名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

井戸美枝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井戸美枝のプロフィール

井戸美枝、いど・みえ。日本の経済エッセイスト、ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士。兵庫県出身。著書に『世界一やさしい年金の本』『お金が「貯まる人」となぜか「貯まらない人」の習慣』『知らないと損をする国からもらえるお金の本』『現役女子のおカネ計画』。

井戸美枝の名言 一覧

ウェブ上に情報はあふれていますが、表面的なものが多く、自己判断で効果的な資産運用を導き出すのは難しいものです。専門知識を持つ第三者の目線で深掘りしていくことは欠かせません。


親と自分の終活をセットで考える発想も重要です。親世代の多くは持ち家があり、亡くなったあとそこに自分が住むのか。空き家になってしまうのか。有料老人ホームに入るのか。終の住処のことも含めて、親が元気なうちに話しておくほうがいいでしょう。


「3代続くと資産がなくなる」なんていわれています。だからこそ、資産の承継は計画的に行わなければならない。相続は自分の代だけでなく子供、そして孫という3世代にわたる視点が必要になり、より複雑です。


40代に終活は必要ないと考えている人は多いでしょう。しかし、万が一の備えになるだけでなく、40代は終活を始める絶好のタイミングでもあるのです。なぜなら、自分の親世代が本格的な終活に入るから。親と一緒に終活をすることで、自分の終活もスムーズにいきます。終活に関する知識は、体験しないとなかなかわからない。だから親の終活を一度経験しておくことに大きな意味があるのです。


定年後は第二の仕事人生と考え、今と違う働き方を目指すのをお勧めします。年金という収入の土台があれば、これまでのように長時間働いてまとまった金額を稼ぐ必要はなく、時給1000円くらいで、週の半分くらいでもよい場合もあります。その際、自分の趣味を活かすなど、好きなことや得意なことでお金を得られれば、働くこと力楽しみになってくるはず。目的がお金だけでない働き方が定年後の生活を豊かにしてくれます。


30、40年の定年後の生活を支える資金は一朝一夕ではできません。家計を見直し、節約したところでたかが知れています。20年くらいかけてお金を育てる意識を持つことです。資産運用の世界では、最も大切なことの一つとして時間が挙げられます。元手(収入)が多くなくても、時間をかけて運用に回していくことで、まとまった資産に育てていくことができるのです。


45歳くらいになると会社でのある程度のポジションもわかり、住まいや教育費など大きなお金の動きも算段がついてくる人が大半でしょう。家をどうするか、いつまで働くのかなど、将来のことを家族で話し合い、まずは現在の家計を整理することから始めてください。定年後の生活費の見積もりを立てることに加え、現状のムダが見えてくれば定年までの15~20年くらいで改善をする余地があります。


「年金だけで暮らす」という常識を捨てることが重要。本来、年金は社会福祉ではなく、定年後の生活のセーフティネット。定年後の生活費の土台にはなりますが、すべてをまかなう制度ではないのです。公的年金は今後なくなることはありませんが、実質的な年金減額は可能性が高いでしょう。自助(の資金)をいかに作っておくかが、定年後のお金のピンチを回避するカギです。


井戸美枝の経歴・略歴

井戸美枝、いど・みえ。日本の経済エッセイスト、ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士。兵庫県出身。著書に『世界一やさしい年金の本』『お金が「貯まる人」となぜか「貯まらない人」の習慣』『知らないと損をする国からもらえるお金の本』『現役女子のおカネ計画』。

他の記事も読んでみる

岡崎嘉平太

結構です。二合とは言わずに一升にしたらどうですか。さらに酒をたくさん買って川に捨てると日本は一層繁栄するのではないですか?
【覚書き|岡崎氏が貯蓄増強中央委員会会長時代、ある人に「貯蓄より消費の方が経済が発展するのではないでしょうか。私はいままで一合だった晩酌をこれから二合にします。そうすれば日本が繁栄するでしょう」と皮肉を言われたときに皮肉で返した言葉】


