名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井原裕(精神科医)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井原裕(精神科医)のプロフィール

井原裕、いはら・ひろし。日本の精神科医。獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。神奈川県出身。東北大学医学部医学科卒業、自治医科大学大学院医学研究科博士課程修了、ケンブリッジ大学大学院博士号取得。国立療養所南花巻病院勤務、順天堂大学医学部精神科講師・准教授などを経て獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。

井原裕(精神科医)の名言 一覧

睡眠不足は、心と身体に不調をきたし、仕事のパフォーマンスも下げる最大の元凶。


最も重要なのは、毎日、同じ時刻に寝て、同じ時刻に起きること。1日24時間の周期に合わせて、一定のリズムで生活すること。時刻が決まっていれば、何時に寝てもかまいません。


起床からおよそ8.5時間後にも、いったん眠気が来るようにできています。昼下がりに眠たくなるのはそのせいです。そのときは30分以下の昼寝をするのがお勧め。スッキリと眠気を取ることができます。30分を超えると、夜の眠気が来るのが遅くなるので要注意。夕方以降の仮眠も禁物です。


寝つきを良くするために最も効果的なのは、肉体を疲労させること。頭脳労働が多いビジネスマンは肉体疲労よりも精神疲労が強く、「疲れているのに眠れない」という状態になりがちなので、意識的に日中の運動量を期やしたいところ。歩く量を多くするだけで十分な運動になります。目安は、一日およそ7千歩。


中には、「自分は7時間も寝ていないが元気だ」という人もいるでしょう。しかし、短時間睡眠にもかかわらず眠気を感じないのは、疲労を感じるセンサーが働かなくなっているからなのかもしれません。放置しておくとうつ状態を招く危険性があります。


「決まった時刻に起床・就寝する」「7時間睡眠を取る」「日中に十分な活動(運動)をする」。これらをまずは実践してください。そうすれば、質の良い睡眠が得られるようになり、メンタルを安定させることにつながります。


寝つきをよくするためにお酒を飲む人がいますが、アルコールは睡眠の質を悪くします。「寝酒をするとよく眠れる」と感じるのは勘違い。アルコールの影響による一時的な意識低下は、睡眠とは別物です。脳波を測定すると、深い睡眠(ノンレム睡眠)が十分に取れないことがわかります。アルコールの影響が抜けたところで目が覚めてしまうのも寝酒のデメリットです。


休日は遅くまで寝てしまうという人は多いでしょうが、平日と同じ時刻に起きるようにするべき。平日は午前6時に起きている人が土日に午前10時まで寝てしまうと、そのリズムを身体が覚えてしまい、月曜日の朝がつらくなります。遅く起きるにしても、平日の起床時間から2時間以上はずらさないようにしてください。就寝と起床のリズムが身につけば、「寝つけない」という悩みも自然に解消します。人の身体は、起きてから17時間後に眠たくなるようにできているからです。


睡眠不足と「うつ状態」の関連性については数多くの研究報告があります。私たちは、日常生活の中で、心身に様々なストレスを受けています。そのストレスに対応する「ストレス応答力」に関わる人体のシステムには、自律神経系、視床下部‐下垂体‐副腎皮質系、免疫系の3つがあり、これらはいずれも睡眠と深く関係しています。だから、睡眠不足になるとストレスに対応できなくなり、メンタルに不調をきたすのです。


徹夜をすると、明け方には喜怒哀楽の反応が過剰になり、些細なことで怒りがわいたり、笑いがこみあげたり、泣けてきたりと、感情のブレーキが利きにくくなる。そういう経験をしたことがある人が多いと思いますが、これは、交感神経優位の時間が長く続きすぎて、メンタルに不調が現われてきた状態なのです。


井原裕(精神科医)の経歴・略歴

井原裕、いはら・ひろし。日本の精神科医。獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。神奈川県出身。東北大学医学部医学科卒業、自治医科大学大学院医学研究科博士課程修了、ケンブリッジ大学大学院博士号取得。国立療養所南花巻病院勤務、順天堂大学医学部精神科講師・准教授などを経て獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。

他の記事も読んでみる

萩本欽一

コント55号が売れて、5年ほどたち、30歳になったのをきっかけに、僕は1年間、これまでの活動を反省することにしました。有名になりたいっていう夢は実現したけれども、期待していたほど面白くはなく、ここで修正しないとまずいと思い、コント55号の活動も休止しました。そして、テレビで誰もやっていないことにも挑戦したいと思っていたら、僕が何よりやりたくないと思っていた番組の司会を頼まれた。その一つが、「スター誕生!」。ここでは、男女二人組の司会というスタイルを持ち込み、以後、これが主流になっていったんだから、これも一つの運なのでしょうね。


成毛眞

マキャベリの『君主論』は必読の書です。思想や概念的なことではなく、実践的なテクニックが学べます。「君主は鬼にも仏にもなれる予測不能な存在であれ」など、マネジメントやチームづくりにも役立つエッセンスが詰まっていますね。


齋藤孝(教育学者)

雑談は相手中心でやったほうがうまくいく。自分が興味を持っていることではなく、相手の関心事に合わせて、それに同調していくのが正しいやり方です。一方、うんちくの垂れ流しは、自分本位で嫌われる。


浜田宏

会社と勉強を両立するには時間を有効に活用するしかありません。通勤時間の往復2時間はもちろん勉強。歩いている時間はリスニングにあて、雑音がうるさい電車の中では文法の勉強です。また週3日は、同僚とランチに行くのを我慢して昼休みに勉強。さらに社内プロジェクトが終わる11時から、終電が発車する12時15分まで会社で勉強。1日4時間は勉強していました。


小川理子

男性がどうとか、女性がどうとか気にせず、自然体で飛び込んでいます。


吉永泰之

自動車産業全体で見れば、スバルのような個性ある会社が存在した方が面白いはずです。クルマというのはファッション産業に近いところがあります。いろいろなブランドや個性的な商品がある中で比較し、選択できるから、愉しんでいただける。同質競争と寡占が進み、例えば世界に自動車メーカーが4社になってしまったらどうなるでしょうか。既成の制服しか選択肢がなくなれば、消費者は服そのものへの興味を失ってしまうでしょう。


玄田有史

自分とは異なる世界に住む人が発してくれる情報はノイズが少ないため、刺激にもなり客観的に自分を知る手がかりにもなる。


テリー伊藤

イルミネーションを見て「いいなあ」と言うのか「さあ、クリスマスだ」と言うか、まずそこが大違い。うらやましがっているのではなく「よし、行くぞ、クリスマス!」という気持ちを失ってはいけない。


江上治

1億円以上稼ぐ人の思考の根底にある共通点は、常に「自責」である。100%が自分の責任と思っていなければ、とてつもない年収を稼ぎ続ける人にはなれない。


片岡愛之助(6代目)

楽に自然体にいけばいい。なんなら、おんぶしてもらえばいいんだよ。


矢沢大輔

目次は本全体の概略が書かれた地図のようなもの。見知らぬ土地に行く前に地図を確認するように、本文を読む前に目次を読めば、脳が効率的に情報を整理できる。


松下幸之助

いくらなじみのお客様でも、お迎えする際には感激を新たにしてお迎えする態度が大切。