名言DB

9425 人 / 110833 名言

井植薫の名言

twitter Facebook はてブ

井植薫のプロフィール

井植薫 いうえ・かおる。三洋電機会長。初期の松下電器に入社し常務製造部長となる。24年間松下に在籍したのち、兄の歳男が創設した三洋電機に移籍。常務、専務、副社長を経て社長へ。勲二等旭日重光章を受章。大阪商工会議所副会頭や経団連などの要職も務めた。姉は松下幸之助へ嫁いだ「むめの」

井植薫の名言 一覧

社長の仕事とは後継者を含めた人づくりにあると考えています。私たちがここまで来られたのは、優れた人材に恵まれたおかげです。大勢の人間が三洋電機に集い、互いの知恵と汗を出し合って、優れた商品を世に出したからなのです。当社は「自分をつくろう」をスローガンにかかげ、私自身も毎週欠かさず教育訓練センターに出かけて、管理職を始めようとする人づくりに取り組んできました。


「人づくり」とは、「自分を作ること」です。いくら立派なことや偉そうなことを言っても、自分自身の行動がそれに伴わなければ、机上の空論です。自らが規律を守り、率先垂範し、常に自己啓発に努めることによって、自分の人格が高まり、下の者がついてくるのです。


たいていの企業は、商品を作り、売ることを第一にしていますが、私は先に「いい人間」をつくり、いい人間が作るから「いい商品」が生まれ、いい商品だから「よく売れる」のだという順序でモノを考えています。売らんがために闇雲に商品を作り、それを売るために東奔西走することは、企業にとっても、社員にとっても不幸なことではないでしょうか。


「企業は人なり」と言われます。その会社の発展成長は、優れた人材をいかに多く持つかによって決まります。言い換えるなら、経営とは「人づくり」のことです。何をおいても、まず「人づくり」をすることが経営の根本であると私は考えています。


井植薫の経歴・略歴

井植薫 いうえ・かおる。三洋電機会長。初期の松下電器に入社し常務製造部長となる。24年間松下に在籍したのち、兄の歳男が創設した三洋電機に移籍。常務、専務、副社長を経て社長へ。勲二等旭日重光章を受章。大阪商工会議所副会頭や経団連などの要職も務めた。姉は松下幸之助へ嫁いだ「むめの」

他の記事も読んでみる

和田完二

家に家憲があり、国に憲法があるとしたら、会社にも社憲があっても不思議ではない。かねがね私は「団結」と「大和」を説いてきた。よし、この精神をもとに社憲をつくろう。と思っても、前例がないので苦心した。やっと出来上がったが、それも押しつけでは意味がない。重役諸君にはかり、異議なしということで社憲を発表した。


田中ウルヴェ京

みなさんは、何かの刺激を受けると、自分の意思とは関係なく、自動的にストレスを感じると思っていませんか。実はそうではないのです。たとえば結婚式のスピーチのとき、大勢の前で話さなければいけないという刺激そのものが自分を緊張させるのではありません。その刺激に対して「失敗したらどうしよう」と自分が捉えるから、緊張して心臓がドキドキするのです。


木本茂

これだけお客様の選択眼が厳しくなってきている中では、従来型のやり方ではなく、いろいろな工夫をしていかなければいけないことは間違いない。


和田裕美

志を共有する、活動の目的を明確にし、全員で理解する。メンバーの誰かが「こんなことできっこない」「あの人とは一緒に活動したくない」などと、その目的以外で悩んでしまったら、この原点に戻るのです。「これは何のための活動だったかな?」と。


鈴木敏文

新しいものを生み出すには、過去の経験から離れ、未来から現在を考えることが大切です。


徳岡邦夫

自分の存在価値は、人に求められることで初めて輝きます。仕事の選択に悩んでいる人は、それを踏まえたうえで納得のいく答えを探してほしいと思います。


安齋肇(安斎肇)

(テレビに出て)全国に顔を知られることになったのも、いま考えればよかった。だって、横尾忠則さん、ピーター・マックスさん、湯村輝彦さん、アート界のヒーローはみんな、作品と描いた人の顔がつながるでしょ? ボクはまだつながらないと思うけど(笑)、空耳アワーによって、いくらかでも、絵と作者が結びつく人になれたのかと思うと、作家冥利につきますよ。


和地孝

いったん降格しても復活してくる社員が多いのはなぜか。本人に対し、なぜ降格したのか、どこが悪いのかを、上司からはっきり伝えるようにしたからです。きちんと伝えれば、本人が奮起する材料になります。


遠山正道

自分で考えて、どんどんと行動することが大切。実際に行動に移してみると、やはりそこには責任がついて回るし、成果を上げたくなるから、やることが山積みになります。無意識に対応していることも含めて、そうやって自然と鍛えられて自分に自信もついてくる。


和地孝

高麗橋の吉兆から教えられたことがあります。私が下足番の方と一緒に、数人のお客様を出迎えていると、その下足番の方がお客様が乗ってこられた車の運転手に駐車場の駐車スペースを一台一台指示しているんですが、これにはちゃんとした理由がありました。実は会食が終わってお客様が出てくる順番に車を入れるように指示していたんです。「なぜ帰る順番がわかるのか」と尋ねると、「人間というのは変わらない」と言うのです。つまり約束の時間より前に来る人、時間調度に来る人、遅れてくる人の順番と言うのは、会合が終わってぱっと出てくる人、トイレに行ってから出てくる人、まだしゃべっている人というように帰るときも同じだという。それが人間の性格なんです。