井上雄彦の名言

井上雄彦のプロフィール

井上雄彦、いのうえ・たけひこ。日本の漫画家。鹿児島県出身。熊本大学在学中に投稿した作品が編集者の目にとまり漫画家の道に進む。大学を中退し上京。北条司のアシスタントを経て『楓パープル』でデビュー。代表作に『SLAM DUNK』『バガボンド』。

井上雄彦の名言 一覧

連載はライブですね。生き物ですね。だから話の先がどっちに転ぶかというのも作者自身も分かってなかったりするし、まあ、生なものですよ。

井上雄彦の名言|連載はライブ

「何かに気づく目」というのは、少なくとも急いでいる時には使えない。

井上雄彦の名言|「何かに気づく目」というのは、少なくとも急いでいる時には使えない

僕が今、「一番売れているのは『ONE PIECE』だから、『ONE PIECE』っぽくしよう」みたいなことをやったら、きっととんでもないことになる。僕が、あるいは他の作家さんが『ONE PIECE』になろうとする必要は全然ない。それと同じで、漫画じゃなくてもどんな人にでも当てはまると思うけど、何か他のものになる必要はない。その人が見つけた自分の必然に従えばいい。

井上雄彦の名言|何か他のものになる必要はない

いかに分かった気にならないかが、楽しく描けるかどうかの分かれ道。

井上雄彦の名言|いかに分かった気にならないかが大切

自分に対して「本当にそれは自分かよ」と問うた時に、ちゃんと「そうです」って答えられるようでありたい。

井上雄彦の名言|自分に対して「本当にそれは自分かよ」と問うた時に、ちゃんと「そうです」って答えられるようでありたい。

体を動かすとか、散歩しているだけでも、絶対にいろいろなことに気づくと思うんです。歩くのは意外に大事なことですよ。歩いているとやっぱり見えてくるものが違ってきます。自分も歩きながらアイデアとか、ネームとか、よく考えています。

井上雄彦の名言|歩きながらアイデアとか、ネームとか、よく考えています

相手に合わせて、相手の距離で戦っていると、自分が戦いのイメージを先取りできない、ゲームを作れない感じになってしまう。逆に相手は先の予測がついてしまう。面白い漫画って、読者が「この主人公、いったいどうなるんだ?」って思うものですけど、それができている時は、作者の方が自分の間合いで戦っている感じなんですよ。

井上雄彦の名言|自分の間合いで戦うことが大切

まず自分ありきなんじゃないですかね。自分から発しているもの、出発点が自分ということと、「何か他のものになろう」としていない限りにおいては、他人の期待や意見を受け止めても大丈夫なんじゃないですか。

井上雄彦の名言|自分を出発点にする

読者のレスポンスは先の展開にも作用します。それは、「読者の要望に応える、顔色をうかがう」といったものではなく、より創造的なやり取りになっていく。面白い漫画の場合はきっと、作者が一方的に作っているものを見せているというより、作者と読者が一緒に作っている感覚が生まれるんでしょうね。

井上雄彦の名言|面白い漫画の場合はきっと、作者と読者が一緒に作っている感覚が生まれる

漫画家という仕事としては、「読者が求めるものを提供する」どいうのが正しい姿だと思うんです。けれど、それが勝ちすぎて、自分の原初の楽しみとか、面白さとか、やっている時のわくわく感みたいなものを殺してしまっては、もう全くの本末転倒で、自分が疲弊するうえに、きっと漫画としても駄目ですね。いいものができないと思う。自分の間合いで仕事ができなくなるから。

井上雄彦の名言|自分の原初の楽しみを殺してしまっては本末転倒

「何らかの価値がある絵を描かなきゃいけない」とか、「誰かに期待されてそれに応える」絵ということじゃなく、誰も待っていない絵を、誰にも頼まれずにただ描く、そういう人になりたい。

井上雄彦の名言|誰も待っていない絵を、誰にも頼まれずにただ描く、そういう人になりたい

自分が本当に地面の高さに戻るというか、何も持たない状態にまた戻れる感じがして、今回の仕事ではそれがすごくうれしかった。何も持たない感じがすごく気持ちいい。
【覚え書き|画集『pepita』の仕事について】

井上雄彦の名言|何も持たない感じがすごく気持ちいい

井上雄彦の経歴・略歴

井上雄彦、いのうえ・たけひこ。日本の漫画家。鹿児島県出身。熊本大学在学中に投稿した作品が編集者の目にとまり漫画家の道に進む。大学を中退し上京。北条司のアシスタントを経て『楓パープル』でデビュー。代表作に『SLAM DUNK』『バガボンド』。

ページの先頭へ