名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

井植薫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井植薫のプロフィール

井植薫 いうえ・かおる。三洋電機会長。初期の松下電器に入社し常務製造部長となる。24年間松下に在籍したのち、兄の歳男が創設した三洋電機に移籍。常務、専務、副社長を経て社長へ。勲二等旭日重光章を受章。大阪商工会議所副会頭や経団連などの要職も務めた。姉は松下幸之助へ嫁いだ「むめの」

井植薫の名言 一覧

社長の仕事とは後継者を含めた人づくりにあると考えています。私たちがここまで来られたのは、優れた人材に恵まれたおかげです。大勢の人間が三洋電機に集い、互いの知恵と汗を出し合って、優れた商品を世に出したからなのです。当社は「自分をつくろう」をスローガンにかかげ、私自身も毎週欠かさず教育訓練センターに出かけて、管理職を始めようとする人づくりに取り組んできました。


「人づくり」とは、「自分を作ること」です。いくら立派なことや偉そうなことを言っても、自分自身の行動がそれに伴わなければ、机上の空論です。自らが規律を守り、率先垂範し、常に自己啓発に努めることによって、自分の人格が高まり、下の者がついてくるのです。


たいていの企業は、商品を作り、売ることを第一にしていますが、私は先に「いい人間」をつくり、いい人間が作るから「いい商品」が生まれ、いい商品だから「よく売れる」のだという順序でモノを考えています。売らんがために闇雲に商品を作り、それを売るために東奔西走することは、企業にとっても、社員にとっても不幸なことではないでしょうか。


「企業は人なり」と言われます。その会社の発展成長は、優れた人材をいかに多く持つかによって決まります。言い換えるなら、経営とは「人づくり」のことです。何をおいても、まず「人づくり」をすることが経営の根本であると私は考えています。


井植薫の経歴・略歴

井植薫 いうえ・かおる。三洋電機会長。初期の松下電器に入社し常務製造部長となる。24年間松下に在籍したのち、兄の歳男が創設した三洋電機に移籍。常務、専務、副社長を経て社長へ。勲二等旭日重光章を受章。大阪商工会議所副会頭や経団連などの要職も務めた。姉は松下幸之助へ嫁いだ「むめの」

他の記事も読んでみる

小笹芳央

私は気持ちが落ち込んでいるときは地球儀を眺めます。地球儀全体を見渡すと視野が広がり、自分の悩みが小さなことのように思えて、気持ちが晴れていきます。これは自分の頭の「空間」を切り替える作業です。そのほかにも、目先のことで行き詰まったら、5年後、10年後の未来を具体的に考えてみたり、あるいは先のことを不安に感じるときは、今日1日でうれしかったことや改善できたことを書き出し、今という時間にフォーカスしたりしています。これは「時間」の物差しを切り替える作業です。悩み事にとらわれてやる気の出ない状況から脱却するには、このように頭の中の「空間」や「時間」を切り替えると効果的です。


大屋敦

私の余生は世のため人のためと、事ごとに自分に言い聞かせることにしている。そのためか、良くないことでない限り、人の頼みを容易に「ノー」と言って断りきれない。


田口弘

大企業で今の体制を否定するようなことを始めるのは簡単ではありません。大企業は社内で新しいことを始めるのではなく、積極的にベンチャーを支援して事業が軌道に乗ったところで買収するなりしてさらに発展させれば良いのではないかと思います。


稲盛和夫

「もうこれでいい」と思った瞬間から、会社の没落が始まる。


竹中宣雄

本人の自覚も大切ですが、自覚を促す社風も大切です。つねに「ほんのわずかな違い」を埋める努力をみんながするような社風をつくれるか。そこが、人が育つ会社になるかどうかの分かれ目ですね。


植木義晴

4年半前にパイロットから執行役員として経営陣に加わったときには、財務三表すら読めませんでした。本やネットなどで一生懸命に勉強しましたが、ただ知識を頭に入れるだけではなかなか理解できません。そこで客室本部長や整備本部長も僕より多少知っている程度だろうと思い、数人の役員を誘って土曜、日曜に当時話題になっていた本のタイトルからとって、「サルでもわかる会計講座」と名付けた初心者向けの勉強会を始めました。もちろん、財務や経理の実務担当者に追いつけるわけではありませんが、財務三表から何を読み解き、どのように経営に生かせばいいのか判断ができるようになりました。


伊庭保

ソニーは長い時間をかけて連結経営に取り組んできたこともあって、日本企業の中では比較的、早い時期にキャッシュフロー経営を徹底できた会社でしょう。それでも、経営指標は世につれていろいろなものが出てくるし、これが絶対というものはあり得ないと思うんです。どういう会計が経営の実態を表しているか、これは基本的な世界課員の問題とも言えます。経営指標の進歩に終わりはないんでしょう。


柳井正

僕は子供の頃、親と一緒の部屋で寝ていました。するとおふくろとおやじが夜、年末の資金繰りを話し合うんです。うちは大丈夫かと思うことが何度もありました。これが僕の原体験です。今は皆さんサラリーマンで、毎月毎月、同じ額の給料が入ってくる。これは現実のビジネスとは違います。会社はいつ潰れるか分からないし、店だっていつ閉店するか分からない。そういう現実感が希薄になっている。


吉松民雄

我々ボトラーは、コカ・コーラ本部と契約して、それぞれの地域を担当しています。地域に密着し、小売業などに対して直接販売システムを持っているのが強みです。ただ統合で企業規模が大きくなり、地域密着の強みが薄れるのではないかという懸念がありました。そこで、販売の仕組みを、従来の中央集権型からエリア別に分けました。地域ごとのニーズを吸い上げ、新たな付加価値を持つ商品の開発につなげることが重要です。


俣野成敏

組織では、どんな提案に対しても、2割は賛成、6割は日和見、2割は反対するものです。この反対する2割を説得しようとしてもイライラするだけ。日和見の6割についても、なんとか賛成に回らせようとするのは得策ではありません。重要なのは、自分たちを「勝ち馬」に見せることです。勝ち馬には乗りたがるものなのです。まずは情報を発信すること。すると、そのうちに「何か面白いことをやっているみたいだよ」という雰囲気が広まり、「協力できることがあればするよ」と言ってくれる人が現われてくるはずです。


小山昇

実行を重視するのは、頭で考えることと、実際にやってみることは違うからです。知識があるだけではビジネスはできません。いくら知識が豊富でも、それだけではお金にならない。知識は「知っている」だけ。それを実行に移してみることで、はじめて「理解」になります。でも、「理解」はまだ1回実行したにすぎません。何度も繰り返すことで、「わかる」ようになります。


大田正文

見返りを求めずに自分の持っているものを与え続けると、それを受け取った相手からだけでなく、それを見ている第三者からも信用してもらえます。そうした信用の積み重ねこそが人脈です。たくさんの人たちからの信頼があれば、会社員の立場でも会社の肩書に頼らず、個人の名前で活動できるようになります。私が自分の著書を出版できたのも、まさに人脈のおかげです。