名言DB

9490 人 / 112001 名言

井関清の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井関清のプロフィール

井関清、いせき・きよし。日本の経営者。「ハウスメイトグループ」創業者。愛媛県出身。中央大学法学部卒業後、井関商事(のちのハウスメイト)を設立。そのほか、日本賃貸住宅管理業協会会長、関東愛媛県人会会長を務めた。

井関清の名言 一覧

結局、企業は人が命。社員一丸となり、お客さまから愛される会社であり続けてほしい。


業界が大きくなった一方、人口は今後減少する。そうすると同業者同士で入居者の取り合いになります。以前は賃貸物件が建ち、オーナーのニーズを考えていれば自然と満室にすることができましたが、今は入居者のニーズを考えなければいけない時代になりました。


当社は現在、2123人の社員を抱えるまでになりましたが、友人の「やってみないか」という言葉がなければ今はありません。運があったのですね。


井関清の経歴・略歴

井関清、いせき・きよし。日本の経営者。「ハウスメイトグループ」創業者。愛媛県出身。中央大学法学部卒業後、井関商事(のちのハウスメイト)を設立。そのほか、日本賃貸住宅管理業協会会長、関東愛媛県人会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

藤冨雅則

テレアポは確かにお客様にとっては迷惑なものです。最初は否定的な態度をとられても仕方ありません。しかし電話をする営業がいるからこそ、良い商品やサービスがお客様にもたらされるのです。だとしたら、この突破口を開く仕事は大いに有意義ではないでしょうか。


安田佳生

私は社員の給料を上げるのは社長の仕事だと思っていましたが、本当は社員の給料を上げるのは社員の仕事なんですよね。社員の給料を(働きに見合わないほど)上げたことに関してだけは100%失敗だったと言えます。人件費は2倍になったのに、売り上げは1.3倍にしかならなかった。


牧野正幸

世界が驚くような新しい価値を、イノベーションを創造するような戦略を描き実行しなくては生き残ることは難しい。


カルロス・ゴーン

ヴィジョンというものは、別に理論的なものではなく、ただ方向性を示すだけのものでもかまわないのですが、ともかく、それをもとに、物事をはっきりさせ、単純化し、優先順位を与えてやって、みんなが合意するような計画を作ってやらなければならない。


大関東支夫

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」。野村克也さんが好んで使う言葉ですが、どの社会にも当てはまる真理です。赤字になるには原因が必ずあるはず。


山下真司

役者の価値観を決めるのは他人。ヤル気があっても、決めるのは第三者。


佐藤綾子(心理学者)

「明日、僕のプレゼンに質問が出ないといいけれど……」と思う日本人は多いものですが、質問をネガティブな行いだと思うのは誤解です。建設的な内容であれば多く質問が出たほうが、より的が絞られ、不明点は質疑応答の中で自然に解決され、よりいい仕事や企画に仕上がっていきます。相手の話をよく聴いて、質問は個条書きに絞って、短く、的確に訊くこと。そして、答えるほうも的を絞って答えることが肝心です。


船川淳志

対人思考力の4つのステップ

  1. 頭の中でものごとを組み立てる。
    ケースに応じてビジョンを描く、戦略を練る、問題解決策を見つける作業。
  2. 頭で組み立てたものごとを、相手に伝える。
    バックグラウンドの異なる相手に、自分の伝えたいメッセージをわかりやすく伝える。
  3. 話を聞きながら、相手が組み立てたことを理解する。
    自分の考えと相手の考えを双方で組み合わせる段階。
  4. 複数の相手と考えを共有し、問題を解決する。

嶋田毅

感情に訴えかけて相手の同情を買う「同情論法」は、ロジカルシンキングから一番離れている論法といえます。もちろん人間ですから、相手の同情を買うというのは、時にはあってもよいと思います。相手を説得する時に、論理だけでは説得できない場面もあるからです。相手の感情に訴えかけることが100%悪いわけではないものの、それをしすぎてしまうと、ビジネスパーソンとしては信用がなくなってしまいます。ロジックをきちんと立てた上で、相手の感情にも訴えるのはよいでしょうが、最初からいきなり「同情論法」でいくのは何も考えていない証拠です。


尾崎元規

振り返れば、私もいろいろな仕事を経験してきました。そもそもはマーケティングをやりたいと思っていて、そう希望して入社しました。ところが最初に配属されたのは情報部門でした。ちょっと違うところに入ったかなというのが正直な気持ちでした。しかし、結果的には情報部門にいたおかげで、会社の情報の流れがすべてわかるようになりました。全体の流れを一括して把握できるのは情報部門しかないのです。


松丸友紀

積み重ねといえば、「ゴッドタン」というバラエティ番組を3年半続けていることも大きいと感じています。いまでは収録を楽しめていますが、当初は、劇団ひとりさんやおぎやはぎさんのムチャ振りに、頭が真っ白(笑)。でも、そのおかげで、アドリブに慣れることができました。また、良い意味で、収録中に肩の力を抜けるようになった気がします。入社した頃、上司に「誰でもいい仕事なら松丸でなくてもいい。自分らしさを出したら?」と言われて。どうすればいいのか悩んでいたのですが、「ゴッドタン」に出ていたら、いつのまにか自分らしさが出せるようになっていました(笑)。


猪瀬直樹

失敗する確率が高そうな仕事でも、過去の事例をヒントにすれば、きっと打開策が見つかるはず。まずはそう信じて自分の体を動かすことが、最初の一歩。