名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井戸実の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井戸実のプロフィール

井戸実、いど・みのる。日本の経営者。ステーキ・ハンバーグの「けん」などを運営するエムグラントフードサービス創業者。神奈川県出身。高校卒業後、築地すし好に入社。その後、「牛角」などを運営するレインズインターナショナル、(株)小林事務所、店舗流通ネット(株)などを経て、エムグラントフードサービスを創業。同社を大きく成長させた。街道脇の廃店舗を格安で手に入れ、高利益率の店舗に再建する手法から、ロードサイドのハイエナと呼ばれた。その他、ふらんす亭の再建を請け負い数カ月で黒字化させた実績を持つ。

井戸実の名言 一覧

社員はみんな、僕に本気で叱られているのに喜ぶんですよ。育ってほしいという気持ちが伝わるのでしょうね。


我々も体力のある会社ではないですから、1年間赤字のままなんていうわけにはいきません。まず、短期の目標を設定して、徹底したローコストオペレーションで実現する。たとえ1円でも黒字になればいいんです。もう何年も赤字続きで負け犬だったスタッフに成功体験をしてもらい、それを自信に変えていけば、次にもうちょっと高い目標が設定できるのです。


ふらんす亭の店舗スタッフがどんな動きをしているかをじっと観察していると、午後の暇な時間にアルバイトに接客を任せて、店長はパソコンをカチャカチャやっていたんです。あ、これなら簡単に再建できると思いました。
【覚書き|ふらんす亭の再建を請け負ったときについて語った言葉。午後の暇な時間は店長だけに調理から接客までを任せ、数カ月で赤字から黒字へと転換させた】


井戸実の経歴・略歴

井戸実、いど・みのる。日本の経営者。ステーキ・ハンバーグの「けん」などを運営するエムグラントフードサービス創業者。神奈川県出身。高校卒業後、築地すし好に入社。その後、「牛角」などを運営するレインズインターナショナル、(株)小林事務所、店舗流通ネット(株)などを経て、エムグラントフードサービスを創業。同社を大きく成長させた。街道脇の廃店舗を格安で手に入れ、高利益率の店舗に再建する手法から、ロードサイドのハイエナと呼ばれた。その他、ふらんす亭の再建を請け負い数カ月で黒字化させた実績を持つ。

他の記事も読んでみる

豊島逸夫

私が、金に関して必ず紹介するエピソードがあります。スイス時代に、同僚の家などに招かれると、分厚いアルバムを見せてくれる。それを開くと、娘さんの誕生日ごとの写真と一緒に、同じページに金貨が1枚ずつ貼ってあるんです。そして、娘が嫁ぐ前の晩に、お母さんが「家庭内で有事が起こった時にこの金貨を売りなさい」と言って娘にそのアルバムを渡す。私はそれを見たとき、「まさにこれが金だ」と思いました。金は、万が一に備えたものだという教訓がそこにはあります。


畑中好彦

世界大手各社には、後発医薬品や一般用医薬品へ経営資源を分散している企業が増えています。これに対し、当社は2005年のアステラス製薬発足以後、一般用薬品部門を売却。自社の強みを最も強く活かすことのできる医療用医薬品、中でも新薬ビジネスに経営資源を集中しています。


牧野正幸

失敗を積み重ねて他の人が解決できない問題を乗り越えていくことで、多くの問題解決の手法を体得することができる。そんな経験を若いうちからたくさんさせてくれる、挑戦に制限をかけない環境に身を置くべき。


野坂英吾

会社がピンチの時は追い込まれているので、冷静に正常な判断を出来ないことが考えられます。社長は事前準備をしておくことが求められます。メンバーには考えも付かないが、「なるほど、その手を打てば良くなるよね」という案を提示できるか問われています。


鳥井信治郎

人生とはとどのつまり賭けや。やってみなはれ。


大谷昭宏

どんなくだらない会社だと思っても、一人や二人は素晴らしい先輩がいるもの。仮に直属の上司とソリが合わないからといって、簡単に辞めるのはあまりにももったいないんじゃないかな。


小宮一慶

自社のメールマガジンの原稿は、いつも約20分で書き上げるのですが、それだけ短時間で書けるのは、事前に原稿の論理構成を考えているから。


宮内大介

お客様が欲しいのはボイラ自体じゃなくて、ボイラが作る熱です。


奥野宣之

ほとんどの仕事は、多くの部分が繰り返しであり、マニュアル化できると私は考えています。よく、「この仕事は特別だから、マニュアル化できない」という声を耳にすることがありますが、もし会社の仕事がマニュアル化できないものばかりなら、ほかの人に引き継ぐことは難しく、多くの会社は存続できないはずです。でも、実際はそんなことありませんよね。


柳弘之

物事を難しく言うことは、案外簡単です。逆に、わかりやすい言葉で物事の本質を言い当てることは難しい。


宇治原史規

適性を生かすために、仕事をどのように選べばよいのか、決まったマニュアルみたいなものはないですよね。何となくたどり着いたという人もいるでしょうし、最初からやりたい仕事に就けた人もいるでしょう。


堀紘一(コンサルタント)

多くの日本人は受験勉強のやり方に染まっているため、苦手科目を重点的に勉強し、総合点を引き上げればよいという発想に傾きがちだ。得意科目はさほど努力をしないでも高得点を期待できるから伸び代が少ない。だから苦手の克服に注力せよ、というのが受験勉強の鉄則となる。だが、ビジネスマンに必要な勉強法は、まったく逆で、得意科目を徹底的に伸ばすということ。極端にいえば苦手科目は捨てるくらいでいい。得意な人と組んで、その人に任せればいいからだ。