武田信繁

味方の勝ちが見えてきたら、その場に足をとめず、一気に敵陣を踏み破るといいだろう。ただし、この場合に、敵の軍勢が崩れずに抵抗してくるなら、一応陣営を整えてから攻め寄せるといい。『三略』に、「戦いは疾風のごとく攻めよ」というのがある。


小宮一慶

ネットの情報に騙されないためには、「誰が書いたのか」を確認することだ。昨年、DeNAのキュレーションメディアの記事濫造が問題になった。サイトの「見かけ」はあてにならない。私の判断基準は、テレビ番組のコメントに使えるかどうかだ。見知らぬサイトの情報は、真偽不明だから話せない。一方、新聞や雑誌であれば「××によると」という言い方ができる。


林明文

大きな問題は、経営計画と人事が連動していないことです。ヒトは経営計画を達成するための優秀な部品です。経営計画が変わったらその部品も変わらないといけません。企業や事業の主力コストが人件費であるならば、「正社員と非正社員のコストをどう調整するのか」「ビジネスルを変えるなら、どのタイプの人材がどれぐらい必要になるのか」「グローバル化するにはどの程度の再教育が必要なのか」こういう意識を明確に持たない限り、これだけ激変する環境の中では経営できません。


藤原和博

意に沿わない部署に異動になったとか、子供のPTAの役員に選ばれたなどの「偶然」が、自分を思わぬ世界に引き合わせてくれることだってあります。友人に誘われて出た勉強会や趣味の集まりが、新たな扉を開いてくれる可能性もあるでしょう。


小杉俊哉

上司から指示を受けたときに、「でも」「しかし」が出そうになったら、それを押しとどめることが大切です。その代わりに「やらせてください」「やってみます」「非常にチャレンジングな仕事だとは思いますが、やってみます」などといった言葉を口にします。こういう発言ができる人は評価されます。少なくとも、「少しお時間をください。考えてみます」くらいの発言はしておきたいところです。


林田英治

真のリストラとは会社をより筋肉質にすること。


三宅占二

経営方針や経営計画が出たときに「会社が決めたからお前やれ!」という人や、経営方針を自分の職場に落とし込んでその意味やメリットを自分の言葉で説明できないのはダメなリーダーです。これが結構多い。リーダーは「腑に落とす」努力を怠ってはいけないと思うんです。


松山一雄

お客様の悩みを聞いて解決策を提案する御用聞きの役割を果たすことが最大の強み。


安宅和人

イシューを見極めるには、まず、「何のためにそれを検討しているのか」という目的をはっきりさせる。次に、「その目的の視点でカギとなる分岐点がないか」を見極める。目的というのは、例えば、「特定商品における営業効率の最大化」「販促効果の予測」などです。どんな文脈で何をしようとしているのかをはっきりさせる。決して、何となく始めないことが重要です。その目的が見えたところで終えてはダメです。漠然とした「ゆるい検討」になり、迷路に入ってしまう。今回の検討で何が本質的な分岐点なのか、つまり、何がイシューなのかを見極めることです。


平野敦士カール

私は以前、NTTドコモiモード企画部アライアンス担当部長としておサイフケータイの普及を担当しました。最も苦労したのが、コンビニなどの小売店に対して、おサイフケータイに対応したシステムを導入してもらうことです。当初、「電子マネーを導入するとお客さんの決済が早くなります」と持ちかけていたのですが、なかなか受け入れてもらえませんでした。小売店の担当者にヒアリングをしたところ、決済の早さより、むしろ売上単価や、顧客数、顧客の来店頻度を上げたいと考えていることがわかりました。


泉谷しげる

分不相応でも、ガツンと責任ある仕事を引き受けるぐらいの方が見込みあるよ。失敗しても修業として学べるし、上手くいったら天狗になればいい。どうせ、すぐに鼻をへし折られるだろうからね。そのくり返しの日々が修業時代であって、自分にとっての余計なモノがドンドン剥がれていくはず。そして、相手に預ける必要がある場面は預けることができる。