井戸美枝の名言

井戸美枝のプロフィール

井戸美枝、いど・みえ。日本のファイナンシャルプランナー、社会保険労務士。兵庫県出身。著書に『世界一やさしい年金の本』『お金が「貯まる人」となぜか「貯まらない人」の習慣』『知らないと損をする国からもらえるお金の本』『現役女子のおカネ計画』。

井戸美枝の名言 一覧

ウェブ上に情報はあふれていますが、表面的なものが多く、自己判断で効果的な資産運用を導き出すのは難しいものです。専門知識を持つ第三者の目線で深掘りしていくことは欠かせません。


親と自分の終活をセットで考える発想も重要です。親世代の多くは持ち家があり、亡くなったあとそこに自分が住むのか。空き家になってしまうのか。有料老人ホームに入るのか。終の住処のことも含めて、親が元気なうちに話しておくほうがいいでしょう。


「3代続くと資産がなくなる」なんていわれています。だからこそ、資産の承継は計画的に行わなければならない。相続は自分の代だけでなく子供、そして孫という3世代にわたる視点が必要になり、より複雑です。


40代に終活は必要ないと考えている人は多いでしょう。しかし、万が一の備えになるだけでなく、40代は終活を始める絶好のタイミングでもあるのです。なぜなら、自分の親世代が本格的な終活に入るから。親と一緒に終活をすることで、自分の終活もスムーズにいきます。終活に関する知識は、体験しないとなかなかわからない。だから親の終活を一度経験しておくことに大きな意味があるのです。


井戸美枝の経歴・略歴

井戸美枝、いど・みえ。日本のファイナンシャルプランナー、社会保険労務士。兵庫県出身。著書に『世界一やさしい年金の本』『お金が「貯まる人」となぜか「貯まらない人」の習慣』『知らないと損をする国からもらえるお金の本』『現役女子のおカネ計画』。

ページの先頭へ