井植敏の名言

井植敏のプロフィール

井植敏、いうえ・さとし。三洋電機社長、会長。同志社大学工学部電気学科卒業後、父が起こした三洋電機に入社。取締役、常務、専務、副社長を経て社長・会長。経済団体連合会常務理事なども務めた。三洋電機創業者井植歳男の長男

井植敏の名言 一覧

従流 志不変
【覚書き:世の中の流れに沿って変化しても、根っこである志だけは変えてはいけないという意味の言葉。大徳寺の立花大亀老師から受け取り、井植氏が座右の銘にした言葉。言葉をもらった当時、井植氏は父が起業した時代遅れとなったフェリー会社(淡路フェリーボート)の整理に四苦八苦していた】


私が役員やミドルのリーダーを選ぶときの評価基準は次の4点。

  1. 人の心がわかる人。人の気持ちがわかる人でないと、人とのつながりが広がって行きません。
  2. 自分の気持ちをきちんと整理して相手に知らしめることのできる人。いい考えを持っているんだけどうまく表現できない人がいます。そういう人は役員にはなれない。
  3. リーダーシップのとれる人。親分肌的なところがなかったらできません。
  4. 頭が非常にやわらかい人。時代の感覚を受け入れることのできる頭の持ち主。これからは、感受性がある人でないとリーダーは務まりません。

韓国の人たちや中国の人たちは、日本に工場見学に来て、あのしつこさ。もういややとこっちが言っているのに、まだまだ聞く。時間なんて関係ない。日本人はそこまでしつこく聞きません。そこのところに差が出てきている。中国のうちの会社の人たちは「私はここの部長になる」とか「工場長になるために努力しています」と言って夢を持っている。


いままで日本人は中国からもらうものは何もないと思っていた。だけど、行ってみたら教えられるものがたくさんあった。それでハイアールさんと提携したんです。学ぼうと思えばどこででも学ぶことはできる。日本人は70、80、90年代とうぬぼれてしまった。中国に行ってみても悪いことしか見て帰ってこない。それで自己満足している。


井植敏の経歴・略歴

井植敏、いうえ・さとし。三洋電機社長、会長。同志社大学工学部電気学科卒業後、父が起こした三洋電機に入社。取締役、常務、専務、副社長を経て社長・会長。経済団体連合会常務理事なども務めた。三洋電機創業者井植歳男の長男

他の記事も読んでみる

川西修

軌道に乗りかけた時に、売り上げの3割を占める取引先から停止を勧告され、一気に経営危機に見舞われたのです。その理由は、商品そのものではなく、社員の態度にあると指摘されたのです。挨拶もまともにできない人間とは付き合えないと先方からダメ出しされたのです。結局、なぜやるのかという根本の部分が社員の腑に落ちていなかったのではないでしょうか。表面を取り繕っても分かる人には心がこもっていないことを読まれてしまう。そこで、まず社内挨拶の徹底から始めました。挨拶のできる集団をつくろうと考えたのですが、当たり前のことを当たり前にすることは意外に難しいものでした。しかし、挨拶ができていないために大得意先を失ったのですから看過するわけにいかず、10年、20年と辛抱強く続けたところ、次第に社内の雰囲気も明るいものに変わり、取引先からのクレームも減っていきました。そして現在では、「元気な職場」としてマスコミにも多く取り上げられるようになりました。


堀之内九一郎

どんなに偉大な親も創業者もいつかは自分の前からいなくなる。大樹に寄りかかる居候や寄生虫のような生活なんて、長く続くはずがないんです。自分をずっと甘やかしてくれる大樹なんて、どんなに探しても見つかりません。そんなものを探す暇があったら、自分自身の生きる力を磨くべきです。


後藤聡志(経営者)

