名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

井田哲郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井田哲郎のプロフィール

井田哲郎、いだ・てつろう。日本の経営者。「Nauto Japan(ナウトジャパン)」日本代表。大阪大学法学部卒業、カリフォルニア大学バークレー校でMBAを取得。トヨタ自動車、Beepiなどを経て米Nautoに入社。その後、日本代表に就任。

井田哲郎の名言 一覧

弊社も人集めには苦労しましたが、納得できる人材を8名集めることができました。重視したのは、スキルや経験に加え、「パッション」があるかどうか。これは仕事をする上でとても大切ですし、パッションがある人はマネージする必要がありません。


強みの一つはスピード。大きな企業がものづくりでは長い期間をかけて商品企画を行うのに対し、弊社はお客様がベネフィットを得られるものをいち早く市場に出し、お客様の変化するニーズに応えて更に進化させていくというスタンス。自動車業界の中で、クイックに動けるのは大きな強みです。


私なりに2つのキーワードをマネージメントの基本としています。ひとつは「リスペクト」。成功体験のある人ばかりなので、働く場所もその人のやりやすいところでいい。それぞれのワークスタイルを尊重しています。もうひとつは、その裏返しとなる「アカウンタビリティー」。ボトムのアカウンタビリティーを明確にしておくことは、ビジネスを進める上で重要です。


成長の原動力はいろいろありますが、ひとつは人です。ディープラーニングやコンピュータービジョンというNautoのコアな技術に対応すべく、大手検索エンジンなどから集まったトップクラスのエンジニアが強みの源泉になっています。


よくワーク・ライフ・バランスと言いますが、弊社はワーク・イズ・ライフの人がほとんど。働くことが生きることでもあるので、楽しくないといけない。それにはテンションが上がることが大切で、そのポイントとなるのは人と場所です。楽しく働けるメンバーと、ランチの美味しい店があってアクセスのいい便利な場所で働く。それはクオリティ・オブ・ライフに直結するので、オフィスの果たす役割は大きいですね。


井田哲郎の経歴・略歴

井田哲郎、いだ・てつろう。日本の経営者。「Nauto Japan(ナウトジャパン)」日本代表。大阪大学法学部卒業、カリフォルニア大学バークレー校でMBAを取得。トヨタ自動車、Beepiなどを経て米Nautoに入社。その後、日本代表に就任。

他の記事も読んでみる

西山逸成

僕にとってはパンも料理もひとつのツール。これを使ってお客様をどう喜ばせるか。お店はそのための装置。


遠藤結蔵

スピード経営を実践していく上で問題になるのは、企業の成長のスピードに人材育成のスピードが追いつくかということです。そこで、当社では既存の直営店に人員を厚めに配置し、OJTを中心にして店長候補や店舗運営スタッフを短期間で育て、新規店舗に送り出しています。まず法令知識や業務関連のマニュアルについて座学で学んだあと、店長のもとで実際に業務を見て覚え、自分で動きながら「さじ加減」を覚えていくのです。


丹羽宇一郎

若い人には、世界で一流の人とつきあうように言っています。日本人だけを相手にしているようでは視野が狭い。仕事の本当の深さを知ることができません。若い人には、ぜひ世界の現場に出て、本物の一流を知ってほしい。


樋口武男

やはり伸び伸びと、意欲的に働くことができるような環境づくりと指導が必要だと思います。上から押さえつけてやらせても、それで人間のモチベーションが上がるかというとそうではありません。納得して動くことができる方向に持って行くことが一番大事だと思うんです。そして、公平・公正に見ること。そうすれば努力する方も努力のし甲斐があります。


宗岡正二

昔も今も、日本は加工貿易で外貨を稼ぐしかない。日本は食糧もエネルギーも買っていかねばならない。となると外貨を稼ぐのは、サービスでも介護でもなくて、やはりモノづくりでモノに換えて外貨を稼ぐ。これが求められる。日本でモノづくりはなくならない。なくなった瞬間に日本はおかしくなる。ここで踏ん張って日本のモノづくりを大事にしていかねば。


奥山清行

いまも日米伊の三国を頻繁に移動しているけど、正直、いやなものですよ。いちいち起きる摩擦、受ける差別、異文化への交渉とどれも非常につらく、体もポロポロになります。でも、僕の仕事は移動しなければ成立しないものなのです。物理的に異文化に放りこまれたら、人格も発想も、現地に適応させなければならないでしょう?それが僕のこれまでの仕事を作りあげてくれているとは実感しています。


深野康彦

初心者こそ「買い方にルールはない」という柔軟な姿勢で投資を始めていただきたいと思います。「こうでなくてはならない」というルールを決めてしまうと、投資を始めるハードルが高くなってしまいます。


中川政七・13代目(中川淳)

跡を継いで以降、様々な場面でこの業界の厳しい現実を目の当たりにしました。毎年のように、つき合いのある工芸関連企業が廃業の挨拶に来られるんです。では、どうすればいいのか。結果的に行き着いたのが、個々の工芸企業の再生とセットでの、工芸品産地全体としての「再構築」の必要性です。うちの会社のビジョンが「日本の工芸を元気にする!」となっているのは、そうした理由からです。


隈研吾

中国や韓国などのアジアに期待して行くと、がっかりすることが多いんです。それは、その土地ならではの文化や職人や技術が失われていることが多いからです。日本の地方のように、各地の文化が残っていることは、世界的に見てもすごく珍しいことだと思います。日本人は、それが、それほど大事なことだと思っていない部分もありますが、海外に行くと、実はすごいことだと実感します。


加治敬通

「寝ても醒めても新たな試み」を20年かけ、今回の改装で121回やり続けてきたことの成果です。
【覚書き|「どうしたらこんな店ができるのか」という質問に対しての返答】


竹村亞希子(竹村亜希子)

物事それぞれに最もふさわしく対するのが中庸の本質です。怒るときには怒り、笑うときには笑う。悲しむときには思い切り悲しむ。つまり「自然体」であることが中庸の精神なのです。


程近智

僕が推奨しているグローバル人材育成法は、プロジェクトを海外に出してしまうこと。例えば、システム開発は日本でやらずに、シンガポールや香港、アメリカで行う。リーダーを外国人にして、日本人の部下をつけて、日本のシステムを作る。競争力の問題もありますが、グローバル人材を育成するのは、このくらいやったほうがいいと思っています。そういう時代が、もうすでに来ているんです。