名言DB

9412 人 / 110637 名言

井上雄彦の名言

twitter Facebook はてブ

井上雄彦のプロフィール

井上雄彦、いのうえ・たけひこ。日本の漫画家。鹿児島県出身。熊本大学在学中に投稿した作品が編集者の目にとまり漫画家の道に進む。大学を中退し上京。北条司のアシスタントを経て『楓パープル』でデビュー。代表作に『SLAM DUNK』『バガボンド』。

井上雄彦の名言 一覧

連載はライブですね。生き物ですね。だから話の先がどっちに転ぶかというのも作者自身も分かってなかったりするし、まあ、生なものですよ。


「何かに気づく目」というのは、少なくとも急いでいる時には使えない。


僕が今、「一番売れているのは『ONE PIECE』だから、『ONE PIECE』っぽくしよう」みたいなことをやったら、きっととんでもないことになる。僕が、あるいは他の作家さんが『ONE PIECE』になろうとする必要は全然ない。それと同じで、漫画じゃなくてもどんな人にでも当てはまると思うけど、何か他のものになる必要はない。その人が見つけた自分の必然に従えばいい。


いかに分かった気にならないかが、楽しく描けるかどうかの分かれ道。


自分に対して「本当にそれは自分かよ」と問うた時に、ちゃんと「そうです」って答えられるようでありたい。


体を動かすとか、散歩しているだけでも、絶対にいろいろなことに気づくと思うんです。歩くのは意外に大事なことですよ。歩いているとやっぱり見えてくるものが違ってきます。自分も歩きながらアイデアとか、ネームとか、よく考えています。


相手に合わせて、相手の距離で戦っていると、自分が戦いのイメージを先取りできない、ゲームを作れない感じになってしまう。逆に相手は先の予測がついてしまう。面白い漫画って、読者が「この主人公、いったいどうなるんだ?」って思うものですけど、それができている時は、作者の方が自分の間合いで戦っている感じなんですよ。


まず自分ありきなんじゃないですかね。自分から発しているもの、出発点が自分ということと、「何か他のものになろう」としていない限りにおいては、他人の期待や意見を受け止めても大丈夫なんじゃないですか。


読者のレスポンスは先の展開にも作用します。それは、「読者の要望に応える、顔色をうかがう」といったものではなく、より創造的なやり取りになっていく。面白い漫画の場合はきっと、作者が一方的に作っているものを見せているというより、作者と読者が一緒に作っている感覚が生まれるんでしょうね。


漫画家という仕事としては、「読者が求めるものを提供する」どいうのが正しい姿だと思うんです。けれど、それが勝ちすぎて、自分の原初の楽しみとか、面白さとか、やっている時のわくわく感みたいなものを殺してしまっては、もう全くの本末転倒で、自分が疲弊するうえに、きっと漫画としても駄目ですね。いいものができないと思う。自分の間合いで仕事ができなくなるから。


「何らかの価値がある絵を描かなきゃいけない」とか、「誰かに期待されてそれに応える」絵ということじゃなく、誰も待っていない絵を、誰にも頼まれずにただ描く、そういう人になりたい。


自分が本当に地面の高さに戻るというか、何も持たない状態にまた戻れる感じがして、今回の仕事ではそれがすごくうれしかった。何も持たない感じがすごく気持ちいい。
【覚え書き|画集『pepita』の仕事について】


井上雄彦の経歴・略歴

井上雄彦、いのうえ・たけひこ。日本の漫画家。鹿児島県出身。熊本大学在学中に投稿した作品が編集者の目にとまり漫画家の道に進む。大学を中退し上京。北条司のアシスタントを経て『楓パープル』でデビュー。代表作に『SLAM DUNK』『バガボンド』。

他の記事も読んでみる

鈴木敏文

みんながやるのを見てから始めるのでは遅すぎる。未来から現在を思い描くことで、顧客は次はどんな新しいものを求めるか、潜在的ニーズを察知し、いち早く応えていくことができるのです。


星野佳路

「負けず嫌いであること」は、仕事に必要なスキルではないかとさえ、思っています。見通しが厳しくても「自分の考えを貫いて、結果が出るまで続ける」ことで、功を奏したケースは少なくありません。


