名言DB

9490 人 / 112001 名言

井戸実の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井戸実のプロフィール

井戸実、いど・みのる。日本の経営者。ステーキ・ハンバーグの「けん」などを運営するエムグラントフードサービス創業者。神奈川県出身。高校卒業後、築地すし好に入社。その後、「牛角」などを運営するレインズインターナショナル、(株)小林事務所、店舗流通ネット(株)などを経て、エムグラントフードサービスを創業。同社を大きく成長させた。街道脇の廃店舗を格安で手に入れ、高利益率の店舗に再建する手法から、ロードサイドのハイエナと呼ばれた。その他、ふらんす亭の再建を請け負い数カ月で黒字化させた実績を持つ。

井戸実の名言 一覧

社員はみんな、僕に本気で叱られているのに喜ぶんですよ。育ってほしいという気持ちが伝わるのでしょうね。


我々も体力のある会社ではないですから、1年間赤字のままなんていうわけにはいきません。まず、短期の目標を設定して、徹底したローコストオペレーションで実現する。たとえ1円でも黒字になればいいんです。もう何年も赤字続きで負け犬だったスタッフに成功体験をしてもらい、それを自信に変えていけば、次にもうちょっと高い目標が設定できるのです。


ふらんす亭の店舗スタッフがどんな動きをしているかをじっと観察していると、午後の暇な時間にアルバイトに接客を任せて、店長はパソコンをカチャカチャやっていたんです。あ、これなら簡単に再建できると思いました。
【覚書き|ふらんす亭の再建を請け負ったときについて語った言葉。午後の暇な時間は店長だけに調理から接客までを任せ、数カ月で赤字から黒字へと転換させた】


井戸実の経歴・略歴

井戸実、いど・みのる。日本の経営者。ステーキ・ハンバーグの「けん」などを運営するエムグラントフードサービス創業者。神奈川県出身。高校卒業後、築地すし好に入社。その後、「牛角」などを運営するレインズインターナショナル、(株)小林事務所、店舗流通ネット(株)などを経て、エムグラントフードサービスを創業。同社を大きく成長させた。街道脇の廃店舗を格安で手に入れ、高利益率の店舗に再建する手法から、ロードサイドのハイエナと呼ばれた。その他、ふらんす亭の再建を請け負い数カ月で黒字化させた実績を持つ。

他の記事も読んでみる

小笹芳央

経営者のこんな言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。「多様化する顧客のニーズに応えられるような体制をつくる」。はっきり言って、そんなことをしたら会社はつぶれます。なぜなら、どんな会社も経営資源は限られているからです。つまり、1つの会社にできることには、限度がある。「一人ひとりのお客様に、オーダーメードのサービスを提供する」という方法論は、利益の喪失と組織の疲弊しか、もたらしてくれません。


ヒデ(お笑い芸人)

長いようで短かった19年間。相方と真逆な性格だからやってこれたんだと思います。お互いが違う個性だから新鮮だし、マイナスとマイナスがプラスになってる効果があるかもしれないです。


ガリレオ・ガリレイ

書物よりも見たり聞いたりすること、地位よりも経験が第一の教育者だ。


岩田松雄

留学時代から、合理的で数字ばかりの欧米式の経営に違和感を覚えていました。ビジネススクールでは、何でも数字に置き換えて考えることを教えられました。もちろん、必要なことですが、どこか腑に落ちなかった。経営には、数字(理)のほかに人(情)を理解しないといけないのではないか、と。


上條努

若い社員には、異質なものに対して臆病にならず、攻め続けてほしい。自分の気持ち次第で人生は楽しいものにできるのですから。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

女にモテたいと思って、あれこれ考えているヤツほど、モテないものだ。「モテる」というのは結果なんだよ。一方、「モテたい」というのは目的でしかない。そこを混同していると、薄っぺらな生き方になってしまうんだね。自分を磨くことが目的になっていれば、普段の努力が自分の魅力を高め、その結果としてモテる人間にもなれるんだ。ところが、モテることが目的になっていると、モテるためのノウハウばかり考えるようになって、人間的な魅力を磨くことが二の次になる。結果的に底の浅い行動しかできなくなり、モテたいのにモテないヤツになってしまうというわけだ。


似鳥昭雄

私は決して強運の星のもとに生まれたわけではない。それでも幸運に恵まれたのは、苦境にあって、必死にあがいたからだ。たったひとつの成功のカギは、挑戦し続けることである。


和田秀樹

変えられない要素を原因に考えれば、悪循環に陥りやすい。努力を原因にする人こそ悪循環が起こりにくいんです。自分がうまくいかないのは、努力不足だと考えて励む。好循環になっても、これは努力のおかげだと考えるから慢心も怠慢も生まれにくい。だから、まず悪循環を感じたら、自分の努力が原因と考えてみてください。さらに、次の段階へと進みます。努力不足は「量」に限らずに「質」でも考える必要があります。努力の「やり方」についてもチェックしましょう。悪い方法でたくさん努力しても報われませんから。


小原芳明

学部、学科の設置は、社会背景の変化や時代の要請に応じたものです。大学も社会の変化と共に変わっていかなくてはなりません。


福嶋康博

自分の感覚を信じ、信念を貫き通すことが重要ですが、同時に大切なのが軌道修正です。事業を始めてみて「あ、これはダメだ」と思ったら、すぐに止められる見切りができるかどうかです。


高橋智隆

研究用のロボットプラットフォームがない中で、技術の一部だけを理解していても駄目だとわかりました。機械・電気・プログラム・デザイン・コミュニケーション・加工などすべてができなくてはロボットの形にたどり着かないのです。


吉山勇樹

時間あたりの仕事の効率や生産性を高めるにはどうすればいいか。その解決策はただ一つ、「仕事を減らすこと」しかありません。「時間がない」という人は、自分が今やるべきではない仕事までやっている場合がほとんど。部下に積極的に仕事を任せるべきです。そのためには、「自分が今やるべきこと」を見極め優先順位をつける必要があります。