井坂聡の名言

井坂聡のプロフィール

井坂聡、いさか・さとし。日本の映画監督。東京出身。東京大学文学部美学芸術学専修課程卒業。大学卒業後、フリーの助監督を経てテレビドラマや映画の監督を務めた。

井坂聡の名言 一覧

映画が産業である以上、収益の確保を考えるのは当然であり、私も映画をあてて自分も潤いたいと思っている。しかし中身には拘りたい。作り手の魂が込められた上質の作品を提供したい。


井坂聡の経歴・略歴

井坂聡、いさか・さとし。日本の映画監督。東京出身。東京大学文学部美学芸術学専修課程卒業。大学卒業後、フリーの助監督を経てテレビドラマや映画の監督を務めた。

他の記事も読んでみる

赤塚保正

どこの企業でもきちっとした適正な利益をとっていかなくてはいけません。過大な利益を取ろうと思うから、偽装問題のようなことが起こると思います。


八塩圭子

新しい話をいただいても、最初は「これ以上やりくりできるかな」「できっこないよな」と、恐る恐るの気分です。でも、最初はそろりそろりと抜き足差し足の状態だけど、いよいよ踏み込んだら、もうやらざるを得ない状況に陥って、ようやく集中モードに入るわけです。


北畑稔

海外での交渉は常に、ロスタイムに入ってからが本当の勝負です。ロスタイムに入っても平行線だからもう駄目だと諦めてしまうと、その先のブレイクスルーはありません。中国人に限らず、外国人にはプレッシャーに強い人が非常に多い。海外では、ロスタイムから仕事が始まるぐらいの感覚で行かないと、百戦錬磨の相手に伍して戦い抜くことはできません。


ケリー・マクゴニガル

自分が売っているもの、説明したいこと、あるいは取り組んでいることが何であれ、心からの熱意を伝える。印象を与えるのに有効なのは、熱意が一番だということが、研究で分かっています。


金田一秀穂

怒りにはユーモアを忘れない。怒りの狙いは、「相手に要求や改善を聞き入れてもらう」こと。ユーモアは聞く耳を開かせる武器。笑いのエッセンスを忍ばせ、上手に怒ろう。


田中和彦

上司や会社の意向が自分の意に反していた場合、選択肢はふたつあります。ひとつは会社や上司に自分の意見を思い切ってぶつけること。もうひとつは黙って従うこと。いまの時代のビジネスマンが取るべき行動は、前者だというのが私の考えです。なぜなら、世の中の流れは「変革」を求めているからです。環境がものすごいスビードで変化し続けている現在、過去と同じことをしていては、企業は生き残れません。よって会社側も、たんなるイエスマンではなく、自分の意見を会社に堂々と提案して変革を起こせる社員を高く評価するようになっています。


ムーギー・キム(金武貴)

幼少期から自分の進路ややりたいことを自分で決める習慣を育んできた人は、仕事をする時も生産性が高い。というのも、自分で好きなことをやるのだから人一倍頑張るし、自分で決めたのだからモチベーションも高く、継続することができるからだ。そして、「自分の人生の決定権は自分にある」というコントロール感が、高い自己肯定感につながっている。その点が、「上から押しつけられた生き方しかできない」と諦めている人々とは異なるのだ。


西江肇司

私からすると大阪で商売を始めるのとあまり変わらない。移動時間だって大して差はないし、言語の壁はあるけど、通訳を雇えばそれで交渉はできる。
【覚え書き|アジア各国に積極的に展開している理由を聞かれての返答】


永井義男

最近は地域コミュニティがないから「子育てできない」「虐待が起こる」といった話がよく出ますよね。では、昔はコミュニティがあったから、皆で子育てしたかというと、そうとはいい切れない。「昔はよかった」と言って現実逃避せず、保育所を充実させるとか、現実に則して問題の改善を図るべきでしょう。


名取芳彦

人間関係を損得勘定で考えていると、自分の発言が相手に「得」を与えられるかどうかと考えることにも繋がります。自信を持ってコミュニケーションできなくなってしまう。そうなると心はどんどん閉じていき、一層信頼されにくくなる悪循環に陥る。


大塚周一

お金をかけてドカーンと設備投資して勝負するという会社は、投資の能力がなくなった途端に勝てなくなってしまう。


岡野雅行(岡野工業)

大企業の社長でも昼食に盛り蕎麦を5杯も、6杯も食べることはできない。1杯あれば充分だ。その程度のお金があればいいんだから、会社を大きくしたってしょうがない。


ジャンフランコ・ランチ

レノボの特色は、「守りと攻め」の戦略にあります。


小林大輝(小説家)

もしかしたら現実のことと重ねられて読まれる方もいるのかなとは思います。けれど、それらについて問題意識を持って書いていたわけではないんです。もしそれが出て来たのだとしたら、最近のニュースを聞いてということではなく、自分のなかで沈殿していたものではないかと。


山元賢治

変化の速さを覚悟してすべて受け入れないといけない。地球上でたったひとつの真実は、変化し続けていることだ。既得権にしがみついている人もやがて終幕を迎える。おカネを持っている人も墓場では使えない。


ページの先頭へ