張本邦雄

仕事を頑張るだけではなく、プライベートでは発散の場はつくったほうがいい。私は上司に恵まれて、新入社員のころから毎日のように飲みにつれていってもらったのがよかった。部下ができてからも、「ここからはオフだよ」と宣言して、仕事の話は禁止のフラットな飲み会を続けてきました。社長になってからは、社員と飲む機会も以前よりは減ってしまったので、いまは家庭で過ごす時間が貴重なオフになっています。「家庭とはこんなにありがたいものだったのか」と感じる日々です。


塚越寛

「ブームで得た利益は、一時的な預かりものにすぎない」と捉え、過大な設備投資などは控えるべきだ。長い目で見れば、自社の実力通りにしか帳尻は合わないものである。


大川博

実を言うと、私は五島(慶太)さんから初めてお話があると、ただちに映画事業の客観的な分析にとりかかっていた。そうして、3社の業績不振がいかなるところに根ざし、経営の不合理がいかなる点に潜むかを徹底的に追究した。
【覚書き|五島氏からのちに東映になる映画会社3社(東横映画、大泉映画、東京映画配給)の経営再建にあたってほしいと打診を受けたときを振り返っての発言】


森川亮

顧客に「何か欲しいものはありますか?」と聞いてもダメ。「こういうものが欲しい」と顧客から答えが出る時点では、もう遅いんです。まだニーズが顕在化していない段階で世の中に商品を出し、顧客から「これが欲しかった」と言われるくらいの先取りが必要。


ひろゆき(西村博之)

2ちゃんねるは犯罪予告などが行われたという意味で、世の中に対する影響が大きかったのかもしれないと感じていますし、子供に影響を与える可能性もあると思います。しかし、僕は子供ができたときには「2ちゃんねるを見せない」というフィルタリングをするのではなく、「2ちゃんねるを見せても大丈夫な教育」をしたいと思っています。


倉本聰

富良野に移住したのは1977年のこと。豊かさに対する不安があったからです。ちょうどバブルが始まる頃で、テレビの仕事をしていたかな。生活が豊かになるのはうれしいけど、こんなに豊かになっちゃっていいんだろうかという不安感がすごくあってね。


綾辻行人

僕がホラーを書く時に大切にしているのも、やっぱり子供の頃の原体験、原風景なんです。当時自分は何が怖かったのか、それを探りながら書くことが多いです。今の現実として怖いものというと病気や災害になるけれど、それを書いちゃうと切実すぎるし(笑)。懐かしい気がするのは、そのせいかもしれないですね。


山田進太郎

事業計画書をつくるうえで気をつけたことは、「わかりやすさ」です。私はこれまでも新しい事業をつくる過程で、多くの失敗を経験してきました。そこから学んだことは、わかりやすく伝えられることが重要だということです。


沢村一樹

はたと気づいたんです。それまでの僕は、「自分はこうあらねばならない」という思い込みが強すぎたのではないか、と。そして、それに縛られて、勝手に苦しんでいただけだった。でも、周囲の人は、自分が思うほど、気にしていないんですよね。それ以来、仕事でもプライベートでも「妙な価値観に凝り固まっていないか?」と自問するようになりました。いまでは、「こうあらねばならない」ことなんて、ほとんどないのではとまで思っています。ダメなのは、犯罪と、昼の番組での下ネタぐらいですよ(笑)。


石塚しのぶ

日本企業は、哲学や理念があっても、それをうまく浸透し、活用できてないと思います。というのも、昔と違って今の若い人たちは豊かな時代に生まれているので「自分のチョイス」があるわけです。だから、哲学を浸透させるやり方として、トップダウンでやるのは難しい時代です。


似鳥昭雄

重視するのは成功するまで諦めない執念深さです。様々なことを学び、失敗を恐れず、前向きに乗り超えていける人はどんどん伸びていきます。


高原豪久

コモディティー化防止のためには、半年に一回程度という、相当に速い頻度で商品の改廃を行なうようにしています。しかもそれを途切れさせることなく継続していくのです。たとえ日用品であっても、違うもの、新しいものを連続的に出し続ければコモディティー化することはありません。


小笹芳央

「私は才能がない」と思っている人には、「あなたは120%の力で仕事をしていますか」と聞きたい。120%の力でしばらく仕事を続けてみれば、才能の有無は結果として見えてきます。才能は「あったか」「なかったか」の結果論として初めてわかるもの。