名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井筒廣之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井筒廣之のプロフィール

井筒廣之、いづつ・ひろゆき。日本の経営者。米系人材派遣会社「マンパワーグループ」社長。神奈川県出身。東京大学法学部卒業後、住友金属鉱山に入社。米国ミシガン大学でMBAを取得。日本コカコーラ、ミスミグループCFO(最高財務責任者)などを経てマンパワー・ジャパン(のちのマンパワーグループ)に入社。常務執行役員、執行役副社長、代表執行役副社長などを経て社長に就任。

井筒廣之の名言 一覧

ページ振りさえできていない資料が会議に出てくるのは、資料を作成した社員とその上司との意思疎通に問題があるケースがほとんどです。


私は常日頃、部下に対して「数表の中の数値を見るな。尻を見ろ」と言い、数表には必ず合計欄(尻)を設けさせています。製品別や地域別の数字よりも、全体の合計値にこそ、重要な意味が潜んでいることが多いからです。


具体的な数値の裏づけもないまま、漫然と問題点だけを報告する人って割と多いんです。時間節約のためにも、適切な数表を作成することは、資料作りの第一歩です。


井筒廣之の経歴・略歴

井筒廣之、いづつ・ひろゆき。日本の経営者。米系人材派遣会社「マンパワーグループ」社長。神奈川県出身。東京大学法学部卒業後、住友金属鉱山に入社。米国ミシガン大学でMBAを取得。日本コカコーラ、ミスミグループCFO(最高財務責任者)などを経てマンパワー・ジャパン(のちのマンパワーグループ)に入社。常務執行役員、執行役副社長、代表執行役副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

会社の経営でも何でも、素直な心で見るということが極めて大事であると思う。そうすれば、ことをやっていいか悪いかの判断というものは、おのずとついてくる。岡目八目というけれど、渦中にいる自分にはなかなか自分というものがわからない。だから意地になってみたり、何かにとらわれたりして、知らず知らずのうちに判断を誤ってしまう。やはり自己観照ということが大事である。とくに経営者が決断するときには、この心構えが不可欠のように思う。


成毛眞

本当は事業はばらしたほうがいいんです。複数の事業でシナジー効果というのは幻想です。その部分では日本の総合商社に学べる点があるかもしれません。チームワークどころではなくて、「自分と関係のない部署はできればダメになってほしい」ぐらいの競争意識を持って働き、給与の原資を奪い合っていますから。そうした厳しさが再生の前提として欠かせないでしょう。


村田昭治

創造の源は経営理念であり、時代適応のために会社内に議論をたぎらせて、大きなエキサイトメントを引き出すことが必要。


サム・シェパード

いいかい、人生というのは矛盾から成り立っているものなんだ。もし、矛盾の中心にちゃんととどまるものなら、人生の意味がわかるはずだ。


坂本幸雄

部下の弱い部分については、褒めた後に、ここはちょっとこう変えた方がいいんじゃないかと言うと、弱点の部分は徹底して勉強しようという気になります。僕は日本にいたころは、部下に対してキツイ言葉を吐いたり、手を上げたりしました。でも人間褒めないと伸びません。


ルディー和子

生物物理学者は、人間の脳はいろんな状況を生き抜くために融通性が高く、いつも揺らいでいると言います。意識的に建前を応えたり、嘘をつく人もいますが、本人も気づかない無意識のところで判断をしていることがほとんどなので厄介なのです。


小澤征爾

先生が病気で死ぬことをみんな知っているから、みんな泣きながら弾いているの心の中で。全員が先生の手を見つけているから、信じられないくらい音がぴったり合っているの。僕は今でもそのテープを持ち歩いて、先生のことを思い出すたびにそれをかけるんだけどね。聞いているうちに涙が出てくるんだ。
【覚書き|上記の「先生」とは恩師、桐朋学園創立者の斎藤秀雄のこと】


渡文明

人との出会いから学ぶこともあれば、経験を通じて学びを得ることも少なくありません。1970年代、肝炎で入院した経験は私に多くのことを教えてくれました。石油危機が起こり、私は仕事に忙殺されました。全国各地の病院や各種施設へ、石油製品の供給が途絶しないよう手配する業務の中心にいたからです。眠れない日々と積み重なる疲労、過労死の一歩手前でした。足かけ3ヵ月の入院生活を送るうち、私はやがて達観するようになりました。「これからは自分が正しいと思ったことは遠慮なく言おう。行動しよう」と決意しました。


ジョン・ジェイ(アートディレクター)

アートディレクターは、世界をどう理解しているか、ということが問われます。


橘玲

一般論で語るのは難しいが、「自分は何によって生きていくのか」を考えたとき、幅広い人脈こそが宝物であることがわかるはずだ。


飯田亮

私は生来、新しもの好きなところがあって、人がやらないことを夢中になってやる癖があります。


高崎秀夫(高﨑秀夫)

当行も以前、人件費を抑えるべく大幅に採用を削減したことがありました。そして、その影響が20年近くたってから出てきて苦労した苦い経験があります。ですから、辛抱してでも、ほかを倹約してでも、トップは信念をもって採用も含めた人材育成を続けなければならないのです。これが、トップの重要な役割の一つ。