人見ルミの名言

人見ルミのプロフィール

人見ルミ、ひとみ・るみ。日本のマインドフルネス・ファシリテーター。「サンカラ」社長。ニュースレポーター、気象予報キャスター、ニュース番組担当ディレクター、船井メディア「Just」編集長・常務取締役などを経て独立。

人見ルミの名言 一覧

ストレスは避けられませんが、それを心身に溜めない方法を知り、訓練しておくことが大切。


1週間に1回1分間、自分の心のモヤモヤを、思いつくまま紙に書き出してみましょう。誰にも見せないようにして、恥ずかしいことでも全て書くことが重要。書いたものをありのままに認知することで、自分が何を問題にしているのか気づきます。


自分が焦っていると気づいたときは、吐く息を長くすることで集中力が上がります。普段は無意識にやっている呼吸を、意識的に集中してみましょう。7秒数えながら息を吸い、1止めてから10秒数えながら腹から吐いていくのです。


20代のときに報道ディレクターとして働いていたんですが、心身の疲労を感じ、退職してインドでマインドフルネスのエッセンスを学びました。帰国してから仕事を再開したんですが、違う視点から物事を見られるようになったので、上司からなにか嫌なことを言われても、悩まないようになりましたね。おかげで仕事に集中できて、ミスも激減しました。ミスはリカバリーに時間がかかり、生産性を低下させる要因ですからね。


目を閉じて、瞑想をすることでマインドフルネスの状態になります。すると自分がいま、なにを考えているのか、俯瞰して見ることができます。モヤモヤした思考が、仕事上の問題なのか、単なる感情的なものなのか、その思考や感情をただありのままに見ます。解決できるものはすぐ解決し、難しいものはしばらく置いておくなど、分類する。これをラベリングと言います。「これは後回し」と優先順位を決めるだけで、ひとまず整理できていない頭の状態から脱却できるんです。


人見ルミの経歴・略歴

人見ルミ、ひとみ・るみ。日本のマインドフルネス・ファシリテーター。「サンカラ」社長。ニュースレポーター、気象予報キャスター、ニュース番組担当ディレクター、船井メディア「Just」編集長・常務取締役などを経て独立。

他の記事も読んでみる

内田恒二

ふと思いつくアイデアやこれは使えそうだと思う情報を75ミリの正方形のふせん紙にメモする。たとえば、来週幹部会の予定があれば、話すネタとしてふと浮かんだことがらを手書きし、資料に次々と貼っていく。当日はその順番を並べ替えながら話の組み立てを考える。このメモ活用術は、瞬間瞬間に浮かんだアイデアや考えの見える化だ。


石村和彦

小さな会社のいいところは、朝決めれば午後から人事を動かせること。


貞松成

私の祖父は映画看板を描く職人の絵師でした。父も看板業を継いでやっていました。廃業したとはいえ、父は小さいながらも数名の従業員を抱えていましたから、私も勤め人になる気持ちはありませんでした。それで経営の勉強をするために、卒業後は飲食店で働こうと思いました。ですから、就職活動をしたのはワタミ1社です。ただ、当時、長崎にワタミが出店していなかったので、どういう会社か分からないまま入社しました。


山本亮(コンサルタント)

人は人に影響されるもの。親しい人の口癖や話し方などがうつりやすいのはそのせいです。そこでその習性を逆利用します。たとえば、新しいことを始められない、何事も長続きしない、そんな自分の性格を変えたいなら、サクッと行動できる人、地道に続けられる人とつき合ってみましょう。つまり、よい習慣や考え方、行動パターンを持つ人と一緒に行動すれば、知らない間にいい影響を受け、だんだん相手に似てきて、気がつけば自分自身が変わっているのです。


枡野俊明

重要なのは、目の前のことに一生懸命に取り組み、縁が来た時に、ぽんと捕まえられるだけの準備を怠らないこと。縁をつかむ原因は、人間性かもしれないし、お金かもしれません。


植竹伸二

「たぶん」「だろう」「思います」はやめよう。


田中靖浩

少子高齢化で人口減少が進む現在は、「販売する数量を増やす」というのが、かつてよりも難しくなっています。世の中全体の消費が拡大し続けていた時代が終わったいま、売上だけにこだわって数字を読むのは非常に危険です。いまだに多くの会社が「前年比で何%売上をあげるか」という視点で経営計画を組んでいますが、売上達成のために値下げ競争に走れば、利益は減る一方です。


大橋徹二

ITやIoTのビジネスを進めるには、他社との提携が不可欠です。しかし、欲しい欲しいと言っているだけではダメ。自らがオープンにならない限り、相手は来てくれません。


石渡美奈

広告代理店の営業のアルバイトは、消極的な気持ちで始めた仕事でしたが、意外にも営業の仕事は性に合っていました。私にもできることがあったと嬉しくなり、のめり込んでいきました。


高城幸司

相談されたときに、できる人ほどやってしまいがちなのが、結論を聞きたがること。なかには、「要するに、こういうこと?」と、人の話を要約したがる。これを言われた方はたまったもんじゃないですね。二度と相談するもんかと意固地になりそうです。結論から入ったり、話を要約することはパーソナルなつきあいの場面では、やってはいけないこと。


吉田忠裕

納期については、顧客が欲しい時に提供できないと、相手のビジネスが成り立たない。特に衣料品は商品の入れ替えが速く、開発期間も非常に短い。注文を受けてから納品するまでのリードタイムが長いと、「別のところに頼むよ」と言われて商機を逸してしまう。なので、「Delivery must be yesterday(1日前納期)」という言葉を掲げて、納期の短縮に努めてきた。


井上智治(コンサルタント)

宮城球場の全面改修にあたって、鹿島建設から面白い提案が出てきました。米国では1990年代から「ベースボールパーク」が人気になっていました。球場周辺も一体的に整備して、誰もが楽しめる空間にしたものです。子供連れの家族がリーズナブルな価格で楽しめるようにする一方で、年間契約のボックスシートやVIPルームを用意するなど、ビジネスの勘所をおさえている仕組みです。楽天としてもベースボールパークという構想を持っていましたが、鹿島の提案はそこがよく研究されていて、その案に乗ったわけです。


山本邦子

新体操で大学に行くという選択肢も、もちろんありました。でも、プロのスポーツ選手として生計を立てられる人はごくわずかです。多くの選手は体育大学に進んだのち、フィットネスクラブの指導員や体育教師になります。私は、大学卒業後の自分の姿がまったくイメージできませんでした。だからこそ、新しい道を歩もうと思ったんです。
【覚書き|小学生時代からやっていた新体操を捨て、渡米したことについて語った言葉】


実藤裕史

私は、2000年にEコマース業界で働き始めました。商品が売れた時に届く、「注文が入りました」メールが震えるほどに嬉しく、商品を売る楽しさをこの時、初めて感じました。この原体験をきっかけに「誰もが、ネットショップ運営の楽しさを経験できるようになったら」と考え、この想いのもと、10年前の2006年に「もしもドロップシッピング」サービスを開始しました。


飯野修一(経営者)

ディスプレイ上と実際のカーテンは色が異なります。第一、ネットでは手触りを感じることもできず、こういったことから購入後、クレームにつながることが多いんです。それよりも店舗販売に専念したほうが、結果的にお客様に支持されます。


ページの先頭へ