井筒和幸(映画監督)の名言

井筒和幸(映画監督)のプロフィール

井筒和幸、いづつ・かずゆき。日本の映画監督。奈良県出身。高校生時代から映画制作を開始。『ガキ帝国』で一般映画監督デビュー。『パッチギ!』で日本アカデミー賞優秀監督賞、『岸和田少年愚連隊』でブルーリボン賞作品賞を受賞。タレントとしても活躍。

井筒和幸(映画監督)の名言 一覧

自分は不本意だけど、周囲が納得すればいいなんて感覚で仕事したらアホな映画にしかならない。


過程を大事にしないと達成感がない。過程が良くても、いい結果が出なかったら、再チャレンジしたらいい。諦めたらいかんよ。


何回だって挑戦すればいい。最初から100%理解させるのはムリ。わかってもらうまでには努力がいるよ。


器の大きい人は、言葉に説得力がある。人間の器というのは、物事をどれだけ咀嚼(そしゃく)し、飲みこんできたか。それに尽きる。


誰もがみんな、必要以上には本性と裏腹な自分を演出する必要はなく、素直に、丁寧に、生きればええと思う。


上手な自己演出法は、自信のある分野で誠実に勝負すること。そうしていくうちに、自分という台本が出来上がっていく。


じっと我慢強く待とう。目先の利潤ばかり追ってないで、ここ一番のために知識や経験を温存していくことも大切。


人間は体を動かさないと脳が衰えるだけやし、周囲3メートルの小さな世界で生きてるだけやと、考え方もオカシくなってくる。


金を持たざるものが持つ力こそ「生きる力」や。何も持っていないからこそ悩むこともないんよ。


捨てるものがないくらいの気持ちになれば、お金に頼ろうて思わへんよ。


最近、世の中がより世知辛くなった気がする。結果主義という言葉をよく聞きますけどね。僕は仕事は結果さえよければいいとは思わない。むしろ結果よりも、そこに至るまでの過程を重視したい。


映画は非日常を楽しむもの。映画で涙を流したいとか癒されたいとか言うなら、チケット代で美味いもんでも食いに行けばいいんや。


自分の器以上のものを見せたら、すぐに嘘やとバレるやん。見抜かれるやんか。だから有り体にしていたらいいんじゃないでしょうか。


カッコつけてるヤツなんてのはろくなもんじゃないよ。素直に「私はこれだけの男でございます」って言えばいいのよ。


いまの若い映画作家も、「井筒より、すごい映画撮ったるぞ」と言えばいいんだよ。そういう挑戦的な若者に出てきてほしいけど、面と向かってそう言うてくるやつは一人もいない。


丁寧にすべてをこなすということに尽きる。どんな相手にだって丁寧に接していると、自然と感じが良い自分を演出している。その延長上に、本来の性格が見え隠れするんちゃいますか。


人っていうのは、誰かによって立たされている。ひとりで立っている人なんて存在しないわけで、誰かがつっかえ棒になって存在しているんやな。自分を演出するということは、つっかえ棒として誰かの役に立つ自分を探すこと。


社会というのは荒野。荒野にぽつんと1人で立っていると思えば、お金なんていらないんよ。いまの時代、みんな無理にお金を使っているように見える時があるんだけど、お金が必要、というのは幻想じゃないかな。


まずはいいたいことの1つでも、相手の心に引っかかる部分をつくっておく。「商品の魅力はこの機能です」とかね。あれもいい、ここも魅力ですと多く売り込み過ぎると、逆に伝わりにくいもんです。でも、なにか強く引っかかる部分があれば、人間は他の部分も理解しようという気になる。そこを突破口にして、何回でも売り込む。どの仕事でも心が折れたら、ストップしてしまうからね。


僕も心血を注いだ作品に、低い評価をつけられることがあるよ。「日本人を貶める作品」なんて言われたりね。正直、「わからないヤツはわからんでいい」と切り捨てていた時期もありましたよ。でも、いまはそういうヤツに対しても、「何回か見たらわかるようになるからもっと見てくれ」という気持ちになった。相手と自分は違う。1、2回でこっちの考えが100%伝わるわけがないんです。


たいしたことがないとか、面白かったとか、どちらにしても少ない言葉でズバッと言えるのは、その作品を吸収して咀嚼(そしゃく)しているということ。だから言葉に説得力が出て、人を納得させることができる。言葉巧みに語っているのに薄っぺらくて説得力のないやつがおるけど、そういう人は、これまで物事をきちんと受け止めて生きてこなかったんだろうな。


井筒和幸(映画監督)の経歴・略歴

井筒和幸、いづつ・かずゆき。日本の映画監督。奈良県出身。高校生時代から映画制作を開始。『ガキ帝国』で一般映画監督デビュー。『パッチギ!』で日本アカデミー賞優秀監督賞、『岸和田少年愚連隊』でブルーリボン賞作品賞を受賞。タレントとしても活躍。

他の記事も読んでみる

熊谷徹(ジャーナリスト)

