名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

井伊直孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井伊直孝のプロフィール

井伊直孝、いい・なおたか。江戸時代前期の大名。上野白井藩藩主を経て近江彦根藩藩主。大坂冬の陣では真田信繁(幸村)の挑発に引っかかり大損害を被ったものの、夏の陣では先鋒を務め、長宗我部盛親を打ち破る活躍をした。その勇猛果敢な活躍から井伊の赤牛と恐れられた。また、松平忠明とともに江戸幕府初の大老を務めた。

井伊直孝の名言 一覧

義に背けば勝っても勝ちではなく、義を貫けば負けても負けではない。


戦争はこちらが風邪をひいている時にもはじまる。これしきの寒さでくたばるような当主なら、もっと頑丈な者に当主をかわってもらったほうが徳川のためだ。
【覚書き:井伊直孝は平和な時代になっても有事への備えのため武具や馬などに金を使い、生活は質素にしていた。屋敷内は隙間風が入り、着物や寝具は粗末だった。医者が寒さ対策をしたほうがいいのではとアドバイスしたときの返答】


先駆けの心がけとは、槍なくば刀、刀なくば無刀無具足でも、とにかく誰よりも早く取りつこうとすることだ。


井伊直孝の経歴・略歴

井伊直孝、いい・なおたか。江戸時代前期の大名。上野白井藩藩主を経て近江彦根藩藩主。大坂冬の陣では真田信繁(幸村)の挑発に引っかかり大損害を被ったものの、夏の陣では先鋒を務め、長宗我部盛親を打ち破る活躍をした。その勇猛果敢な活躍から井伊の赤牛と恐れられた。また、松平忠明とともに江戸幕府初の大老を務めた。

他の記事も読んでみる

中神康議

コーポレートガバナンスが良くできているからといって、その会社に投資するわけではない。ガバナンスが良くても、それですぐに競争上、優位に立てるわけではないからだ。それでも、経営の隅々まで配慮した経営をしているかどうかを測る、一つの重要なシグナルである。


中條武志

新興国のメーカーは品質を「クオリティー」と理解して、モノに限らない幅広い概念として捉えています日本人は何となく品質を、モノの質として狭く捉えがちです。しかし、モノの質だけで、ものごとがうまくいくわけではない。モノとサービスを一体にして顧客に提供することで初めてビジネスになるはずです。


西山昭彦

いまの株価が落ちていたら、どんなに過去がよくても意味がない。「昔は高かったのに……」としがみついているから、損切りできない。


山本真司

自分を差別化する分野を選ぶポイントは、「人気がないが将来性はある分野+好きな分野」を選ぶことです。「いますでに人気のある分野=競合がたくさんいる分野」を選ぶと、差別化は相当難しくなります。だから狙うべきは「人気がない分野=競合がなく、自分が第一人者になれるような分野」なのです。


茂木健一郎

現代人は、メールやSNSなどの情報に翻弄され、時間がどうしても細切れになりがちである。そんな中で、まとまった活動の予定を立てることには、いろいろと困難があるだろう。しかし、細切れの時間は、しょせん細切れの結果しかもたらさない。時には思い切って活動時間という「予算」を確保することが、学びの深掘り、出合いの充実につながる。


吉山勇樹

よく「仕事の優先順位は緊急度と重要度で決めよ」といいます。緊急度については、締め切りや納期という客観的な基準があるので、上司と部下で共有しやすい。しかし、重要度には個人の主観が入りやすいので、優先順位にギャップが生じてしまうのです。上司が何を大事に思っているかを事前に把握してから、仕事の段取りを組む必要があります。


山木一彦

会議でも難しいことを難しく言う人がいますが、言っている本人がわからなくなっては本末転倒。


コロッケ(ものまね芸人)

僕を含め、多くのものまね芸人はショーパブやスナック育ち。どれだけテレビに出ても、原点はそこにあります。ただ、夜の世界にどっぷり浸かってしまうと、芸が雑になります。というのも、飲んでいる席でのものまねの評価は、芸人の自己満足になりやすい。そこでウケている芸が、シラフのお客さんが集まる舞台やテレビで同じように評価されるかというと、ウケません。この線引きがわからず、勘違いで満足してしまう芸人もいます。しかし、その瞬間、ネタは下降し始める。


清水信次

人間だって動物だからね、自然に生きることは大事だと思う。神経を研ぎ澄まして、自分で危険を察知して、エサやねぐらを探して、周囲のちょっとしたことに即座に対応する。そういうふうに生きていれば運も開けてくるよ。


井上直也(経営者)

マガシークのサイトリニューアルをした理由は市場の変化に対応し、新たな顧客を取り込むためです。2000年に、女性ファッション誌に掲載されている商品がネットで購入できるECサイトとしてスタートしました。ところがこの10年でファッションは多様化し、雑誌の影響力も変化しました。いま、お客様が求めているのはどんなサイトなのか、その具体的なコンセプトづくりからはじめました。


岩瀬大輔

大企業やベテランを巻き込み若手のクリエイティビティを発揮する場を作ることが、これから日本で大きなベンチャーを育てる。


黒沢清

映画はなんといっても「直接描く」ことができるんですよね。いろいろと観客に想像してもらったうえでポンと直接描くと、「本当に起こったのか!」と思わせることができる。もちろん映画は本当ではないけれども、非常に現実に近い表現である分、その現場に立ち会ったような生々しさを与えることができるんです。それが映画の唯一の強みだと思っています。まあ、言うは易しで、現場はいろいろと大変なんですけどね(笑)。