人見洋二郎の名言

人見洋二郎のプロフィール

人見洋二郎、ひとみ・ようじろう。日本の経営者。「鳥放題」などを展開する「ダイニングファクトリー」社長。会社員をしながら起業。その後、心屋(のちのダイニングファクトリー)を設立。

人見洋二郎の名言 一覧

食べ放題の場合、お客様のストレスになるのが、「出てこない」ということです。焼肉であればお客様が自分で焼くのでいいですが、焼き鳥はそうはいきません。私が個人的に研究したものでいうと、その時間は9分以上。対して通常の焼き方をすると15分はかかってしまう。そこで当社は通常40g~50gといわれている烏を一回り小さい35gにし、オリジナルの電気焼台で焼くことで3分まで短縮したのです。


鳥放題が目指しているのは、回転寿司です。もともと寿司も回転寿司が出てくる前までは高級品でなかなか若い方やファミリーではいけませんでした。ただ回転寿司が出てきたことで、今ではファミリーが堂々と食べられるようになりましたし、メニューも昔だったら寿司好きの人たちに煙たがられるようなアレンジ商品も、今では受け入れられるようになっています。ですから焼き鳥もそうなるのではないかと思ったのです。


人見洋二郎の経歴・略歴

人見洋二郎、ひとみ・ようじろう。日本の経営者。「鳥放題」などを展開する「ダイニングファクトリー」社長。会社員をしながら起業。その後、心屋(のちのダイニングファクトリー)を設立。

他の記事も読んでみる

田中良和(GREE)

不特定多数のユーザーをイメージする際、ありとあらゆるタイプの人が無差別にやってくる場所を思い浮かべます。たとえば市役所や病院の待合室。18歳の女性がいる一方で、30代中盤のサラリーマンがいる。小さな子供たちがいれば、お年寄りがいる。「みんな」に使われるサービスを発想するためには、「みんな」という漠然としたイメージではなく、そうした一人一人の具体的な生活を想像することが大切です。


南部靖之

様々な方を招いた勉強会も以前から開いています。アメリカでは経営者やエグゼクティブは、同じ経済人だけではなく、様々な分野の人と交流する勉強会やビジネススクールを通じて、業界業種を超えた交流をしています。アメリカに住んでいた頃、このことを知って、素晴らしいと思いました。それで、日本に帰国したら自分もやろうと。


松﨑暁(松崎暁)

無印良品は「わけあって、安い」というキャッチコピーでスタートしました。無印良品というのはわけがあって、つまり素材の選択、工程の点検とか、包装の簡略化といった合理的な理由で安いという意味です。ですから当社は毎年、全世界で価格を見直しています。


本田健

サラリーマンであれば社内でナンバーワンを目指す。それを達成したら業界ナンバーワンを目指す。そのことにより自分の価値が上がっていき、会社が手放したくない人材になれる。


浜島俊哉

店長をしていた7号店が振るわず閉店することが決まり、店長から降格。プライドはズタズタでした。いま振り返れば、小さな出来事ですが、降格を思い知った夜があります。私は店長会議の会場になる直営店で補佐として働いていました。会議のある夜は、各店舗の店長が集まってきます。ついこの間まで自分も参加していたのに、いまはお茶を出し、頭を下げて先に帰らなくちゃいけない。「会議に出る」、その小さなステイタスが失われたことを実感したら、悔しくて悔しくて。寮までの道のり、星空を見上げながら「このままでは終わるまい」と唇を噛みしめて歩いたのを覚えています。


坂本孝

どんなに素晴らしいアイデアでも、自分ひとりの力では限界があります。力を貸してくれる仲間をどれだけ集められるかが、アイデアを実現するためのカギだと言えます。


財津和夫

若いころは、詞よりもサウンドが優先で、言葉はあまり好きじゃなかったんです。大事なのは、どんな格好で歩くかではなく、まず橋をかけること。それに気づいて、言葉の力を再認識しました。メロディやサウンドで相手を説得するのは難しいんですよ。いまサウンドに限界を感じるのは、僕の世界が狭くなったからかもしれません。昔は不思議の国まで行けたけど、いまはもう行けないし、行きたくもないですね。


稲垣えみ子

50歳で朝日新聞を退社したのは、ステップアップや第二の人生を咲かせたいと思ったわけでもありません。これまで何かを獲得していくこと、お金を稼ぐことをよしとした人生から、閉じていく人生を迎えるにあたって、手放していくことをポジティブにとらえたい。そんな心構えをつくらないと、今後の人生はイヤなことを我慢するばかりの人生になってしまう。そんな人生は絶対イヤだと思ったんです。


岡田武史

子供時代からプレーモデルや哲学をきちんとしたメソッドで叩き込んで、正しいサッカーの型を作るべき。型にはめると自由な発想ができなくなると言われがちですが、そうではありません。守破離という言葉もあるように、型があってそれを守るから、やがてそれを破り離れようという進化が始まり、その過程で新しい発想が生まれる。それはサッカーに限らず、あらゆる分野で言えることかもしれません。


柴山政行

会計において、売上と設備投資は同額程度という鉄則がある。100万円の設備投資からは、100万円の売上を生まなくてはならないという考え方だ。この鉄則を守れなくなったら、撤退のシグナルが点滅し始めたと捉える。


木梨憲武

おかげさまで、20年描きためた絵で個展をやらせてもらったり、歌手をさせてもらっているけど、専業のプロじゃないってことはいつも意識してますね。


東哲郎

まあ今回の決定は、言ってみれば天の声ですから。どうしようもないですよ。悔やみ続けているよりも、1社単独でこれからどう生き抜いていくのかと、目線はすぐに新しい成長戦略の策定に移りました。
【覚え書き|米国司法省の反対でアプライドマテリアルズとの経営統合が頓挫したときを振り返っての発言】


倉重英樹

人間は弱いものです。少ない努力で多くの実入りを求めようとします。しかし、世間は甘くありません。仕事の楽しさは、決してラクな仕事では得られません。それは、知恵を出し体を張って困難な状況を突破し、最後になって味わう達成感でしかないと思います。20代、30代のうちに自分を御する力を身につけてほしい。身につけている人とつけていない人ではその後のキャリアに雲泥の差が出てきます。


窪田良

私は失明をなくしたい。もちろん、医者として患者さんの治療に当たる日々は充実していましたが、医者としてできることには限界がある。ならば、自分で治療法を見つけようと思ったんです。


柳井正

ほとんどの人が経営を勉強だととらえているからではないでしょうか。ぼくにとっての経営は『実行』『実践』。だから、勉強することも、良いことであれば実行しよう、実践しようという前提があってやる。どれだけ良いアイデアがあっても、実行しなければ成功もしないし、失敗もしない。それは時間のムダでしかないでしょう。


ページの先頭へ