井原裕(精神科医)の名言

井原裕(精神科医)のプロフィール

井原裕、いはら・ひろし。日本の精神科医。獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。神奈川県出身。東北大学医学部医学科卒業、自治医科大学大学院医学研究科博士課程修了、ケンブリッジ大学大学院博士号取得。国立療養所南花巻病院勤務、順天堂大学医学部精神科講師・准教授などを経て獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。

井原裕(精神科医)の名言 一覧

睡眠不足は、心と身体に不調をきたし、仕事のパフォーマンスも下げる最大の元凶。


最も重要なのは、毎日、同じ時刻に寝て、同じ時刻に起きること。1日24時間の周期に合わせて、一定のリズムで生活すること。時刻が決まっていれば、何時に寝てもかまいません。


起床からおよそ8.5時間後にも、いったん眠気が来るようにできています。昼下がりに眠たくなるのはそのせいです。そのときは30分以下の昼寝をするのがお勧め。スッキリと眠気を取ることができます。30分を超えると、夜の眠気が来るのが遅くなるので要注意。夕方以降の仮眠も禁物です。


寝つきを良くするために最も効果的なのは、肉体を疲労させること。頭脳労働が多いビジネスマンは肉体疲労よりも精神疲労が強く、「疲れているのに眠れない」という状態になりがちなので、意識的に日中の運動量を期やしたいところ。歩く量を多くするだけで十分な運動になります。目安は、一日およそ7千歩。


中には、「自分は7時間も寝ていないが元気だ」という人もいるでしょう。しかし、短時間睡眠にもかかわらず眠気を感じないのは、疲労を感じるセンサーが働かなくなっているからなのかもしれません。放置しておくとうつ状態を招く危険性があります。


「決まった時刻に起床・就寝する」「7時間睡眠を取る」「日中に十分な活動(運動)をする」。これらをまずは実践してください。そうすれば、質の良い睡眠が得られるようになり、メンタルを安定させることにつながります。


寝つきをよくするためにお酒を飲む人がいますが、アルコールは睡眠の質を悪くします。「寝酒をするとよく眠れる」と感じるのは勘違い。アルコールの影響による一時的な意識低下は、睡眠とは別物です。脳波を測定すると、深い睡眠(ノンレム睡眠)が十分に取れないことがわかります。アルコールの影響が抜けたところで目が覚めてしまうのも寝酒のデメリットです。


睡眠不足と「うつ状態」の関連性については数多くの研究報告があります。私たちは、日常生活の中で、心身に様々なストレスを受けています。そのストレスに対応する「ストレス応答力」に関わる人体のシステムには、自律神経系、視床下部‐下垂体‐副腎皮質系、免疫系の3つがあり、これらはいずれも睡眠と深く関係しています。だから、睡眠不足になるとストレスに対応できなくなり、メンタルに不調をきたすのです。


休日は遅くまで寝てしまうという人は多いでしょうが、平日と同じ時刻に起きるようにするべき。平日は午前6時に起きている人が土日に午前10時まで寝てしまうと、そのリズムを身体が覚えてしまい、月曜日の朝がつらくなります。遅く起きるにしても、平日の起床時間から2時間以上はずらさないようにしてください。就寝と起床のリズムが身につけば、「寝つけない」という悩みも自然に解消します。人の身体は、起きてから17時間後に眠たくなるようにできているからです。


徹夜をすると、明け方には喜怒哀楽の反応が過剰になり、些細なことで怒りがわいたり、笑いがこみあげたり、泣けてきたりと、感情のブレーキが利きにくくなる。そういう経験をしたことがある人が多いと思いますが、これは、交感神経優位の時間が長く続きすぎて、メンタルに不調が現われてきた状態なのです。


井原裕(精神科医)の経歴・略歴

井原裕、いはら・ひろし。日本の精神科医。獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。神奈川県出身。東北大学医学部医学科卒業、自治医科大学大学院医学研究科博士課程修了、ケンブリッジ大学大学院博士号取得。国立療養所南花巻病院勤務、順天堂大学医学部精神科講師・准教授などを経て獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。

