名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井元憲生の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井元憲生のプロフィール

井元憲生、いもと・のりお。日本の経営者。女性用ストレッチパンツ専門店ビースリーなどで知られるアパレルメーカー「バリュープランニング」社長。大学卒業後、アパレル会社勤務を経てバリュープランニングを設立。著書に『バリュープランニングウェイ バリュープランニングの原点と進むべき道』。

井元憲生の名言 一覧

まだまだ「パンツ道」を極めたとは言えません。しかし、とにかく良いパンツをつくり世界に誇れるストレッチパンツのリーディングカンパニーを目指しています。


これまでのアパレル業界は「デザインを売る」ことに主眼を置いていました。しかし、それでは流行が終わるともうその商品に価値がなくなってしまいます。当社はその逆で、本当に良い物を長く愛用してほしかったのです。そこで優れた素材を研究・開発し、「機能を売る」という新しい価値づくりに全力を注いできました。


井元憲生の経歴・略歴

井元憲生、いもと・のりお。日本の経営者。女性用ストレッチパンツ専門店ビースリーなどで知られるアパレルメーカー「バリュープランニング」社長。大学卒業後、アパレル会社勤務を経てバリュープランニングを設立。著書に『バリュープランニングウェイ バリュープランニングの原点と進むべき道』。

他の記事も読んでみる

鈴木秀則

一見関係ないと思われることでもあらゆる事象は有機的に繋がっていて、ほんの些細な心掛けの積み重ねが良い方向に繋がっていきます。ですからお客様へのご返信の電話一本を一秒でも速く返せるように、また紙一枚でも気持ちが伝わるようにと、どんな小さなことでも意識を持って行動するようにしています。


伊與田覺

道徳の「道」とはルールのこと。私たちが人として生きるには、まずルールを知らなくてはなりません。しかし、知るだけでは何の役にも立たない。それが徳にならなければいけません。では徳とは何か。素直な心を持って「人の道」を実践すること。それができたとき、「道徳」になるのです。


渡邉幸義

会社を経営して思うのは、一人の力はわずかでも、組織の総和となると、とてつもなく力強くなるということです。だからこそ、トップはみずから襟を正し、常に正しい道を歩んでいるか自問しなければなりません。


嶺脇育夫

「音楽が好き」ではダメ。もっともっと好きにならなければいけないし、仮に嫌いなジャンルがあっても、好きになる努力を続けることが求められる。個人的な「好き」と、仕事の成果につなげられる「好き」は全然違うんです。


山口謠司

語彙力を高めるために日本語字幕がついた海外映画やドラマを視聴しながら、気になる言葉をメモするのもおすすめ。目で観て、耳で聴いて、台詞を手で書くことで頭に入りやすい。限られた文字数に収める字幕は、翻訳者が数多くの日本語から選んだ選りすぐりの言葉ですから。


平井伯昌

100%の力を発揮して勝つなどとは考えていません。何が起こるか分からない大舞台で、緊張せずに普段通りの実力を発揮するのは相当に難しい。80%の力で勝てる実力を、普段の練習で身につけさせる準備に注力しているからこそ、不測の事態が起こっても、手が打ちやすいのです。


裙本理人

保険適用になれば確かに患者さんの負担は減るが、医療費を国に肩代わりさせていることには変わらない。大局的な視点に立って社会貢献性を考えれば、保険に頼らずとも低コストで受けられる治療を実現できるよう、各企業は努力すべき。


大谷義武

会社は社員を含めた各社関係者のものだと思っている。社員が幸せになるにはまず給料が必要なので、そこを最大化していきたい。


クリス・ベンハム

BI(ビジネスインテリジェンス)を手掛けている会社は世界中にありますが、その中で当社の提供している仕組みは、分析したデータに「何が起きたか」だけでなく、それが「なぜ起きたのか」という原因までわかりやすいビジュアルと説明で提示します。これにより、自ら原因を分析する必要がなく、より早く、確実な意思決定を可能にし、ビジネスを後押しします。


冨山和彦

日本の会社では、村の空気を読んで無茶なことをしない人のほうが据わりはいい。ヘタにトップダウンでやろうとすると、下克上で首を取られます。一時期、いくつかの日本の電機メーカーがトップ人事でゴタゴタしていたことがありましたよね。あれは、織田信長のような手法への抵抗です。現代における「本能寺の変」でした。


曽野綾子

老年にとって、孤独とのつき合いが、一番勇気のいる仕事だと思います。今は家族といても、いつ一人暮らしになるかわからない。そういうこともあり得るのだと覚悟して、前もって備えなくてはなりません。


永守重信

大事なのは社員の意識だ。社員が「会社をもっと強くしよう」「もっと大きくしよう」と自ら意識を持つようになって初めて企業は強くなる。