名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井内卓嗣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井内卓嗣のプロフィール

井内卓嗣、いうち・たくじ。日本の経営者。「アズワン」社長。関西大学商学部卒業後、日鐵商事(のちの日鉄住金物産)を経てアズワンに入社。国際部長、商品購買部長、商品本部長、専務取締役などを経て社長に就任。

井内卓嗣の名言 一覧

品揃えとクイックデリバリーで同業他社を圧倒し、トップシェアを誇っています。日々の消耗品の取扱いが多いことから景気変動に大きく左右されず、継続的・安定的な収益が期待できるのが強み。


井内卓嗣の経歴・略歴

井内卓嗣、いうち・たくじ。日本の経営者。「アズワン」社長。関西大学商学部卒業後、日鐵商事(のちの日鉄住金物産)を経てアズワンに入社。国際部長、商品購買部長、商品本部長、専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

吉田忠裕

日本のような気候の中では、暖冷房を使わずに窓を開けておいた方がいいという場合もあります。トータルのエネルギーの使い方という意味では、閉鎖性のみを追求し、1年中閉鎖した空間を作って熱のコントロールをすることだけが果たして良いのかどうか分からない。もちろん、こういった設備があった方がいいはずです。ただし、それさえも使わないようにすることも大事ではないかと。そこに気付いて欲しいと思いますね。そうすれば、電気その他のエネルギーソースを使わないで済むわけですからね。私たちはそういう発想で「窓」というものを考えています。


アユカワタカヲ

自分の経験を振り返ると、成功の要因は「やらないことを決めた」ことだったと思います。不動産投資はこだわろうと思えばいくらでもこだわれる。でも、仕事をしながらだと、どうしても時間が限られる。そこで私は、「いい管理会社を見つけたら、あとは何もしない」と決めた。だからこそ仕事と無理なく両立できたのです。


前川孝雄

忙しさや部下へ働きかけることへの抵抗から、感謝の気持ちがあっても言葉にしない人が多いのですが、言葉で伝えることが大事です。慣れないうちは恥ずかしいかもしれませんが、感謝の意を伝えると、相手もこちらに好意的になってきます。


高橋克徳

「よい会議」にはいくつかの条件があります。まず目的が明確であること。意思決定のため、議論のため、情報共有のため、などなど。また、「ブレインストーミングの際はどんな意見も否定しない」などマナーの共有も不可欠です。


中田卓也

立ち止まってはいられない。変わり続けなければ、失速する。


伊藤直彦

偉人は大抵貧しい中で育ち、人一倍の努力をする。


似鳥昭雄

当社では社員が考えたり、行動したりする時、判断の基準はすべてビジョンからの逆算で動くんです。30年単位で計画をつくり、さらに細分化して綿密な計画をつくる。それを毎週、毎週、観察と分析をして判断し、問題点を見つけて、改善と改革案を出していく。これは当社の全社員が一人ひとりやっていくのです。


角田晃広

集中しているように見えて、気づくと自分だけの世界に入っちゃってたりすることがよくあるんだよね。集中して一つのことを考えているでしょ。だけど、気づくと、そこから離れて全然別のことを妄想してたりする。それが傍からは集中しているように見えるのかもしれない。


萩原吉太郎

由来、北炭は組合に甘いといわれてきた。しかしできるだけのことをして組合員の安定を願い、かわりに組合は会社を盛り立て、会社に協力しようという機運をつくるのが私の方針である。力と力の闘争の愚かさは、過去10年の歴史がこれを証明している。世間から北炭は腰が弱いと非難された。しかし、どんなに非難され誹謗されても、私は自分の理想によって貫いてきたつもりでいる。


鈴木喬(経営者)

ガバナンスの仕組みが、ファミリーの暴走も食い止めてくれるのではと期待しています。私という重しがなくなったら創業家内でゲリラ戦が起きて、ファンドなどに付け入る隙を与えてしまうかもしれない。そうならないよう、社外取締役に監視してもらいたいのです。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

人間は古代人によって小宇宙と呼ばれた。この言葉は実に当を得ている。なぜなら、人間には肉を支える枠組みとしての骨があり、地球には土を支える岩がある。人間は血液という湖を持ち、そこでは肺が膨らんだり、しぼんだりして呼吸作用をしているように、地球には海があり、四六時中潮の満ち引きが宇宙の呼吸作用を繰り返す。血液の湖からは静脈が出ており、体中に枝分かれしていくように、海は地球に無限の水脈を広げている。


山崎元

新しい分野のことを調べるときは、大学の学部または大学院しベルの教科書やテキストも購入し、まず、参照文献を見ます。参照文献に何度も名前が出てくるような人はその分野のキーパーソンであることがわかりますし、次にあたるべき論文も見つかるからです。