名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

人見ルミの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

人見ルミのプロフィール

人見ルミ、ひとみ・るみ。日本のマインドフルネス・ファシリテーター。「サンカラ」社長。ニュースレポーター、気象予報キャスター、ニュース番組担当ディレクター、船井メディア「Just」編集長・常務取締役などを経て独立。

人見ルミの名言 一覧

ストレスは避けられませんが、それを心身に溜めない方法を知り、訓練しておくことが大切。


1週間に1回1分間、自分の心のモヤモヤを、思いつくまま紙に書き出してみましょう。誰にも見せないようにして、恥ずかしいことでも全て書くことが重要。書いたものをありのままに認知することで、自分が何を問題にしているのか気づきます。


自分が焦っていると気づいたときは、吐く息を長くすることで集中力が上がります。普段は無意識にやっている呼吸を、意識的に集中してみましょう。7秒数えながら息を吸い、1止めてから10秒数えながら腹から吐いていくのです。


20代のときに報道ディレクターとして働いていたんですが、心身の疲労を感じ、退職してインドでマインドフルネスのエッセンスを学びました。帰国してから仕事を再開したんですが、違う視点から物事を見られるようになったので、上司からなにか嫌なことを言われても、悩まないようになりましたね。おかげで仕事に集中できて、ミスも激減しました。ミスはリカバリーに時間がかかり、生産性を低下させる要因ですからね。


目を閉じて、瞑想をすることでマインドフルネスの状態になります。すると自分がいま、なにを考えているのか、俯瞰して見ることができます。モヤモヤした思考が、仕事上の問題なのか、単なる感情的なものなのか、その思考や感情をただありのままに見ます。解決できるものはすぐ解決し、難しいものはしばらく置いておくなど、分類する。これをラベリングと言います。「これは後回し」と優先順位を決めるだけで、ひとまず整理できていない頭の状態から脱却できるんです。


人見ルミの経歴・略歴

人見ルミ、ひとみ・るみ。日本のマインドフルネス・ファシリテーター。「サンカラ」社長。ニュースレポーター、気象予報キャスター、ニュース番組担当ディレクター、船井メディア「Just」編集長・常務取締役などを経て独立。

他の記事も読んでみる

野田順弘(オービック)

弊社の専務は毎朝8時に出社して、会社のそばの喫茶店でコーヒーを飲みながら出社してくる社員たちを眺めています。そこでいつもと顔色の違う社員を見つけたら、あとで必ず声をかけに行く。職場の階が違ってもわざわざ出向いていくのです。もちろん部下がいつもと同じ様子でも、普段から積極的に声をかけます。彼はそうやって毎日200人以上の社員と言葉を交わしています。こうしたコミュニケーションの積み重ねが、上司と部下の信頼関係をつくっていくのではないでしょうか。


尾藤峰男

安易に会社を辞めるべきではありません。会社内で築いたスキルは社外で通用しないことも多いもの。もし転職や起業を考えているなら、自分の力を過信せず、資格を取ったり、日頃から起業センスやネットワークを作っておくことが大切。


西澤ロイ

丸暗記や詰め込みなどの「勉強」を卒業し、「日本語はこうだけれど、英語はこうなんだ」と理解できれば、英語を学ぶことが楽しくなってきて、その楽しさが継続につながります。そして継続は、必ず効率をしのぐ効果を挙げるのです。


喜多村円

他社のまねをするようになったらおしまい。技術的な優位性があるのに、うまく利益につながっていないという批判があるのは承知しています。それでもオリジナリティーのある製品を次々と作り出せる会社でありたい。


和田秀樹

仕事の分野でも、二足のわらじを履く時代になりつつある。時代が過渡期に来ているからこれは当然だと思う。サラリーマンの副業を認める企業も出てきているし、世の中で活躍している人たちを見ても二足のわらじを履いた人が少しずつ増えてきている。もはや何かをやるために今やっていることを捨てる必要はまったくない時代なのだ。上手に二足も三足もわらじを履いた方が、人生は豊かになる。


南佳孝

昔、業界の偉い人に「君の曲は難しいんだよ」と言われて、簡単にしようと思ったけど、できないんだ。色々考えて作った曲も、もっとフックが欲しいと思って一度寝かせて後で聴くと、「ポリッシュすればもっとよくなるな」。その繰り返しでね。「ここのコードはこれかな、それともこっちかな」というのは曲全体から見れば細かい話なんだけど、魂はそういう細部に宿っちゃうものだから。ビートルズの初期の曲でも、あのオーギュメントのコードでみんな「何これ?」ってハートを掴まれたわけだしね。


中村義一

最近は学歴や資格が重視されすぎだと思います。うちにも東京大学大学院生をはじめ立派な学歴の若者が多く入社試験を受けに来ますが、知識はあっても「自分で考える」ことができない人が多い。教わって得る知識は偽物です。自分で考え抜く訓練が大切で、工夫する努力を重ねると、壁にぶつかってもあの手この手が出てくるようになるものです。


出口治明

まず、質・量ともにその人の能力に見合った仕事を与えているかどうかを考えてみてください。部下の能力、やりたいことをきちんと理解して、仕事に打ち込める環境をつくることがマネジメントの基本です。


小池百合子

人が嫉妬する裏には、自分がないがしろにされているという思いがあります。そういう人が相手の場合は、その人を自分に取り込んで、巻き込むくらいの度量を持つということが大事でしょう。


古森重隆

あの業界が伸びているからあそこをやってみようかと言っても駄目。簡単に勝てるような、そんな甘いものではない。そこでうちに競争力があるかどうかが大事。


壺阪龍哉

整理が大事とはいえ、そこに時間をかけすぎて仕事が遅くなってしまっては本末転倒です。


中條高徳

リーダーには決断のために、その組織で最も情報と金が集まる仕組みになっています。状況がいい時は部下も得意先も安心して指揮官の顔は見ません。しかし悪くなってくると、「金も情報も持っているのだから、指揮官はこの事態をどう判断するのか」とまじまじと上司の顔を見るのです。困って顔面蒼白になっていたら、部隊が勝てる道理がないではありませんか。