名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

井手明彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井手明彦のプロフィール

井手明彦、いで・あきひこ。日本の経営者。「三菱マテリアル」社長・会長。福岡県出身。早稲田大学第一商学部卒業後、三菱金属(のちの三菱マテリアル)に入社。総務部長、取締役、常務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、セメント協会会長、日本鉱業協会会長などを務めた。

井手明彦の名言 一覧

決断するのは経営者ですが、その方針を現場に落とし込むのは課長、部長といったミドルの仕事です。2つがかみ合ってこそ、会社は良くなる。


我々は決断しなければならなかった。経営の非情さを学んだ。
【覚え書き|マレーシア・マムート銅鉱山撤退について】


厳しい国際競争のなかで三菱マテリアルが存続できているのは、マムート銅鉱山からの撤退や金属・鉱業セメントの合併といった大きな経営の決断があったから。


経営計画は会社の命運を握る大事な方針です。今思えば、最初から関係者とひざ詰めで議論し、積み上げていくべきでした。半年後、姫野庄三委員長には「もっときちんと説明してくれれば協力したのに」と言われました。会社を良くしたいという思いは共通だったのです。
【覚え書き|経営計画部時代を振り返っての発言】


井手明彦の経歴・略歴

井手明彦、いで・あきひこ。日本の経営者。「三菱マテリアル」社長・会長。福岡県出身。早稲田大学第一商学部卒業後、三菱金属(のちの三菱マテリアル)に入社。総務部長、取締役、常務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、セメント協会会長、日本鉱業協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

山崎浩一(コラムニスト)

「いいペンを使っている」という意識が、1本の線を引く時でも手を抜けなくする。その積み重ねが、プロとして恥ずかしくない技量と心構えを養ってくれる。文具には、そんな力が備わっていると思います。


山本真司

考えるという作業は、頭の中にスクリーンを置いて、そこにイメージ(絵)を描くことです。誰でも思い当たる節があるでしょうが、いい企画書や報告書が書けるときは、言葉を組み合わせているのではないはず。頭の中でイメージを動かし、それを言葉で描写するといいものができるのです。一方、言葉遊びで組み立てると「薄い」ものしかできないでしょう。考えるとは想像すること、イマジンなんです。


黒田武志

落ち込むことがあっても、意志を強く持って、前向きに考えなければいけない。


立花貴

私は惣菜・仕出し店を営む母に女手ひとつで育ててもらいました。私は子どものためになりふりかまわず働く母の本気の姿を見て育ちました。今でも深く感謝しています。私たち子どもは幼い頃から母の仕事を手伝いました。納豆の配達もしましたし、近くの海で魚を釣ってさばいて店に納めました。おかげで「食」という縦糸ができて、商社時代から現在に至るまで食に携わり続けています。学習塾などには通いませんでしたが、母に最高のキャリア教育をしてもらったと思います。


前澤友作

ウサイン・ボルト(短距離走金メダリスト)がどんなに足が速いといったって、100メートル9秒台は切れません。逆に足が遅い人でも、15秒あれば走れてしまう。その差はわずか6秒。つまり、人間の能力にはそれほど差はないのです。


冨山和彦

「どの選択肢が最も後悔しないか」を基準に考えるのもお勧めです。普通は「どの選択がベストか」という基準で考えるものですが、現実にはどれを選んでも失敗する可能性が必ずあります。すると、「決断しない」という選択に逃げ込みがちになります。一方、「最も後悔しないのはどれか」を選択基準にすると、後悔する選択肢の消去法になり、何かを選ぶことになりやすいのです。


長島徹

社長就任を打診されたとき、自分の時代の社長の役割を考えるために、まずは歴代の社長がどんな経営をやってきたのか、帝人の歴史を振り返ることから始めました。


高野誠鮮

人間は、「知(情報)→情(心)→意(行動)」の順番で動きます。だから、まずは広報。「羽咋(はくい)はUFOで町おこし」をネタに、世界の著名人に手紙を送り、同時にマスコミにも情報を配信しました。人は家の中で起こっていることを、他人に指摘されると気になるもの。「外堀作戦」と名付けましたが、羽咋から離れた、北海道、九州、さらには海外を中心にアプローチ。この作戦が予想以上の効果で、多くのメディアが取り上げてくれました。町おこしは、「マスコミおこし」が大事なのです。


中西宏明

危機のときは何とかリカバリーしようと、みんな火事場の馬鹿力が出る。それが、過去最高益とか褒められるようになってくると安心して、いつの間にか半分守りになってしまう。


井筒和幸(映画監督)

自分は不本意だけど、周囲が納得すればいいなんて感覚で仕事したらアホな映画にしかならない。


坂本光司

一つの課を束ねているならその課の社長だと思って、部下とその家族の幸せに全力を尽くせばいい。そうすれば、部下たちのほうも課長のために全力を尽くします。


山本憲明

マニュアルやチェックシートをつくるのには時間がかかりますが、それを使ってメンバーの仕事が速くなれば、仕事全体が速くなります。