名言DB

9413 人 / 110706 名言

井上靖の名言

twitter Facebook はてブ

井上靖のプロフィール

井上靖、いのうえ・やすし。日本の小説家。明治時代、北海道出身。京都帝国大学哲学科卒業後、毎日新聞大阪本社に入社。学芸部副部長などを務めたのち、『闘牛』で芥川賞を受賞。数々の名作を執筆した。

井上靖の名言 一覧

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。


人間というものは、自分が恩恵を受けたたくさんのことを、それを思い出そうとしないと思い出せないものである。


天はわれわれを助けてくれない。


人間にできることは、ただ一つしかない。それは何かというと、出会いを大切にすることです。運命は人間の力でどうすることもできないが、その運命の出会いを大切にすることはできる。


井上靖の経歴・略歴

井上靖、いのうえ・やすし。日本の小説家。明治時代、北海道出身。京都帝国大学哲学科卒業後、毎日新聞大阪本社に入社。学芸部副部長などを務めたのち、『闘牛』で芥川賞を受賞。数々の名作を執筆した。

他の記事も読んでみる

河田重

独房で呻吟したり、満州や北支のドサまわりをやったりしているうちに、私は本社の重役になる時期が遅れてしまった。ところが、人生のことは、何がどうなるかわからない。ちょうど私より上の人たちが、いっぺんにパージ(公職追放)にひっかかった。そのとき私は常務で鶴見造船所の所長をしていたが、あのときはみんな大いに慌てたものだ。結局、私が社長になることになった。
【覚書き|太平洋戦争終結直後を振り返っての発言】


三枝匡

全員が自分はリーダーじゃない、エリートではない、誰かがやるだろうと思っている限り事業は進みません。組織が団子になっている状況から、リスク志向のリーダーが上に立って引っ張っていく体制を築かなければ多くの企業は伸びません。


ドナルド・トランプ

新しい考え方や新しい情報に心をオープンにしておくのは大事だ。何でもわかっているつもりでいると、素晴らしい発見やチャンスへの扉を閉ざしてしまう。


向笠千恵子

料理を味わうだけでなく、食卓にのぼるまでにたどってきた歴史や伝統まで考えることで、食の感動は深みを増します。和食は日本を知ってもらう第一歩になるのではないかと思います。


柳生石舟斎(柳生宗厳)

万物は無に体(たい)するぞ兵法も無刀の心奥義なりけり。


赤塚保正

5代目社長の父からは、常に前向きに、物事をプラスに考えろと教えられました。会長の言葉は「ピンチをチャンスに」という言葉です。これはまさにポジティブな考え方ですね。普通はピンチはピンチなんです。だけどそのピンチの状況でありながらどうチャンスに変えていくかということを常に考えろ。だから不況だと言って、自分まで不況にしてしまったら自分も負け組みだよと。経営者は常に冷静沈着で強気でなくてはいけないということを教えられました。だから私は頭の冷静さと心の熱さということを常に大切にしています。


片田珠美

被害者意識が強い人たちとつき合ううえでまず意識したいのは、接点を減らすこと。接点が多いほど、いちゃもんをつけられるリスクが高まります。近寄らなくて済むなら近寄らない。これが鉄則です。不用意にプライベートに踏み込むのは危険です。幼少期に親との関係がうまくいかなかったり、いま現在夫婦や恋人との関係でストレスを感じていたりして、強い被害者意識を抱いているケースもあります。そのような相手にプライベートの話題を振るのは自滅行為。会話をするときは、地雷を踏まないように仕事上のあたりさわりのない話に終始すべきです。


大嶋利佳

相手を中学生だと思って話すこと。中学生にわかる説明であれば、大人なら誰にでも伝わる話し方になります。


堀田直人

当社には「ニチバンにかかわるすべての人々の幸せを実現する」という理念があります。今後も社員を大切にする経営を忘れることなく、メーカーとして他社との差別化要素を持った独自の製品を開発し、ニチバンの営業力を高めてまいります。


劉強東

我々の稼ぐ力は、売り上げの伸びと同じように高まってきています。ネットキャッシュフローは過去10年間、ずっと黒字。現金は200億元(約3400億円)あり、新技術に継続的に投資する基盤となっています。


吉野真由美

ライバルと比べるようなフレーズは、どんな場面でも慎むべきです。人は誰かと比べられることを嫌います。たとえ相手を持ち上げるためであっても、他社や他人を引き合いに出してはいけません。とくに同じ業界同士であれば、他社が抱えている不安要因や弱点も、目の前のお客様も同じように抱えていることが少なくありません。ライバル社を貶めることで、結果的に目の前の相手も貶してしまうことになりかねません。


宇野康秀

私の座右の銘は「人間万事塞翁が馬」です。仕事にはうまくいく時期もあれば、そうでない時期もある。ですから、失敗をいつまでも引きずって後悔ばかりしていても仕方ない。


正垣泰彦

自分たちの信念に向かっている途上では、客数が減った、売上が減ったなど、プラスとマイナスは必ず出てきます。思い描いていたのとは逆の結果が出たときは、自分たちの考え方を修正していく必要があります。考え方を変えたり反省したりすることを失敗というなら、失敗したほうが結果的には成功するんです。「上手くいくことがいいことだ」とみなは言うけれど、そうじゃない。マイナスがないと、もっとプラスにはなりません。


中西宏明

ダメになった事業から撤退したり工場を閉鎖することになっても、やはりキャッシュが必要なんです。攻めも守りもポートフォリオの入れ替えにはキャッシュがいるんです。


永野毅

ここ数年、おかげさまで国内におけるお客様の支持率が非常に上がっているんです。これは何か一つの商品があったとか、何か一つ大きなことをやったから出た結果ではなく、ひとつひとつの地道な成果が力になったからだと考えています。