名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井崎脩五郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井崎脩五郎のプロフィール

井崎脩五郎、いさき・しゅうごろう。日本の競馬評論家。東京出身。明治大学商学部除籍後、(株)ホースニュースに入社し、競馬専門記者となる。フジテレビの競馬中継にレギュラー解説者として出演。独特のデータ予想や明るい性格で人気を博す。ホースニュース・馬が廃刊したのちは、フリーとして各種スポーツ紙や競馬雑誌にコラムを執筆している。荒川区観光大使などを務めた。

井崎脩五郎の名言 一覧

競走馬というものは、あまり頭が良すぎると駄目だ。少し良いくらいがいい。頭の良い馬は、戦況を自分で判断し、レースを途中で投げてしまうからだ。


井崎脩五郎の経歴・略歴

井崎脩五郎、いさき・しゅうごろう。日本の競馬評論家。東京出身。明治大学商学部除籍後、(株)ホースニュースに入社し、競馬専門記者となる。フジテレビの競馬中継にレギュラー解説者として出演。独特のデータ予想や明るい性格で人気を博す。ホースニュース・馬が廃刊したのちは、フリーとして各種スポーツ紙や競馬雑誌にコラムを執筆している。荒川区観光大使などを務めた。

他の記事も読んでみる

和田勇(積水ハウス)

1999年に「環境未来計画」を発表した時は、「住宅会社が何を大層なことを」と冷めた見方もされましたが、住まいが環境に目覚めることは、必ず将来社会のプラスになると考えていました。だから、他に先駆けて複層ガラスの採用・普及に力を入れ、いち早く次世代省エネ仕様を標準化したんです。また現場には、「とにかくCO2を出さない家をつくれ」と発破をかけ続けてきました。


太田光代

率直に申し上げれば、景気に関係なく、利益を1円でも上げて会社の業績に貢献することを考え、実践し続けるのが社員の義務。


兼元謙任

「仕事でミスした時に、素直に過ちを認めない」「アドバイスにきちんと耳を傾けない」といったことはないでしょうか? そういう人は仕事ができたとしてもなかなか認めてもらえません。それどころか、「彼に言っても仕方ない」となり、周囲の人も助けてくれなくなる。気がつけば、平凡でも人当たりが良く、多くの人に助けてもらえる人に、成績で抜かれていることでしょう。


榊巻亮

サッカーでは「終了時間までに相手より1点でも多く点を取る」という終了条件が決められています。これが「ボールを蹴る」という動作しか指示されていなければ試合は成り立ちません。グダグダになる会議では同じことが起きています。「議論する」「質問する」という動作しか指示がないので、どれだけ活発でも、終わった後には「結局、何の会議だったんだっけ」と感じるわけです。


吉原毅

現実にこんな経験があります。どんどん赤字を出し、資産を食い潰している方がいた。何で赤字を出すかというと、非常に優しい人なので、過剰な従業員をずっと抱えている。それで資産を食いつぶし、最後に倒産なんてことがある。そんなことがあるわけです。だったら途中でやめて、別の事業展開を考える。従業員さんには退職金も多少出す。ただ単純にお金を貸せば済むという問題はほとんどありません。いまの時代、知恵の出し方、コンサルティング機能を持ち合わせないと、金融機関はできない。


山本昌(山本昌広)

ものすごく高い山の頂上に登った人たちって、この山を登るという強い気持ちを持った人たちであって、ふと気づいたらここに来ちゃったっていう人はいないんですよ。周りからやめておけ、冒険だと言われるかもしれませんが、夢を諦めず、あがきながらであっても前を向いて行動し続ければいいのです。


佐藤智恵(コンサルタント)

なぜ改めて歴史を学ぶ必要があるのかというと、100年、200年という長期的な視点で物事を見ないと、本質を見失ってしまうことがあるからです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

会話の上達はとにかく場数を踏むこと。うまくやろうなんて考えなくていい。失敗して笑われてナンボのものと開き直って、とにかく数をこなす。そうすれば、どんな人間も学習能力はあるので、必ずうまく話せるようになる。


キャメル・ヤマモト

会社で「余る人」になる人には、「顧客不在の専門家」「女性を使えない中年男性」などいくつかの共通点がありますが、典型的なのが「忙しく走り回って、いつも空回りする人」です。


藤田耕司(経営コンサルタント)

日付を決めておかないと行動せず、ずるずる先延ばしにしてしまうものだ。


山村輝治

フードビジネスは、いったんは減収となるかもしれませんが、中長期的には必ずプラスになっていくプランで進めています。向こう10年ぐらいの計があるイメージを持っています。これまで続いたミスタードーナツの落ち込みをいったんリセットして、そしてさらに飛躍していくように持っていきます。


鎌田薫

世界が大きな転換点に立つとき、次の時代を見通していく学問と同時に、それを支える人たち、自立した精神を持った人たちを育成していく必要がある。