井内卓嗣の名言

井内卓嗣のプロフィール

井内卓嗣、いうち・たくじ。日本の経営者。「アズワン」社長。関西大学商学部卒業後、日鐵商事(のちの日鉄住金物産)を経てアズワンに入社。国際部長、商品購買部長、商品本部長、専務取締役などを経て社長に就任。

井内卓嗣の名言 一覧

品揃えとクイックデリバリーで同業他社を圧倒し、トップシェアを誇っています。日々の消耗品の取扱いが多いことから景気変動に大きく左右されず、継続的・安定的な収益が期待できるのが強み。


井内卓嗣の経歴・略歴

井内卓嗣、いうち・たくじ。日本の経営者。「アズワン」社長。関西大学商学部卒業後、日鐵商事(のちの日鉄住金物産)を経てアズワンに入社。国際部長、商品購買部長、商品本部長、専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

榊原英資

ある企業が発表した決算報告を記者会見で発表するとしましょう。大手企業の決算については、アナリストが事前に経済紙などに業績予測を発表するのが普通ですから、参加者たちも「おそらく業績はこのレベルだろう」と一定の予断を持って挑みます。そのとき、その企業が発表した決算報告がアナリストや記者たちの予測の範囲内であったときは、いくら良い業績であってもすでに織り込み済みの情報として受け止められ、株価が上がるようなことはまずありません。


稲盛和夫

人生には、近道や魔法の絨毯は存在しない。自分の足で一歩ずつ歩いていかなければならない。その一歩一歩がいつか信じられない高みにまで、私たちを運んでくれる。これが、夢の実現に至る、唯一確実な方法なのだ。


おおたわ史絵

身体を動かさないことは、現代人に多い低体温症や冷え性の原因にもなっています。低体温症は、エネルギーを生み出す筋力が衰えるとなりやすく、また冷え性は、運動不足によって血液の循環が悪くなると生じやすくなります。つまり、体内で熱を生み出すのも、その熱を身体の隅々まで届けるのも、筋肉の働きによるものなのです。身体を動かすことは、身体機能を維持するためにも重要なことなのです。


猪瀬直樹

事態が刻々と変化する震災のような状況下では、あれこれ思い悩んでいる時間はありません。ときには、すべての情報が集まるのを待たずに動き出し、その都度軌道修正していくことも必要です。


徳力基彦

パソコンからネットを始めた人は、ネットは「検索」のできるオープンな空間だと理解している人が多いでしょう。一方、スマートフォンからネットを始めた人は、ツイッターやLINEなどからネット活用を始めた人が多く、ネットとは友人とつながる。プライベートな空間だと誤解しがちです。ある経営者は、従業員の前で、ツイッターの過去の書き込みがすべて検索できることを実演してみせて、はじめて軽率な書き込みの怖さをわかってもらえた、と話していました。


養老孟司

女房に最初やられたとき、こういうプリンシプルで一生やられたらかなわないなと思った。それで妻を変えようとするじゃない。そうすると、ものすごい反応があって、晩飯が食えなかったり、茶碗が割れたりした。だから反省したわけです。これは割にあわないと。コスト計算すると、僕の考えを変えたほうが安くつく。だから今は、何ごとも「奥様のおっしゃる通りでございます」。


香山リカ(精神科医)

テンションの高い状態は長く続かず、いつか燃え尽き状態になったり、突然起き上がれなくなってうつになることもあります。落ち込みたいときには素直に落ち込めばいい。周りがテンションをあげているからといって、それに合わせる必要はないのです。


荒井正昭

私は、学生には「うちの会社は厳しい。けれども、給料も高い」と正直に話します。どうしても企業のほうが学生よりも強い立場にあるわけですから、学生に対して正直に何でも開示しなくてはフェアではない。


田原総一朗

みなさんが政治ニュースに接する際に、ぜひ心がけていただきたいのは、「なぜこうなったのか?」という視点で見ることです。解説なきメディアのニュースに触れて、知識としてニュースを知っても、生きた知識にはなりません。「なぜこうなったのか?」と素直に考えながらニュースを見ると、ニュースが報道しない疑問点が見つかります。


柴田励司

「自分は仕事力も人間力もまだまだ磨かれていない」と不安に駆られる人もいるかもしれません。そういう人にまず勧めたいのは、思い切ってロングバケーションを取ることです。「バケーション」とはラテン語の「vacate(空にする)」という言葉からきています。空っぽにして自分を解放してみると、逆にいろいろなものが入ってくる余地が生まれてくるものです。


有本隆浩

人材紹介業の認可を取得できた理由は、情熱としか言えないですね。まだ設立間もない会社でしたし、職安に通い詰めて、事業への思いをひたすら伝えました。当時は、人材紹介業がまだ産業として成り立っていない時期で、通訳や翻訳など、紹介できる人材も限定されていました。事業として展開していたのも、大手数社ぐらいしかいない時代でしたね。


出口治明

3年後や5年後にはあまり興味がありません。私が考えているのは、100年後の世界一だけです。


村尾和俊

書類ケースの中にある書類も四半期に1回は整理して捨てます。捨てないとどんどん陳腐化していき、引き出しの開け閉めがスムーズでなくなります。引き出しをすっきりさせておくと頭の中もクリアになるから不思議ですね。


松田恒次

優れた技術はどしどし導入している。社内にあっても、研究や研究のための施設には惜しみなく資金をかけている。無駄を省いてこそできる贅沢なのである。


塚越友子(水希)

女性はプロセスや理由を大切にしますから、「こういう経緯で、この仕事が必要だ」という説明も必要。


ページの先頭へ