名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上雄彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上雄彦のプロフィール

井上雄彦、いのうえ・たけひこ。日本の漫画家。鹿児島県出身。熊本大学在学中に投稿した作品が編集者の目にとまり漫画家の道に進む。大学を中退し上京。北条司のアシスタントを経て『楓パープル』でデビュー。代表作に『SLAM DUNK』『バガボンド』。

井上雄彦の名言 一覧

連載はライブですね。生き物ですね。だから話の先がどっちに転ぶかというのも作者自身も分かってなかったりするし、まあ、生なものですよ。


「何かに気づく目」というのは、少なくとも急いでいる時には使えない。


僕が今、「一番売れているのは『ONE PIECE』だから、『ONE PIECE』っぽくしよう」みたいなことをやったら、きっととんでもないことになる。僕が、あるいは他の作家さんが『ONE PIECE』になろうとする必要は全然ない。それと同じで、漫画じゃなくてもどんな人にでも当てはまると思うけど、何か他のものになる必要はない。その人が見つけた自分の必然に従えばいい。


いかに分かった気にならないかが、楽しく描けるかどうかの分かれ道。


自分に対して「本当にそれは自分かよ」と問うた時に、ちゃんと「そうです」って答えられるようでありたい。


体を動かすとか、散歩しているだけでも、絶対にいろいろなことに気づくと思うんです。歩くのは意外に大事なことですよ。歩いているとやっぱり見えてくるものが違ってきます。自分も歩きながらアイデアとか、ネームとか、よく考えています。


相手に合わせて、相手の距離で戦っていると、自分が戦いのイメージを先取りできない、ゲームを作れない感じになってしまう。逆に相手は先の予測がついてしまう。面白い漫画って、読者が「この主人公、いったいどうなるんだ?」って思うものですけど、それができている時は、作者の方が自分の間合いで戦っている感じなんですよ。


まず自分ありきなんじゃないですかね。自分から発しているもの、出発点が自分ということと、「何か他のものになろう」としていない限りにおいては、他人の期待や意見を受け止めても大丈夫なんじゃないですか。


読者のレスポンスは先の展開にも作用します。それは、「読者の要望に応える、顔色をうかがう」といったものではなく、より創造的なやり取りになっていく。面白い漫画の場合はきっと、作者が一方的に作っているものを見せているというより、作者と読者が一緒に作っている感覚が生まれるんでしょうね。


漫画家という仕事としては、「読者が求めるものを提供する」どいうのが正しい姿だと思うんです。けれど、それが勝ちすぎて、自分の原初の楽しみとか、面白さとか、やっている時のわくわく感みたいなものを殺してしまっては、もう全くの本末転倒で、自分が疲弊するうえに、きっと漫画としても駄目ですね。いいものができないと思う。自分の間合いで仕事ができなくなるから。


「何らかの価値がある絵を描かなきゃいけない」とか、「誰かに期待されてそれに応える」絵ということじゃなく、誰も待っていない絵を、誰にも頼まれずにただ描く、そういう人になりたい。


自分が本当に地面の高さに戻るというか、何も持たない状態にまた戻れる感じがして、今回の仕事ではそれがすごくうれしかった。何も持たない感じがすごく気持ちいい。
【覚え書き|画集『pepita』の仕事について】


井上雄彦の経歴・略歴

井上雄彦、いのうえ・たけひこ。日本の漫画家。鹿児島県出身。熊本大学在学中に投稿した作品が編集者の目にとまり漫画家の道に進む。大学を中退し上京。北条司のアシスタントを経て『楓パープル』でデビュー。代表作に『SLAM DUNK』『バガボンド』。

他の記事も読んでみる

湯浅和夫

私がコンサルティングした会社では、具体的に欠品や不良・過剰在庫の実態を示すことで、ロジスティクス導入への意識が一気に高まった例もあります。売れないものを運ぶ費用、物流拠点の保管料など、無駄を可視化して数字化することは有効です。


山本晶(経済学者)

いくらマーケターが金銭的なインセンティブを提供しようと、消費者は自分が所属する社会集団で受け入れられないような発信はしません。消費者が発信したいのは、周囲の人から感謝され、尊敬される、あるいは楽しい人だと思われる情報です。従って、製品・サービスの好意的なクチコミを広めてもらうには、圧倒的な高便益、新規性、希少性、意外性、心を揺さぶる感動、聞いた人が唸るようなストーリー性などの性質を持った情報をクチコミ発信者に提供することが重要です。


村田昭治

どんなに青春は短くとも、青春のときに得た宝石のような精神は大事にしておきたいものだ。


張琴

研修の現場では、思いもよらぬ珍答奇答が出てくることがあります。ある会社のリーダー研修のとき、「あなたの夢は何ですか?」と受講生の一人に尋ねました。答えに窮したのか、それとも普段から考えている願いだったのでしょうか。立ち上がった彼が即答したそのセリフは、「私の夢は亭主関白です」。会場は大爆笑。私も吹き出してしまいました。もちろん私は、そんな答えにも気持ちよく対応しました。とんでもない答えでしたが、笑いが絶えないリーダーたちでした。笑い声は、組織を活性化するものです。


遠藤功

「企業の躍進にはイノベーションが不可欠」とよく言われますが、正直、私はこの言葉に少々食傷気味です。イノベーションが大事なのは確かですが、口で言うほど簡単なものではありません。そもそも、最近のヒット商品に真の意味で「イノベーション」と呼べる商品など、どれほどあるでしょうか。むしろ競争力を高めるのは、ちょっとしたこだわりや工夫だったりするのです。


こだま(作家)

「女は~」とか「妻は~」「教師は~」という大きな視点からはとても書けそうにありません。私はどの立場においても脱落しており、何かを語る資格がないように感じてしまい、「私は」で始まる個人の話を書いています。集落、家族、教室、病室……と狭い人間関係で生きてきたことも関係するのかもしれません。私が書けるのは、そんな日常の些細な出来事だと思っています。


森岡毅

私が製造業の経営陣と議論すると「消費者が大事」と言いながらも、ふと気が付くと技術の議論になってしまいます。技術は大事ですが、消費者にとっての価値を定義せずに技術の価値は定義できません。2つはいわば双極的な関係なのです。


佐々木大輔(経営者)

難しい言葉で経営理念を唱えても、「存在は知っていても誰も理解していない」ということになりかねない。普段の会話の中で自然に出てくるような、キャッチーな言葉にしなければ、カルチャーとして浸透させるのは困難。


大倉喜八郎

今日の経験を明日用いない者には大成功は望みがたい。


弘兼憲史

まとまった量の仕事を引き受けた時、すべてのページの構成が練りきれていない段階でも、僕はまず「手を着ける」ことが大切だと思っています。最初の4ページの構成しか固まっていなくても、とにかく始める。手を動かしていくうちに「残りのページはこうしよう」とアイデアが湧いてくることが、往々にしてあるんです。


津賀一宏

「いままでのパナソニックのマインドは捨てていい」「事業をやるのならば徹底的にやろう」というのが私の考え方です。私は、パナソニックのこれまでの価値観を、必ずしも良しとはしていません。とくにいまは改革の時期なので、そうした考え方が必要です。


青野慶久

早く帰ると決めれば、人は仕事のやり方を工夫する。日本の生産性が諸外国と比べて低いのは、残業するのが当たり前で、なんの工夫もしてこなかったから。