名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

井原勝美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井原勝美のプロフィール

井原勝美、いはら・かつみ。日本の経営者。「ソニー生命保険」「ソニーフィナンシャルホールディングス」社長。島根県出身。東京工業大工学部卒業後、三井情報開発を経てソニーに入社。ソニー映像総合企画部門長、上席常務、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(英国)社長、ソニー副社長、グループCSO(最高戦略責任者)・CFO(最高財務責任者)、ソニー生命保険副社長、などを経てソニー生命保険社長、ソニーフィナンシャルホールディングス社長に就任。

井原勝美の名言 一覧

社会人になってからは、自分の時間の中でも大きな割合を占める仕事の時間をいかに充実して過ごすかということを大切にしてきました。仕事での充実感が、心身の健康に与える影響は大きいと思うからです。


私は自分のゴルフスタイルを「アスリートゴルフ」と呼んでいます。プレーを楽しむ一方、スコアにもこだわる。「競技」としてのゴルフが好きなんですね。1カ月に3回程度はコースを回りますが、メンバーより1時間半ほど早く到着して真剣に練習をしているので、よくあきれられてしまいます。


ソニーとエリクソンの合弁会社、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ・エー・ビーの社長として英国に赴任した当時は、21カ月という長期にわたって利益が出せず、精神的につらい時期を過ごしました。ロンドンを拠点に平日は飛行機で飛び回るため、肉体的にも消耗していたのですが、そんな時期を支えてくれたのが、英国に赴任している仲間との週末のゴルフでした。英国でのゴルフはカートに乗らず自分の足で回るので、かなりの運動量になります。その運動と、プレー後の仲間との食事がいい気分転換となり、仕事に向かう活力にもなったのです。その後に業績は急回復し、結果を出すことができました。当時の苦労をともにした仲間とは、今でも1年に2回のラウンドが恒例行事になっています。


気心の知れた仲間とプレーするだけでなく、ゴルフクラブが企画している競技会にも参加しています。スコアを競うことはもちろん、普段は全く違う仕事をしている人たちと交流できることも、精神的な刺激になっています。


小学校6年生から大学までの11年間は、バスケットボール-色の生活を送っていました。私は松江市の出身ですが、当時の島根県の高校バスケは、全国でもトップクラス。私が2年生の時にはインターハイに出場し、準決勝まで進みました。練習はとてもハードでしたが、60代になっても肩こりすらなく健康なのは、学生時代に培った体力や筋力の恩恵だと思っています。


井原勝美の経歴・略歴

井原勝美、いはら・かつみ。日本の経営者。「ソニー生命保険」「ソニーフィナンシャルホールディングス」社長。島根県出身。東京工業大工学部卒業後、三井情報開発を経てソニーに入社。ソニー映像総合企画部門長、上席常務、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(英国)社長、ソニー副社長、グループCSO(最高戦略責任者)・CFO(最高財務責任者)、ソニー生命保険副社長、などを経てソニー生命保険社長、ソニーフィナンシャルホールディングス社長に就任。

他の記事も読んでみる

庄司正英

商売繁盛への最高の教師はお客様。ビジネスの究極は顧客リレーションの深耕で「また行きたい」をつなげること。


北方謙三

僕の志は、125歳まで生きて、小説を書き続けることだ。書きたいテーマを数え上げて、年を取って書ける枚数が減ってくることも計算に入れると、その年齢まで生きなければいけないとわかった。でもそれは無理だから、毎回「この一作で125歳までの仕事をしたな」と思える充実感のある作品を書きたいと机に向かっている。


玉塚元一

慶応は受験のハードルが高く、強豪高校から優秀な選手を獲得することが難しいのですが、塾長だった小泉信三先生の「練習は不可能を可能にす」という言葉通り、学生時代は厳しい練習を繰り返し、全国ラグビー選手権で優勝候補を倒し準決勝まで行きました。この経験から、努力すれば巨象を倒せるという自信を得ることができました。


宗次徳二

うちでは、時間のかかるカツカレーを注文した方がイライラしているようなそぶりをしたら、その方に代わって、従業員が厨房に、「カウンターの方のカツカレーはまだですか?」と聞くようにしています。そうすれば、待っている方は、「ああ、自分のことを忘れていないんだな」と思えます。


石上芳男

売上げからコストを差し引いた者が利益。つまり、コストを知らないと利益が把握できません。サラリーマン個人でも、コスト意識を持つことが重要。


小山勝弘(経営者)

親もいとこも漁師で船の仕事を幼いころから見聞きして育った。漁船員は組織の一員であり、時化(しけ)の時1人でも自分の役割を果たさないと船は沈んでしまう。生と死、組織観、人生観のはしりを幼い時に感じていて、それが自分の価値観、判断軸のベースを作ってきた。


藤田伝三郎

実行できない事は、決して口にしてはならない。


坪田信貴

家族の究極は相互扶助だと思います。1300組以上を見てきて、互いを認め合って優しくする関係性が一番だとわかりました。子供が進学し、就職しても、親子関係はずっと続いていきます。目先の大学入試で性急に成果を求めるのは大きな間違いでしょう。


清宮克幸

自らの強みを見極め、スタイルを持つこと。個々の能力に応じてオリジナルの戦い方を発見すること。そのスタイルをベースに、常に新しい刺激を与え続け、バージョンアップすること。ラグビーに限らず、どんな組織でも通用するセオリーではないだろうか。


鳥飼玖美子

アポロ11号の月面着陸で同時通訳をした時にはまだ大学4年生でしたし、かなり緊張しましたね。数ヶ月前から勉強を重ね、月に存在しているかもしれない岩石の種類は暗記していたけど、いざ本番の中継で聞こえてきた音のまま「玄武岩がありました」と訳したら、地球物理学の専門家が「ええ、玄武岩ですか!玄武岩がねえ……」と非常に興奮しました。うわ、誤訳だったらどうしようと気が気ではありませんでした。結果的には合っていたのでよかったのですが、翌朝の新聞がとても怖かったです。


松岡正剛

編集とは雑誌や書籍やテレビなどで使われる言葉ですが、本来はもっと広いものを含みます。一見関係のない事柄に、新たな関係性の軸を見つけ、交換し、結びつける。このようにして「編集」の中から新しい発想や斬新なアイデアは生まれる。そのスタートは既存のパターンに縛られないこと。


臼井由妃

自分は聞き役に回ることで、相手を会話の主役にしてあげる。これが特効薬です。やっぱり誰でも、自分の話をするのは気持ちがいいものですからね。コツは相手の名前を頻繁に会話に入れることです。すると、自然と相手主導の話題になりますよ。