名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

京極純一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

京極純一のプロフィール

京極純一、きょうごく・じゅんいち。東京大学名誉教授、日本の政治学者。京都出身。東京大学法学部、同大学大学院特別研究生を経て、法学部講師、助教授、教授。そのほか、千葉大学法経学部教授、東京女子大学学長などを務めた。文化功労者。日本学士院会員。

京極純一の名言 一覧

「グランドデザインを描ける日本になるべき」と言う人がいますが、私はどうかなと思います。日本社会の強さは、生物体のように、状況に応じて中身を変えていく適応力の高さにあると思います。


19世紀を「固定観念」の世紀と規定するなら、20世紀の特徴は、固定観念、秩序が破壊された100年といえるのではないでしょうか。


京極純一の経歴・略歴

京極純一、きょうごく・じゅんいち。東京大学名誉教授、日本の政治学者。京都出身。東京大学法学部、同大学大学院特別研究生を経て、法学部講師、助教授、教授。そのほか、千葉大学法経学部教授、東京女子大学学長などを務めた。文化功労者。日本学士院会員。

他の記事も読んでみる

柳井正

若い時期に必ず世界へ行く、そして職業を持ったら海外で仕事をする経験を持つべきだと思います。ずっと日本にばかりいると、日本一国主義になってしまう。まず、日本は世界の中の一国なのだと知ること。それから、できるだけ早く違う文化の人々と接する機会が持てるといいと思います。


堤剛

私たちは2つの耳を持つようにも鍛えられています。片方の耳で楽器の音を聞いて音程や音質を確認し、もう一方ではホールの音響やお客さんの反応をうかがうのです。自分の音を聞くだけでも大変かと思いますが、主観と客観両方から判断する耳を持てなければ一人前とは言えない。これは、ビジネスの世界にも通じるところがあるのではないでしょうか。


谷所健一郎

日本企業でも、一時は個人の成績を重視する「能力主義」や「成果主義」がもてはやされましたが、最近ではまたもとに戻ってきています。こうした流れは、「仕事はチームで行うもの」という認識からです。外資系企業では、パーソナリティよりも成績が重視され、個人が成果を出さないと会社に残れません。しかし日本企業では、結果を出さなくても人間性で残っていける可能性は十分にある。


高松信彦

1990年代前半、新日本製鉄室蘭製鉄所(当時)に赴任した時のこと。高炉を止める計画が一転、新会社を設立して存続させることになりました。でも急に業績が上がるはずもない。厳しい状況でした。そんなとき、高炉の担当者が私を呼び出しました。行ってみると、何やら自分たちで棒材を溶接して道具を作っている。買えば数千円くらいの道具を自作することで経費を削減していたのです。実は以前、彼らの出張を認める時、冗談半分に「出張には30万円かかるから1年くらいで取り返して」と伝えていました。それで「28万円分まで削減できました。あと2万円です」と言う。涙が出ました。結局、その年に出た20億円の利益の半分がこうした小さな改善の積み重ねでした。


福沢諭吉

人生において偶然に得たものは、また偶然に失うこともある。


阿部由希奈

やりたいことがありすぎて、じっとしていられない性格なんです。だから自由に動ける「流し」のスタイルが自分には向いているのかなと。


鳥羽博道

私自身は、人から敏感すぎるのではないかと思われるくらい、会社経営に対して、いつも強い危機感を抱いています。最悪の事態を見積もっておけば、現実の推移はそれよりもましであることがほとんどです。


松本晃(経営者)

ステークホルダーの中でも、一番が顧客と取引先で、二番は従業員とその家族。三番が地域社会や国、世界、地球環境という広い意味でのコミュニティで、四番が株主。この順番が大切。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

サラリーマンには2つのタイプがある。はっきりモノを言うズケズケマンと、上司の言うことは何でもよく聞くイエスマンだ。イエスマンは我が身大事の勤め人で、決して稼ぎ人、核になる人ではない。リーダーシップを発揮して、仕事を積極的にする人はどうしてもズケズケマンになる。会社の核になる人材は、やはりズケズケマンだ。


織田裕二

どれだけちゃんとした30代を送ったかによって、いい40代につながる。とくに30代後半からは40代への完全な助走。僕の場合、仕事に夢中だったので、すごく早く過ぎていきましたね。


中村獅童(二代目)

常識を打ち破ってきた傾き者(かぶきもの)が世界を変えてきた。企業にも傾き者は必要だと思う。


木村皓一

嬉しい気持ち半分、先を危ぶむ気持ち半分でした。でも、「このチャンスを逃したらあかん、これは受けるべきだ」と決断しました。
【覚書き|原宿ラフォーレの館長から、面積が倍の入り口付近の店舗スペースを使わないかと打診されたときの発言】