名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

人見ルミの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

人見ルミのプロフィール

人見ルミ、ひとみ・るみ。日本のマインドフルネス・ファシリテーター。「サンカラ」社長。ニュースレポーター、気象予報キャスター、ニュース番組担当ディレクター、船井メディア「Just」編集長・常務取締役などを経て独立。

人見ルミの名言 一覧

ストレスは避けられませんが、それを心身に溜めない方法を知り、訓練しておくことが大切。


1週間に1回1分間、自分の心のモヤモヤを、思いつくまま紙に書き出してみましょう。誰にも見せないようにして、恥ずかしいことでも全て書くことが重要。書いたものをありのままに認知することで、自分が何を問題にしているのか気づきます。


自分が焦っていると気づいたときは、吐く息を長くすることで集中力が上がります。普段は無意識にやっている呼吸を、意識的に集中してみましょう。7秒数えながら息を吸い、1止めてから10秒数えながら腹から吐いていくのです。


20代のときに報道ディレクターとして働いていたんですが、心身の疲労を感じ、退職してインドでマインドフルネスのエッセンスを学びました。帰国してから仕事を再開したんですが、違う視点から物事を見られるようになったので、上司からなにか嫌なことを言われても、悩まないようになりましたね。おかげで仕事に集中できて、ミスも激減しました。ミスはリカバリーに時間がかかり、生産性を低下させる要因ですからね。


目を閉じて、瞑想をすることでマインドフルネスの状態になります。すると自分がいま、なにを考えているのか、俯瞰して見ることができます。モヤモヤした思考が、仕事上の問題なのか、単なる感情的なものなのか、その思考や感情をただありのままに見ます。解決できるものはすぐ解決し、難しいものはしばらく置いておくなど、分類する。これをラベリングと言います。「これは後回し」と優先順位を決めるだけで、ひとまず整理できていない頭の状態から脱却できるんです。


人見ルミの経歴・略歴

人見ルミ、ひとみ・るみ。日本のマインドフルネス・ファシリテーター。「サンカラ」社長。ニュースレポーター、気象予報キャスター、ニュース番組担当ディレクター、船井メディア「Just」編集長・常務取締役などを経て独立。

他の記事も読んでみる

ジグ・ジグラー

昨日は昨日で終わり、明日はまだ来ない。あなたにあるのは今日という日だけ。今日はあなたの新しい誕生日。


上野和典

最近の当社のヒット商品に、大人向けの仮面ライダー変身ベルトというものがあります。これは「ウエスト110センチの変身ベルト」というキャッチコピーから生まれたものです。このキャッチは、コンセプトと使用機会が一言で明示されており、これが商品のメインターゲットである30代後半から40代男性の気持ちをつかんだことでヒットしました。


池谷裕二

「お金やモノのために頑張るのは不純」といった道徳観を鵜呑みにするのは禁物です。動機が何であれ、脳で起こる作用は同じです。実際、仕事の社会的意義などに現実感が持てないことは多々あるでしょう。そんなときに「給料日」や「ケーキ」でやる気が出るなら、大いに良いことではないでしょうか。


渡邉美樹

経営戦略を身に着けるには経営学という学問があるわけですから、それは学ぶべきでしょう。マーケティングという学問があるわけだから、それも学ぶべきでしょう。しかし、それらは技術です。その技術をどう扱うかというところに最も重要なソフトがあって、そのソフトは人格なんじゃないかと思います。その人格をどう磨くかというのが、経営者にとって一番大事なことだと思います。


辻野晃一郎

ソニー在籍中、VAIOのデスクトップパソコンの事業責任者になったとき、工場にお願いして製造ラインに丸一日入れてもらいました。本社の事業部長が工場でパソコンを組み立てるというのは前代未聞で、工場側も肝をつぶしていましたが、工員の方々に教えてもらいながら製造のイロハを理解できました。


養老孟司

理屈で説明がつかない物事は、世の中にいっぱいある。


阿部祐二

心配したところで、何も解決はしません。先のことは誰にもわかりませんからね。そう考えたら、先々のことを悩んでも仕方ないですよ。


小川賢太郎

ミスを犯した人からすれば、これくらいならいいだろうとか、何か起きても原因が少しでも明確になってから報告したいと思うかもしれません。ですから、イレギュラーなことがあったらすぐに報告すると、普段から躾けておかねばならないのです。経営トップは、それを繰り返し、繰り返しやっておかないといけないということです。


津田純嗣

ロボットは使い込まないと、使えるモノにはなりません。使い込みの度合いがロボットの良さや、その後の発展を決めるのです。


澤本嘉光

自分の思い描いたことが100%実現できているわけではありません。広告主に企画を持っていって、先方から変更指示をもらうこともあります。でもそんな時、私はそれを拒否せずに、条件が変わったことを楽しむようにしています。


徳重徹

戦後の企業家たちは安かろう、悪かろうの日本製品を持ち寄って、欧米市場を開拓する蛮勇がありました。本質的には日本人は優秀ですから、蛮勇さえ取り戻せば必ず勝てるはず。


斎藤兆史

聴解力や会話力はネイティブにはかなわないかもしれない。でも、読解力と作文力は、洋書の多読で鍛えることができる。ネイティブをしのぐことすら不可能ではない。