井関清の名言

井関清のプロフィール

井関清、いせき・きよし。日本の経営者。「ハウスメイトグループ」創業者。愛媛県出身。中央大学法学部卒業後、井関商事(のちのハウスメイト)を設立。そのほか、日本賃貸住宅管理業協会会長、関東愛媛県人会会長を務めた。

井関清の名言 一覧

結局、企業は人が命。社員一丸となり、お客さまから愛される会社であり続けてほしい。


業界が大きくなった一方、人口は今後減少する。そうすると同業者同士で入居者の取り合いになります。以前は賃貸物件が建ち、オーナーのニーズを考えていれば自然と満室にすることができましたが、今は入居者のニーズを考えなければいけない時代になりました。


当社は現在、2123人の社員を抱えるまでになりましたが、友人の「やってみないか」という言葉がなければ今はありません。運があったのですね。


井関清の経歴・略歴

井関清、いせき・きよし。日本の経営者。「ハウスメイトグループ」創業者。愛媛県出身。中央大学法学部卒業後、井関商事(のちのハウスメイト)を設立。そのほか、日本賃貸住宅管理業協会会長、関東愛媛県人会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

佐治信忠

父(佐治敬三)は、「理屈を言わずに、まずはやってみなはれ」とよく言っていました。やらざるの罪といいますか、やったほうがいいと思っているのにやらないのはよくない。失敗しても真剣に取り組んだのなら、それでよろしいということです。それに、少々失敗には目をつぶって思い切ってやらせないと、この精神はなかなか定着しないと思うんです。


柄澤康喜

人と話すとき、相手が本質的に何を考えているのかを感じとる努力をすることも大切です。まずは、話すよりも聞く力を身につけることだと思います。


西村英俊

大がかりな合理化に追い込まれないために、リスクの排除を常に心がけるのが社長の役目。合理化すべき事態のリスクについて言えば、毎日毎日、日頃から合理化に取り組むことによって社内のリスクや非合理なやり方が堆積し、大がかりな合理化を余儀なくされるような場面を回避することが大切です。


鎌田實

父から「うちみたいな貧乏な人間が、どんな思いで医者にかかっているのかを忘れるな。それだけは約束してくれ」と言われました。この言葉は医者になった僕の根っこにずっと残っています。


冨山和彦

経営陣の暴走を防ぐ役割を担う独立取締役にとっては、社内の情報にどうアクセスできるかも大切なことです。


滝久雄

経営者だった父の影響もあり、幼いころから漠然と「自分もいつか事業を興したい」という意識はありました。でも明確な目標があったわけではありません。そこで、自分が本気になって取り組めるテーマが必要だと考え、ライフワーク探しに走りだしました。そして、借金で調達した300万円を抱え、工業と情報の先進国だったアメリカに旅に出たんです。


松井忠三

それぞれの個性を引き出す。これは現代のリーダーにとって、とても重要な視点。


佐藤勝人

企業はもともと自分本位で、いかに手っ取り早くお客さんを回すかということばかり考えている。効率が「良い」とか「悪い」というのは、こちらの都合でしかない。にもかかわらず、地域密着とは効率と相反するものなのに、みんな地域密着と言いながら、やっていることは、選ばれた2、3割のお客さんだけを相手にして、残りの7、8割を排除しようとする行為そのものだ。私はそれが許せなかった。


窪田良

苦労が目の前に訪れたら、大事を成し遂げる前兆だと感じますね。むしろワクワク感の方が強い。


吉原毅

我々のお客様はほとんどありませんが、対策を先送りしてきた企業もあり、金融円滑化法によって問題が拡大している会社もあるでしょう。そうした会社は「つっかえ棒」が外されると、どうなるのか懸念はあります。資金だけ延命の治療をしても、経営改善に取り組まないと意味がない。問題を先送りして、金融機関が企業の不健全な未来を招くようなことがあっちゃいけない。円滑化法でモラトリアム(返済猶予)があったとしても、企業の改善にどれだけ真剣に取り組んできたか。それはいつの時代も変わらない話ですよ。


高萩昭範(髙萩昭範)

ハードウェア自体で差別化を図るのは難しいでしょうから、そこにこだわるつもりはありません。あくまでコンテンツが主軸で、そこに真の魅力があれば、必要に迫られてどんな端末でも着けるでしょう。


ジム・ロジャーズ

私がウォール街で働き始めた1960年代当時は、それこそ永遠に続くのではと思われたほどの好景気で、誰もが「いとも簡単に稼げる」などと調子のよいことばかり口にしていたのです。でも、バブルはあっけなく崩壊した。このことで、私は物事に対して疑いの目を持つべきだと悟ったのです。メディアで見聞きしたことを鵜呑みにせず、まずは可能な限り多方面から情報を得る。そうすれば、現実に起こっていることの核心を見つけ出すことができるのですから。


長嶋りかこ

デザイナーとして魅力的な世界観を作ることで、メッセージを言葉以上のものを伝えたいと思っています。


籠屋邦夫

相手のことを考えるのは、自分が話す内容をしっかり理解してからでも遅くはありません。誰か特定の人に伝えることを考えながら整理すると、「こう言ったら、あの人はこう返してくる」などと余計な思考が入り、頭がこんがらがってくるからです。


安部修仁

お客さんの期待を裏切らないのが、うちのトップ・プライオリティ(最優先事項)です。


ページの先頭へ