名言DB

9419 人 / 110788 名言

井上雄一の名言

twitter Facebook はてブ

井上雄一のプロフィール

井上雄一、いのうえ・ゆういち。日本の医師。代々木睡眠クリニック院長。東京医科大学卒業、鳥取大学大学院修了。医学博士号取得。鳥取大学医学部神経精神医学助手・講師、順天堂大学医学部精神医学講師、東京医科大学睡眠学講座教授、医療法人社団絹和会理事長、日本睡眠学会理事などを務めた。著書に『睡眠障害で眠れない夜の不安をみるみる解消する200%の基本ワザ』『脚がむずむずしたら読む本 眠れない…イライラする…』『ササッとわかる「睡眠障害」解消法』『高齢者の睡眠を守る 睡眠障害の理解と対応』ほか。

井上雄一の名言 一覧

入眠しやすくするアロマやサプリなどもありますが、これが合う合わないは個人差が大きい。効果が感じられないのに何万円も使っている人もいますが、合わないと思ったら深追いはやめることです。


どうしても眠れないときは寝床を離れてリラックスし、本当に眠くなってから寝床へ行くようにしてください。眠れないと思い込むと、よけいに不安が高じて眠れなくなります。


休みの日でも毎日決まった時間に起きる。それと朝しっかり光を浴びる。これで体内リズムを整えることが大切です。それから夜寝る前の行動も大事です。パソコンの画面から出る光は交感神経を緊張させるため、寝る1時間半前にはスイッチを切ったほうがいい。スマホも同じです。


睡眠不足だとうつ病になりやすいという傾向があります。


よくビジネス関係の本で「短時間睡眠でも大丈夫」などというものがありますが、あれは絶対に間違い。ちゃんと睡眠時間を確保してください。睡眠が不足すると、レプチンという食欲を抑制するホルモンの分泌が悪くなる一方で、グレリンという食欲を促進するホルモンが分泌されるので、肥満になりやすくなります。これに関連してメタボ、高血圧、糖尿病などになるリスクが高まります。


寝不足はどこかで補う必要があります。昼寝をするのもいいでしょう。しかし30分を超えると
深い眠りが出てきて、起きたときボーッとすることが多い。夜の快眠のためにも、30分以内にとどめてください。また昼寝をする前にコーヒーを飲んでおくと、カフェインの血中濃度が上がるのに30分ほどかかるので、ちょうど目が覚めたときにすっきりしますよ。


井上雄一の経歴・略歴

井上雄一、いのうえ・ゆういち。日本の医師。代々木睡眠クリニック院長。東京医科大学卒業、鳥取大学大学院修了。医学博士号取得。鳥取大学医学部神経精神医学助手・講師、順天堂大学医学部精神医学講師、東京医科大学睡眠学講座教授、医療法人社団絹和会理事長、日本睡眠学会理事などを務めた。著書に『睡眠障害で眠れない夜の不安をみるみる解消する200%の基本ワザ』『脚がむずむずしたら読む本 眠れない…イライラする…』『ササッとわかる「睡眠障害」解消法』『高齢者の睡眠を守る 睡眠障害の理解と対応』ほか。

他の記事も読んでみる

能町光香

気配りできる人は、自分からは雄弁に話しません。相手が話しやすい雰囲気をつくります。相手の話、相手の時間をリスペクトしてくれる。


澤田秀雄

人が変わるには時間がかかります。ただ、お願いするだけではなく、結果を見せることで味方は増えていくのです。


橋本孝之

より本質的な問題は、これまでは頭を垂れて耐えていれば嵐は過ぎ去ってくれましたが、そうはいかなくなったということです。日本の人口が飽和化して日本市場自体が落ち込んでしまった。もはや嵐が過ぎ去るのを待っていても、どうにもならない状況になってしまったのです。


五十嵐久也

昨年、本学の機械工学科准教授の山西陽子さんが「針なし注射器」の開発に成功しました。彼女がコツコツ進めていた研究が認められた形です。研究というのは地道なものです。大学としては、そうした研究者をサポートし、環境を整えることが大事だと考えています。


出口治明

日本もこれから労働の流動化が進み、世界基準での普通の社会になりつつあります。普通の社会では専門分野があった方がはるかに転職しやすい。


朝倉千恵子

礼儀・礼節を身につける過程で大事なのは、「人によって態度を変えない」こと。


森川亮

これだけの変化の時代ですから、先が見えなくて誰もが不安になる。だからといって、じっとしていてもいいことは何一つない。不安を解決するためには行動するしかない。


星野佳路

現場の誰かがいい情報やアイデアを持っていても、それを組織全体に発信し共有することができなければ、活かしようがない。だからこそ、フラットな組織が必須。


大川博

まったく人間の運命というものはわからない。一寸先は闇である。幸いにこのとき、私は生き残るほうの運命に噛り付いたが、その運命をもたらしてくれたのが、じつはたった一片のこの電報命令だった。
【覚書き|関東大震災直前、高崎での鉄道省の講習会で講師をせよという電報を受け、高崎に向かったことで震災に巻き込まれずに済んだことを振り返っての発言】


石川善樹

私が学んだハーバード大学では、「すぐに調べるな! まずは自分の頭の中で膨らませろ!」と指導されました。