名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井関清の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井関清のプロフィール

井関清、いせき・きよし。日本の経営者。「ハウスメイトグループ」創業者。愛媛県出身。中央大学法学部卒業後、井関商事(のちのハウスメイト)を設立。そのほか、日本賃貸住宅管理業協会会長、関東愛媛県人会会長を務めた。

井関清の名言 一覧

結局、企業は人が命。社員一丸となり、お客さまから愛される会社であり続けてほしい。


業界が大きくなった一方、人口は今後減少する。そうすると同業者同士で入居者の取り合いになります。以前は賃貸物件が建ち、オーナーのニーズを考えていれば自然と満室にすることができましたが、今は入居者のニーズを考えなければいけない時代になりました。


当社は現在、2123人の社員を抱えるまでになりましたが、友人の「やってみないか」という言葉がなければ今はありません。運があったのですね。


井関清の経歴・略歴

井関清、いせき・きよし。日本の経営者。「ハウスメイトグループ」創業者。愛媛県出身。中央大学法学部卒業後、井関商事(のちのハウスメイト)を設立。そのほか、日本賃貸住宅管理業協会会長、関東愛媛県人会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

藤田晋

世の中は常に動いているので、「自分が動かないような仕事」をしていると、すぐに時代遅れになる。ですから「時代遅れになっていないか」を自問自答し続けて、現場で仕事をすることを大切にしてください。


大橋徹二

昨今の若者は元気がないと言わたりしますが、そう言われるのは多分大人が悪いのだと思います。大人自身がいろいろチャレンジしていく姿を子供に見せていけば、子供はどんどん健やかに成長していくと思うんです。


篠原菊紀

紫外線はPOMC(プロオピオメラノコルチン)という物質を生成し、これがエンドルフィンという快感物質を分泌することがわかっています。つまり、日に当たると幸せを感じる。


やましたひでこ

捨てるとき、モノに対して過去の記憶などを思い浮かべてしまうから捨てられなくなってしまうのです。断捨離で大切なのは過去ではなく「いま」を基準にすること。そのため、最初は「いま使っていないモノ」から捨てていきます。ある程度モノが減ったら、次はセルフイメージを下げてしまうようなレベルのモノは捨てます。


亀井静香

簡単に言えばね、良いことならできるんだよ。時流に合うことをやれば、天馬空を行くがごとくに、形になるんです。


喜多川泰

自分が結婚して子供が生まれてみると、「これからの時代は大変だから子供はかわいそう」「こんな時代に、どうやって育てていくの?」と言われることがあって、この子と同世代の子はみんなこんな風に言われて育っちゃうんだろうな、と。でもそれって大人の勝手な思い込みで、子供の未来に対する想像力の欠如なんですよね。ですから、夢や希望に向かって生きていく子供たちのためにも、大人のそういった思い込みを変えていかなければいけないという危機感がありました。


潮田、滋彦

プレゼンの原稿を事前に一語一句きっちりと書いておかないと安心できない、という人も少なくないようですが、原稿を読み上げていると、緊張のあまり、どこを読んでいるのかがわからなくなってしまうリスクがあります。そうならないためにも、キーワードで押さえておくことが有効なのです。キーワードをみれば何を話せばいいのかが頭に浮かぶようにするのです。


星野佳路

気を付けなくてはならないのは、上意下達の文化が染みついている組織に対して、あまりせっかちに侃々諤々(かんかん・がくがく)型の会議を持ち込もうとすると、逆効果になることもあるという点だ。自由に意見を言い合うよりも「とにかくリーダーに決めて欲しい」という人たちも思いのほか多いのだ。そのため、自由に発言する会議へと変化するのを待つ間の緊急避難的なやり方として、私自身が独断専行で話を進めるケースもある。


中田亨

人間が仕事をするうえで、ミスをなくすことは不可能。しかし、事象が小さなうちにミスに気づいて方向修正をしたり、起こってしまったミスから、次に起こらないように対策を講じることは必要不可欠であり、それにより大きな間違いや事故を防ぐことは可能。


高倉豊

データを収集し、マーケティングに生かそうとしている企業は少なくない。しかし、私はデータベースマーケティングに懐疑的だ。データを元に論理的に考えていくことで可能になる施策もあるが、ロジカルに導き出した答えは、遅かれ早かれライバルもたどり着く。


宗次徳二

経営者にとっては、右肩上がりの経営を継続することが全てだと思います。会社が増収増益を続けていれば、人材採用、社員教育、モチベーションなど、どんな問題もほとんど解決できます。もちろん、自分が信じたやり方からブレる事なく会社経営に身を捧げ、嫌なこと、厳しいことに率先して立ち向かう姿勢は必須として。売り上げのグラフがずっと右肩上がりなら、「ここで頑張れば何年か後には幹部になれそうだ」と、みんな頑張りますよね。


村田昭治

イノベーションは世の中を変える転換点をつくるものだ。