京和将史の名言

京和将史のプロフィール

京和将史、きょうわ・まさふみ。日本の経営者。「シアトルコンサルティング」社長。東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、ITベンチャーなどを経てシアトルコンサルティングを設立。

京和将史の名言 一覧

個人が壁にぶつかってもみんなで解決していく。そうすることで一人一人が成長し、チームが成長し、会社が成長するんだと思います。


リーマンショックで大打撃を受け、40%強売り上げが下がりました。どうしようかなぁと思って悩んだんですけど、初心に返って泥臭い電話営業をひたすら続けました。


京和将史の経歴・略歴

京和将史、きょうわ・まさふみ。日本の経営者。「シアトルコンサルティング」社長。東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、ITベンチャーなどを経てシアトルコンサルティングを設立。

他の記事も読んでみる

藤原和博

人が何によって人を信用するかを考えることは、ひるがえって自分がどんな価値観を持ち、何を善としてとらえているかを知ることにもつながる。


内海桂子

これまで10人以上と漫才をしてきたけど、一番長かったのが(内海)好江ちゃん。彼女とコンビを組んだのは、終戦から5年たった1950年。私が28歳の時です。本当は別の相手と姉妹漫才をするつもりだったんだけど、それがダメになり、仲介してくれた人が連れてきたのが、当時14歳のあの子。三味線は弾けない。踊りもダメ。着物も自分では着られなかった。私には夫も子供もいた。こんな若い子と一緒にやって家族を養っていけるかしら…。さすがに一度断ったんだけど、彼女がどうしても「頑張る」と言うから始めることにしたんです。気持ちがなければ、続きませんからね。


秋元康

冷蔵庫を開けて、そこにある残りものを見て、どんな料理を作れるかを考えられる人は、きっと幸せになれると思います。でも、「これじゃすき焼きは作れない」「チーズフォンデュができない」と考える人は、幸せから遠ざかってしまう。だって、世界一大きな冷蔵庫にたくさんの食材を集めたって、きっと作れない料理が出てきてしまいますから。「いまあるものでどうやったら楽しく生きられるか」を考えられる人が、実は発想が豊かで、同時に幸福な人なのだと思います。


松本晃(経営者)

会社経営は結果ありきですから、私も、何を大事にするのかを決め、それを実現するために必要なことを粛々と行なっているだけです。


井筒廣之

私は常日頃、部下に対して「数表の中の数値を見るな。尻を見ろ」と言い、数表には必ず合計欄(尻)を設けさせています。製品別や地域別の数字よりも、全体の合計値にこそ、重要な意味が潜んでいることが多いからです。


緒方健介

上司は部下を査定し評価します。その内容次第で部下の賃金や将来の可能性も決まってくる。極論すれば、どんな上司でも顧客、言葉は悪いですがメシの種なのです。


大塚辰男

初の生え抜き社長ということで、就任当初はプレッシャーもありました。1年くらいして、導入した執行役員制度がきちんと回り始めたころから、改めて重責を担っているんだなと痛感しました。社長になって丸6年がたち、これからアシストをどう変えていくべきか、また変えてはいけないところはどこかを皆と議論しているところです。課題というか、やり足りないところがまだたくさんあります。これを次の中計の中で解決していきたい。


ロバート・キヨサキ

私はいつでも、「逆境は学びの絶好の機会」と考えることにしている。


本田宗一郎

毎日家にいて、やることがなくって困ってますよ。仕事、本当に面白いのは仕事だけ。
【覚書き:引退しホンダの経営から退いたあと、隠居暮らしについて尋ねられたときの発言。】


森川亮

野球は、すごく計画的ですよね。まず打順が決まっていて、自分が何番目に打つのかわかります。ポジションも決まっていて、ピッチャーがキャッチャーをやったりもしません。そのようにフォーマットとかプロセスがきっちり決まっているのは、大企業的な文化だと思います。一方、サッカーは状況に応じてパスするのもシュートするのも自由。場合によってゴールキーパーがシュートを打ってもいい。僕たちのように変化が速い会社は、野球よりサッカーのやり方が合っています。


久保利英明

まずは動いてみること。そうすれば見えてくるものがある。


戸塚隆将

外部の人と会うのなら、そのときに抱えている案件とはなるべく異業種の人がいい。そうすると視野が広がって、新しい発想が浮かんだりします。財務の問題を考えているときは、公認会計士などのプロよりも、マーケティングの人といった感じです。


高島宏平(髙島宏平)

創業2年目に配送センターが突然潰れ、24時間で新しい倉庫を稼働させなければ倒産する事態に陥りました。その時に学んだのは、トラブルが起きたときこそ前向きに解決するということ。そこで「トラブルを乗り越えようソング」を決めたんです。スティービー・ワンダーの「To Feel The Fire」ですが、不眠不休でテンションもおかしい中に大音量でかけると、みんな「うぉー!」と叫んで椅子を叩いたり(笑)。


江上治

自分が他に圧倒的に勝てる分野を棚卸して、さらに周りから(お客様から)どういう評価を受けてきたのかを書き出していくと、相手に与えるメリットや価値が見つかる。


榊原定征

与件(与えられた前提条件)が悪いからといって泣いていても仕様がない。誰も助けてくれない。その中で勝てるように頑張れ。


ページの先頭へ