名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井田哲郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井田哲郎のプロフィール

井田哲郎、いだ・てつろう。日本の経営者。「Nauto Japan(ナウトジャパン)」日本代表。大阪大学法学部卒業、カリフォルニア大学バークレー校でMBAを取得。トヨタ自動車、Beepiなどを経て米Nautoに入社。その後、日本代表に就任。

井田哲郎の名言 一覧

弊社も人集めには苦労しましたが、納得できる人材を8名集めることができました。重視したのは、スキルや経験に加え、「パッション」があるかどうか。これは仕事をする上でとても大切ですし、パッションがある人はマネージする必要がありません。


強みの一つはスピード。大きな企業がものづくりでは長い期間をかけて商品企画を行うのに対し、弊社はお客様がベネフィットを得られるものをいち早く市場に出し、お客様の変化するニーズに応えて更に進化させていくというスタンス。自動車業界の中で、クイックに動けるのは大きな強みです。


私なりに2つのキーワードをマネージメントの基本としています。ひとつは「リスペクト」。成功体験のある人ばかりなので、働く場所もその人のやりやすいところでいい。それぞれのワークスタイルを尊重しています。もうひとつは、その裏返しとなる「アカウンタビリティー」。ボトムのアカウンタビリティーを明確にしておくことは、ビジネスを進める上で重要です。


成長の原動力はいろいろありますが、ひとつは人です。ディープラーニングやコンピュータービジョンというNautoのコアな技術に対応すべく、大手検索エンジンなどから集まったトップクラスのエンジニアが強みの源泉になっています。


よくワーク・ライフ・バランスと言いますが、弊社はワーク・イズ・ライフの人がほとんど。働くことが生きることでもあるので、楽しくないといけない。それにはテンションが上がることが大切で、そのポイントとなるのは人と場所です。楽しく働けるメンバーと、ランチの美味しい店があってアクセスのいい便利な場所で働く。それはクオリティ・オブ・ライフに直結するので、オフィスの果たす役割は大きいですね。


井田哲郎の経歴・略歴

井田哲郎、いだ・てつろう。日本の経営者。「Nauto Japan(ナウトジャパン)」日本代表。大阪大学法学部卒業、カリフォルニア大学バークレー校でMBAを取得。トヨタ自動車、Beepiなどを経て米Nautoに入社。その後、日本代表に就任。

他の記事も読んでみる

白戸太朗

学生時代の部活とは違って、ビジネスパーソンの運動は楽しむことに主眼を置くべき。遊びのカードは多い方がいい。がんじがらめに「どちらか」と決めず、気が向いた方をやる。


横山信弘

何度もミスをする部下に対しては、やるべきことを一覧にして、一つひとつチェックする。できたことを確認しながら成功体験を増やしてあげるといい。


似鳥昭雄

勉強というのは、会社のためとか、社長のためにやっているわけではない。あくまで自分自身を高めるためにやるんです。それが結果的に会社のためになる。社会のためになる。そうした良い循環につながればいい。


斎藤司

毛髪ネタといえば……。今お昼の情報番組に出させてもらっています。たまにスタジオの空気を和ませるために、自虐ネタを挟んでいます。MCの俳優さんも薄毛の方なので、先日も彼を巻き込んだコメントでボケてみたのです。ところが、誰も突っ込んでくれないし、妙な沈黙があって(泣)。結局スベろうがウケようが、それが自分のミッションなので、やることはやったという満足感はありました。スベってもめげないハートの強さは、組織の中でも必要だと思います。


吉田松陰

地を離れて人なく、人を離れて事なし、人事を論ずる者は地理より始(はじ)む。


臼井由妃

どうやったら自分の時間を増やし、本来の仕事に集中することができるのでしょうか。それにはまず、「時間の使い方」を洗い出すことです。


松原弘典

誰か1人が儲けるのではなく、みんながハッピーになれる形を経験の中から探っていきたい。それは途上国支援だけでなく、東日本大震災の復興ともつながる21世紀のビジネスのやり方だと思います。「アーキテクト」という職業や言葉に、「どう作るか」だけでなく、「何を作るか」が問われている時代なのでしょう。


秋元康

よく「時代をついたうまい仕掛けでしたね」とか「緻密な戦略ですよねえ」なんて言われるけれど、正直違うんですよ(笑)。僕はマーケティングやニーズを徹底して、「こんなプロセスを踏めば当たる!」と緻密な計画に従って企画を立てていない。自分自身の「面白そうだ」っていう気持ちを、忠実に実現しているだけなんです。


酒井田柿右衛門(14代目)

伝統とは、いまの地点にとどまることを意味しませんが、そのためにも技術の伝承は大事にすべきです。


石田淳(コンサルタント)

部下がミスしたときは、なぜミスをしたのか、レポートを書かせましょう。レポートを作ると、自分でミスの原因を考える必要があるので、ヘタに怒って萎縮させ、結局何も反省していないという状態より、格段に効果が期待できます。


佐々木常夫

私の知人に、サラリーマン人生の約半分を本社からの出向で子会社を渡り歩いていた人がいます。そこの本社の社長が後継者探しをしていたとき、これはと思う人材が本社の中で見つからなかった。それでふと子会社に目を向けたところ、面白いやつがいると目に留まった。これまでの経歴と実績を調べたところ、行った先々で優れた経営手腕を発揮していることが分かった彼は定年寸前に本社に戻されて、2年後に社長になりました。まさに真摯に努力をしていると運命は変わるという好例です。


孫正義

戦略の「略」は、省略する。ありとあらゆる情報を集めたら、それらを分析して、そこから無駄なもの、ノイズを徹底的に除去して、枝葉を払って一番太い幹を見出す。「これをやらなきゃいけない」という急所を見つけることが戦略。