井元憲生の名言

井元憲生のプロフィール

井元憲生、いもと・のりお。日本の経営者。女性用ストレッチパンツ専門店ビースリーなどで知られるアパレルメーカー「バリュープランニング」社長。大学卒業後、アパレル会社勤務を経てバリュープランニングを設立。著書に『バリュープランニングウェイ バリュープランニングの原点と進むべき道』。

井元憲生の名言 一覧

まだまだ「パンツ道」を極めたとは言えません。しかし、とにかく良いパンツをつくり世界に誇れるストレッチパンツのリーディングカンパニーを目指しています。


これまでのアパレル業界は「デザインを売る」ことに主眼を置いていました。しかし、それでは流行が終わるともうその商品に価値がなくなってしまいます。当社はその逆で、本当に良い物を長く愛用してほしかったのです。そこで優れた素材を研究・開発し、「機能を売る」という新しい価値づくりに全力を注いできました。


井元憲生の経歴・略歴

井元憲生、いもと・のりお。日本の経営者。女性用ストレッチパンツ専門店ビースリーなどで知られるアパレルメーカー「バリュープランニング」社長。大学卒業後、アパレル会社勤務を経てバリュープランニングを設立。著書に『バリュープランニングウェイ バリュープランニングの原点と進むべき道』。

他の記事も読んでみる

小林喜光

リーダーになるためには、若い頃から裸で地球を歩いた方がいいでしょう。海外に出ていって、様々な分野において素の個人の力で戦う覚悟がないと。遠くから日本を見る視点を身に付けることも不可欠。


永守重信

失敗も大変貴重な経験。私もたくさんの失敗してきています。会社が潰れるほどではなかったですが、それに近い経験はしています。そういう経験者が次にやるから強い会社ができるわけであって、失敗した人を干して終わりみたいな社会は良くない。


鈴木幸一(経営者)

「○○さんを紹介してください」と頼まれた場合、「仲介はしますが、結果は知りませんよ」と正直に言います。○○さん側には「気にしないで、会うだけ会って」と伝えておきます。救いは、「会ったけど、駄目だったと言っといて」とハッキリ言う人が最近増えたことです。取引先の中には「他社より20%高い」と具体的に数値を入れたりメールを送ってくるところもあります。


田辺円

これからの10年は、過去89年やってきたやり方を変えないと乗り切れないことは明白。それを具現化したのが長期ビジョン。10年後の会社の景色は、今とは大きく変わっていると思います。
【覚え書き|創業百周年に向けてのコメント】


佐々淳行

何人かは、わかってくれていました。いつかはみんなにも絶対わかってもらえるという自負があったからやってこれた。


兼子勲

5・6年前から、あえて不具合をホームページに出しています。とくに技術部門の人というのは、トラブルがあると自分で何とか解決策を見出したいと思って閉じこもることがあるんです。だからそうじゃないと。悪いことをみんなで共有しよう、外に開示しようということをやってきたわけです。


松﨑正年(松崎正年)

これまでも、社内外で、収益規模の拡大がなければリスクを取ることができなくなると言ってきた。


サム・ウォルトン

どこにでもいる普通の人々に、機会と激励を与え、やる気をひき起こすことができれば、可能なことに限界はない。これは、経営と仕事において、絶対的なことだ。


増子直純

自分から心を開かないと、絶対向こうの人なんか心を開きっこない。自分が心を開けば心を開いてくれる。


小笹芳央

目に映る現象だけがすべてなのか。他に要因はないのか。原因と結果を取り違えていないか。「たまたま」の現象に引きずられていないか。因果関係を整理する時は、これらを必ず疑ってください。


小林喜光

ますます個人主義が強くなっていくでしょう。情報を統制して、自らを権威づけるリーダーの時代は終わります。今後は全ての人があらゆる情報にアクセスでき、情報が権力の源泉にはならないからです。


加賀見俊夫

できるだけ若い人にやらせてみて、その結果、彼らがどう判断をするかが大事だと思うのです。私が若い人たちに求めたいのは、上司から言われた仕事の中で判断を必要とする業務があった場合、「どうしますか?」ではなく、「私はこうしたいと思うのですが、これでよいですね」という意見なのです。


酒井邦嘉

外国語は長文や会話の中で、その状況を含めて丸ごと覚えるといいでしょう。昔からよく言われることですが、「習うより慣れろ」が一番です。


大島征夫

プレゼンでは小手先のテクニックを離れ、心からの誠意を伝えることも大事です。準備のための数か月は、その誠意を醸成するまでの期間だということもできるでしょう。私の場合は、まず依頼主である企業や商品をとことん好きになるところから始めます。「好きになる」ことで、その会社が発信すべきポイントや、解決すべき課題は何なのかが見えてきます。そのうえで宣伝の具体論を導き出していくのです。


藤井孝一

自分の仕事のことだけより、チーム全体の効率や生産性を考えて行動する人の方が、結果的に大きな果実を手にしているということに他なりません。一人なら6時間の仕事しかできませんが、自分が6時間働くのと同じ成果をあげられる部下を10人育てれば60時間、さらにその部下がそれぞれ4人の部下を育成したら、240時間の仕事ができると考えればわかりやすいでしょう。


ページの先頭へ