日本経団連と連合が、初めて残業時間の上限について合意した。この改革の方向性は正しい。しかし、いくら法律を改正しても、顧客が労働時間や休暇について理解を示さなければ、残業を減らすことはできない。現在日本では、仕事の量は変わらないのに、上司が退社を強制する「時短ハラスメント」が問題になっている。部下を早く退社させるために中間管理職の仕事量が増え、過労自殺に至る悲惨な例も報告されている。その原因は、労働時間や休暇についての合意ができていないのに、「働き方改革」のかけ声ばかりが先行しているから。


林耕平

自分の歩んできた道を遡ることは大事なこと。


高山善司(髙山善司)

実は当社が地図の電子化を進めたのは販売目的ではなく、地図製作の合理化のためでした。それまでは手書きで地図を作っていました。専門の職人が道路を書くための製図用具など特殊な道具を使って、線を引き、手書きで居住者の名前を書いていたんです。そうした職人の方々も引退して数が減ってしまい、だんだんと地図が作れなくなるという兆候がありました。職人の手作業に見切りをつけ、電子化を進めたことが、市場シェア確保につながったと思います。


坪田一男

運動するとBDNF(脳由来神経栄養因子)が出る。脳の成長因子が出てくるわけです。さらに運動によるいろいろなメカニズムがいわれています。活性酸素が減る、ミトコンドリアの機能があがるなど。脳と心臓はミトコンドリアでエネルギーをつくっているから効果大です。僕は1日5キロメートル、30分ぐらい走るとご機嫌になります。人によってご機嫌になる量に違いがあるので、全然運動しない人ならば、とりあえず歩くとから始めるといいでしょう。


村田沙耶香

批評されて、厳しい言葉をもらったとしても、書いてないとしょぼくれて終わりだけど、次を書き始めていれば、全部栄養に出来るので。
【覚え書き|小説を書き上げた翌日に、次の小説を書き始めることについて】


細野邦彦

ビジネス上の競争でも、喧嘩でも、やる以上は勝たなきゃならない。ところが自前のパワーを考えると、どうしても勝てない奴ってのもいる。その見極めがポジショニングだ。俺は男だ、根性だというようなやり方、そんなのは駄目だ。しかし、負けそうだからやらないと言うんじゃなくて、どうやれば勝つかを考え、勝てるアイデアや戦力を備える。


陰山英男

評論家みたいに調べたり、考えたりばかりではなくて、チャレンジしたいことがあれば、まずは行動してみる。結果が出なくても、そこには必ず新たな発見があるはずです。


水野雅義

菌の開発から生産、販売までひとつの会社で行えるために、消費者の声がこちらに届くというメリットもあります。研究、生産、営業の各部隊が情報を共有できるのは、当社の強みだと思います。その結果、売上が伸び、「きのこセンター」と呼ぶ工場も少しずつ増えていきました。


鈴木康夫(経営者)

私の社長就任時に約1000億円あった連結売上高は、数字だけを見れば、4年間で半分に減りました。しかし、「コアビジネス」と位置付けている現存の連結子会社18社の業績を切り出して見ると、売上高も営業利益も伸びています。お客さんとの競合がなくなり、利益率の高い仕事が戻ってきたからです。


佐藤天彦

「近距離」「俯瞰」という2つの視点を持つようにもしています。近距離で見るとすごく苦しいことでも、少し離れた視点で人生全体のイベントとして捉えると、面白さが出てくる。2つの視点があることで、苦しいものが楽しくなり、興味が出てくるので、集中力を高めることにもつながる。


畑村洋太郎

数字センスの肝は、数字を作り、数字を踊らせる点にあり。


川上量生

私を受け入れてくれた鈴木敏夫さん、映画監督の宮崎駿さんと高畑勲さん。やはり、この3人がとにかくすごい。常にチャレンジしているんですよ。現役バリバリで枯れる様子がありません。宮崎さんと高畑さんはもう70代ですが、信じられないくらいに若い。宮崎さんは若いアニメーターに、「君の描く女の子は古い。20年前の顔だ」って説教してました(笑)。この3人が昔話を一切しないことにも驚きましたね。数々の偉業を成し遂げてきたのだから、昔の話が出てきておかしくない。でも話す内容は現在と未来のことだけ。過去の作品を超えたものを作ろうといつも考えているんです。僕は40代に入って、そろそろ人生の折り返し地点かなと思うようになりました。でも70歳を過ぎてもこれだけやれるんだということを見せつけられて、まだ折り返し地点に来ていないと思い直しましたよ。


米倉弘昌

今は本当に原点に帰るとき。日本の強さは人間力と技術力であり、それをさらに磨いていく。常に改革し、前向きに生きていく。もっと自信を持って臨むときだと思います。


清水喜彦

営業マン一人あたりが対応するお客様の人数をもっと減らし、誠実に対応していくとなると、営業マンの数を増やしていくほかない。「前近代的だ、今は機械化の時代なのに」とおっしゃる方もいます。僕は違う考え方をしている。人と人の対話、つながりが大事で、僕はお客様本位と言っています。現在は営業マン一人あたり350人を担当していますが、理想は100人から150人の間くらいを一人が担当できるようにしたい。


中野ジェームズ修一

人間は成功体験を積まないと前へ進めませんが、同時に達成感や高揚感が必要。


ページの先頭へ