名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井村公彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井村公彦のプロフィール

井村公彦、いむら・ひろひこ。日本の経営者。「ジュピターテレコム」社長。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、住友商事に入社。インフラ事業総括部長、執行役員、常務、メディア・生活関連事業部門代表などを経てジュピターテレコム社長。

井村公彦の名言 一覧

当社の最大の強みは地域やコミュニティーに密着して、ときには御用聞きのようなこともしながら、各地の営業担当者がきめ細かく現場を回っていること。


住友商事とKDDIという親会社の力もどんどん使っていきたい。住友商事はマンション開発もやっています。例えばそのパイプを使ってジェイコムの商材を売り込んでいくこともできるはずです。親会社を使い倒す。それくらいの気持ちで、お客様の生活インフラを支える、なくてはならない会社になっていこうと考えています。


事業環境は大きく変化しています。動画配信サービスが増え、インターネットでもいろいろな番組が観られるようになりました。ただ、媒体がなんであれ、いかに魅力的なコンテンツを提供できるかが、チャンネル事業拡大のカギであることには変わりありません。


井村公彦の経歴・略歴

井村公彦、いむら・ひろひこ。日本の経営者。「ジュピターテレコム」社長。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、住友商事に入社。インフラ事業総括部長、執行役員、常務、メディア・生活関連事業部門代表などを経てジュピターテレコム社長。

他の記事も読んでみる

臼井由妃

現実には「ひと言多くて同僚を怒らせる」場面が絶えないのは、職場が「忙しい場所」だからです。こうした言葉はたいてい、せわしない状況で発されるものです。言葉を発する側も、受ける側も心の余裕を失っているがゆえに、何気ないひと言を実際以上に不愉快に感じるのです。


阿部寛

自分を客観視することは確かに難しいです。それにはやはり、相談できる相手が必要です。自分が考えていることを何でも話せる人が一人いるかいないかで、全然違う気がします。別に意見を言ってくれなくてもいい、聞いてくれるだけでいいんです。取り留めもなく話しているうちに、自分の中で考えがまとまっていくんです。


田中孝司(経営者)

「役員補佐制度」という制度を導入しています。例えば、社長の私には男性2人と女性1人の3人が補佐として付いています。社内には役員補佐は、役員候補であることを宣言しています。役員会などにも出席してもらって、会社全体を見て物事を考えられるように鍛えるのが目的です。


三浦善司

国によって潜在ニーズもお客さまの質も全く違ってくる。現在、グローバルで約3万人の販売・サービス人員を配置し、お客さまとの接点、いわば「ラストワンマイル」の部分を重視した体制を築いています。


紺野登

顧客にとって本当に良いものを作るために、いろいろな可能性を早く試すことを優先すべきだ。


渋沢栄一

有望な仕事があるが資本がなくて困るという人がいる。だが、これは愚痴でしかない。その仕事が真に有望で、且つ、その人が真に信用ある人なら資本ができぬはずがない。愚痴をこぼすような人は、よしんば資本があっても大いに為す人物ではない。


永井浩二(経営者)

今後は得意分野をさらに強化する。顧客のニーズがあり、勝ち目のあるところに集中する。特にアジアでは、米欧投資銀行の撤退もあり、大きな商機がある。今後はアジアに立脚したグローバル金融サービスグループを目指す。


草開千仁

今年の夏は週末に何度も台風が来て対応に追われましたが、「休みが取れずに大変だった」とは口が裂けても言えません。24時間365日の運営をやり抜くには愚直さが必要です。台風の時に「今こそ俺の出番だ」と思える人であれば、とても楽しめる仕事です。


上田準二

逃げずに前向きに敗戦処理を地道に頑張っていたら、逆にお客様から「信用できる奴だ」と評価されて、その後、長い取引関係を築くことができた。


鈴木喬(経営者)

「開発者はこれだけ頑張ったので何とかしてほしい」などという泣き落としで、商品化が実現することも珍しくありませんでした。これではお客さんの視点も何もあったものではありません。


大川隆法

イノベーションには、これまで成果をあげていたものを捨てていく面があるので、そういう意味で、どうしても痛みを伴いますが、発展を続けたければ、どこかで、そういう外科手術をしなければいけない。


角和夫

権限移譲の核は、事業を推進しているキーパーソンに本当に権限を委譲することです。そして、もうひとつ重要なのが社内に向けた情報の開示です。