名言DB

9412 人 / 110637 名言

井筒廣之の名言

twitter Facebook はてブ

井筒廣之のプロフィール

井筒廣之、いづつ・ひろゆき。日本の経営者。米系人材派遣会社「マンパワーグループ」社長。神奈川県出身。東京大学法学部卒業後、住友金属鉱山に入社。米国ミシガン大学でMBAを取得。日本コカコーラ、ミスミグループCFO(最高財務責任者)などを経てマンパワー・ジャパン(のちのマンパワーグループ)に入社。常務執行役員、執行役副社長、代表執行役副社長などを経て社長に就任。

井筒廣之の名言 一覧

ページ振りさえできていない資料が会議に出てくるのは、資料を作成した社員とその上司との意思疎通に問題があるケースがほとんどです。


私は常日頃、部下に対して「数表の中の数値を見るな。尻を見ろ」と言い、数表には必ず合計欄(尻)を設けさせています。製品別や地域別の数字よりも、全体の合計値にこそ、重要な意味が潜んでいることが多いからです。


具体的な数値の裏づけもないまま、漫然と問題点だけを報告する人って割と多いんです。時間節約のためにも、適切な数表を作成することは、資料作りの第一歩です。


井筒廣之の経歴・略歴

井筒廣之、いづつ・ひろゆき。日本の経営者。米系人材派遣会社「マンパワーグループ」社長。神奈川県出身。東京大学法学部卒業後、住友金属鉱山に入社。米国ミシガン大学でMBAを取得。日本コカコーラ、ミスミグループCFO(最高財務責任者)などを経てマンパワー・ジャパン(のちのマンパワーグループ)に入社。常務執行役員、執行役副社長、代表執行役副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

岡野雅行(岡野工業)

他の会社が「技術的に難しくて誰にもできない」「安すぎて誰も受けない」と言って避けてきた仕事を引き受けてきた。難しい仕事に挑戦していたら、いつのまにかうちにしかできない技術が身についた。だって人と同じことをやっているだけじゃ出世できないだろ?


塚田僚一

僕はもう折れません。「もっと頑張れたはずなのに」って思うのが一番嫌だから。稽古段階から全力投球していくつもりです。


大久保尚武(積水化学工業)

ボートが教えてくれたのが、「敵と戦うより自分を鍛えよ」ということです。敵に勝とうとする前に、自分たちを鍛え上げることが必要です。
【覚書き|東大ボート部に所属していた当時を振り返っての発言】


関家一馬

ロジックで見せないと多くの社員は巻き込めない。社員一人ひとりが腑に落ちないと、会社は変わらない。


鈴木孝博

通信事業の世界は、大小多くの企業がひしめき合っています。その中で埋もれずに、キラリと輝く独自性を保ち、押しも押されもせぬ存在になりたい。社内には「通信事業者だけれど、単なる通信事業者ではない」事業体を目指そうと呼び掛けています。


為末大

一般的に言われる努力は、目標に向かって力を尽くして積み重ねる行為をイメージします。1時間の練習を2時間やったら、2倍努力したと言う。でも、行動前に、「自分が何をやるべきなのか」「何のために実行するのか」と考える努力は、日本人はあまりせず、人任せにする場合が多い。僕は、こうした自問する作業は、「努力」という行為の半分以上の領域を占めると思っています。


丸山健太郎(経営者)

アメリカのスペシャルティコーヒー協会のイベントに参加したとき、大変なショックを受けました。イベントには海外のコーヒー店のオーナーや商社、卸をはじめ、コーヒー豆の生産農家も参加していたのですが、その中で20代の若い男性がコンテナ単位で大量にコーヒー豆を買い付けていたのです。ただし、買い叩いていたわけではありません。生産農家の生計が成り立つに余りある価格での買い付けです。それまで「産地」を基準に考えていた私にとって彼の生産農家に対する接し方は私の経営思想に大きな影響を与えることになりました。


アウレリウス・アウグスティヌス

あなた自身に立ち返れ、内なる人にこそ真理は宿る。


鈴木純(経営者)

素材は、いつか追い付かれる。私たちは、繊維で痛い目に遭った。繊維だけでなく、鉄でも同じことが起きている。


ロバート・フェルドマン

私は、アナリストとして常に、いま目の前にある現実という材料を使い、人と違った視点からものごとを見据えるように心がけています。そうすることで本質が見え、今後取るべき対策も見えてきます。


冨山和彦

革新的な技術を基礎とした新産業創出を目指す「イノベーションの担い手」として、大学発ベンチャーへの注目度が近年改めて高まっている。その一方で、「日本の大学にそんな力はない」「日本から世界を席巻するメガベンチャーが生まれるわけがない」という懐疑論も根強い。しかし、東大発ベンチャーの時価総額が1兆円を超え、東大や京大から毎年、数十件の新たなスタートアップ企業が生まれるなど、大きな地殻変動が起きつつあるのも事実だ。私自身、20年近く東大の産学連携を手伝ってきた者として、山が動き出している実感を持っている。


河田真誠

顧客とのつき合いにおいて最も恐れるべきは、認識のズレ。相手の価値観を正確に把握していないと、こちらがよかれと思ったことが期待外れの提案となり、空振りするというミス、そして仕事に費やす時間のロスにつながります。


堤智章

誰一人として、そのままトップアスリートの地位に居続けることはできません。加齢とともに肉体的な限界は訪れ、後から後から若く優秀な選手が登場してくるからです。ですから、その高みにまで上り詰めた経験を、次の人生でどう役立てるのかが非常に重要になる。


小笹芳央

怒りの内容を文字にするには、いったん思考を通すことが必要ですよね。そこで理性が働きますから、書いているうちに少しずつ怒りが収まってくる。


渋沢栄一

お前は自分の立場に忠実なのは結構だが、同時に恕、つまり相方の立場も理解してやるという広い気持ちを持たねば、世の中に円満に処していくことはできない。
【覚書き|のちに日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事、秩父セメント社長などを務めた諸井貫一氏に対して言った言葉。諸井氏は若いころ主張を曲げない一徹さがあり、上記はそれを諭した言葉】