名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井手直行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井手直行のプロフィール

井手直行、いで・なおゆき。日本の経営者。ビール製造メーカー「ヤッホーブルーイング」社長。福岡県出身。大手電気機器メーカー、広告代理店などを経てヤッホーブルーイングに入社。著書に『ぷしゅ よなよなエールがお世話になります くだらないけど面白い戦略で社員もファンもチームになった話』。

井手直行の名言 一覧

美味しいか美味しくないかはお客さんが決めることです。スタッフにはちゃんとお客さんと対面で接する機会も定期的にとってほしいと思います。ですから、人事異動で生産の現場から営業へといったこともするんです。


僕が製造現場のスタッフに言うことはひとつだけ。「世界を見てください。もっと広い目で見てください」って。製造現場は閉鎖空間だから、どうしても内向きになっちゃう。すると、自分たちだけが美味しいと思うビールが出たりする。だから、まずはお客さんを見てくれ、と。


企業を永続的に成長させるために「利益」「リスク(を取って挑戦)」「顧客満足」の3つのバランスを変える時期も必要。


体重を手帳に毎日記録して、健康管理をしています。ビール会社の社長が肝臓を悪くしたり、通風になったりしたらマズイですから(笑)。


クラフトビールの最大手の我々でも、多くが手作業なんです。人が介在する部分がすごく多い。みんなの状態とか、現場で問題が起きてないかっていうのは、スタッフの様子を見たり、話をしなきゃわからない。現場のスタッフのことをわかっていれば、大変な事態が起こるまでトップは何も知らなかった、ということにはなりません。


週の半分は醸造所のある長野にいて、半分は東京で商談したりイベントに出席しています。醸造所に毎日顔を出すわけではありませんが、それでも、みんなのことはよくわかってますよ。その家族のこともよく知ってます。僕が常に気にしているのは設備よりスタッフです。


大抵の仕事には相手がいますから、3つの候補日時をすべてグループウエアに入れるように頼んでいます。3つの日時を仮押さえすると、過去の経験上、日程調整のやり取りが1回で決まりやすい。調整にかかる時間のロスを防げます。


井手直行の経歴・略歴

井手直行、いで・なおゆき。日本の経営者。ビール製造メーカー「ヤッホーブルーイング」社長。福岡県出身。大手電気機器メーカー、広告代理店などを経てヤッホーブルーイングに入社。著書に『ぷしゅ よなよなエールがお世話になります くだらないけど面白い戦略で社員もファンもチームになった話』。

他の記事も読んでみる

糸井重里

自分たちが欲しいと思うものが実現可能か、本当にそれがいいのか、ひとつひとつ調べて試していく。当時、社員が他社の手帳を調べようとしたので、「それはやめよう。横を見てはいけない」と言いました。普通の発想だとマーケティング調査をしたくなる。でも、横を見ると、それだけで仕事をした気になっちゃうんですよね。そこから生まれるものはほとんどなくて、まず自分の頭で考えることが大切なんです。


堀場雅夫

これからはミドル層の役割も変わってくる。かつて中間管理職の役割といえば、トップマネジメントの意志を正確に伝達することだった。しかし、世の中がネット社会に移行したために、いまは特別な秘密情報をのぞいてほとんどの情報を社員全員が共有するようになった。すると伝達役というかつての役割は小さくなる。


高橋大輔(フィギュアスケート)

一生懸命やってダメだったらその結果を受け入れて、また別のアプローチをするしかない。結果が出なくても死ぬわけじゃない。そんなふうに気持ちの切り替えをしないと、不安や重圧に勝てなかった。


横山美弥子

若い世代は、コミュニケーション方法も仕事への価値観も、4、50代とは大きく異なります。それに気づかない上司は、そもそも意思疎通や信頼関係のベースができていない可能性が高い。それで部下の変調を読み取れず、ある日突然、会社に来なくなったと慌てるのです。


塩崎均

文系ほど世間に評価してもらうことが難しい学部はなく、この点については関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)に負けている。近大の教員を紹介するガイドブックを作成し、教員のメディア露出を増やして研究内容への世間の認知度を高める。


山里亮太

さんまさんとか、本当にすごいMCの人って、相手が「うん」って頷くだけで笑いをとれるような滑走路をトークのなかで敷いていくのよ。メンバーがどうやったらウケるか、空いた時間に考えるだけで新しい道が見つかるかも。


安田佳生

値上げの依頼状など書く必要はありません。新商品の提案書を作るべきなのです。大きく値上げする代わりに、ワンランク上の顧客を納得させるだけのメリットを示す。そこにこそ、将来に向け、本当の商機が生まれてくるはずです。


米山久

私は自分の観察眼を信用していません。そもそも、初対面の一度だけでその人物が見抜けるわけがない。そこで重視しているのが、面談相手と一緒に働いた経験のある人など、本人をよく知る人たちからの声や意見です。そうした声をなるべく集めたうえで、総合的に判断するようにしています。


鈴木喬(経営者)

新商品で世間をアッと言わせることができれば、「エステー、ここにあり」という存在意義を世の中に示すことができます。逆に他社商品のマネばかりしていたのでは、より確実に売れるかもしれませんが、充実感は弱い。これでは社員のやる気も湧きません。


羽生善治

いいときは何事もうまくいくので、むしろ悪くなったときにどれだけ頑張れるかがその人の真価。


高田明(ジャパネットたかた)

良くなればそこに驕りや慢心が出てくるのでそれを正していくことも大切。


宮内義彦

「目立たなければ、消える」。この考えに触れ、そうならないための訓練を受けた。この経験は、財産だったと思います。
【覚え書き|ワシントン大学ビジネススクールでMBAコースを受講した当時を振り返っての発言】