他の記事も読んでみる

浜田宏

努力の質も、仕事の効率化とリンクしていると思います。仕事の整理整頓ができない人は、勉強も非効率で中途半端です。その意味でも、まず目の前の仕事を効率的にこなす習慣をつけるべきです。


尾藤峰男

もちろん元本割れのリスクはありますが、長期運用することで元本が着実に増えていくことが期待できます。資産運用で最も大切なことは、一度始めたら止めずに続けること。


武藤貴宏

高校のとき、憧れていた応援団に入ったんですが、2週間で逃げ出してしまったんです。それを悔やみ、大人になってからも引きずっていました。「なんであのとき続けなかったんだろう」とか、「生まれ変わったら絶対に応援団をやる」とか。そしてある日、その思いがついに沸点を超えたんです。「もうこれ以上、命の火をくすぶらせて生きていたくない。誰が何と言おうと、おれはやる。逃げ出した自分にリベンジするんだ。もう自分に遠慮しない。今からこの命、ガムシャラに燃やす」、そう肚をくくったんです。


増田寛也

郵政民営化、社会保障改革など幅広い分野に携わってきました。何とかこなしてきたのは知事を経験したことが大きいと思います。国の行政機関は縦割りで相互の壁が厚くなりがち。知事は地域全体に目配りするため横串で物事を見ることが多くなる。地域で医療や介護などの行政システムが全体として回るように目をこらす必要があり、多分野に触れてきた経験が役立っています。国のどの組織や人に力やノウハウがありそれをどう活用していけば物事が動いていくのかという「引き出し」を幾つも用意できてきたのもその延長線上のことでしょう。


西條一

社長室のドアは常に開放しています。思考が中断されると嫌がる経営者もいますが、社内全体で考えれば、私のアドバイスや判断は、部下が必要なとき、すぐ与えた方が効率がいいのです。


谷井昭雄

職場は一将の影。僕の自戒の言葉でもあるんですが、自分の会社の部下を評して駄目だなんて言ったり、嘆いたりするとしたらそれはトップ自身の無能さの反映でしかありません。


松井忠三

増収益を何年も続けている企業や人には必ず何か秘訣があります。経営にはマグレというものはありませんから。


執行草舟

あえて「毒」を食らわなければいけない。その方法が、昔の人の本を読むことです。古典には悪いものは悪い、馬鹿は馬鹿とはっきり書いてありますから。つまり、生命の本質がちゃんと書いてあるのです。生命というのは、決して楽しいものではありません。どちらかと言えば悲しいものです。そういう「毒」の部分を感じないと生命の根源がわからない。


廣内武

マネジメントの基本的な考え方は、各社の独自性を大事にした経営を推進していくこと。


澤田秀雄

人々に喜ばれるような企業でなければ、結果的に存在価値が無くなってしまう。


丸谷智保

北海道で成長したので「道外に積極的に進出しないのか」とよく聞かれますが、製販一体の体制や物流網を生かせるのは北海道だけ。現在、茨城県と埼玉県に店舗がありますが、道外に大きく打って出る考えはありません。


むのたけじ

人間は生きていく力をまったく失ったら自殺しない。しようにしても、できやしない。自殺を考えるのは、生きる力がまだ十分に残っている証拠である。失意はバネである。


村上太一

客観的に見ても、若い時期のハードワークは必要だと思います。仕事のチャンスは、デキる人のところに集まってきます。だからまず初速で頭一つ抜け出して、まわりが「こいつはやるな」と思ってくれる存在になることが大事。そういう存在になれたら、あとはどんどんいい流れがやってきます。もちろん流れに乗らずにマイペースでやっていく生き方もあるでしょう。でも、流れを自分のものにしたいなら、20代のうちにがむしゃらに働くことが重要です。


平井伯昌

コーチの仕事とは、ただ技術を教えるだけでなく、選手のメンタルまでサポートすることも含まれます。そのためには選手とコーチの相互理解が大事になります。


池田欣生

年齢に関係なく、見た目が若い人というのは、元気でいきいきしている人が多い。元気に行動する人は病気になり難いという結果も出ていますので、美容医療は健康で、人生をより前向きに楽しく過ごすための医療と考えてもらえたら嬉しいですね。


ページの先頭へ