名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

井村裕夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井村裕夫のプロフィール

井村裕夫、いむら・ひろお。日本の医学者、医学博士。専門は内分泌代謝病学、糖尿病学。滋賀県出身。京都大学医学部卒業、カリフォルニア大学内科研究員、京都大学講師、神戸大学医学部教授、京都大学医学部教授、同大学医学部長を経て、京都大学総長に就任。そのほか国立大学協会会長、神戸市立医療センター中央市民病院長、国際生物学オリンピック組織委員長、先端医療振興財団理事長などを務めた。

井村裕夫の名言 一覧

実は最近の研究結果で、中年以降にかかる病気も、その芽は子供の時に出始めていることが分かってきました。つまり健康は、中年とか、ある程度の年齢になってから気を付けるだけでは不十分で、もっと早い段階から関心を持つべきなのです。


企業は利益を上げなければなりませんが、医学や医療の関連で忘れてならないのは、その人が健康になることで得られる社会的利益です。健康や医療に関連する産業の目標は、企業的利益と社会的利益を両立させることです。


今、医学界では「フレイル(虚弱)」という概念が広まっています。これは健康と寝たきりの中間の状態を指します。この状態で手を施せば、寝たきりにならずに健康状態に戻れる。ここで期待されるのが、企業の役割です。例えば、楽しみながら筋力を鍛えるサービス。元気な高齢者が増えれば、本人や家族の満足度も上がり、介護にかかる財源も削減できますから、社会的価値も高い。


井村裕夫の経歴・略歴

井村裕夫、いむら・ひろお。日本の医学者、医学博士。専門は内分泌代謝病学、糖尿病学。滋賀県出身。京都大学医学部卒業、カリフォルニア大学内科研究員、京都大学講師、神戸大学医学部教授、京都大学医学部教授、同大学医学部長を経て、京都大学総長に就任。そのほか国立大学協会会長、神戸市立医療センター中央市民病院長、国際生物学オリンピック組織委員長、先端医療振興財団理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

久保田崇

情報化がますます進む現在、ネットニュースなどのフロー情報にたくさん触れていても、物事の「本質」をつかむ力は育まれませんし、他人と差別化もできません。昨今の国際情勢や経済問題を理解し、これから伸びるビジネスを見通すうえでも、読書によって培った自分の中の情報選択の基準とモノサシが役立つのです。


奥田碩

果敢な行動を評価する価値観が作られれば、日本は大きく変わる。そうなれば、日本人はもっとアグレッシブになれるし停滞した闘争心に火をつけることにもなります。そもそも日本は競争をできるだけ避けてきました。運動会のかけっこでも順位はつけないなど、競争心を抑え込む教育をしてきました。安っぽい平等を追求した結果、やる気を失う子供が増えています。


小倉広

いいことも悪いことも、結局は自分のしたことが回りまわって戻ってくるのです。


佐藤綾子(心理学者)

「どのようなフレーズを繰り返し強調するのか」これはとても大切です。ジャパネットたかた・高田明社長のテレビでのプレゼンをデータ分析すると、この技法がいつも巧みに使われていることがわかります。「このブルーレイは、使い方が簡単で安い」という長所をアピールしようと思ったある日、彼はたった数分の間に「簡単で安い!」を6回連呼していました。テレビコマーシャルでは使える時間が限られているので、「何を繰り返すか」が入念に計算されています。このように聞いて耳に入りやすく、すぐに覚えてしまう言葉で相手の心にグイと食い入っていくスピーチ技法を、パフォーマンス学では「サウンドバイト(音の噛みつき)」と呼んでいます。


石井一久

僕は毎日ストイックに野球と向き合えるタイプではない。集中力には限界がありますから。適度に力を緩めつつ、必要な場面で集中して結果を出すタイプです。


木暮太一

いざという時に助けてもらうには、「交流会」で名刺を交換しても無意味。結局、自分の実力を上げて人の役に立つことが大切、ということになると思います。


佐藤優

僕はロシア語、チェコ語、琉球語を習っています。語学の勉強も頭を柔らかくするのにとても役立つ。ポイントは自宅に先生を呼んでマンツーマンでやるのではなく、教室に通うこと。普段とは違う場所へ行き、違った環境のなかで勉強するということが、脳を活性化させ柔らかくするのに重要です。語学学校なんてけっこう高いお金を払っていますから、こっちとしては真剣です(笑)。なんとしても元を取らなきゃって。


佐藤安弘

いまや発泡酒は、ビールと発泡酒を合わせた総需要の4割を占めるまで市場が拡大しています。あのとき、メンツにこだわって参入を見送っていたらどうなっていたか。発泡酒への参入は正解だったと心から思っています。


伊藤與朗

日本はいま、深刻なデフレと言われていますが、30年前の苦労を知らない経営者がバブルに乗ったツケが大きいのではないでしょうか。要は、自分の実力を知らなすぎたのです。本来、東京にドーム球場を建設したって採算が難しいのに、福岡に作ればどうなるか、自明の理でしょう。昨今は経営破たんが相次いでいますが、危機感が乏しく、身の丈を超えた経営をやってきた会社がみんな駄目になっています。


臼井由妃

週も半ばになると、やっぱり中だるみしやすいものです。そこで気分を変えるためにちょっとした挑戦をしてみるんです。自分が苦手だと思っていたことや、初めての分野に手を付けてみる。大げさに考える必要はなくて、いままで読んでなかったビジネス書を読むとか、慣れた人にノウハウを教えてもらいながらファイリングの仕方を工夫してみるとか、そんなことです。そこで思いがけず「できる自分」を発見できれば言うことなしです。


水木しげる

まだ現役の漫画家である。バリバリとまではいかないが、ぼちぼちと仕事をしている。創作意欲とか、何を描きたいとか、そういう次元を超越してしまって、無意識のうちに描いている気がする。妖怪か背後霊のようなものが私にとりついて、描け描けと背中を押しているのかもしれないと思うほどだ。70歳をすぎたら悠悠自適でのんびり暮らす予定だったのに、いまでも結構忙しいのは、やはり憑き物が憑いているとしか思えない。でも、それは苦痛ではなく、幸いなことに楽しく、充実感があって愉快なのである。


堀潤

いまはインターネットであらゆる情報にアクセスできる時代。その気になれば密度の濃い第一次情報に簡単に辿りつき、ニュースの「大もと」に触れられます。たとえば賛否両論で議論が沸き起こった特定秘密保護法案。内閣府のホームページに詳しい解説が載っています。それを見ればこの法案が降って湧いたものではなく、以前から検討されてきた重要法案だったこともわかります。内閣府に限らず、官公庁は意外と資料をしっかり公開しているんですよ。