井戸実の名言

井戸実のプロフィール

井戸実、いど・みのる。日本の経営者。ステーキ・ハンバーグの「けん」などを運営するエムグラントフードサービス創業者。神奈川県出身。高校卒業後、築地すし好に入社。その後、「牛角」などを運営するレインズインターナショナル、(株)小林事務所、店舗流通ネット(株)などを経て、エムグラントフードサービスを創業。同社を大きく成長させた。街道脇の廃店舗を格安で手に入れ、高利益率の店舗に再建する手法から、ロードサイドのハイエナと呼ばれた。その他、ふらんす亭の再建を請け負い数カ月で黒字化させた実績を持つ。

井戸実の名言 一覧

社員はみんな、僕に本気で叱られているのに喜ぶんですよ。育ってほしいという気持ちが伝わるのでしょうね。


我々も体力のある会社ではないですから、1年間赤字のままなんていうわけにはいきません。まず、短期の目標を設定して、徹底したローコストオペレーションで実現する。たとえ1円でも黒字になればいいんです。もう何年も赤字続きで負け犬だったスタッフに成功体験をしてもらい、それを自信に変えていけば、次にもうちょっと高い目標が設定できるのです。


ふらんす亭の店舗スタッフがどんな動きをしているかをじっと観察していると、午後の暇な時間にアルバイトに接客を任せて、店長はパソコンをカチャカチャやっていたんです。あ、これなら簡単に再建できると思いました。
【覚書き|ふらんす亭の再建を請け負ったときについて語った言葉。午後の暇な時間は店長だけに調理から接客までを任せ、数カ月で赤字から黒字へと転換させた】


井戸実の経歴・略歴

井戸実、いど・みのる。日本の経営者。ステーキ・ハンバーグの「けん」などを運営するエムグラントフードサービス創業者。神奈川県出身。高校卒業後、築地すし好に入社。その後、「牛角」などを運営するレインズインターナショナル、(株)小林事務所、店舗流通ネット(株)などを経て、エムグラントフードサービスを創業。同社を大きく成長させた。街道脇の廃店舗を格安で手に入れ、高利益率の店舗に再建する手法から、ロードサイドのハイエナと呼ばれた。その他、ふらんす亭の再建を請け負い数カ月で黒字化させた実績を持つ。

他の記事も読んでみる

張本邦雄

「個人営業から組織営業」「御用聞き営業から提案営業」「流通営業から接点営業」という3つの軸を上司に提案してもなかなか通りませんでした。こんなときは焦ってはいけません。業績につながる販売の改革を目指すにあたり、私がまず考えたのはそれを実行するために必要な時間軸です。従来の価値観を否定するテーマほど、成就させるためのタイミングを図らねばと思ったのです。3年一区切りくらいのスパンでじっと待ち、最終的にはたくさんの人を味方につけて販売革新を実現、結果を出すことができました。


内藤晴夫

社外取締役は会社の事情にどれだけ精通したか、しないかは問題じゃないんです。自分がそれまで積んできた経験を、来たその日からエーザイの仕事に当てはめて意見を言ってもらう。これが社外取締役の役割です。


松下幸之助

世の中には秘訣とかコツとか、それさえ心得ていれば何でもできるという当意妙法なんて絶対にありえない。私に言わせると人間万事、世の中すべては、天の摂理で決まるのが90%、あとの10%だけが人間の成し得る限界だと思う。私の言いたいことは、「絶対に無理をしない」ことなのである。宇宙大自然に逆らわず、むしろ宇宙大自然に溶け込んで、これと一体になりきってしまう。これが人間の本当の姿であり、その結果あらわれてくるものが、世の中でいう成功とか成就とか、あるいは億万長者ということになるのではなかろうか。


藤原大

僕自身が仕事でいつも意識しているのは、「ちゃんと自分で判断しているか?」ということ。そうしないと、他人に依存するようになってしまいますから。チームのみんなにも、同じことを尋ねます。もちろん、何事も自分の思いどおりになるわけではありませんが、「自分はどうしていきたいのか?」とつねに自分自身に問いかけていくことは、不可欠なことではないでしょうか。


御影佳孝

我々は無駄だと思われるものであっても全て資源と捉えてきた。その中でビール酵母でしかできないことを追求し続けた結果、差別化できる商品を開発することができた。


山田進太郎

メルカリはインターネットを使ったCtoC取引に将来性を感じたからこそ始めたサービスですから、市場は大きくなると思っていました。ただ、事業の拡大とともに思い描いていた以上にサービスの広がりが出てきましたね。やればやるほど、「あ、こういうこともできるんだ」と、可能性が広がり続けています。CtoCという事業領域を選んだのは、ある意味、ラッキーでした。


高岡浩三

ストーリーがわかりやすく面白いものであれば、スライドなどの視覚的な補足がなくても、聴衆にはきちんとメッセージが伝わるものだ。


和田秀樹

スランプのときは得意な仕事で成果を出しましょう。野球選手も、スランプのときほど、絶好調時のフォームを思い出して、自信を取り戻すといいます。


稲垣公夫

パワーポイントで数十ページにわたる資料を作ったら、どこが重要な情報なのか伝わりません。ところがトヨタ式なら、A3用紙1枚なのですべての情報が一目で確認できます。だから、社内で根回しを行うときにも便利。スムーズに情報共有が図れます。


櫻田毅(桜田毅)

1年間いろいろ試してもうまくいかなかった場合は、ビジネスそのものが正しいかどうか疑う必要がある。


新川義弘

店の側がお客様を個人として大切にしないのなら、お客様がその店を大切にしようと思うわけがありません。


樫尾和宏

これからは「意味がある」を最も重要視していきます。面白い製品や話題の製品、世界初の製品を出したとしても、使う意味があるとユーザーに思ってもらえなければ一時のブームに終わります。


佐々木義孝

ベンチャー企業がパブリックカンパニーになるために、それを支えるCFO(最高財務責任者)の役割は非常に重要。


ダ・ヴィンチ・恐山(品田遊)

炎上の仕組みをちゃんと語ろうとすると本1冊分くらいになってしまう話ですが。ごく簡単にいうと、始まりは誰かの「イヤだなぁ」という素朴な気持ちなんです。でも、その「イヤ」が共有されていくうちに、「悪」に切り替わる瞬間がある。そのときに火がついて燃え上がってしまう。こんな仕組みだと私はとらえています。もそも「正義」や「悪」自体が、そういう過程を経てつくられた観念なのかなと。個人的な好き嫌いが、一定以上の人数に共有されれば「倫理」になるという。


越智直正

これからも、いいものだけを供給していきます。最高の靴下をつくって日本の国を守る。たかが靴下屋やけど、それくらいの心意気を持ちたいと思っています。


ページの先頭へ