての発言】