名言DB

9413 人 / 110706 名言

井伊直孝の名言

twitter Facebook はてブ

井伊直孝のプロフィール

井伊直孝、いい・なおたか。江戸時代前期の大名。上野白井藩藩主を経て近江彦根藩藩主。大坂冬の陣では真田信繁(幸村)の挑発に引っかかり大損害を被ったものの、夏の陣では先鋒を務め、長宗我部盛親を打ち破る活躍をした。その勇猛果敢な活躍から井伊の赤牛と恐れられた。また、松平忠明とともに江戸幕府初の大老を務めた。

井伊直孝の名言 一覧

義に背けば勝っても勝ちではなく、義を貫けば負けても負けではない。


戦争はこちらが風邪をひいている時にもはじまる。これしきの寒さでくたばるような当主なら、もっと頑丈な者に当主をかわってもらったほうが徳川のためだ。
【覚書き:井伊直孝は平和な時代になっても有事への備えのため武具や馬などに金を使い、生活は質素にしていた。屋敷内は隙間風が入り、着物や寝具は粗末だった。医者が寒さ対策をしたほうがいいのではとアドバイスしたときの返答】


先駆けの心がけとは、槍なくば刀、刀なくば無刀無具足でも、とにかく誰よりも早く取りつこうとすることだ。


井伊直孝の経歴・略歴

井伊直孝、いい・なおたか。江戸時代前期の大名。上野白井藩藩主を経て近江彦根藩藩主。大坂冬の陣では真田信繁(幸村)の挑発に引っかかり大損害を被ったものの、夏の陣では先鋒を務め、長宗我部盛親を打ち破る活躍をした。その勇猛果敢な活躍から井伊の赤牛と恐れられた。また、松平忠明とともに江戸幕府初の大老を務めた。

他の記事も読んでみる

高橋がなり

佐川急便で働いていたときも辛かったよ。だけど体力だけが自慢の僕にとってはまだ楽だった。毎日毎日をサボらずにコツコツ働けば、残りの仕事は減っていく。それでも自分のテリトリーに荷物がドサッと来ると、今日こそは配達と集荷を全部終わらせられずに逃げ出すんじゃないかと思いながら、いつもよりガッツを入れてコツコツ働いているといつの間にか終わっていた。そんな毎日を過ごしながら一年も経つと、筋肉痛もなくなるし、3時間睡眠にも慣れてしまっていた。


小林道寛

リーマンショックを契機に、もう一段会社が強くなった。


松下幸之助

昔から十人十色といわれるように、人はそれぞれ、みんな違った持ち味、特質をもって生まれついています。性格にしても、素質や才能にしても、自分と同じという人は地球上に一人もいないのです。


齋藤孝(教育学者)

「あっ、この人、仕事を楽しんでいるな」というのは、とても重要なポイントだと思います。そういう人と一緒に仕事をすると、こっちまで楽しくなってきますから。だから後輩の指導にしても、ガミガミ言わずに、ただ「あの先輩、楽しそうに仕事をしているな」と思われるようになれば、後輩に慕われるし、付いてきてくれると思いますよ。


西澤敬二

会社のDNAと言える強みは、いまいる我々がつくりあげていくしかない。20年後、30年後、この会社の若い社員たちが誇りを持てるDNAを、一人一人が主役になって、つくりあげていこう。


井深大

中小企業の社長になったつもりで考えろ。
【覚え書き|部下に語った言葉】


田村耕太郎

体に気を使っている人とそうでない人では、人生に大きな差がつく。


大橋正教

いろいろ背負っているかもしれないけど、自分のために頑張れよ。
【覚書き|選手によく投げかける言葉】


長榮周作(長栄周作)

私は「怒ったり叱ったりせずに、相手の話をよく聞く」姿勢を貫いてきました。もしもリーダーが部下を叱り飛ばしたら、萎縮したり、あるいは反感を買ったりして、部下は意見を言えなくなってしまうでしょう。それでは正しい情報やよい知恵が集まりにくくなります。こちらの気持ちや意図がなかなか伝わらず、もどかしい思いをすることもありますが、それでも我慢し、怒らずにじっくりと話を聞くことが大事だろうと考えています。


マギー司郎

ステージでウケたか? ウケるわけないじゃないですか、だってお客さんはみんなストリップを見にきてるわけですから。「邪魔だ。早く引っ込め!」と無言の空気が漂う。だから「すいませんね」って謝ってからマジックをはじめるわけです。で、10年近く経ってからですかね? その日は、あまりにもお客さんの反応が鈍くて、思わず「ごめんね、じつは僕、手品、下手なのよ」って言ったら、クスッと許してくれるような笑い声が聞こえてきてさ。「あれ?」って思ったの。そこからです。自分のダメなところを茨城弁で正直にしゃべりながら手品をするという「おしゃべりマジック」がはじまっていったのは。


鍵山秀三郎

私は、みずからの才能がなかなか発揮できないことを、環境のせいにしたり時代のせいにしたりしている限り、その人は絶対に日の目を見ないのではないかと思います。まずは自分を取り巻いている条件をすべて受け入れる。そしてその中で自分は何ができるかを焦らずに考えることが必要です。


ポール・シーリィ

仕事の渋滞は、人から人へのコミュニケーションの際に発生していると思います。たとえば、ほんの数行で十分なのに、相手は数十ページにわたるレポートが必要だと思い込み、情報がなかなか上がってこない。そうした小さな齟齬が積み重なり、やがて大きなタイムロスにつながるのです。


赤川次郎

ミステリー小説を書き始め、気がついたら作家生活も40年。人間、好きなことをしているのがやっぱりいい。来年で70歳になりますが、今でも書くのが楽しい。


澤口俊之

「コミュニケーション能力を上げたい」「うまく人間関係を築けるようになりたい」という人は、メタ認知をもっと働かせるように努力してください。メタ認知とは、「自分の言動が他人にどう見られているかについての意識や視点」です。したがって、自分自身を客観視することを習慣づけてください。具体的にいうと、日記を書くことが効きます。ツイッターやフェイスブックなどのSNSで意見を発信するのもいいでしょう。「読んだ人はどう思うだろうか?」という意識が生まれ、メタ認知を向上させる訓練になります。ただし、習慣化することが重要です。癖にしないとなかなか変わりません。


山本忠人

統轄会社を設立した狙いは、リソースを最適に再配分しながら、地域全体で勝つための戦略を構築していくことでした。例えば九州を見ると福岡、長崎、熊本、鹿児島にある各販売会社が行っていた戦略立案を、全体最適の視点で統轄会社が九州地域全体の戦略を策定し展開します。それぞれの販売会社は、その戦略をもとに、より地域に密着し、ワンストップで経営課題解決のためのソリューションを提供することにシフトしていくといった具合です。