名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井原勝美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井原勝美のプロフィール

井原勝美、いはら・かつみ。日本の経営者。「ソニー生命保険」「ソニーフィナンシャルホールディングス」社長。島根県出身。東京工業大工学部卒業後、三井情報開発を経てソニーに入社。ソニー映像総合企画部門長、上席常務、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(英国)社長、ソニー副社長、グループCSO(最高戦略責任者)・CFO(最高財務責任者)、ソニー生命保険副社長、などを経てソニー生命保険社長、ソニーフィナンシャルホールディングス社長に就任。

井原勝美の名言 一覧

社会人になってからは、自分の時間の中でも大きな割合を占める仕事の時間をいかに充実して過ごすかということを大切にしてきました。仕事での充実感が、心身の健康に与える影響は大きいと思うからです。


私は自分のゴルフスタイルを「アスリートゴルフ」と呼んでいます。プレーを楽しむ一方、スコアにもこだわる。「競技」としてのゴルフが好きなんですね。1カ月に3回程度はコースを回りますが、メンバーより1時間半ほど早く到着して真剣に練習をしているので、よくあきれられてしまいます。


ソニーとエリクソンの合弁会社、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ・エー・ビーの社長として英国に赴任した当時は、21カ月という長期にわたって利益が出せず、精神的につらい時期を過ごしました。ロンドンを拠点に平日は飛行機で飛び回るため、肉体的にも消耗していたのですが、そんな時期を支えてくれたのが、英国に赴任している仲間との週末のゴルフでした。英国でのゴルフはカートに乗らず自分の足で回るので、かなりの運動量になります。その運動と、プレー後の仲間との食事がいい気分転換となり、仕事に向かう活力にもなったのです。その後に業績は急回復し、結果を出すことができました。当時の苦労をともにした仲間とは、今でも1年に2回のラウンドが恒例行事になっています。


気心の知れた仲間とプレーするだけでなく、ゴルフクラブが企画している競技会にも参加しています。スコアを競うことはもちろん、普段は全く違う仕事をしている人たちと交流できることも、精神的な刺激になっています。


小学校6年生から大学までの11年間は、バスケットボール-色の生活を送っていました。私は松江市の出身ですが、当時の島根県の高校バスケは、全国でもトップクラス。私が2年生の時にはインターハイに出場し、準決勝まで進みました。練習はとてもハードでしたが、60代になっても肩こりすらなく健康なのは、学生時代に培った体力や筋力の恩恵だと思っています。


井原勝美の経歴・略歴

井原勝美、いはら・かつみ。日本の経営者。「ソニー生命保険」「ソニーフィナンシャルホールディングス」社長。島根県出身。東京工業大工学部卒業後、三井情報開発を経てソニーに入社。ソニー映像総合企画部門長、上席常務、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(英国)社長、ソニー副社長、グループCSO(最高戦略責任者)・CFO(最高財務責任者)、ソニー生命保険副社長、などを経てソニー生命保険社長、ソニーフィナンシャルホールディングス社長に就任。

他の記事も読んでみる

西村晃(経済評論家)

自分の目でオリジナルな情報を集められないと、どんなに情報整理術だけ上手くなっても、新しい切り口のアイデアを生み出すことはできません。


浜田宏

目標ができたら、悩んだり考えたりしないで、馬車馬のようにとにかく努力することです。努力ができない人は、その目標が見つかっていない人なのでしょう。


江上治

日本人はとかく他人と同じ考えをしたい、同じ行動をしたいという傾向がある。目立たないことに安住しがちである。他人と異なって、非常識と言われたくないのである。これでは稼げない。敢えて、常に他人とは異なる考え方、行動を心掛けなくては、自分の価値は上がらないし、稼げる人間にはなれない。


松田正男

差別化戦略を意識的に進めていることで、保護者からも、子供たちからも高い満足をいただいております。高い学力だけでなく、混迷する時代を切り拓いていく自分力を身につけることができるのです。そこがほかの塾とは違います。


冨安徳久

企業活動に社員の成長や自己成長が加わっていれば良いのです。残念ながら、資産を築いた時点で学ぶことを止め、遊興にふける経営者を沢山見てきました。大切なお金を投資してくれる方がいるのですから、さらに評価される市場に行かなければ絶対駄目なのですが、そこでトップの質が二手に分かれてくるのです。


柴田励司

二次情報はあくまで何かを知るきっかけとして利用すべきであり、そこから先は自分で体験してみることが重要だと思います。自分の体験を通して一次情報を得ることこそ、より本質的な意味での勉強になります。そういった体験の積み重ねが支えとなり、やがてはちょっとやそっとの荒波でも沈まない自分をつくりあげることにもなるのです。


鍋島直茂

時節到来すれば家が崩るるものなり。その時崩すまじきとすれば、きたな崩しするなり。時節到来と思わば崩したるがごときなり。その時は抱きとどまることもあるものなり。【意訳:時が来れば家や組織は壊れるものだ。その時に往生際悪く壊さないようにすると、かえって見苦しく壊れる。それよりも、家や組織が壊れる時が来たと思ってさっさと壊してしまえば、かえって持ち直すこともある】


木村康

「当事者意識」「プロ意識」「変革意識」を社員に訴え続けています。着実に浸透していると感じています。


三原淳

本部と加盟店、どちらが上ということはなく、FCビジネスは相互理解や信頼関係によって成り立つものだと考えています。「FC(フランチャイズ)=仲間づくり」という想いを大切にしたいのです。そうした想いから私は年に2回、オーナー会を開いています。大事なのは、加盟店さん同士のつながりをつくること。


山田進太郎

我々経営者は、本来は打ち手が無限にあるにもかかわらず、「A案かB案か、どちらかにしよう」と発想しがち。でも、大胆にやろうという考え方が身についていれば、発想の枠の外にあるC案やD案に目を配ることも可能になる。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

リーダーがあまりにも完璧にふるまうと空気がピンと張りつめ、周りが軽々しく発言しづらいムードになりやすい。だからリーダーはときにはボーっとしているところや、自分の弱みをあえて隠さずに周りに見せるといい。いくつもの顔をリーダーは自在に使い分けなければならず、引く手あまたの俳優になったつもりで、その舞台を存分に楽しんでほしい。


大野裕

体を動かすことも気分をラクにします。体を動かすと気分が変わるというエビデンス(科学的根拠)もあります。散歩など、簡単なことから始めてみてはどうでしょうか。ただし、歩きながらあれこれ心配事を反芻してしまうと、少しも気持ちがラクになりません。散歩中は風を感じたり、道端の草花に目をやったりするなど、散歩という「いまの行動」に集中しましょう。