名言DB

9413 人 / 110706 名言

人見ルミの名言

twitter Facebook はてブ

人見ルミのプロフィール

人見ルミ、ひとみ・るみ。日本のマインドフルネス・ファシリテーター。「サンカラ」社長。ニュースレポーター、気象予報キャスター、ニュース番組担当ディレクター、船井メディア「Just」編集長・常務取締役などを経て独立。

人見ルミの名言 一覧

ストレスは避けられませんが、それを心身に溜めない方法を知り、訓練しておくことが大切。


1週間に1回1分間、自分の心のモヤモヤを、思いつくまま紙に書き出してみましょう。誰にも見せないようにして、恥ずかしいことでも全て書くことが重要。書いたものをありのままに認知することで、自分が何を問題にしているのか気づきます。


自分が焦っていると気づいたときは、吐く息を長くすることで集中力が上がります。普段は無意識にやっている呼吸を、意識的に集中してみましょう。7秒数えながら息を吸い、1止めてから10秒数えながら腹から吐いていくのです。


20代のときに報道ディレクターとして働いていたんですが、心身の疲労を感じ、退職してインドでマインドフルネスのエッセンスを学びました。帰国してから仕事を再開したんですが、違う視点から物事を見られるようになったので、上司からなにか嫌なことを言われても、悩まないようになりましたね。おかげで仕事に集中できて、ミスも激減しました。ミスはリカバリーに時間がかかり、生産性を低下させる要因ですからね。


目を閉じて、瞑想をすることでマインドフルネスの状態になります。すると自分がいま、なにを考えているのか、俯瞰して見ることができます。モヤモヤした思考が、仕事上の問題なのか、単なる感情的なものなのか、その思考や感情をただありのままに見ます。解決できるものはすぐ解決し、難しいものはしばらく置いておくなど、分類する。これをラベリングと言います。「これは後回し」と優先順位を決めるだけで、ひとまず整理できていない頭の状態から脱却できるんです。


人見ルミの経歴・略歴

人見ルミ、ひとみ・るみ。日本のマインドフルネス・ファシリテーター。「サンカラ」社長。ニュースレポーター、気象予報キャスター、ニュース番組担当ディレクター、船井メディア「Just」編集長・常務取締役などを経て独立。

他の記事も読んでみる

為末大

最近、スポーツ界では体罰が問題になりました。あれは言葉力不足が原因だと思います。言葉で自分の意図や意思をしっかり伝える技能が発達していないために、伝わらないことによるイライラが爆発し、体罰が起きているような気がします。言葉によって人生が変わることがやはりあるはずです。


盛田昭夫

激しい業界の中で、ブランドイメージづくりは並大抵のことではできない。あらゆる機会に、できる限り努力を続けて、顧客の中に、多くの消費者の中に、ソニーファンづくりを努めてきた。広告の面でも、パブリシティ(広報)にも、またさまざまな企画の中にも、ソニーの歩みの中に貫いてきたスペシャリティ(専門性、特殊性)を活かすことに努めた。「専門メーカーとしてのソニー」「世界で最初の製品を作るソニー」「技術のソニー」。かくて、全世界にわたって、ソニー製品はハイクオリティ、ハイプライスの一流品であるというイメージの上に立つことができた。


満岡次郎

問題を雪だるまのように膨らませないためには、早期に必要な対策をタイムリーに打つことが欠かせません。


山田進太郎

バリュー(使命を実現するための行動規範)を作ることも、その中身も、決して斬新だと思ってはいません。経営者の価値観や行動様式を言語化して、社員に伝わるように行動規範として掲げる企業も珍しくありません。ただ、メルカリが他社と違うとすれば、それは経営陣と社員がバリューを共有し、実践している点でしょう。そのために、日常的にバリューを意識してもらうよう工夫してきたつもりです。


望月明美

私たちは職業柄、このお客様はどこまで上がっていく人かをなんとか嗅ぎ分けようとするわけですが、まず言えるのは、権力に野心を持っている人に共通するのは飲み方が一通りではないということです。子飼いの部下とそうでない部下に見せる顔が明らかに違う。いろいろな顔を持っていて、その場その場に応じて使い分けることができると言ってもいいでしょう。変わり身の早さに、凄みすら感じることもあります。


松井忠三

特定の上司を選んでついていくと、仕事とはまったく関係のないところに労力を割かなければいけなくなる。非常にくだらないことだ。そのうえ、失脚のリスクもある。


石黒和義

蒐集の始まりの頃は個人の思いだったかもしれませんが、まとまった数になってくると、社会に還元して、オープンにできる形が一番良い。


鑄方貞了(鋳方貞了)

社長を退任しても自分の人生がそこで終わるわけではない。社長を退任した後の人生をどのように送るかについても、早めに気持ちの整理をしておきたいものです。会社の経営は後継者に任せて、自分は業界のご意見番として業界団体の役員として活動するのもよいでしょう。これまでお世話になった地域社会への恩返しとして、会長に退いてからは地域貢献の活動に注力するというのも立派な生き方です。また、自分の趣味を活かし楽しく過ごすという人もいます。


田中和彦

「とりあえずやってみよう」という感覚を大事に、様々な仕事に挑戦してみるといい。


松本晃(経営者)

まだ伸びしろはあります。現状維持で満足していたら絶対に脱落してしまいます。社内でいつもそう言っています。


木川眞

我々はお客様の話を聞くことから始めます。全国約6万人のセールスドライバーが、お客様の細かなニーズを集めてきます。いまあるサービスへの不満だけではありません。困っているけれども解決策のないことを探っていくのです。仕方ないと思って諦めていること。ここに、オンリーワンづくりのヒントがあります。


永田豊志

イノベーションはトライ・アンド・エラーの繰り返し、すなわち、失敗を通してしか生まれません。ならば小さな失敗が数多く起きることを前提にした組織になるしかない。


中村天風

幸福や好運は、積極的な心持ちの人が好きなんです。


竹内義晴(人材育成コンサルタント)

以前IT系企業のシステム関係のプロジェクトを任されたことがあります。IT系には技術者が多く個人主義的な人が多い。どうしても職場が渇いた雰囲気になりがち。そこで小さなことでも「ありがとう」の言葉をかけ合うようにしました。最初は皆戸惑っていましたが、職場の雰囲気が変わり、モチベーションが高まった。結果として顧客からの評価もあがりました。


土橋章宏

これからの時代、グローバル化が一段と進み、人生の選択肢も広がるでしょう。その時に備え、日本の因習にとらわれず、まずは自分を磨くことが大切。