井崎脩五郎の名言

井崎脩五郎のプロフィール

井崎脩五郎、いさき・しゅうごろう。日本の競馬評論家。東京出身。明治大学商学部除籍後、(株)ホースニュースに入社し、競馬専門記者となる。フジテレビの競馬中継にレギュラー解説者として出演。独特のデータ予想や明るい性格で人気を博す。ホースニュース・馬が廃刊したのちは、フリーとして各種スポーツ紙や競馬雑誌にコラムを執筆している。荒川区観光大使などを務めた。

井崎脩五郎の名言 一覧

競走馬というものは、あまり頭が良すぎると駄目だ。少し良いくらいがいい。頭の良い馬は、戦況を自分で判断し、レースを途中で投げてしまうからだ。


井崎脩五郎の経歴・略歴

井崎脩五郎、いさき・しゅうごろう。日本の競馬評論家。東京出身。明治大学商学部除籍後、(株)ホースニュースに入社し、競馬専門記者となる。フジテレビの競馬中継にレギュラー解説者として出演。独特のデータ予想や明るい性格で人気を博す。ホースニュース・馬が廃刊したのちは、フリーとして各種スポーツ紙や競馬雑誌にコラムを執筆している。荒川区観光大使などを務めた。

他の記事も読んでみる

畑村洋太郎

上司は、個の価値観を確立し、ものごとをよく観察している部下を、一人でも二人でもいいから見極め、チャンスを与えていく。さらに、そこで挙げた成果を正当に評価し、それに見合った処遇を行う。そうすると、同僚や部下の意識や行動に変化が表れる。その連鎖反応が次々と起こり、会社全体を「失敗に学び人を成長させていく組織」へと変革していく。


大西洋

小売業の要は売り場に立つ販売員にあります。人が大切と言うなら、実績に応じる仕組みを一層、充実させなくてはなりません。


冨安徳久

「人は人に感動して、その企業の虜になる」という名言があります。社員がお客様を感動させることができれば、必ずリピーターとなってもらえるのです。これを社員に繰り返し伝え、本当に理解させて実践できるようにすることが肝要。現場で実践して、心からの感謝をいただくことで初めて、彼らは「お金だけが報酬ではない」ことを実感できます。


倉持淳子

私は目標管理のために、自分の成果や行動を数値化して手帳に毎日つけていました。たとえば、売上達成のために1日5件の新規営業が必要だと判断したら、訪問件数を毎日、手帳につけて振り返ります。さらに週次でも数字を集計し、行動を微調整します。数字を毎日書きこむ習慣は、モチベーション管理にも役立ちます。数字が目標値に達しない日、あるいは空白の日があれば、モチベーションが落ちている証拠です。まさに数字はモチベーションのバロメーターなのです。


安形哲夫

売り切りではなく、コンサルティングまで含めた新ビジネスを検討している。狙いは、IoTを使って分析までできる大企業のラインでも、IoTの効果を得にくい小規模なラインでもない。従業員数百人単位の中規模企業のラインだ。


河上和雄

受験勉強なんていうのは、いかに集中してやれるかどうかで決まる。人間の頭って、そんなに変わるはずはないので。


西山昌彦

私の役目は、「場」や「機会」を設けること。細かなルールで社員の行動を縛るのではなく、迷ってしまった時のためのモノサシを用意することです。ある種の「コモン・ロー(慣習法)」ともいえる成熟した文化を育てていくことが、さらなるサービス向上のカギだと信じています。


垣添直也

時代が変わるタイミングだったからこそ、しがらみがない私が出番をもらった。


藤沢久美

やってみてわかったのですが、その瞬間その瞬間にひとつの仕事に集中できたときって、とっても気持ちがいいんですよ。全力疾走した充実感が、まるでスポーツをやったあとのようで。


松井絵里奈

芸能界を目指したきっかけは7歳のとき。奈良の地元ローカル番組「カラオケチャンス」に祖父が応募してくれて、出演したんです。歌った後、司会者の方から「将来なにになりたいの?」と聞かれて、「歌手になりたいです」と答えたんですね。それ以来、自分でも「ならなくちゃ!」って。ずっと芸能界に入りたい、歌手になりたいと思い続けてきたんです。


國分文也(国分文也)

事業を通じて世界の発展に貢献できるのが商社の醍醐味。心のどこかに国を背負い、その次に丸紅を背負う。一人一人が国や会社の代表者なのだということを考えて仕事をしてほしい。


佐藤和則(経営者)

最初から「すごい技術だ」と信じ、ブレることはなかった。資金繰りで苦労する中、いろんな人が現れては消えたし、「怪しげなスピーカー」と言われたこともあった。既存の価値観で測れないビジネスがこれほど大変だとは思わなかったけれど、広めることに貪欲になってからは加速度的に導入が進んだ。


内藤誼人

筋力トレーニングを毎日すると、その成果が目に見えて現れます。身体を鏡で見たとき、スリムになって、筋肉がついていくのが実感でき、「オレはやればできるんだ」と自己肯定感が生まれる。それがその人の自信、強さになります。


土井健資

新しい商品や事業に挑戦するにあたっては、自分たちが歩んできたストーリー性をしっかり持たせて、「らしさ」のあるコンセプトを軸に据えることが極めて重要です。逆にそれさえできていれば、どんな新奇なものでも、どんどん取り入れていったらいいと思っています。


ジョン・カーワン

日本ラグビーには可能性がある。日本人は体が小さいことや、フィジカルに強くないことを負けの理由にしてきたが、そんなことはない。日本人が優れる俊敏性、スピード、インテリジェントをうまく取り入れれば強いチームができるはず。世界最高のチームを作ることも夢ではない。マスト・ビリーブ! ゼッタイ、シンジル!


ページの先頭へ