場合によってはほとんど利益が出なくても、売却を選択した方が良いケースもあります。たとえば資産の組み換え。将来的な値上がりを期待してより好立地の物件に買い替えたり、あるいは築年数の浅いものにしたりなど、目的は様々です。いずれにせよ、安易に持ち続けるのではなく、しっかりと期間を定めて投資することが重要。


寺田和正

時代を感じるには、鈍感になるという生物としての制御本能や安全装置をあえて解き放ち、何事においても敏感であることが大事です。そして、この敏感に感じる力というのは、意識的に訓練で磨くことができます。


佐藤俊介(経営者)

SNSを活用したのは、日本で上手くいかなかったからという面もありました。07年にブランドを立ち上げて、著名タレントが着て話題になりましたが、ブランド価値はあがりませんでした。雑誌や流通とのパイプもなく、ベンチャーブランドが数年で成功できる状況ではありませんでした。一方、東南アジアは日本に対する憧れが強く、日系ブランドもあまり進出しておらずチャンスでした。店舗を出す体力がなかったので、フェイスブックを活用したのは当然の選択でした。現在ファンの9割は東南アジアの方です。逆輸入で日本市場も開拓できた形です。


逸木裕

ボードゲームは、自分でも好きでよくやります。ゲームをやっているうちに他のプレイヤーの意外な顔が見えてくることがあるんですよ。「え、本当はそんな人だったの?」って(笑)。そこで親睦が深まるということもあります。囲碁や将棋は完全な実力勝負だと思うんですけど、ボードゲームはもう少し緩くて、誰が来てもその場でパッと楽しめるという良さがあります。人間関係を豊かにしていくという意味ではすごくいいツールだと思います。


伊丹敬之

人を育てるという点で大事なのは叱ることです。失敗させて、厳しく叱って、また使う。


川原秀仁

新規事業の創出をはじめ事業戦略を一緒に考えてほしいという要望が増えています。新規事業ですから建物も従来の発想では駄目で、金融ならフィンテック、メディアならネット配信などに対応する施設の在り方や事業戦略も提案しています。


西郷隆盛

志を貫くためには、玉となって砕けることを本懐とすべきであって、志を曲げて瓦となってまで、生きながらえるのは恥とする。


河合利樹

「社員がワクワクして躍動し、夢と活力に満ちた会社」を将来にわたって追求し続けること、これは当社が考える成長の土壌。


安田隆夫

お客さんと同じように、買い物カゴを持って店内を回ってみる。「どう思っておられるのか」「どういう心象風景なのか」。頭で想像しながら、お客さんの立場を疑似体験します。


ジョン・レノン

ポールか誰かが「そろそろレコードを作る時期だ」って言えば、僕は深く考えたりせずに行ってレコードを作るのさ。いいセッションでさえあれば、僕はいつだってセッションを楽しんできた。もしもロックをやってて、乗ってくれば、要するにそれで良いんだよ。


中田匡紀

全く関係ないように見える個々の不祥事の根幹にある原因はすべて組織風土の問題だ。例えば、ベネッセでは情報漏洩に関する甘い風土があった。ベネッセおよび関連会社ではISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)やプライバシーマークなどのセキュリティスタンダードを取得していたが、結局はこれを破っても大丈夫という風土が顧客情報流出につながった。東芝の場合は、J-SOX(内部統制報告制度)を導入しながら全く機能しなかった。「チャレンジ」を許容する風土、あるいは諦める風土のためだ。


千林紀子

私は会社の設立準備段階から、仲間と一緒に会社をつくり上げてきました。この1年間、事業基盤を固めるための数字を必死に追いかけてきたので、仲間たちは戦友だと思っています。


落合寛司

顧客が海外の情報に敏感になるように定期的な海外視察も行っています。先日はカナダに、事業視察のために430名の中小企業の経営者を送り込みました。直接現地を行くことで、帰国後、普段何気なく聞き流していた海外のニュースにも敏感になります。常に海外に目を向けることで、ビジネスチャンスを見出してもらえればと考えています。


ページの先頭へ