井伊直孝の名言

井伊直孝のプロフィール

井伊直孝、いい・なおたか。江戸時代前期の大名。上野白井藩藩主を経て近江彦根藩藩主。大坂冬の陣では真田信繁(幸村)の挑発に引っかかり大損害を被ったものの、夏の陣では先鋒を務め、長宗我部盛親を打ち破る活躍をした。その勇猛果敢な活躍から井伊の赤牛と恐れられた。また、松平忠明とともに江戸幕府初の大老を務めた。

井伊直孝の名言 一覧

義に背けば勝っても勝ちではなく、義を貫けば負けても負けではない。


戦争はこちらが風邪をひいている時にもはじまる。これしきの寒さでくたばるような当主なら、もっと頑丈な者に当主をかわってもらったほうが徳川のためだ。
【覚書き:井伊直孝は平和な時代になっても有事への備えのため武具や馬などに金を使い、生活は質素にしていた。屋敷内は隙間風が入り、着物や寝具は粗末だった。医者が寒さ対策をしたほうがいいのではとアドバイスしたときの返答】


先駆けの心がけとは、槍なくば刀、刀なくば無刀無具足でも、とにかく誰よりも早く取りつこうとすることだ。


井伊直孝の経歴・略歴

井伊直孝、いい・なおたか。江戸時代前期の大名。上野白井藩藩主を経て近江彦根藩藩主。大坂冬の陣では真田信繁(幸村)の挑発に引っかかり大損害を被ったものの、夏の陣では先鋒を務め、長宗我部盛親を打ち破る活躍をした。その勇猛果敢な活躍から井伊の赤牛と恐れられた。また、松平忠明とともに江戸幕府初の大老を務めた。

他の記事も読んでみる

吉田穂波

情報収集をするとき、まずはインターネットで検索をする人が多いと思いますが、周囲に詳しい人がいれば、その人に聞くほうが早い。「迷惑がられるのではないか」とためらう人もいるでしょうが、「おかげ様で早い対応ができました。ありがとうございます」というように報告をしてお礼を言えば、お互いの信頼関係を作ることにつながります。


中嶌武夫

社員がきちんとあいさつができて礼儀正しくあらねばならないことは言うまでもありませんが、これは社員が家庭の中でもあいさつする習慣ができていないとなかなかむずかしい。夫婦や親子のあいだで「おはようございます」と毎朝言っていることが積み重なってようやく社風にも反映されるのです。


植西聰

会社などの組織で働く人は、どうしても組織の都合に振り回される。仕事の業績を他人と比べられたり、時には理不尽な要求をされることも。心が折れてしまいやすい状況が多い。折れない心をつくるには周囲の人にも自分にも、完璧を求めないことが大切。


猪瀬直樹

会社は、難しい仕事ほど優秀な人材の力を頼ります。ダメな社員は最初からアテにしません。だから、避けられないお鉢が回ってきたときは、ビジネスマンとしての真価が問われていると思ったほうがいい。


北島康介

僕は水泳が嫌になったことはありません。好きなことをやるからこそ、つらくても乗り越えられる。強い思いや情熱がありますから。


内藤忍

成功している人というのはチャンスに恵まれる流れができている。収入の2極化の前に、チャンスの2極化が進んでいる。チャンス自体は誰でも同じように転がっている。ただそれに意識を向けず通り過ぎたり、引き寄せようとしない。逆に気がつけばチャンスに強い体質になれる。


五百田達成

現実に人と接すると、ストレスが増えるのも確かです。苦手な人やウマの合わない人が相手ならなおさらでしょう。しかし、これをストレスにせず、プラスの経験にしていくことも可能です。そのために必要な姿勢とは「多様性を認めること」「自分から働きかけ自己開示していくオープンマインド」「自分に意識を向けすぎない」の3つです。


浅野敏雄

実験科学や事実だけでは物事は前に進まない。


澤田秀雄

ハウステンボスの再建をはじめたとき、社員たちは元気がなかったですね。社内の雰囲気もとても暗かった。18年間ずっと赤字ということは、「ボーナスが出ない」「給料も上がらない」「優秀な人材も去っている」ということ。社長が9回も代わっていますし、「頑張っても黒字にならない」という諦めが蔓延していた。明るくなれるわけがなく、負け癖がついている状態でした。私が意識したのは、とにかく分かりやすく、すぐに実行できる「働き方の改革案」を提示し、現場の雰囲気を変えること。難しい話をしても、簡単には伝わりません。今すぐ誰でもできることで結果を出し、負け癖体質を少しずつ変えようと考えました。具体的に求めたのは3つの働き方です。「出勤後15分の掃除」「嘘でもいいから明るく振る舞う」「早く歩く」。この3つを実践すれば黒字になると訴えました。最初は皆、狐につままれたような顔でしたよ(笑)。でも「騙されたと思ってやってみなさい」と。


堀部篤史

今って、本が実用品でも娯楽品でもなくなってきて、かなり嗜好性の高いものになってきてるのは確かで、煙草や酒、コーヒーに近いのかもしれない。


出口治明

リーダーは、「自分はこれをしたい」というものを持っていなければならない。「したいこと」とは、強い思いや志、と言い換えてもいい。


藤岡頼光

やったことのない新しいことをやって、変化をみればいい。今までの実績から考えるという方法でなく、変化を起こすことが成功の秘訣。


坂根正弘

私には、いい友人がいた。時代の流れや、そのほか自分だけではわからないことを教えてくれた。そのお陰でなんとかここまで来ることができた。


石見浩一

各部門でのグッドオペレーション(良い事例)を蓄積し、誰がノウハウを持っているのかもデータベース化して、必要があれば、イントラだけでなく、電話でもすぐ聞けるようにしています。これによって変化を生み出しやすい環境を作っています。


伊集院静

上がっていく流れは、必ず下がる。その時は次の新しいものを書けばいいだけの話だ。


ページの先頭へ