名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

井手直行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井手直行のプロフィール

井手直行、いで・なおゆき。日本の経営者。ビール製造メーカー「ヤッホーブルーイング」社長。福岡県出身。大手電気機器メーカー、広告代理店などを経てヤッホーブルーイングに入社。著書に『ぷしゅ よなよなエールがお世話になります くだらないけど面白い戦略で社員もファンもチームになった話』。

井手直行の名言 一覧

美味しいか美味しくないかはお客さんが決めることです。スタッフにはちゃんとお客さんと対面で接する機会も定期的にとってほしいと思います。ですから、人事異動で生産の現場から営業へといったこともするんです。


僕が製造現場のスタッフに言うことはひとつだけ。「世界を見てください。もっと広い目で見てください」って。製造現場は閉鎖空間だから、どうしても内向きになっちゃう。すると、自分たちだけが美味しいと思うビールが出たりする。だから、まずはお客さんを見てくれ、と。


企業を永続的に成長させるために「利益」「リスク(を取って挑戦)」「顧客満足」の3つのバランスを変える時期も必要。


体重を手帳に毎日記録して、健康管理をしています。ビール会社の社長が肝臓を悪くしたり、通風になったりしたらマズイですから(笑)。


クラフトビールの最大手の我々でも、多くが手作業なんです。人が介在する部分がすごく多い。みんなの状態とか、現場で問題が起きてないかっていうのは、スタッフの様子を見たり、話をしなきゃわからない。現場のスタッフのことをわかっていれば、大変な事態が起こるまでトップは何も知らなかった、ということにはなりません。


週の半分は醸造所のある長野にいて、半分は東京で商談したりイベントに出席しています。醸造所に毎日顔を出すわけではありませんが、それでも、みんなのことはよくわかってますよ。その家族のこともよく知ってます。僕が常に気にしているのは設備よりスタッフです。


大抵の仕事には相手がいますから、3つの候補日時をすべてグループウエアに入れるように頼んでいます。3つの日時を仮押さえすると、過去の経験上、日程調整のやり取りが1回で決まりやすい。調整にかかる時間のロスを防げます。


井手直行の経歴・略歴

井手直行、いで・なおゆき。日本の経営者。ビール製造メーカー「ヤッホーブルーイング」社長。福岡県出身。大手電気機器メーカー、広告代理店などを経てヤッホーブルーイングに入社。著書に『ぷしゅ よなよなエールがお世話になります くだらないけど面白い戦略で社員もファンもチームになった話』。

他の記事も読んでみる

泉谷直木

基本的に消費者の行動は慎重ですが、同じ人でも平日は質素な暮らしをしているけど、週末は新幹線のグリーン車に乗って家族旅行に出かけたりしていて、個々の消費パターンが多様化している。二極化というと2つしか行動パターンがありませんが、多様化、多極化という視点で見た方が分かりやすいと思います。


小池利和

好奇心が強く、頑固な技術者は上司が何を言っても考えを変えません。ならば早い段階で失敗を味わわせるのが理解を深めさせる一番の方法です。効率は良くありませんが、必要なものだと考えています。


五神真

個々人が自由に活動することは極めて重要なことです。それを前提に、格差を減らし、社会全体が調和的な発展に向かう新しい仕組みが必要です。そうした社会に向かうための推進役として、大学が意志を持って行動することが、今、求められています。


立花陽三

ファンの声や選手の要望をワンストップで引き受ける部署「ファンリレーション室」をつくったことで、ユニホーム組と背広組の壁がなくなって、職員の意識も変わりました。やはり職員が選手を一番愛する存在にならないと、ファンからも愛されないし、チームは強くなれない。逆にいうと、昨年に優勝できたのは、職員が頑張ってくれたからでもあるんです。


北川登士彦

この人の話を聞きたいと思ったら、すぐに連絡を取って会いにいくようにしています。


ロバート・キヨサキ

速く金持ちになりたければ、それだけ数字に厳しくならなければならない。世界的なビジネスを作りたかったら、数字が全てだと言っていい。金持ちになりたかったら、頭を使う必要がある。考えることは最も過酷な仕事だ。だからそれをやろうとする人がこんなにも少ないのだ。


楠本修二郎

景気のいい時なら、期間限定のイベント的な出店を繰り返すのもいいと思います。しかし、人口が減っていく社会でそれをやるとやがて先細り、何十年も続く会社にはなれないかもしれない。長く事業を続けるために、手間を惜しまず丁寧に作っています。


鈴木敏文

ABC分析がいまでも使える商品もありますが、モノを簡単に買ってもらえない時代には、多くの場合、売れた量のデータだけでなく、数字の奥に顧客心理を読まなくてはなりません。


森田正光

番組の構成作家さんが「森田、面白いけど、倉嶋(厚)さんみたいだ。いくらマネても倉嶋さんにはなれないんだから違うことを考えろ」と指摘してくださったんです。そこから時事ネタを盛り込んでいくようになりました。例えば、チャウシェスク政権が倒れたときは、過去の天気を調べ、「革命は暖冬の冬に起きやすい。寒くないので人が集まりやすいから」みたいな切り口で話していく。気象と社会的な事象をドッキングさせるスタイルを作っていったんです。


斎藤祐馬

大事なことは数字を構成する要素を見ること。


藤原和博

人生をひとつのゲームとして捉えた方が柔軟な発想ができる。30代、40代と自分が設定したミッションをクリアすることで新しいステージに上がるイメージ。年齢を経て魅力的に輝いている人は、そんな前向きな生き方をしてきたはず。


奥正之

若いときは時間は無限だと思いましたが、年を取ると有限に変わりました。60を過ぎたいま、あれこれやるには時間の密度を濃くすることが大切だと感じています。