名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

人見ルミの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

人見ルミのプロフィール

人見ルミ、ひとみ・るみ。日本のマインドフルネス・ファシリテーター。「サンカラ」社長。ニュースレポーター、気象予報キャスター、ニュース番組担当ディレクター、船井メディア「Just」編集長・常務取締役などを経て独立。

人見ルミの名言 一覧

ストレスは避けられませんが、それを心身に溜めない方法を知り、訓練しておくことが大切。


1週間に1回1分間、自分の心のモヤモヤを、思いつくまま紙に書き出してみましょう。誰にも見せないようにして、恥ずかしいことでも全て書くことが重要。書いたものをありのままに認知することで、自分が何を問題にしているのか気づきます。


自分が焦っていると気づいたときは、吐く息を長くすることで集中力が上がります。普段は無意識にやっている呼吸を、意識的に集中してみましょう。7秒数えながら息を吸い、1止めてから10秒数えながら腹から吐いていくのです。


20代のときに報道ディレクターとして働いていたんですが、心身の疲労を感じ、退職してインドでマインドフルネスのエッセンスを学びました。帰国してから仕事を再開したんですが、違う視点から物事を見られるようになったので、上司からなにか嫌なことを言われても、悩まないようになりましたね。おかげで仕事に集中できて、ミスも激減しました。ミスはリカバリーに時間がかかり、生産性を低下させる要因ですからね。


目を閉じて、瞑想をすることでマインドフルネスの状態になります。すると自分がいま、なにを考えているのか、俯瞰して見ることができます。モヤモヤした思考が、仕事上の問題なのか、単なる感情的なものなのか、その思考や感情をただありのままに見ます。解決できるものはすぐ解決し、難しいものはしばらく置いておくなど、分類する。これをラベリングと言います。「これは後回し」と優先順位を決めるだけで、ひとまず整理できていない頭の状態から脱却できるんです。


人見ルミの経歴・略歴

人見ルミ、ひとみ・るみ。日本のマインドフルネス・ファシリテーター。「サンカラ」社長。ニュースレポーター、気象予報キャスター、ニュース番組担当ディレクター、船井メディア「Just」編集長・常務取締役などを経て独立。

他の記事も読んでみる

江幡哲也

ビジネス文書で型通りの堅苦しい文章表現では、相手に冷たい印象を与えてしまうのではないかと心配する人も多いと思います。ただ、ビジネスマンとしては、やはり失礼にならない表現を身につけるべきです。くだけた文章表現は、あくまでも相手との関係性が確立されたあとで使うべきものです。いくら親しみを込めたり、わかりやすく伝えるつもりでも、いきなりくだけた表現を使うのは、社会人失格です。


南場智子

人生の目標や目指すべき人生って、ひとつじゃないと思うんです。だから能動的に、積極的に、怖がらずに、自分の幸せを定義して欲しい。


桐山一憲

消費者自身が気付いていなかったニーズを上手く掘り起こすことができたなら、新しい市場を開拓できます。消臭剤のファブリーズスプレーはまさにその典型で、液体を噴きかけてにおいをとる発想は、消費者の側にはなかったと思います。


梅森浩一

一般的に仕事を真似るというと、「複数の人の、いい部分だけを採り入れる」ことと考えられがちです。しかし、ある人の長所だけを抽出するとなると、その人が出した結果について、なぜそのような結果が出せるかの原因について、把握しておく必要があります。しかし、最初からその因果関係が理解できていれば、苦労はありません。仕事の成果には複数の要因が折り重なっています。そうした因果関係を把握するためにも、まずは目標となるべき一人のフォロワー(追随者)になることが必要なのです。


佐々木正悟

楽しくないこと、やりたくないことほど、記録をつけて仕組み化してしまうといいでしょう。


安藤忠雄

私は現在、韓国で3つの建築を手掛けていますが、ダメなものはダメとはっきり言います。それで最初は扱いにくい日本人だと思われていたようですが、こちらが本気だということが相手に伝わってからは、逆にいい関係で仕事ができるようになりました。


福沢諭吉

人間社会には、人望の大小軽重はありますが、人に当てにされるような人でなければ何の役にも立ちません。


糸井重里

手帳を発売してから5年ほどたつと、事業の規模も大きくなってきます。リーダーとしての自覚も出てきた。でもまだビジネスのことはよく知りませんでした。この当時、読んだのが、アップルにジョン・スカリーが入り、スティーブ・ジョブズを追い出し、ダメになっていく過程を描いた本でした。スカリーが会議に出ると、ウサギの着ぐるみを着ている社員がいる。スカリーはそれが我慢できなかったそうです。この本を読んでから、働くとはどういうことなのか。ウサギを着ているのはいいのか悪いのか。普通の会社とはどんな会社なのか。いろんなことを考えました。それで目指したのが、きちんとした会社でありながら、ウサギを着てもかまわない会社です。この2つは相反するものではなく、両立するのではないかと考えたのです。現にシリコンバレーでは、成長し続ける会社でも、社員がモノを食べながら自由な服装で社内を歩いている。ほぼ日もそれを目指そう、と。


江上剛

話すときはわかりやすい言葉を使うことが肝心です。銀行には「期中平均残高」「乖離幅」など独特の業界用語があります。こういう用語を使って、支店の全体会議を開いたらどうなるか。上司は同じ銀行員だから話は伝わると思い込んでいますが、ほとんど伝わらないというのが実態です。


津久井将信

デザイン会社に勤務していたときに、ある企業のロゴマークに3億円の制作費がかかっていると聞き、ロゴにはすごい価値があると知ったんです。だから、ロゴの仕事は安く請けないという暗黙のルールがありました。格安でデザインすれば勝負できると思ったのが起業のきっかけです。


藤沼彰久

私は、若いころに新しい技術に飛びついたものの、採用したベンダーの維持管理体制が不十分だったことから、結果的にお客様に迷惑をかけてしまったことがありました。それもあってお客様やお客様の使うシステムに最も合う技術基盤を使うべきだというのが持論です。


小笹芳央

最近はパソコンなどIT機器の進化で「知っている」ことの価値が薄れています。しかし、知ることを軽視するといざ「考えるぞ」という時に、頭から知識が取り出せない。本を読んだり、いろいろなものを見たり、多くの人と会って話したりする努力を怠らないでください。