名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

井上靖の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上靖のプロフィール

井上靖、いのうえ・やすし。日本の小説家。明治時代、北海道出身。京都帝国大学哲学科卒業後、毎日新聞大阪本社に入社。学芸部副部長などを務めたのち、『闘牛』で芥川賞を受賞。数々の名作を執筆した。

井上靖の名言 一覧

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。


人間というものは、自分が恩恵を受けたたくさんのことを、それを思い出そうとしないと思い出せないものである。


天はわれわれを助けてくれない。


人間にできることは、ただ一つしかない。それは何かというと、出会いを大切にすることです。運命は人間の力でどうすることもできないが、その運命の出会いを大切にすることはできる。


井上靖の経歴・略歴

井上靖、いのうえ・やすし。日本の小説家。明治時代、北海道出身。京都帝国大学哲学科卒業後、毎日新聞大阪本社に入社。学芸部副部長などを務めたのち、『闘牛』で芥川賞を受賞。数々の名作を執筆した。

他の記事も読んでみる

熊切直美

顧客満足を経営の基軸に据える企業は多くありますが、重要なのは「どれだけ実践できているのか」という点でしょう。


篠辺修

安全は空気みたいなもので、普段は意識していませんが絶対に必要なものです。当たり前にあるものだからといって決して軽視しないことが、会社としての責任です。


いっこく堂

2体の人形を同時に操る技術、時間差の腹話術、腹話術では不可能といわれてきた「マ・パ・バ行」の破裂音も、長時間の研究と練習によって身につけていきました。どれも、みんな驚くだろう、喜んでくれるだろうという思いが原点です。


高原豪久

社長就任当時、業績が振るわず、会社の雰囲気が悪くなっていました。若手が茶飲み話で経営陣を批判し、経営陣は派閥を作り出す。トップにはこの状況が伝わらず、絵に描いたような裸の王様でした。肌感覚で覚えています。これを変えなくてはいけない。そこで目標達成に向けた事業の組み替えを進めました。創業事業である建材も含めて膨れ上がった国内事業を整理し、浮いたお金と人を強い製品や技術に振り向け、アジアなど世界で戦っていく。会社の軸がぶれないように求心力を強め、社員一人ひとりが同じ方角を向く仕組みを作りました。結果として社長就任時をボトムとして、業績は右肩上がりを続けています。時価総額は9400億円にまで拡大しました。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

金に目もくれない人はいくらでもいるが、金の与え方を心得ている人はほとんどいない。


萱野稔人

サラリーマンは1日の大半を仕事に使います。その時間にただ漫然と仕事をするのではなく、社外でも通用する力を、日常業務のなかで磨きましょう。


柏木理佳

気をつけなければならないのは、「経験よりも資格が大事」と勘違いすることです。「有利そうだから」といったあいまいな動機で資格を取得していると、かえって邪魔になることだってあります。


吉田松陰

師を求める前に、まず心から師につきたいという真摯な心が定まり、また、実事、つまり、このことを学びたいという具体的なことを確立させて、それから初めて師のもとを訪ね、師とすることを求めるべきである。


北畑稔

社会とは学校の試験問題のように正解のある世界ではありません。A案とB案を比較して、明らかにA案の方が優れているといった、わかりやすい択一問題はありません。


林野宏

少なくとも年間5、6%の金利でも会社を回していけるようでなければ、まともな経営とは言えない。


作田久男

ひとつひとつの仕事に自らの意思が吹き込まれてこそ、そこに思わぬ創造性が生まれると思うのです。上からの命令や、何らかの他律的な要因で仕事を手掛けた場合、限りなく他人に求められたところに近いアウトプットを出すことはできるでしょう。しかし、それを超えるものは手にすることができません。あくまで自分がやりたいからやっているんだ、という強い思いを持って取り組むことが大切だと思うのです。


波頭亮

将校は一兵卒とは違ってノーブレス・オブリージュ(高貴な身分の者に課せられた義務)を発揮しなければなりません。将校は一兵卒より美味しいご飯を食べ、寝心地のいいベッドに寝る。しかし、いったん事が起きたときは、先陣を切って出陣しないといけません。