名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井原勝美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井原勝美のプロフィール

井原勝美、いはら・かつみ。日本の経営者。「ソニー生命保険」「ソニーフィナンシャルホールディングス」社長。島根県出身。東京工業大工学部卒業後、三井情報開発を経てソニーに入社。ソニー映像総合企画部門長、上席常務、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(英国)社長、ソニー副社長、グループCSO(最高戦略責任者)・CFO(最高財務責任者)、ソニー生命保険副社長、などを経てソニー生命保険社長、ソニーフィナンシャルホールディングス社長に就任。

井原勝美の名言 一覧

社会人になってからは、自分の時間の中でも大きな割合を占める仕事の時間をいかに充実して過ごすかということを大切にしてきました。仕事での充実感が、心身の健康に与える影響は大きいと思うからです。


私は自分のゴルフスタイルを「アスリートゴルフ」と呼んでいます。プレーを楽しむ一方、スコアにもこだわる。「競技」としてのゴルフが好きなんですね。1カ月に3回程度はコースを回りますが、メンバーより1時間半ほど早く到着して真剣に練習をしているので、よくあきれられてしまいます。


ソニーとエリクソンの合弁会社、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ・エー・ビーの社長として英国に赴任した当時は、21カ月という長期にわたって利益が出せず、精神的につらい時期を過ごしました。ロンドンを拠点に平日は飛行機で飛び回るため、肉体的にも消耗していたのですが、そんな時期を支えてくれたのが、英国に赴任している仲間との週末のゴルフでした。英国でのゴルフはカートに乗らず自分の足で回るので、かなりの運動量になります。その運動と、プレー後の仲間との食事がいい気分転換となり、仕事に向かう活力にもなったのです。その後に業績は急回復し、結果を出すことができました。当時の苦労をともにした仲間とは、今でも1年に2回のラウンドが恒例行事になっています。


気心の知れた仲間とプレーするだけでなく、ゴルフクラブが企画している競技会にも参加しています。スコアを競うことはもちろん、普段は全く違う仕事をしている人たちと交流できることも、精神的な刺激になっています。


小学校6年生から大学までの11年間は、バスケットボール-色の生活を送っていました。私は松江市の出身ですが、当時の島根県の高校バスケは、全国でもトップクラス。私が2年生の時にはインターハイに出場し、準決勝まで進みました。練習はとてもハードでしたが、60代になっても肩こりすらなく健康なのは、学生時代に培った体力や筋力の恩恵だと思っています。


井原勝美の経歴・略歴

井原勝美、いはら・かつみ。日本の経営者。「ソニー生命保険」「ソニーフィナンシャルホールディングス」社長。島根県出身。東京工業大工学部卒業後、三井情報開発を経てソニーに入社。ソニー映像総合企画部門長、上席常務、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(英国)社長、ソニー副社長、グループCSO(最高戦略責任者)・CFO(最高財務責任者)、ソニー生命保険副社長、などを経てソニー生命保険社長、ソニーフィナンシャルホールディングス社長に就任。

他の記事も読んでみる

田中孝司(経営者)

私の社長就任前、当社がスマートフォンへの対応が遅れたのはリスクを恐れる集団になっていたからです。安定した業績が続くと、組織は堕落します。保身に走り、新しいことへ挑戦しなくても良いと考える雰囲気が社内にありました。そのため「あんなもの売れるわけない」と、スマートフォンを軽視してしまったのです。


吉田修一(小説家)

そのときに書けるもの、書きたいものを一個一個やっていったら、結果的に「何をやってる人なんだ、この人?」みたいになっちゃってたっていう(笑)。出版社としては作家の名前で本を売るって気持ちがあるのかもしれないけど、僕としては一作一作、別の人が書いたと思われてもいいんですよ。


柏木理佳

「自分がなりたい職業って何だろう?」と、一生懸命自分探しをする人がいます。しかし、無理やり探しても、急に思いつくはずがありません。まずは「なりたい自分」よりも「なれる自分」から探してみることです。


西山逸成

僕にとってはパンも料理もひとつのツール。これを使ってお客様をどう喜ばせるか。お店はそのための装置。


豊竹呂太夫・6代目

私は70歳を間近にして文楽の型が何となく分かってきました。型とは老若男女や正義漢か悪漢など登場人物の姿に合った語り口のことです。この基本ができて細かい感情を表せるようになるのです。この世界に入った頃から「感情勝負になれば自分の本領が発揮できるのでは?」と漠然と考えていました。70歳になって、その時が来ました。続けてきたからこそ到達できる境地があるんですね。


福原裕一

「いまの若者は」というと、自分勝手、忍耐力がないなど、ネガティブにとらえられることが多いですが、10年前と比べても、若者の基本的な気質は変わっていません。素直だし、協調性も持ち合わせています。そうした良い面を引き出すためには、「この職場が自分の居場所なんだ」と感じてもらえる工夫を行っています。


村口和孝

あなたを含めて、「人類70億人すべてが、特殊で変わっている」のである。すべての人類の消費行動を理解し、予測することは、一般的には困難なのだ。「複数の人間の意見が合わず、合意形成が困難」である理由もここにある。


萩原吉太郎

社長に就任したころの石炭業界は上向きにあったが、私は逆に警戒した。現状に酔っていてはいけない。世界のエネルギー情勢から遠からず石炭は斜陽産業になる。どんどん重油に食われていくだろう。これはもう単なる景気の問題ではなくて、燃料革命だ。いま適切な手を打っておかねば命取りになると考えた。


福井威夫

現場で仕事に取り組むと壁にぶつかり、突破しようと貪欲に勉強します。重要なのはこの貪欲さが生まれる環境でその極致が修羅場体験です。


弘兼憲史

実際に自分で見聞きし、体験するからこそ、分かる世界があります。寿司でも懐石料理でもフランス料理でも一流と呼ばれる店に行くと、空間の作り方や器の選び方、盛りつけ、サービスに至るまで、おもてなしのために厳選されたものが揃っている。自分の仕事とは異なる環境で働く職人の心に触れ、彼らにリスペクトを覚えることで、様々な気づきがあるはずです。


本田浩次

牛乳・乳製品の消費拡大のためスリー・ア・デイ運動(乳製品を1日3回か1日3品目とるという生活改善運動)を始めました。人にいいことを勧めるならば、まず自分たちでやろうということで、Jミルクでは職員全員が実践を始めました。そのうえで、業界関係者が自ら実践し、自分の体のためにもいいということを確認し、消費者に勧めているのです。


寺田和正

部長になったらいくらになるというように、役職手当をすべて明らかにし、給与も選べるようにしています。月々の給与のベースを上げて安定型で働きたい人もいるし、自分がやったことに対するチャレンジで評価するチャレンジ型がいいという人もいるでしょう。入社3年目から、これを選べるようにしました。