名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

井原裕(精神科医)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井原裕(精神科医)のプロフィール

井原裕、いはら・ひろし。日本の精神科医。獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。神奈川県出身。東北大学医学部医学科卒業、自治医科大学大学院医学研究科博士課程修了、ケンブリッジ大学大学院博士号取得。国立療養所南花巻病院勤務、順天堂大学医学部精神科講師・准教授などを経て獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。

井原裕(精神科医)の名言 一覧

睡眠不足は、心と身体に不調をきたし、仕事のパフォーマンスも下げる最大の元凶。


最も重要なのは、毎日、同じ時刻に寝て、同じ時刻に起きること。1日24時間の周期に合わせて、一定のリズムで生活すること。時刻が決まっていれば、何時に寝てもかまいません。


起床からおよそ8.5時間後にも、いったん眠気が来るようにできています。昼下がりに眠たくなるのはそのせいです。そのときは30分以下の昼寝をするのがお勧め。スッキリと眠気を取ることができます。30分を超えると、夜の眠気が来るのが遅くなるので要注意。夕方以降の仮眠も禁物です。


寝つきを良くするために最も効果的なのは、肉体を疲労させること。頭脳労働が多いビジネスマンは肉体疲労よりも精神疲労が強く、「疲れているのに眠れない」という状態になりがちなので、意識的に日中の運動量を期やしたいところ。歩く量を多くするだけで十分な運動になります。目安は、一日およそ7千歩。


中には、「自分は7時間も寝ていないが元気だ」という人もいるでしょう。しかし、短時間睡眠にもかかわらず眠気を感じないのは、疲労を感じるセンサーが働かなくなっているからなのかもしれません。放置しておくとうつ状態を招く危険性があります。


「決まった時刻に起床・就寝する」「7時間睡眠を取る」「日中に十分な活動(運動)をする」。これらをまずは実践してください。そうすれば、質の良い睡眠が得られるようになり、メンタルを安定させることにつながります。


寝つきをよくするためにお酒を飲む人がいますが、アルコールは睡眠の質を悪くします。「寝酒をするとよく眠れる」と感じるのは勘違い。アルコールの影響による一時的な意識低下は、睡眠とは別物です。脳波を測定すると、深い睡眠(ノンレム睡眠)が十分に取れないことがわかります。アルコールの影響が抜けたところで目が覚めてしまうのも寝酒のデメリットです。


休日は遅くまで寝てしまうという人は多いでしょうが、平日と同じ時刻に起きるようにするべき。平日は午前6時に起きている人が土日に午前10時まで寝てしまうと、そのリズムを身体が覚えてしまい、月曜日の朝がつらくなります。遅く起きるにしても、平日の起床時間から2時間以上はずらさないようにしてください。就寝と起床のリズムが身につけば、「寝つけない」という悩みも自然に解消します。人の身体は、起きてから17時間後に眠たくなるようにできているからです。


睡眠不足と「うつ状態」の関連性については数多くの研究報告があります。私たちは、日常生活の中で、心身に様々なストレスを受けています。そのストレスに対応する「ストレス応答力」に関わる人体のシステムには、自律神経系、視床下部‐下垂体‐副腎皮質系、免疫系の3つがあり、これらはいずれも睡眠と深く関係しています。だから、睡眠不足になるとストレスに対応できなくなり、メンタルに不調をきたすのです。


徹夜をすると、明け方には喜怒哀楽の反応が過剰になり、些細なことで怒りがわいたり、笑いがこみあげたり、泣けてきたりと、感情のブレーキが利きにくくなる。そういう経験をしたことがある人が多いと思いますが、これは、交感神経優位の時間が長く続きすぎて、メンタルに不調が現われてきた状態なのです。


井原裕(精神科医)の経歴・略歴

井原裕、いはら・ひろし。日本の精神科医。獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。神奈川県出身。東北大学医学部医学科卒業、自治医科大学大学院医学研究科博士課程修了、ケンブリッジ大学大学院博士号取得。国立療養所南花巻病院勤務、順天堂大学医学部精神科講師・准教授などを経て獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。

