名言DB

9490 人 / 112001 名言

井村公彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井村公彦のプロフィール

井村公彦、いむら・ひろひこ。日本の経営者。「ジュピターテレコム」社長。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、住友商事に入社。インフラ事業総括部長、執行役員、常務、メディア・生活関連事業部門代表などを経てジュピターテレコム社長。

井村公彦の名言 一覧

当社の最大の強みは地域やコミュニティーに密着して、ときには御用聞きのようなこともしながら、各地の営業担当者がきめ細かく現場を回っていること。


住友商事とKDDIという親会社の力もどんどん使っていきたい。住友商事はマンション開発もやっています。例えばそのパイプを使ってジェイコムの商材を売り込んでいくこともできるはずです。親会社を使い倒す。それくらいの気持ちで、お客様の生活インフラを支える、なくてはならない会社になっていこうと考えています。


事業環境は大きく変化しています。動画配信サービスが増え、インターネットでもいろいろな番組が観られるようになりました。ただ、媒体がなんであれ、いかに魅力的なコンテンツを提供できるかが、チャンネル事業拡大のカギであることには変わりありません。


井村公彦の経歴・略歴

井村公彦、いむら・ひろひこ。日本の経営者。「ジュピターテレコム」社長。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、住友商事に入社。インフラ事業総括部長、執行役員、常務、メディア・生活関連事業部門代表などを経てジュピターテレコム社長。

他の記事も読んでみる

枡野俊明

禅には「清風払無塵(せいふう はらいて ちりなし)」という言葉があります。塵は心を縛っている煩悩や雑念を指しており、清らかな風が吹けばその塵はどこかに飛んでいき、残るのは清らかな心だけだという意味です。塵や埃が拭い去られるからこそ、気持ちのいい爽快感を得られる。


中村真樹

寝ている間に、傷ついた細胞が修復されて疲労が軽減されるのは、成長ホルモンの働きによるものです。その分泌量が一番多いのは、寝入りばなの90分間だと言われています。つまり、この90分間をベストな睡眠環境で過ごすほど、良質な睡眠を維持できるのです。最悪なのは、夜に煌々と明かりのついた居間でテレビをつけたまま、ソファーでうたた寝をしてしまうこと。寝ている間も脳は光や音を感知してしまうので、このような劣悪な環境で眠ってしまうと、脳が休まらないうえに成長ホルモンが十分に分泌されません。夜間のうたた寝は質の悪い惰眠のため、いくら寝ても疲労が抜けず、免疫力が落ちて風邪などの病気にもかかりやすくなってしまうのです。


塚原光男

体操に取り組んだのは中学に入ってからですが、僕は子供のときから、人ができないことをやりたいとずっと思っていたんですね。それで、先輩が鉄棒をやっている姿を見て「おう!これだ」と。それが結果的に3連続オリンピックに出場し、金メダルを獲得することになるんですから、体操との出会いは大幸運だったと言えます。


鵜浦博夫

昨年秋の中期経営戦略でグローバルなクラウドビジネスを成長の原動力にすると定めました。各種の規制に縛られ、自由な事業活動が難しい国内にとどまるのではなく、北米をはじめとする海外市場に活路を求めることで、組織の変革を加速します。


村上憲郎

Google創業者のラリー・ぺイジとサーゲイ・ブリン、またエリック・シュミットら、経営陣が共有していた考え方が、「優秀な若者の力を活かす」ということです。


出口治明

リーダーには適性が必要ですが、それだけで成功するわけではありません。努力が不可欠です。そこに世の中の大きな流れが重なったとき、偉大なリーダーが開花するのです。適性だけでも、努力だけでも、運だけでもダメだというのが人生の面白いところであり、歴史を学ぶ面白さでもあります。


ジェームズ・マックナーニー

競争への対策はイノベーションしかありません。新規参入組が機能の航空機を開発しているときに、ボーイングは明日の航空機を開発している。それが勝ち残る道であり、当社が2016年に創業100周年を迎えられる強さの理由です。ボーイングには常に競争相手がいました。今回も競争を楽しみにしています。


法華津寛

馬術と仕事の両立は、大変だと思ったことはありません。むしろ経営を担う立場になって馬術に何度も助けられました。仕事が厳しい状況の時も、馬に乗ればトレーニングに集中しますから頭がリセットされます。仕事で面倒な案件が発生した時ほど、意識的に馬に乗って頭を切り替えるようにしていました。出社後、同じ問題に違った側面から対峙できて新たな意思決定につながったり、解決策を見いだせたりすることもありました。


小林陽太郎

前年にできたばかりの富士ゼロックスに入社したとき、MBA教育などで抱いている「よい会社」のイメージからすると、それはほとんど対極にあるような状態で、率直に言えば「ひどいところに来てしまった」という印象はぬぐえなかった。ところが入社後すぐにイギリスに渡り、1年数カ月仕事をして帰国してみると、その間に皆が、まるで人が変わったように一所懸命に働いていた。短期間で大きく成長を遂げた人たちの姿を見て、私は自分の未熟さに「穴があったら入りたい」気持ちになった。大学を出てビジネススクールにも行って、実業の経験もそれなりにしたにもかかわらず、「人は変わりうる」ということが理解できていなかったのだ。


アルフレッド・アドラー

妻の機嫌が悪いときに、夫が責任を感じてはいけない。不機嫌でいるか上機嫌でいるかは、妻の課題。その課題を勝手に背負うから苦しいのだ。


松田憲幸

社長の私が販売店を回ることで、社員だけではなかなか面談の機会がもらいにくい店長の方にもお会いできます。これも社長の仕事のひとつです。


石川和男(税理士)

目的設定を誤ると失敗します。よくあるのは、「資格取得」など目に見える結果をゴールにしてしまうこと。この場合、取得後にモチベーションが続かず、せっかく学習したことも、活かせないまま記憶から抜け落ちていくでしょう。大事なのは目先の目標ではなく、学びを「何に活かしたいか」を考えることです。「語学を学んで海外事業に参加したい」などの長期的ビジョンが不可欠なのです。ここが明確かつ具体的であればあるほど勉強は実りあるものとなります。モチベーションはもちろん、学習内容の吸収力もぐっと上がります。