井原西鶴の名言

井原西鶴のプロフィール

井原西鶴、いはら・さいかく。江戸時代の浮世草子・人形浄瑠璃作者、俳人。『好色一代男』『武道伝来記』『日本永代蔵』などの名作を書いた人気浮世草子作家。

井原西鶴の名言 一覧

憂うる者は富貴にして憂い、楽しむ者は貧にして楽しむ。


人間は欲に手足のついたものぞかし。


世に銭(ぜに)ほど、面白きものはなし。


その身に染まりては、いかなる悪事も見えぬものなり。


商人、職人によらず、住み慣れたるところを変わることなかれ。石の上にも三年と俗言に伝えし。


井原西鶴の経歴・略歴

井原西鶴、いはら・さいかく。江戸時代の浮世草子・人形浄瑠璃作者、俳人。『好色一代男』『武道伝来記』『日本永代蔵』などの名作を書いた人気浮世草子作家。

他の記事も読んでみる

大橋博(教育者)

一番は学生第一、生徒第一の学校づくりや教育に徹してきたこと。往々にして過去の学校は勤務している人を優先する色彩があったような気がします。私が大学をつくったのも「学生中心の大学が必要だ」という想いからでした。これは小・中・高の先生だろうと大学の教授だろうと関係ありません。そこで学生第一に考えて教育をする大学が必要ではないか。研究をするためだけの大学ではなく、大学に在籍している学生に主眼を置いた大学こそが望まれる大学なのではないかと。


飯島勲

ちょっとした差異に気づく専門性も必要である。しかし、多くの人にとって、それは些細なこと。私はその些細な部分を犠牲にしてでも、もっと重要なことに全力を投入する人生でありたい。


前澤友作

スタッフによく言うのは、「楽しんでる?」とか「仕事を通じてカッコいい人になろう」です。僕が理想とする会社は、利益至上主義の会社ではなく、「皆で仲良く楽しく働ける」「仕事を通じてカッコいい人を目指す」会社です。採用の時点でその価値観を強調するので、それに共感している人材しか入ってきません。一応、方向性を再確認するために、社員総会や社内報などで、そんなことを話しています。


高岡浩三

周囲から「高岡は左遷されたな」と見られるような厳しいプロジェクトを任され、そこで会社の期待を上回る成果を出し続けてきたことが今につながった。私がネスレで最年少の部長に抜擢されたのは30歳のときです。それから20年以上、目標の数値を割ったことは一度もありません。


神野元基

僕の実家から網走刑務所まで車で15分です。網走は本当に田舎でした。都会は人の個性を生かすことができるといいますか、異端な人でも、人口が多いので仲間に出会えます。でも田舎だと、ちょっと変わっているだけで浮いてしまう。僕も小学生のときは宇宙人と呼ばれていました。


植木義晴

社長就任から一年半ほど経った頃、ふと「社員と一緒に悩めばいいんじゃないか」と気づきました。それまでは、辛さや苦しさはトップである自分が引き受けて、社員には幸せや喜びだけを分け与えなくてはいけないと考えていました。でも本当は、社長も社員も同じ目標に向かう仲間ですよね。だったら、辛さや苦しさを分け合ってもいいのでは。そう思えた瞬間から、気持ちがとてもラクになったし、前向きになれました。


森下一喜

仕様などを決める会議をしていて行き詰まってしまい、場の雰囲気が悪いときには、ゲームと関係ない方向に、話を脱線させます。昨日あった面白い話とか、とてもこの誌面には書けないような下らない話をし始める(笑)。そうしてフル脱線させると、「あっ、それ面白いですね!」というように、脱線した話から、行き詰まった状況を打開するヒントが得られることがあります。そうならなかったとしても、少しはリラックスしたムードになるのかな、と。


小池百合子

ありとあらゆることを決めるのに、日本の行政や政治は時間がかかりすぎるケースが多い。議論を重ねるのは結構です。しかし、その間に世の中がどんどん変わっているということも考えなければいけない。


澤上篤人

私自身、企業をリサーチする際には、消費者感覚というものを最も重視し、時に家電量販店に行ってみたりと、定期的に定点観測を行なっています。


矢野博丈

イトーヨーカ堂の伊藤(雅俊)会長は温かい方だ。以前、うちが倒産するという噂が流れたとき電話をくれて、「矢野さん。一人で苦しむな。何でも俺に相談しろ」と言ってくれた。実際は会社が倒れる心配はなかったけれど、噂が流れただけで離れていく人がいる中で、伊藤会長の励ましには本当に元気づけられた。こういう人間性の持ち主だから、普段は怖くても、みんながついていくんだろう。


澤田秀雄

世界中を見てみると、冬でも多くの人を集めているイベントはたくさんある。フランスのリヨンでは、4日間で400万人もの人が集まるライトアップイベントがあると知り、早速現地へ見に行きました。そして我々もこの企画にチャレンジしようと決めました。


齋藤勇(齊藤勇)

突然の訪問や急な頼みごとをしたときに、相手が怪訝な顔をするなど、不快感を示した場合には、無理に「そこをなんとか」と詰め寄らず、即座に撤退。そうすることで、相手にネガティブな印象を残すことなく、次の機会をうかがうことができます。一度のアタックで難色を示されても、相手との距離を少しずつ縮めながら根気強く接していくことで、次第に心の距離も縮めることができます。


伊藤一郎(経営者)

高分子ろ過膜プラノバは初期の研究から10年がかりでしたが、粘り強い開発と、時代の要請が事業を成功に導いたのだと信じています。


小倉広

夢を掲げて幸福がやってくるのを口を開けて待っているだけでは奇跡は起きません。行動することが必要です。その第一歩となるのが「やることのリストアップ」です。夢がエンジンで、現実がタイヤだとすれば、やることリストはエンジンの動力をタイヤに伝えるシャフトの役割だといえます。


渡部賢一

社長に就任した年、私は「変化をつくる」「ワールドクラス」「スピード」という3つのキーワードを打ち出しました。ワールドクラスを目指すというビジョンを掲げ、そのためにはスピードをもって臨む。その結果、野村は変わる。「変化に対応する」では受け身すぎるし、遅すぎる。自ら変化をつくることが大切なのです。


ページの先頭へ