名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井手明彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井手明彦のプロフィール

井手明彦、いで・あきひこ。日本の経営者。「三菱マテリアル」社長・会長。福岡県出身。早稲田大学第一商学部卒業後、三菱金属(のちの三菱マテリアル)に入社。総務部長、取締役、常務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、セメント協会会長、日本鉱業協会会長などを務めた。

井手明彦の名言 一覧

決断するのは経営者ですが、その方針を現場に落とし込むのは課長、部長といったミドルの仕事です。2つがかみ合ってこそ、会社は良くなる。


我々は決断しなければならなかった。経営の非情さを学んだ。
【覚え書き|マレーシア・マムート銅鉱山撤退について】


厳しい国際競争のなかで三菱マテリアルが存続できているのは、マムート銅鉱山からの撤退や金属・鉱業セメントの合併といった大きな経営の決断があったから。


経営計画は会社の命運を握る大事な方針です。今思えば、最初から関係者とひざ詰めで議論し、積み上げていくべきでした。半年後、姫野庄三委員長には「もっときちんと説明してくれれば協力したのに」と言われました。会社を良くしたいという思いは共通だったのです。
【覚え書き|経営計画部時代を振り返っての発言】


井手明彦の経歴・略歴

井手明彦、いで・あきひこ。日本の経営者。「三菱マテリアル」社長・会長。福岡県出身。早稲田大学第一商学部卒業後、三菱金属(のちの三菱マテリアル)に入社。総務部長、取締役、常務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、セメント協会会長、日本鉱業協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

安東邦彦

売り込みの時は愛想がいいのに、見込みがないとわかると、さっさと諦める。あるいは、解約された客とは二度と会わない……。そういう営業マンは、みすみす宝物を捨てているのも同然なんです。


藤原理加

どうしても埋もれてしまいがちな、その土地で生きる人たちの声を届けたかったんですね。「生活者の言葉」は、ほぼニュースにはなりません。だけど一番信じられるもの。人生の荒波を乗り越えてきた人たちによる実感のこもった言葉を届けることで、読者の方々に生きる元気や勇気を少しでも感じてもらえれば、と。

【覚え書き|『八重山おばぁのぬちぐすい』について】


印南敦史

音楽を聴くときに、「すべての旋律を聞き分けよう」とか「1回で覚えよう」と肩肘張る人は多くないはず。読書も同じで、勢い込む必要はないのです。実際、1冊の本を1週間熟読しても、1か月後には内容の数%しか頭に残っていないはず。だとしたら、1週間で10冊の本を読んだほうが、様々な学びがあってお得です。そこでお勧めなのが、音楽を聴くように読書を楽しむ、「フロー・リーディング」。知識を頭に溜め込む読書ではなく、読み進める中で、1%でも内容が頭に残ればよしとする読書法です。


石川光久

これからもこのメンバーで継続して押井さん(押井守監督)の作品をつくり続けたい。このメンバーでやりたいんだ!そのために作品をヒットさせて、製作費をきちんと回収しよう。
【覚書き|アニメーション映画スカイ・クロラの制作中にスタッフに語りかけた言葉】


酒井眞一郎

経験から思うのですが、画期的な商品は決まって管理職以外から生まれるものです。私は管理能力のみでピラミッドをつくると、画期的な商品は生まれないと思っています。実績や発想力、知識と技術など、複数の要素を組み合わせないと画期的な商品にはなりません。


森田仁基

「モンスト(大ヒットゲーム「モンスターストライク」)」のスタッフも、それ以前にはいろいろと失敗している。だが、そこに挑戦があればナイス・トライとして評価してきた。


齋藤孝(教育学者)

文章を豊かにするボキャブラリーは書き言葉から得るしかありません。話し言葉は刹那的なものです。会話を盛り上げることが得意な人でも、文章になると上手く表現できなくなるのはそのためです。基本になるのは読書です。自分の価値観や問題意識に合う本を見つけたら、その著者の本を立て続けに読む。読むのは、小説や評論に限らず、ビジネス書でも新書でもいいと思います。特定の著者の本をひたすら読むことで、その著者のボキャブラリーが自分のものになります。


菊地庄次郎

いまの時代に老人があまり張り切るのは、よろしくないと私は思う。老害と呼ばれる年寄りたちは、いずれも高度成長期にバリバリ仕事をしてきた連中だ。だから俄然、昔を思い出して、ああしろこうしろと言いたがるのだ。【覚書き:会長時代の発言。若手に仕事を任せよという経営哲学を語った言葉】


小野裕子(ファイリング・コンサルタント)

オフィスに残すべき書類は、大きく分けて2種類だけ。一つは「年度別文書」。今年は必要だけれども、1年後にはほとんど利用価値がなくなる書類です。「○○年度事業計画書」など、書類の冒頭に年度の名前が書いてある書類だと考えればわかりやすいでしょう。もう一つは、規程やマニュアル、商品資料など、時間が経過しても継続して利用する「資料扱い文書」。


バートランド・ラッセル

野原を通ってニューサウスゲートへと続く道があった。そこで私は一人で夕陽を眺め、自殺について考えたものだ。でも結局、自殺はしなかった。もっと数学について知りたいと思ったから。


籠屋邦夫

天才的な人物とその答えが、企業に常によい影響をもたらすとは限りません。なぜならば、天才がいるあいだはよくても、天才的なアイデアを思いつく確かな方法論はないため、会社組織の継続性という面からいえば、非常に危ないやり方でもあるからです。


大屋晋三

この世の中には、非常に深い経験を積み、その道では名人芸に達している人も多い。またいわゆる物知りとして、知らぬものはないほどに知識の豊富な人も幾多あるが、それでいてその人たちがあまり物の用に立たない場合がしばしばある。