名言DB

9425 人 / 110833 名言

井植薫の名言

twitter Facebook はてブ

井植薫のプロフィール

井植薫 いうえ・かおる。三洋電機会長。初期の松下電器に入社し常務製造部長となる。24年間松下に在籍したのち、兄の歳男が創設した三洋電機に移籍。常務、専務、副社長を経て社長へ。勲二等旭日重光章を受章。大阪商工会議所副会頭や経団連などの要職も務めた。姉は松下幸之助へ嫁いだ「むめの」

井植薫の名言 一覧

社長の仕事とは後継者を含めた人づくりにあると考えています。私たちがここまで来られたのは、優れた人材に恵まれたおかげです。大勢の人間が三洋電機に集い、互いの知恵と汗を出し合って、優れた商品を世に出したからなのです。当社は「自分をつくろう」をスローガンにかかげ、私自身も毎週欠かさず教育訓練センターに出かけて、管理職を始めようとする人づくりに取り組んできました。


「人づくり」とは、「自分を作ること」です。いくら立派なことや偉そうなことを言っても、自分自身の行動がそれに伴わなければ、机上の空論です。自らが規律を守り、率先垂範し、常に自己啓発に努めることによって、自分の人格が高まり、下の者がついてくるのです。


たいていの企業は、商品を作り、売ることを第一にしていますが、私は先に「いい人間」をつくり、いい人間が作るから「いい商品」が生まれ、いい商品だから「よく売れる」のだという順序でモノを考えています。売らんがために闇雲に商品を作り、それを売るために東奔西走することは、企業にとっても、社員にとっても不幸なことではないでしょうか。


「企業は人なり」と言われます。その会社の発展成長は、優れた人材をいかに多く持つかによって決まります。言い換えるなら、経営とは「人づくり」のことです。何をおいても、まず「人づくり」をすることが経営の根本であると私は考えています。


井植薫の経歴・略歴

井植薫 いうえ・かおる。三洋電機会長。初期の松下電器に入社し常務製造部長となる。24年間松下に在籍したのち、兄の歳男が創設した三洋電機に移籍。常務、専務、副社長を経て社長へ。勲二等旭日重光章を受章。大阪商工会議所副会頭や経団連などの要職も務めた。姉は松下幸之助へ嫁いだ「むめの」

他の記事も読んでみる

ジェローム・K・ジェローム

なすべき仕事を多く持っている人でなければ、徹底的に怠惰を味わうことは不可能だ。


塩原研治

技術の伝承とは、既存の知識を勉強するところにではなく、いま、一番むずかしい課題を突破するところにしかありません。つまり、そのためには、まず自分たちが先輩から受け継いだ技を少しでも高めないといけないわけです。


古森重隆

伸びる人間にはある共通点がある。それは会社に対する「オーナーシップ」が強いということだ。


安渕聖司

業務プロセスの改善において可視化は重要です。ある業務を見直したければ、まずはフローを最初から最後まで明らかにします。その結果、業務に120ステップあるとわかれば、25%カットして90ステップにするという目標を決められます。


出口治明

いくら自分の抱えている問題を解決してくれるような言葉を本の中に見つけ、気持ちがすっきりしたとしても、そこで終わりでは何も変わりません。大事なのは行動に移すこと。


関文彦

「太古の昔より水底に眠り続けてきた世界に1つしかない材木で作ったテーブルで食事をする」というロマンに、数千万円程度のカネを出す金持ちは、世界を見渡せばいくらでもいる。


窪田良

異なる知識や経験を組み合わせることで、思考の幅が広がり、仮説の精度が上がる。新しいコンセプトはそれまでの知識や経験の延長にしか生まれません。ただ、インプットしたモノを組み合わせて止揚しないと、イノベーションは生まれないと思います。


和田秀樹

人脈こそ新しい可能性を運んでくれます。趣味でもパーティでもなんでもいいので、交友関係を広げる意識を持ちましょう。私自身、44歳で参加した20人限定のワインの会が、人生の転機になりました。現在、アンチエイジングで開業していますが、その会で世界的な権威の先生に出会えたことが大きいんです。また日本でワインの輸入業を営む人とも知り合い、彼は私のワインに関する師匠になっています。


鈴木茂晴

今の時代に、「女性が戦力でない」という会社はないはずだ。母親が保育園に間に合わないような働き方は持続的ではない。時間内に必ず仕事を終えなければいけないのだ。そこからはみ出して業務を続けることは、不正をしているも同然だ。


永山治

2000年6月、米大統領のビル・クリントンと英首相のトニー・ブレアが、ヒトゲノムの概要解読を終了したと発表しました。「生命の世紀」などという言い方も生まれました。病気の原因と遺伝子の関係について、毎日のように発見がある中で薬を作るには、膨大な費用がかかります。中外は化学合成による創薬が主流の国内製薬企業の中で、いち早くバイオ分野に注力してきました。(腎性貧血治療に用いられる)エリスロポエチン(EPO)など成功例もあります。でも、宇宙のように限度がない世界で、当社だけが単独でリスクのあるバイオ分野の新製品開発を必ずやっていけるというのは、もう全くイリュージョンです。時期が来たら動かねばならないということで、新年の挨拶や中期計画などを通じて、社員に対しては問題意識を投げかけ続けていました。
【覚書き|スイスのロシュに自社株式の50.1%を売って傘下に入った理由について語った言葉】