名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井手明彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井手明彦のプロフィール

井手明彦、いで・あきひこ。日本の経営者。「三菱マテリアル」社長・会長。福岡県出身。早稲田大学第一商学部卒業後、三菱金属(のちの三菱マテリアル)に入社。総務部長、取締役、常務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、セメント協会会長、日本鉱業協会会長などを務めた。

井手明彦の名言 一覧

決断するのは経営者ですが、その方針を現場に落とし込むのは課長、部長といったミドルの仕事です。2つがかみ合ってこそ、会社は良くなる。


我々は決断しなければならなかった。経営の非情さを学んだ。
【覚え書き|マレーシア・マムート銅鉱山撤退について】


厳しい国際競争のなかで三菱マテリアルが存続できているのは、マムート銅鉱山からの撤退や金属・鉱業セメントの合併といった大きな経営の決断があったから。


経営計画は会社の命運を握る大事な方針です。今思えば、最初から関係者とひざ詰めで議論し、積み上げていくべきでした。半年後、姫野庄三委員長には「もっときちんと説明してくれれば協力したのに」と言われました。会社を良くしたいという思いは共通だったのです。
【覚え書き|経営計画部時代を振り返っての発言】


井手明彦の経歴・略歴

井手明彦、いで・あきひこ。日本の経営者。「三菱マテリアル」社長・会長。福岡県出身。早稲田大学第一商学部卒業後、三菱金属(のちの三菱マテリアル)に入社。総務部長、取締役、常務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、セメント協会会長、日本鉱業協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

松本彰(経営者)

愛用している品は、生命保険会社で働いていた若い頃、上司から記念でもらったボールペン(クロス社クラシックセンチュリー)です。それまで普通のボールペンを使っていたのですか、上司に「お客様から大事な契約書にサインをいただくときは、ちょっと良いボールペンを使いなさい」と言われました。それ以来、古くなると買い替え、これが4代目か5代目になります。適度な重さが気に入っています。現在も大事な書類にサインするときくはクロス、それ以外は多機能ボールペンと使い分けています。


竹田和平

値上がりを期待して株を買ってはいけません。値上がりしそうに思える株は、値下がりする株だからです。値下がりが続いて、もうこれ以上は、ここから値下がりしても底が知れているという株を買うんです。みんなが見放してしまって、値上がりしそうもないと思える株を、買い支えてあげるんです。


宗次徳二

早起きは、やり続けるとよさがわかります。10年、20年続けてはじめて、「ああ早起きのおかげだな」というのがしみじみとわかる。百利あって一害もないですよ。確かに起きる時は辛いですが、その時だけ。それもやるぞと決めたら、躊躇なく起きられます。起きてしまえば、「今日も早起きしてよかった」と思う――何年もその繰り返しです。


戸田充広

副業を選ぶときは自分には何か合うかをチェック。儲けだけで選ぶと、上手くいかないときの落胆が大きい。将来ビジネスにしたいなら、自分の好きなものを、長く育てるのがいい。


哀川翔

俺はね、いままで仕事を休んだことは一度もないんだよ。どんなに体調が悪くても、撮影現場には必ずいく。高熱にうなされていたって、メイクして撮影が始まっちゃえば、体調の悪さなんて絶対に画面には出さない。仕事で手を抜くっていうのが、気持ち悪くて嫌いなんだ。というよりも、もし仕事で手を抜いちゃったら、自分という人間に冷めちゃう気がするね。そうなったら引退するしかないよ。


新井直之(執事)

お金持ちがモチベーションを学ぶ先は、老人と若者です。70代、80代で現役の経営者に薫陶を受け、20代、30代の若い起業家の輪の中に飛び込んでいく。先輩の振る舞いを見ることで緩んでいた自分の気持ちを引き締め、斬新な発想で夢を描く若者から凝り固まっている自分を認識し、初心を取り戻そうとするわけです。


徳重徹

商品を作り、事業を起こすことは新興国の企業にもできますが、継続性や徹底力などはなかなか真似できません。そこに日本の強みがある。


松井忠三

当社では、挨拶や互いを「さん」づけで呼ぶことを徹底しています。呼び捨てや役職をつけて呼ぶと上下関係が強調されてしまいますから、私たちは役職の上下を問わず、さん付けで呼び合っています。


朝倉孝景(朝倉敏景)

身分が良いからといって、衣裳も上等のものを着ける者は、国内の派手な風習にうごかされて、人目につく場所へそんな身なりでは出にくいと考え、仮病を使って最初の年は出仕せず、またその翌年も出仕しなくなって、後には朝倉家へ真心をもって仕える者も少なくなるから、皆粗衣に甘んずることができるようにしなくてはならない。


矢頭美世子

周囲の否定的な見方を覆すために、主人が亡くなる前年に32億円だった売上高を2倍の60億円にする目標を立てました。私も必死でしたし、社員も夜の10時になっても帰らずに仕事を続けました。見かねて「体が大事だからもう帰って」と言うと、今度は朝の5時半に出社してくる社員もいて、7時にはほぼ全員がそろうんです。前年に発売した「熟成やずやの香醋」の販売に集中したことも成功し、その年の売上高は目標を上回る62億円に達しました。人間の力ってすごいなって思いましたね。


高城幸司

今の時代、「体育会出身」というだけで人事面で優遇されることはまずない。仮に、年次、能力、実績が同じ2人がいたとして、体育会出身という経歴があれば、人事部としては「プラスアルファで少し評価できる点がある」という程度だと思います。


角川歴彦

プラットフォーマーにならなければいけないというのは、別にコンテンツ産業だけじゃなくて、実はソニーにもセブン&アイにも、どんな産業界にも当てはまることなんですね。そうすると、川上(量生)君に言わせればプラットフォーマーは技術力がなければいけないと。つまり、どの産業界、企業だってITの技術集団を持たなきゃいけない時代なんですよ。