名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

井村裕夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井村裕夫のプロフィール

井村裕夫、いむら・ひろお。日本の医学者、医学博士。専門は内分泌代謝病学、糖尿病学。滋賀県出身。京都大学医学部卒業、カリフォルニア大学内科研究員、京都大学講師、神戸大学医学部教授、京都大学医学部教授、同大学医学部長を経て、京都大学総長に就任。そのほか国立大学協会会長、神戸市立医療センター中央市民病院長、国際生物学オリンピック組織委員長、先端医療振興財団理事長などを務めた。

井村裕夫の名言 一覧

実は最近の研究結果で、中年以降にかかる病気も、その芽は子供の時に出始めていることが分かってきました。つまり健康は、中年とか、ある程度の年齢になってから気を付けるだけでは不十分で、もっと早い段階から関心を持つべきなのです。


企業は利益を上げなければなりませんが、医学や医療の関連で忘れてならないのは、その人が健康になることで得られる社会的利益です。健康や医療に関連する産業の目標は、企業的利益と社会的利益を両立させることです。


今、医学界では「フレイル(虚弱)」という概念が広まっています。これは健康と寝たきりの中間の状態を指します。この状態で手を施せば、寝たきりにならずに健康状態に戻れる。ここで期待されるのが、企業の役割です。例えば、楽しみながら筋力を鍛えるサービス。元気な高齢者が増えれば、本人や家族の満足度も上がり、介護にかかる財源も削減できますから、社会的価値も高い。


井村裕夫の経歴・略歴

井村裕夫、いむら・ひろお。日本の医学者、医学博士。専門は内分泌代謝病学、糖尿病学。滋賀県出身。京都大学医学部卒業、カリフォルニア大学内科研究員、京都大学講師、神戸大学医学部教授、京都大学医学部教授、同大学医学部長を経て、京都大学総長に就任。そのほか国立大学協会会長、神戸市立医療センター中央市民病院長、国際生物学オリンピック組織委員長、先端医療振興財団理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

藤本やすし

与えられた条件の中で、まだ誰もやっていない新しいことをやろうと、いろいろ考えるんです。その結果出てきたアイデアでスタイルをつくっていく。いってみれば「小さな発明を蓄積していった集合体」が、雑誌のスタイルであり、デザインだと考えています。


童門冬二

大切なのは、考えるだけにとどまらず、行動すること。


松重豊

その瞬間を真剣に取り組むしかない。


小林惠智

他人と自分との人間関係を考える場合、多くの人は自分を変化しない「定数」、相手を変化する「変数」ととらえがちです。しかし、普段は気が長くても、忙しくなるとイライラしてせっかちになるなど、自分も変わります。自分自身も「変数」なのです。人間関係は「変数」と「変数」で成り立っているといえます。


中埜和英(八代目・中埜又左衛門)

後継者は、この会社のことを理解してもらうと同時に、企業の成長や存続をきちんと保ってもらうことが必要です。でも何が大切かは、環境によって変わります。そういう点では、変わっていけるような人間が好ましい。社是である「脚下照顧に基づく現状否認の実行」は足元をよく見て、現状の問題点を考え、改善策を実行することです。常に消費者の考えに沿って変えていくことさえやってくれればいいと思っています。


岡本太郎

他人に対して自分がどうであるか、つまり、他人は自分のことをどう見ているかなんてことを気にしていたら、絶対的な自分というものはなくなってしまう。プライドがあれば、他人の前で自分をよく見せようという必要はないのに、他人の前に出ると、自分をよく見せようと思ってしまうのは、その人間にコンプレックスがあるからだ。


川島永嗣

「自分の仕事はチームを助けること」という気持ちを常に持つことが大事。


白洲次郎

現代をあんまり早く掴み過ぎた奴は、いつでも不幸になっちゃうんだ。ちょっとばかり早く掴んだ奴が、非常な成功児になるんだ。


進藤晶弘

私は、「起業家」「事業家」「経営者」はそれぞれ違う才能を持っている人だと思います。事業を興す人が起業家で、事業家は既存の事業を含め企業や事業規模の拡大に才能を発揮し、経営者は既存の組織・事業の中で効率的に運営する才能に長け、利益最大化に手腕を発揮する人です。ところが世間では、この3つを区別しないでひとくくりにしている。それこそが、日本にベンチャー魂を根づかせないひとつの原因になっているのではないでしょうか。


長谷川滋利

一人ひとりが自立したプロの世界では、「コーチだから偉い」という理屈は通りません。これはビジネスの世界でも同じだと思います。名の通った監督や経営者ほど目下の人への表現に気を配っている印象がある。


茂木健一郎

小学生の頃、早くできた人から先生に提出する計算問題のテストがありました。1番に済ませようと必死に問題を解いた結果、高い持続力を生み出す原動力になりました。


斉藤恵一(セルフマネジメントプロデューサー)

誰でも仕事や人間関係のグチを聞いてほしいもの。話しにくいことだからこそ、聞ければ一気に親密になれる。