名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井村公彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井村公彦のプロフィール

井村公彦、いむら・ひろひこ。日本の経営者。「ジュピターテレコム」社長。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、住友商事に入社。インフラ事業総括部長、執行役員、常務、メディア・生活関連事業部門代表などを経てジュピターテレコム社長。

井村公彦の名言 一覧

当社の最大の強みは地域やコミュニティーに密着して、ときには御用聞きのようなこともしながら、各地の営業担当者がきめ細かく現場を回っていること。


住友商事とKDDIという親会社の力もどんどん使っていきたい。住友商事はマンション開発もやっています。例えばそのパイプを使ってジェイコムの商材を売り込んでいくこともできるはずです。親会社を使い倒す。それくらいの気持ちで、お客様の生活インフラを支える、なくてはならない会社になっていこうと考えています。


事業環境は大きく変化しています。動画配信サービスが増え、インターネットでもいろいろな番組が観られるようになりました。ただ、媒体がなんであれ、いかに魅力的なコンテンツを提供できるかが、チャンネル事業拡大のカギであることには変わりありません。


井村公彦の経歴・略歴

井村公彦、いむら・ひろひこ。日本の経営者。「ジュピターテレコム」社長。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、住友商事に入社。インフラ事業総括部長、執行役員、常務、メディア・生活関連事業部門代表などを経てジュピターテレコム社長。

他の記事も読んでみる

谷口祥子

「質問形の褒め方」を上手に取り入れましょう。「○○さんの美肌の秘訣は何ですか?」など、教えを請う形で褒めるのです。人は質問されると答えようとしますから、必ず会話は続きます。相手も喜んで答えてくれるので、会話にも一気に弾みがつくでしょう。


松村誠一(経営者)

どんな事業でも人材のミスマッチが発生していては成功はおぼつきません。そのため各部門の戦略にあった人材を見つけ適切に配置する必要があります。このように考えるとトップに必須の能力は、人を評価するときに偏見を持たずに判断を下せる「人材評価力」だといえましょう。


鏡リュウジ

よく「あの人は体育会系だから」というような言い方で、他人の性格を表現したりしますよね。それと同じで、占いでは、「蟹座だからこう」というような思考や行動パターンのバリエーションを整理します。ですから、あらかじめ「蟹座の人はこういう考え方の傾向がある」と知っていれば、実際に会う際にひとつの判断材料をもつことができるわけです。「蟹座なら、次はたぶんこうするんじゃないかな?」と、理解を深めることができる。たとえ、その人が本当は違う星座の持ち主だったとしても、「蟹座の思考や行動パターン」というひとつの観点から観察と分析を行なうことで、その人に対する理解は確実に深まるでしょう。ただし、「蟹座だから絶対にこうだ」という決めつけは望ましい態度とはいえません。物事の見方や考え方を固定するのではなく、その幅を広げるために占いを活用すべきだと思いますね。


松本幸夫

成功者は、物事を考えるとき、枠を決めず、どんどん広げて考える。


永守重信

一番のピンチは創業してからの10年間ぐらいですね。当時の日本はまだ今のような状態ではありませんでした。ベンチャーキャピタルもありませんでした。最初の頃はお金もないし、人も満足には集まりませんでした。最初の5年間で3回ぐらいは倒産の危機がありました。結果的には3回ともいろんな方のお陰で乗り切ったのですが、日本の社会はベンチャーが育ちにくい環境であるということを痛切に感じました。それでも経営危機があったのは初めの10年間くらいです。


椙岡俊一

お客様が求めているのは、驚き、発見、学び、文化、そしてエキサイティングな買い物体験です。これらを具現化することで、人が集まり、モノが売れ、活況が生まれます。


横山光昭

お金を本気で貯めたいのなら、自分たちのこれまでの価値観や先入観をリセットして貯蓄に取り組むことです。


津賀一宏

売上ばかりを追って、収益が赤字になってはまったく意味がない。利益は社会貢献の尺度です。一度、身を縮めて、利益ができる形にして、もう一度、どう立て直すのか、どう伸ばすのかを考える時期がいまです。


吉弘和正

私は会社をより大きくしたい。やるからには成長し続けたい。そして、企業理念である「世界をつなぎ社会を幸せにする」ということを実現したい。


吉越浩一郎

信念が弱く、スピードが上がらない経営者は、自分自身を変える覚悟をしなければならない。「君子は豹変す」という言葉があるが、私は「豹変していれば君子になれるかもしれない」と言っている。お題目を墨守したり、会社の構造をいじったりするよりも、まず経営者自身が変わり続けること。これがスピード改革の第一歩である。


安藤百福

失ったのは財産だけではないか。その分だけ経験が血や肉となって身についた。


寺尾玄

ちょっとしたことでも構わないので、「不可能と思われていること」に挑戦してみるのもいいでしょう。例えば、「誰も自ら近づかない、常に不機嫌な上司を笑わせる」。手段は問わない。あらゆる方法を試してみる。冗談が通じなければ、背後に回ってくすぐってもいい。遠慮や常識なんて無視し、とにかく「それは無理だろう」ということを「崩す」ことを最優先してやってみてください。これは仮説を立てて実行し、失敗したら別の仮説を立てて再度試すという、可能性を使うプロセスです。仕事や人生を本当に面白く、楽しく生きるために絶対に必要な考え方だと思っています。