名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

井出進一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井出進一のプロフィール

井出進一、いで・しんいち。日本の税理士。「井出進一税理士事務所」代表。中学卒業後、海上自衛隊員、バンド活動などを経て税理士に転身。

井出進一の名言 一覧

ビジネスセミナーのテープを聞きながら走っていると、時間対効果も高まるので、忙しい現役のビジネスマンにもお勧めです。


優秀な経営者は「体力がないといい仕事ができない」と知っているので、現役時代から自分の健康に投資するつもりでスポーツを続けています。また、彼らは「継続は力なり」ということについても、ビジネスを通して痛感しているので、運動することが生活の一部になるようタイムマネジメントしています。「忙しいから」ということを理由にサボらないよう、無理にでも時間を捻出するのです。たとえそれがスポーツでも、何かを継続することで「続ける力」を養うトレーニングになっているのではないでしょうか。


「常識を疑い、王道を尊重する」。これが「金持ちじいさん」のすべての行動を表しています。私が見てきた顧客は、世間の大きな流れや流行については「本当にそうなのか」と自分の納得がいくまで調べますが、長い時間をかけて形成されてきた「王道」は大切にします。つまり、抜け道や一発逆転を狙わずに基本をきわめ、地道な努力をするのです。


「金持ちじいさん」は、現役引退後の人生設計も資産形成も、時間を味方につけて手に入れてきた人ばかりです。


井出進一の経歴・略歴

井出進一、いで・しんいち。日本の税理士。「井出進一税理士事務所」代表。中学卒業後、海上自衛隊員、バンド活動などを経て税理士に転身。

他の記事も読んでみる

金森政雄

粘って粘り抜く。そうすればいつかは曙光が見えてくるものと私は確信しています。


三木雄信

計画が予定通り進まないことも多いはずです。その場合には改めて計画を見直してもいいのです。ただし、見直しにあたっては、計画をできる限りブレイクダウン(細分化)し、目標達成に向けた具体的な方策を明確にすることが大切です。


鈴木大拙

日本を世界のうちの1つのもの、としなければいかん。今、日本が、日本がと、やたらに言うようだが、日本というものは世界あっての日本で、日本は世界につつまれておるが、日本もまた世界をつつんでおるということ、これは、スペースや量の考えからは出てこない。そのように考えるためには1つの飛躍が必要とされる。その飛躍が大事なのだ。


アルバート・アインシュタイン

大切なのは疑問を持ち続けること。


平尾喜昭

起業して第一線で働けば、大きな喜びを感じることができる。それを経験しないのはもったいない。


小路明善

「スーパードライ」という幹があって、派生問品はその枝葉です。枝葉に日が当たってたくさん光合成をすれば、そのぶん幹が太くなる。しっかりした幹があれば、また新しい枝葉を伸ばすことができるのです。


御手洗冨士夫

経営者は長期計画に基づいて一貫して投資をすべきです。(任期が短く経営者が)くるくる代わるということは一貫という意味からすると、あまり合理的ではない。次の経営者は、何十年も一緒にいるから自然に分かる。必ず出てくるものです。


井上達彦

良い模倣をする上では、何の目的で、どこの、誰の、何を、いつ、どのように模倣するかという「5W1H」が問われます。「人のふり見て我がふり直せ」というように反面教師から学ぶ姿勢も大事です。


三谷宏治

仕事の面白さを感じるからこそ、学び、働き、定着します。楽しさこそが仕事や行動の根源だから。私も、子育てや企業戦略を通じて人材育成に携わっていますが、この点を強く意識しています。人材が定着しないと嘆く前に、まずは自らの教え方・人材育成法を見直しませんか。


齋藤孝(教育学者)

笑顔というのも、限られた時間で人間関係をつくるのに、たいへん有効な武器となります。といっても、最初から最後までずっと笑顔をつくっていればいいというわけではありません。相手の話を聞きながら、「ここはおもしろい」「共感できる」と感じたとき、自然と笑顔がこぼれる。それも、いつも同じではなく、さざ波のような微笑から大笑いまで、笑顔のパターンがいくつもあるというのが理想だといえます。なぜなら、笑顔というのは、たしかに私はあなたの話を興味を持って聞いていますという、一番はっきりしたメッセージになりうるからです。


西口尚宏

イノベーションの種を見つけてくるのは社員です。経営者の役割はイノベーションの種を見つけて実現しやすい環境を整えること。ソニーでは社内から広くアイデアを募って新しいビジネスモデルの構築を支援する組織を立ち上げ、一部では製品化を実現しています。平井一夫社長は現場の社員がイノベーションの種となる機会を発見して事業化することが大切なことだと認識しているのです。


池田育嗣

当社にとって製造技術の刷新は重要なミッションのひとつです。