井伊直政の名言

井伊直政のプロフィール

井伊直政、いい・なおまさ。安土桃山時代から江戸時代にかけての武将。上野国高崎藩、近江国佐和山藩(彦根藩)初代藩主。赤い甲冑を着用して活躍したため「井伊の赤鬼」と恐れられた。また、政治や外交にも秀で、徳川家康に重用された。徳川四天王・徳川十六神将・徳川三傑に数えられた。

井伊直政の名言 一覧

1 / 11

逃すべきでない敵と見たならば、敵がいると答えるよりも早く、相手に討ちかかるべき。

井伊直政の名言|逃すべきでない敵と見たならば、敵がいると答えるよりも早く、相手に討ちかかるべき


井伊直政の経歴・略歴

井伊直政、いい・なおまさ。安土桃山時代から江戸時代にかけての武将。上野国高崎藩、近江国佐和山藩(彦根藩)初代藩主。赤い甲冑を着用して活躍したため「井伊の赤鬼」と恐れられた。また、政治や外交にも秀で、徳川家康に重用された。徳川四天王・徳川十六神将・徳川三傑に数えられた。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