井上靖の名言

井上靖のプロフィール

井上靖、いのうえ・やすし。日本の小説家。明治時代、北海道出身。京都帝国大学哲学科卒業後、毎日新聞大阪本社に入社。学芸部副部長などを務めたのち、『闘牛』で芥川賞を受賞。数々の名作を執筆した。

井上靖の名言 一覧

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。


人間というものは、自分が恩恵を受けたたくさんのことを、それを思い出そうとしないと思い出せないものである。


天はわれわれを助けてくれない。


人間にできることは、ただ一つしかない。それは何かというと、出会いを大切にすることです。運命は人間の力でどうすることもできないが、その運命の出会いを大切にすることはできる。


井上靖の経歴・略歴

井上靖、いのうえ・やすし。日本の小説家。明治時代、北海道出身。京都帝国大学哲学科卒業後、毎日新聞大阪本社に入社。学芸部副部長などを務めたのち、『闘牛』で芥川賞を受賞。数々の名作を執筆した。

他の記事も読んでみる

岩崎裕美子

ベンチャーは差別化できなければ生き残れません。


アーノルド・ベネット

朝目覚める。すると、不思議なことに、あなたの財布にはまっさらな24時間がぎっしりと詰まっているのだ。そして、それがすべてあなたのものなのだ。これこそ最も貴重な財産である。


鈴木あや(IBM)

以前、弊社に赴任してきて、部下の尊敬を集めたアメリカ人男性のエグゼクティブはこう言いました。「人間に口がひとつしかないのに、耳がふたつあるのは、他人の意見をもっと聞かなくてはいけないという神様からのメッセージだ」と。まさにその通りだと思います。


出雲充

私は日本視点、先進国視点の製品を途上国に持ち込んでも、上手くいかなくなる日が来ると感じている。それどころか、将来は途上国で生まれた製品やサービスが、先進国に持ち込まれる逆流すら起こると考えている。


正垣泰彦

不況で売れないのではない。不況だからこそお客さんにとって価格より値打ちがあると思うような商品を出せば絶対に売れるはず。


田中ウルヴェ京

企画などを提案するときのポイントは、相手にとってのメリットを強調することです。やりたいことは革新的だが、上司は安定志向だという場合は、「これをやっておけば、以降の5年間、安定した利益が確実に得られます」などと、言い方を工夫して印象を変えましょう。


佐藤和則(経営者)

多忙やストレスがたたって体調を崩しました。結果としてはそれで良かった。少しのんびりしながら復帰をしているかたわら、在宅や個人でできるビジネスを一から学び、かっこよくいえば、内省と自己研鑽の期間になりましたから。非接触骨伝導効果スピーカーの基礎となる技術も、この時期の巡りあわせから始まりました。


清宮俊之

誰かにすごく良いビジョンがあっても現場が追いついてなければ、ビジョンはただの絵空事です。その逆に、実行力があってもビジョンがないと何も組みあがらない。やっぱり上下左右斜め、あらゆる方向にあるヒト・モノ・カネを誰かがつなぎ合わせなければならない。そういう役割をやる人がいないと、会社や組織は成立しません。もし私が人より秀でた部分があるとすれば、チームをつくるという「実現力」なんだと思います。


大東隆行

「料理は魂、食は雰囲気」と私はよく言います。つくる人の気持ちが変わると、料理もおいしくなるんです。もちろん、お店の雰囲気もよくなるから、さらにおいしくなって、どんどんお客さんが集まるようになります。「ちょっとした気持ちの変化が、大きな変化と成長につながる」のは、どんな仕事にもいえることじゃないですか。


田中孝雄

三井造船と独マン社の問には資本関係こそありませんが、世界の東と西で似たようなビジネスモデルを持った企業同士です。地政学的な補完関係を構築できます。世界を自力でカバーするのは難しいですが、提携によってバランスシートに負荷のかからない形で提案力を高めたり、アフターサービスのネットワークを効率的に広げたりすることが可能になります。ディーゼルエンジンの開発などでも一段と協力できるでしょう。


鈴木修

自分のところの商品の良さを誠心誠意説明し、お客さんのハートをつかむのがセールスの真髄です。


佐々木俊尚

ソーシャルメディアの盛り上がりで、玉石混交の情報が大量に流れこむようになった。それはマスメディアも例外じゃない。だから何を見聞きし、何を信じればいいかわからず、情報の海で立ちすくむ人が増えているわけです。そこで必然的に高まっているのが「キュレーション」の力。人は誰しも専門分野があります。自動車の営業マンなら当然自動車に詳しいし、会計士なら数字に強い。僕ならITに関する取材を続けて何冊かの本も書いているからIT分野で「何がホットか」「誤報ではないか」を図る視点を持っているわけです。むき出しの情報に専門家のフィルタリングが通れば価値が高まり、自ずと興味をもってくれるフォロワーが現れますよね。


理央周

会社員である以上、会社に貢献すべきです。そして、年次が上がるごとに、「その分野では誰にも負けない」という強みを持った方がいい。そうして自分をブランド化していく。


大迫忍

同族経営はいずれ弊害を生む。


内田和成

今の時代はいかにして「顧客の視点」を持つかということです。顧客が何を求めているかを、とにかく突き詰めて考える。


ページの先頭へ