名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井原裕(精神科医)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井原裕(精神科医)のプロフィール

井原裕、いはら・ひろし。日本の精神科医。獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。神奈川県出身。東北大学医学部医学科卒業、自治医科大学大学院医学研究科博士課程修了、ケンブリッジ大学大学院博士号取得。国立療養所南花巻病院勤務、順天堂大学医学部精神科講師・准教授などを経て獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。

井原裕(精神科医)の名言 一覧

睡眠不足は、心と身体に不調をきたし、仕事のパフォーマンスも下げる最大の元凶。


最も重要なのは、毎日、同じ時刻に寝て、同じ時刻に起きること。1日24時間の周期に合わせて、一定のリズムで生活すること。時刻が決まっていれば、何時に寝てもかまいません。


起床からおよそ8.5時間後にも、いったん眠気が来るようにできています。昼下がりに眠たくなるのはそのせいです。そのときは30分以下の昼寝をするのがお勧め。スッキリと眠気を取ることができます。30分を超えると、夜の眠気が来るのが遅くなるので要注意。夕方以降の仮眠も禁物です。


寝つきを良くするために最も効果的なのは、肉体を疲労させること。頭脳労働が多いビジネスマンは肉体疲労よりも精神疲労が強く、「疲れているのに眠れない」という状態になりがちなので、意識的に日中の運動量を期やしたいところ。歩く量を多くするだけで十分な運動になります。目安は、一日およそ7千歩。


中には、「自分は7時間も寝ていないが元気だ」という人もいるでしょう。しかし、短時間睡眠にもかかわらず眠気を感じないのは、疲労を感じるセンサーが働かなくなっているからなのかもしれません。放置しておくとうつ状態を招く危険性があります。


「決まった時刻に起床・就寝する」「7時間睡眠を取る」「日中に十分な活動(運動)をする」。これらをまずは実践してください。そうすれば、質の良い睡眠が得られるようになり、メンタルを安定させることにつながります。


寝つきをよくするためにお酒を飲む人がいますが、アルコールは睡眠の質を悪くします。「寝酒をするとよく眠れる」と感じるのは勘違い。アルコールの影響による一時的な意識低下は、睡眠とは別物です。脳波を測定すると、深い睡眠(ノンレム睡眠)が十分に取れないことがわかります。アルコールの影響が抜けたところで目が覚めてしまうのも寝酒のデメリットです。


休日は遅くまで寝てしまうという人は多いでしょうが、平日と同じ時刻に起きるようにするべき。平日は午前6時に起きている人が土日に午前10時まで寝てしまうと、そのリズムを身体が覚えてしまい、月曜日の朝がつらくなります。遅く起きるにしても、平日の起床時間から2時間以上はずらさないようにしてください。就寝と起床のリズムが身につけば、「寝つけない」という悩みも自然に解消します。人の身体は、起きてから17時間後に眠たくなるようにできているからです。


睡眠不足と「うつ状態」の関連性については数多くの研究報告があります。私たちは、日常生活の中で、心身に様々なストレスを受けています。そのストレスに対応する「ストレス応答力」に関わる人体のシステムには、自律神経系、視床下部‐下垂体‐副腎皮質系、免疫系の3つがあり、これらはいずれも睡眠と深く関係しています。だから、睡眠不足になるとストレスに対応できなくなり、メンタルに不調をきたすのです。


徹夜をすると、明け方には喜怒哀楽の反応が過剰になり、些細なことで怒りがわいたり、笑いがこみあげたり、泣けてきたりと、感情のブレーキが利きにくくなる。そういう経験をしたことがある人が多いと思いますが、これは、交感神経優位の時間が長く続きすぎて、メンタルに不調が現われてきた状態なのです。


井原裕(精神科医)の経歴・略歴

井原裕、いはら・ひろし。日本の精神科医。獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。神奈川県出身。東北大学医学部医学科卒業、自治医科大学大学院医学研究科博士課程修了、ケンブリッジ大学大学院博士号取得。国立療養所南花巻病院勤務、順天堂大学医学部精神科講師・准教授などを経て獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。

他の記事も読んでみる

工藤公康

常に100%の集中を保てるからこそ、いざというとき120%にまで高められる。スイッチオフの状態から急に100%以上にするのは不可能。「いざとなったら、本気を出すよ」と高をくくっていると、いざという時に力を発揮できなくなってしまう。


奥島孝康

ユートピアは「求める」ものではなく、「創り出す」ものだ。


ダニエル・ピンク

大企業では年に1度しか評価を社員にフィードバックしない会社もありますが、馬鹿げています。ゴルフの腕を上げたいと思う人が、年に1度しかフィードバックを得られないとしたら、上達できません。


木村皓一

少子化については以前から予想できていましたし、すでに織り込み済みです。アジアも巻き込まないと企業は成り立ちません。ただ、国外に工場を広げることは考えていません。メード・イン・ジャパンにこだわっています。だから、作れる量が限られている。ここ数年でも3回値上げしました。それでも売り上げは落ちなかった。売り上げを伸ばしたいなら値段を上げる。個数をたくさん作るということはしない。ブランドの価値を上げていくことを考えていきます。


鈴木博之(経営者)

大阪は逆に東京から離れているから自由がある。その自由をいかに享受するかというのが大阪人の、そもそもの考え方だし、もとを言えば、近江商人だって大阪商人だって、皆、自立精神を持ってやってきて、栄えた時代もあったわけです。そういう気持ちで事業に従事していけばよいだけです。東京は東京で伸びたらいいし、大阪は大阪で伸びていく方法を考えればいい。


マハトマ・ガンジー

自然は時に残酷な暴力となって、人々に降りかかる。けれどもあらゆる出来事には意味があると考えるなら、私たちは自然の猛威さえからも、目をさらさずに何かを学び、救いの道を探るべきではないだろうか。


関根眞一

これからはどの業界も少子化で市場が縮小していきますから、新規開拓よりも、つかんだ顧客を離さないことが大切になってきます。お客様との関係がこじれたときでも「絶対に手放さない」という気持ちを持ち、関係を修復できる対応力が不可欠となります。


佐藤安弘

いまや発泡酒は、ビールと発泡酒を合わせた総需要の4割を占めるまで市場が拡大しています。あのとき、メンツにこだわって参入を見送っていたらどうなっていたか。発泡酒への参入は正解だったと心から思っています。


伊藤有壱

若い頃、あるフェスティバルに作品を出品したんです。150万円もかけ光が織りなすアニメーションを撮影。こんな馬鹿なこと考えるのは自分くらいだろうと思って会場に行ったら、僕以上の人がたくさん! とっても安心したというか(笑)。


佐藤優

小説を読んでいる人といない人では、人間の幅が違ってくる気がする。様々な代理経験ができるという意味で、小説ほど有効なものはない。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

ある人間が持つ目標の数は、ひとつか2つが適量ではないでしょうか。2つなら「ひとつはやろうかな」という気になりますが、5つもあると全部嫌になってしまい、ひとつもモノにならない。そういうものだと思います。


瀧本哲史

「たくさん小さく試す」「当たったら集中投資する」。この両方の発想ができないとダメ。