名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

井崎脩五郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井崎脩五郎のプロフィール

井崎脩五郎、いさき・しゅうごろう。日本の競馬評論家。東京出身。明治大学商学部除籍後、(株)ホースニュースに入社し、競馬専門記者となる。フジテレビの競馬中継にレギュラー解説者として出演。独特のデータ予想や明るい性格で人気を博す。ホースニュース・馬が廃刊したのちは、フリーとして各種スポーツ紙や競馬雑誌にコラムを執筆している。荒川区観光大使などを務めた。

井崎脩五郎の名言 一覧

競走馬というものは、あまり頭が良すぎると駄目だ。少し良いくらいがいい。頭の良い馬は、戦況を自分で判断し、レースを途中で投げてしまうからだ。


井崎脩五郎の経歴・略歴

井崎脩五郎、いさき・しゅうごろう。日本の競馬評論家。東京出身。明治大学商学部除籍後、(株)ホースニュースに入社し、競馬専門記者となる。フジテレビの競馬中継にレギュラー解説者として出演。独特のデータ予想や明るい性格で人気を博す。ホースニュース・馬が廃刊したのちは、フリーとして各種スポーツ紙や競馬雑誌にコラムを執筆している。荒川区観光大使などを務めた。

他の記事も読んでみる

佐藤孝幸

スケジュールを立てるときの基本として、よく言われるのが、「目標から逆算し、日々のスケジュールに落とし込んでいく」こと。目標から逆算するのは私も賛成ですが、一つ異なることがあります。それは、「細かく逆算しないこと」。なぜなら、細かく立てたところで、すぐに予定が狂うからです。


田中靖浩

大前提として、会社が低価格戦略をとる背景には、販売単価を下げることで、販売数量を増やし儲けを高める狙いがあります。よって、値下げを敢行するには、いくら販売量を増やしたらもうけが出るのか。値下げ率と販売数量をめぐる損益分岐点をきちんと定めておかなければいけないのです。


水島広子

感情を抑えられない場合、顔や口調は怒っていてもいいので、「ムカつく!」というメッセージから、「困っているから助けて」という言葉に変えましょう。困っている事実と助けてほしいというお願い、そして、相手にしてもらいたい内容をきちんと伝えましょう。


大河正明

銀行マンだった私はJリーグへの出向を命じられ、その後の人生が大きく変わりました。そこで川淵(三郎)さんに出会いました。川淵さんはよく「Jリーグは誰のためにあるのか?」というようなことをおっしゃっていました。Jリーグは選手、サポーター(ファン)、地域社会によって支えられていると。


松本零士

(銀河鉄道999の主人公)鉄郎も最後は生身の体を選びました。長生きできたって、ぐうたら生きては意味がない。やるべきことをやれば死んでも悔いはない。そういうふうに自分の信念を貫く方が大事だと思ったからですよ。達成すべき夢や目標があるから人は生まれてきたんだ、と。


石川典男

お客様は何を欲しいと思っているのか、いくらなら欲しいと思うのか、常にお客様の立場で考え続けることで、新しい市場はつくり出すことができる。


岩田松雄

私は秘書さんに資料作りなどを頼むにも、いつどんな目的で使うものなのか必ず説明します。本来は上司が「なぜ?」をはっきり説明するべきなのです。でも、上司が言ってくれないならこちらから聞くしかない。「この資料は、どういうタイミングで何に使うのですか?」と、たとえうるさがられても聞きましょう。これは、格好いい言葉で言えばマーケティングをするということ。仕事には上司なり他部署なりといった「お客さん」が必ずいる。お客さんが望んでいないことをやっても、意味がありませんから。


鷲見貴彦

事業や商品、サービスが好きかどうか。「好き」の部分を「誇りがもてる」と置き換えてもいい。この思いが揺るぎない軸となり、全ての行動の源泉になる。これこそが私が経験を通して確信した新規事業を成功させる最大にして最高の秘訣です。


小宮一慶

仕事に活かすためには、その情報について、いろんな解釈力が必要になってくる。例えば、入ったレストランがガラガラだったら、その理由を考えるわけです。「ウエイターに活気がない」「外から店内が見えない」などですね。すると、「店内が見えない店は儲からない」といった自分なりの仮説が出てきます。あくまで仮説なので正確でなくてもOK。重要なのは、自分がたてた仮説を検証することです。例えば、店内が見えない他店も調べるわけですね。仮説が正しければそれは知恵となる。その知恵こそが、優れた企画や提案の元になるのです。仮説を立て、検証するクセをつけることを始めることで、情報力は磨かれていきますよ。


泉谷直木

最近では進出している国が増えてきたので、M&Aをした現地企業に一年間出向してもらい、肌で現場を体験してもらっています。出向先ではお客さん扱いをされて、仕事を与えてもらえないことがよくあります。そこで、「自分はこういうことができます!」とアピールし、自分で仕事を生み出していかなくてはなりません。こうした厳しい環境に身を置くことで、変化の激しい時代に国際的に通用する人材を育成できると考えています。


古森重隆

私には同期入社が86人いましたが、入社時に優秀だと思った人がそれほど伸びず、そうでもないと思った同期が大きな仕事をする例もありました。何が違うんだろう。そう思って観察していると、伸びる人は仕事を通じていろいろなものを吸収し、成長してきたということでした。


坂本孝

真似には相当な技術がいります。例えば、ある店の美味い蕎麦と同じものを、別の店のそば職人が作ろうとしてもなかなかできない。フランチャイズもそう。加盟店に「本部の優秀店舗がやっていることを真似ろ」と言っても、優秀な加盟店なら一生懸命真似ようと努力し続けるが、そうでない店は勝手なやり方をした揚げ句、ほかに行っちゃうんです。