名言DB

9429 人 / 110879 名言

井村裕夫の名言

twitter Facebook はてブ

井村裕夫のプロフィール

井村裕夫、いむら・ひろお。日本の医学者、医学博士。専門は内分泌代謝病学、糖尿病学。滋賀県出身。京都大学医学部卒業、カリフォルニア大学内科研究員、京都大学講師、神戸大学医学部教授、京都大学医学部教授、同大学医学部長を経て、京都大学総長に就任。そのほか国立大学協会会長、神戸市立医療センター中央市民病院長、国際生物学オリンピック組織委員長、先端医療振興財団理事長などを務めた。

井村裕夫の名言 一覧

実は最近の研究結果で、中年以降にかかる病気も、その芽は子供の時に出始めていることが分かってきました。つまり健康は、中年とか、ある程度の年齢になってから気を付けるだけでは不十分で、もっと早い段階から関心を持つべきなのです。


企業は利益を上げなければなりませんが、医学や医療の関連で忘れてならないのは、その人が健康になることで得られる社会的利益です。健康や医療に関連する産業の目標は、企業的利益と社会的利益を両立させることです。


今、医学界では「フレイル(虚弱)」という概念が広まっています。これは健康と寝たきりの中間の状態を指します。この状態で手を施せば、寝たきりにならずに健康状態に戻れる。ここで期待されるのが、企業の役割です。例えば、楽しみながら筋力を鍛えるサービス。元気な高齢者が増えれば、本人や家族の満足度も上がり、介護にかかる財源も削減できますから、社会的価値も高い。


井村裕夫の経歴・略歴

井村裕夫、いむら・ひろお。日本の医学者、医学博士。専門は内分泌代謝病学、糖尿病学。滋賀県出身。京都大学医学部卒業、カリフォルニア大学内科研究員、京都大学講師、神戸大学医学部教授、京都大学医学部教授、同大学医学部長を経て、京都大学総長に就任。そのほか国立大学協会会長、神戸市立医療センター中央市民病院長、国際生物学オリンピック組織委員長、先端医療振興財団理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

磯崎功典

現場にはトップと別の意見があるかもしれません。もしそれが聞くべき内容ならきちんと耳を傾けるべきですが、「社長が決めたことだから」と有無を言わせず強権発動するような「虎の威を借る狐」では人はついてきません。


妹島和世

若い人のほうが、何か新鮮なアイデアを出せる可能性がある。


越智常雄

私はこれまで、社内のほとんどの部署を経験しました。社員の顔が分かっているという強みもあります。従って生え抜きの社長としての役割は、社内全員の力を結集して難局を乗り越えていくことだと考えています。


田口佳史

今は、ほとんどの人が人からどう見えて、評価はどうなんだろうという「外面志向」になってしまっています。そうではなく、素晴らしい経営者は全て、自己の内面を問い続け、自己の確立を何としてもやり遂げるという人たちです。


小坂敬

もともと楽天家ということもありますが、病気を経験したことで、その後の人生や仕事でも、非常に際どいところに来たところで、かえって落ち着いてくるところがあります。


石渡美奈

若い人がよく言う「厳しいことを言われたからモチベーションが下がる」というのは、ちょっと違うような気がします。むしろ、そういうときには「心が傷つく」というほうが私の感覚とはフィットしますね。それとモチベーションとは別の問題。「だからこそやらなくちゃ」と私は考えます。


谷正人

最初にSTUDIOUSをやったところは、エリアバッティングの問題がなかなかクリア出来なくて。様々なブランドさんにオファーしましたが、ほとんど取扱いには至りませんでした。最初に取扱いをスタートしたのは、今でも大事にお取扱いさせていただいている「MofM(man of moods)」。近くに他の取扱い店があったにも関わらず、STUDIOUSのビジョンに期待してくれ、お取引に至りました。そうすると、当時の「MofM」の立ち位置が若手で勢いのあるブランドだったので、それを見た他のブランドさんが「「MofM」がやるんだったら、ちょっとやってみようかな」と話が進みました。現在メンズ・ウィメンズ合わせて100ブランド以上取り扱っていますが、MofMに関しては今でも売り上げトップ5に入ります。時間とともにファンがつきましたし、洋服だけじゃない世界観に最初から取り組んでいるからこそできる強さがあると思います。


古賀稔彦

百人いたら百の性格があって目標があって、目標に向かうスピードも百通りあるもの。だから、自分1人のやり方を百人に当てはめるのではなくて、まず百人を知ろうと思った。


高田明和

欠点を直すために自分を追い込んではいけません。というのも、脳科学的にもよくない影響を及ぼすから。人は強いストレスを感じると、脳の視床下部という部分から「コルチコトロピン放出ホルモン」を出します。「コルチコトロピン放出ホルモン」には、感情をコントロールする大脳辺縁系という部分の働きを抑制する作用があり、そのため、何をしていてもやる気が出ず、うつ状態になりやすいんです。現在、30~40代にうつ患者が増えていますが、本当は悩まなくてもよいことで、自分を追い込むことにも一因があるのかもしれませんね。


佐治信忠

継続は力なりで、ことあるごとに伝えていくしかない。伝える努力をしていかないと伝わっていかない。