名言DB

9419 人 / 110788 名言

井植敏の名言

twitter Facebook はてブ

井植敏のプロフィール

井植敏、いうえ・さとし。三洋電機社長、会長。同志社大学工学部電気学科卒業後、父が起こした三洋電機に入社。取締役、常務、専務、副社長を経て社長・会長。経済団体連合会常務理事なども務めた。三洋電機創業者井植歳男の長男

井植敏の名言 一覧

従流 志不変
【覚書き:世の中の流れに沿って変化しても、根っこである志だけは変えてはいけないという意味の言葉。大徳寺の立花大亀老師から受け取り、井植氏が座右の銘にした言葉。言葉をもらった当時、井植氏は父が起業した時代遅れとなったフェリー会社(淡路フェリーボート)の整理に四苦八苦していた】


私が役員やミドルのリーダーを選ぶときの評価基準は次の4点。

  1. 人の心がわかる人。人の気持ちがわかる人でないと、人とのつながりが広がって行きません。
  2. 自分の気持ちをきちんと整理して相手に知らしめることのできる人。いい考えを持っているんだけどうまく表現できない人がいます。そういう人は役員にはなれない。
  3. リーダーシップのとれる人。親分肌的なところがなかったらできません。
  4. 頭が非常にやわらかい人。時代の感覚を受け入れることのできる頭の持ち主。これからは、感受性がある人でないとリーダーは務まりません。

韓国の人たちや中国の人たちは、日本に工場見学に来て、あのしつこさ。もういややとこっちが言っているのに、まだまだ聞く。時間なんて関係ない。日本人はそこまでしつこく聞きません。そこのところに差が出てきている。中国のうちの会社の人たちは「私はここの部長になる」とか「工場長になるために努力しています」と言って夢を持っている。


いままで日本人は中国からもらうものは何もないと思っていた。だけど、行ってみたら教えられるものがたくさんあった。それでハイアールさんと提携したんです。学ぼうと思えばどこででも学ぶことはできる。日本人は70、80、90年代とうぬぼれてしまった。中国に行ってみても悪いことしか見て帰ってこない。それで自己満足している。


井植敏の経歴・略歴

井植敏、いうえ・さとし。三洋電機社長、会長。同志社大学工学部電気学科卒業後、父が起こした三洋電機に入社。取締役、常務、専務、副社長を経て社長・会長。経済団体連合会常務理事なども務めた。三洋電機創業者井植歳男の長男

他の記事も読んでみる

佐藤祐輔(経営者)

最初の2年はベンチャー企業の立ち上げのような激務で常にイライラしていた。経費のムダを見つけると大声で怒鳴るようなありさまで社員も辞めていった。そんな精神状態で思いつくアイデアなどひどいもの。考えるほど固定概念が邪魔をして浮かばなくなった。


樽見茂

僕は何にでも疑問を抱く性格なんです。どんなことでも、「なぜだろう?」と考えるから、オンオフなく思考が働いています。よく「オンとオフを切り替える」という人が慰安すが、僕から見ればナンセンスですね。いわば、一度疑問を持ったら、答えが見つかるまでずっと集中して考えている。思考のスイッチは常にONの状態です。


金子豊久

日本の産業界を人体にたとえると、自動車や家電などを製造し社会に送り出す産業は動脈産業といえます。私たちは社会で役目を終えた金属製品や設備を、再び産業の心臓に戻す役割を担っています。自分たちでは「静脈産業」といっていますが、動脈・静脈が揃わなければ人間は生きていけません。社会もこれと同じです。循環型社会の実現に力を注いでいくことが、私たちの使命なのです。


柳井正

私は若い人に対して説教をするつもりはない。希望を持て、自分で自分の希望をつくれと言っているのです。私だって若いころはフリーターだったし、縁故入社で入った会社をすぐに辞めてしまって、ダメなやつと思われていた。将来のことなんて何も考えていなかった。他人に説教する資格なんてありません。ただ、仕事を通して研鑽を積んでいくうちに、仕事が面白くなって、一人前の社会人になることができた。私を育ててくれたのは仕事であり、社会です。


尾崎裕

背筋をピンと正して、もう一度、いままで以上に責任感と緊張感をもって、将来に向けて事業を進めていかなければならない。


多部未華子

美味しいものを食べて、カラオケに。楽しく歌って発散してからよく寝る。起きたら、わりと大丈夫です(笑)。
【覚え書き|ストレス解消法について】


中西浩太

短期的に何をやりたいかは多くの人が分かっていますが、5年後、10年後となると具体的にイメージできない人もいます。丁寧に話を聞きながら本質的な部分を掘り起こしていくのです。言い換えると、一緒にキャリアビジョンを作っていくことを心掛けています。転職希望者の将来を本気になって考えるのが我々の使命であり、それが本当のキャリアコンサルティングだと自負しています。


柳沢幸雄

社外の人とは積極的に飲みに行くといい。同業他社や異業種の人と交流することで、人脈や知識を広げていくのです。それが次のステップにつながる可能性もある。


柳澤大輔

基本的には一人の思いつきが発端で、その後にチームを集めてブレスト(ブレインストーミング)します。消化というか掛け算するような感じですね。何かの着眼点を踏み台に、また違うアイデアをかぶせるというか。いくら周りがあれこれ言っても本人が採用しなければ、それでもOKですし。なので、誰かが持ち込んだんだけど、最終的なアウトプットはまったく違うものになったりして。そういう組み合わせの面白さは、一人よりチームの方が勝るというのが、カヤックの考えですね。


白石尚久

電通ではサッカーを「巨大なビジネス」と捉え業界の発展に携わってきました。しかし、海外リーグでのプレーも経験した自分としては、サッカーを魅せる側でありたいという思いが強く、監督というエンターテイナーを目指す決意をしました。