名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井内卓嗣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井内卓嗣のプロフィール

井内卓嗣、いうち・たくじ。日本の経営者。「アズワン」社長。関西大学商学部卒業後、日鐵商事(のちの日鉄住金物産)を経てアズワンに入社。国際部長、商品購買部長、商品本部長、専務取締役などを経て社長に就任。

井内卓嗣の名言 一覧

品揃えとクイックデリバリーで同業他社を圧倒し、トップシェアを誇っています。日々の消耗品の取扱いが多いことから景気変動に大きく左右されず、継続的・安定的な収益が期待できるのが強み。


井内卓嗣の経歴・略歴

井内卓嗣、いうち・たくじ。日本の経営者。「アズワン」社長。関西大学商学部卒業後、日鐵商事(のちの日鉄住金物産)を経てアズワンに入社。国際部長、商品購買部長、商品本部長、専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

仲暁子

本からインプットしたことや、読んで考えたことなどはエバーノートにメモし、いつでも引き出せるようにしています。こうして書き留めた読書メモが特に役立つのは、本の内容を思い出そうとしたとき。一般に大人になってからの記憶の衰えは激しいといいますが、私、身も本を読んだ後、1年もすると細かい内容をすっかり忘れてしまうことがしばしばあります。その時にこのメモが本当に重宝します。


柳井正

本気で仕事に取り組めば、分からないことや課題が見えるはずです。課題さえ分かれば、そのほとんどは解決できるものですから、人は何倍でも成長できる。まずは課題意識を持つことです。


白潟敏朗

叱ると怒るは違います。感情的になって怒鳴れば、部下は悲観的や反抗的になってしまいます。


石川康晴

いまの新入社員は最初の5年は、伴走しないと倒れてしまう。新入社員が社会にジョインするまで、5年かかる時代ということです。そうして大切に育てると、5~6年後に突然大化けするんです。受け身だった社員が、新規事業のアイデアを出し、その事業のプロジェクトの中心メンバーになっていく。おっとりした若手が変身するのを何回も目にしました。それならば、猛烈文化を叩き込もうとするより、ゆっくり育てて後伸びしてもらった方がはるかにいいですよね。


池森賢二

お客様の「不」の解決策を見出してあげれば、ビジネスになり得る。ファンケルの場合、うちの家内がアレルギーで化粧品が使えなかった。そうでなければ、無添加化粧品は始めていませんでした。私が口内炎になったとき、ある人にロイヤルゼリーを勧められ、治ったはいいけど、なぜ米国に比べ日本はこんなにべらぼうに値段が高いのかと疑問を持ったことが健康食品に進出し、価格破壊を起こすきっかけでした。


沢渡あまね

メンバーが独自のやり方で仕事を進める傾向にある会社は、人によって仕事のスピードが違ったり、目標達成までの時間が読めなかったりと、数々のムダが生じます。さらに各々が感覚的に仕事を進めているため期限を守れなかったり、突然のトラブルによって大混乱が起こる危険もあります。対策は「業務プロセス」を整えて共有すること。業務ごとに、最短距離でゴールに到達するためのプロセスを設定し、それをメンバーに伝えて統一を図るのです。こうすることでムダな作業が減るのはもちろん、メンバー間の比較が可能となり、仕事の遅い人が何に時間を取られているかが見えてきます。


齋藤孝(教育学者)

やってきたチャンスを逃さないためには、前倒しで作業を進めることも重要です。たとえば「半年から1年先に出版しましょう」という話がきたら、できるだけ半年後を目指して作業をするのです。そうすれば、次のチャンスボールがやってきたときに、すかさず打ち返すことができます。


飯島彰己

人への投資は事業への投資以上に力を入れてい<。人さえ鍛えておけば、大きな変化があっても持続的な成長を続けていけるからだ。


関家憲一

次世代の幹部から「いまは時代が変わったのではないか」などと言われ、議論がかみ合わない。これではいけない、企業ビジョンを作ろうと思い、企業のあるべき姿をメモにして役員会に出してみたところ、極めて反応が悪い。そこで経営トップと若手幹部が一緒になって10人程度のチームを作り、企業のあらゆる価値観について原点に立ち返って議論を始めました。その結果を「ディスコ・バリューズ」という企業としての行動規範にまとめ上げました。


永守重信

大事なのは、社内の人材が私の考え方を理解しているか、理解できる素地があるかどうかを把握すること。


金子勝(経済学者)

周囲の目を気にせず、自分の中の蓄積で勝負するしかない。


孫正義

私の場合、4年に一度くらい困難な事態にぶちあたり、そうするとメディアからボコボコに叩かれる。最近は、民主主義社会にはメディアという社会的システムがあるのだと納得することにしたんです。メディアが間違いを犯そうとする個人や会社に対して警鐘を鳴らすのは社会的システムなんです。自分が叩かれるのはつらいけれど、もし、そうしたシステムがないと社会が大きな危機を迎えてしまう。非難に対しては自分自身が強くなっていくしかない。