他の記事も読んでみる

根本郁芳

不況のときにも中小企業が生き残るためには、会社を支えている技術を応用し、やれることをやるしかないように思います。うちも持っている技術を応用し、いろいろな仕事を見つけています。


大友啓史

映画制作といえば撮影をイメージする人が多いでしょうが、脚本を書いたり、予算やスケジュールを決めたり、ロケハンをしたりといった、撮影に入る前の準備のほうが重要なんです。準備をきちんとしておけば、撮影に入ってから現場が自然と動くようになり、より仕事に集中できますから。


ジュリア・カジェ

有料化しても読者が喜んで払ってくれるようなビジネスモデルを選ぶことが重要。


早川徳次

私は性急な人間で、よく着物を裏返しに着て、自分で気が付かないことがあるのだが、寝間着のまま帯もしないで朝の工場で金具をいじって食事も忘れていた。
【覚書き|シャープペンシルを開発していた当時を振り返っての発言】


辻庸介

新規事業は若い人に全部任せてしまえばいい。でも、大企業にいるとそうはいかない。社長に見せるための資料作りとか、報告業務とか、本来の目的とは違う、付加価値を生まない仕事がたくさん発生しています。そういうのに若い人の力を使うのって、本当にもったいない。人事、組織の仕組みをもっと自由にしていかないと。


北野武(ビートたけし)

人間の知恵や創造力は、壁や障害があってこそ豊かに発揮される。分厚い壁が目の前にあれば、子供は放っておいても、なんとかしてそこから自由になろうともがく。壁をぶち壊そうとする奴もいれば、壁の下に穴を掘ろうとする奴もいるだろう。壁の内側に、誰も気づかなかった自由を見つける子供もいるだろう。知恵や創造力で壁を乗り越えるところに、自由の喜びがある。何でも自由にやっていいよという世界では、知恵も想像力も働かせる必要がない。最近の子供にはやる気がないというけれど、それはそういうことの当然な帰結なのだろう。


松下幸之助

どんなにに努力したところで、すべての人が大臣にはなれませんし、社長になることも不可能です。みんなが資産家になることもむずかしいでしょう。それに対して、それぞれの天分に生きるということは、考え方によっては全員が可能だと思います。しかも、そのようにみずからの天分に生きている人は、たとえ社会的な地位や財産があろうとなかろうと、いつもいきいきと、自分の喜びはここにあるのだという自信と誇りをもって、充実した人生を送ることができると思います。


澤田秀雄

元気になるには結果を出さないと、負ける戦いには行きたくない。そこで最初から半年から1年で黒字にしてボーナスを出そうと。結果を見せると元気になる。


筒井康隆

最初の本を出すまでは、結構、悩んだというか、試行錯誤の連続でした。一言でいえば、文章が下手だったんです(笑)。三人称でうまく書けず、視点というのも、よくわかってなかったですから。どうしたか? もともと僕は役者志望だったので、「自分が主人公になったつもりで書けばいいんじゃないか」と思ってね。一人称の「おれ」で書きだし、一時期、何でもかんでも「おれ、おれ」でしたよ(笑)。自分で暴れ、ドタバタやってればいいんだと。感情移入じゃなく肉体移入だな(笑)。


平野耕太郎

お客様の意識が変化している。環境に優しい機械や、ICT、IoTによる自動化やさらに安全な建設機械を求めている。さらに新車を買うだけでなくレンタル、中古車など選択の幅も広がっており、そうした提案をしてくれるメーカーが望まれている。我々はそのメーカーでありたい。


林修

何事も経験しなければわからない以上、僕はやる前から批判はしません。ことわざにも「馬には乗ってみよ人には添うてみよ」とありますしね。


矢作兼

人生も偏ってるほうがいいよ。だから、40代になっても小さくまとまらないようにしたい。大げさに言えば、仕事がなくなってもなんとかなるぐらいの、自由な気持ちを持ち続けていたい。