名言DB

9412 人 / 110637 名言

井上陽介の名言

twitter Facebook はてブ

井上陽介のプロフィール

井上陽介、いのうえ・ようすけ。「グロービス経営大学院」マネジング・ディレクター。東京都出身。学習院大学法学部卒業後、消費財メーカーを経てグロービスに入社。

井上陽介の名言 一覧

みずからの判断軸の根幹に志や社会的な使命といった強い思いがなければ、「行動力」につながっていかない。


未来を予見しても、それで終わってしまっては何も生み出されない。未来への予見を形にして、そこに価値をもたらすのが今日の「行動」。小さくてもいいから、今この瞬間に一歩を踏み出すことにこそ大きな意味がある。


ビジネスの未来はみずからつくるものであり、仮に時代の大きな方向性が予見できたとしても、その中で何をなすべきかを決めるのは、つまるところ、自分自身にほかならない。


過去からの大きなトレンドや根底の変化をとらえることは不可能ではありません。そのためには一にも二にも「ファクト」。すなわち過去、実際にあった事実のみを頼りに、その積み重ねに基づいて、どういう変化が起こっているのかを考える姿勢や読み解く能力が必要。


新分野に挑む。会社を変える。イノベーションを起こす。どの課題も一筋縄ではいかないだけに、努力しても変わらない状況が続くと、組織全体に諦めの気持ちが広がりやすく、つい現状に甘んじてしまう人も増えてきます。それでも、未来はこちらの方向にあると明確に指し示して説得し、みずからの行動でその流れに人々を巻き込んでいくのが、リーダーのリーダーたる所以でしょう。


変わりやすく、不確実な状況でも、その根底に流れる大きなトレンドを掴むことはできる。私が提唱する「先見力」とは、将来を予測することではなく、未来を予見することです。世界の大きな方向性を見据え、それに向かって行動を起こせる人が先見力に優れた人材。


普段会わない海外の人や異業種・異業界の人に会いに行ったり、国内では見られない海外のユニークなビジネスモデルに現地で直接触れたりすることも、「俯瞰力」を高める大切なポイント。みずからの状況に閉じこもりがちな日常の殻を破り、新たな視点を吸収していくきっかけとなりやすいでしょう。


今ではすっかり見慣れてしまったコンビニ銀行最大手の「セブン銀行」。「コンビニエンスストアに銀行機能があればお客さんは喜ぶに違いない」という予見にもとづいた画期的なビジネスモデルイノベーションの実現は、長野県内の、たった1店舗での実験から始まりました。実験店での小規模な実践と検討を重ねて、はじめて事業化へとつながっていったのです。


起業家本人の強烈な願望がないと、事業は絶対に立ち上がりません。しかし立ち上がったとしても、それだけでは成長しきれないんですね。どこかで踊り場につきあたります。そこでもう一度、自分は何のためにビジネスを行なうのか、どうすれば社会に貢献できるのかといったことを、みずからに厳しく問い直す必要がある。言い換えれば、事業の未来にある種の社会性が伴ってはじめて、その旗のもとに多くの仲間が共感して集まり、成長のダイナミズムが生まれるのです。


確たる判断軸を持つためには、みずからと向き合い、二つの問いを立てる必要があります。一つは、「自分自身がやれること、やりたいことは何か」。自己願望視点の問いです。もう一つは、「社会の中でどうすればみずからを役立たせることができるか」という利他視点の問い。自己の願望と利他の精神にもとづく二つの問いを立て、その問いを深め続けていく中から、はじめてみずからの依って立つ軸が生まれてくるのではないでしょうか。


俯瞰する力を高めるポイントは、できる限りマクロデータにふれること。人口動態もそうですし、テクノロジーの変化についてもそうですね。二つめは、視野を無理やりにでも広げるために、あえて「フレームワーク」を活用すること。フレームワークとは「思考の枠組み」です。漏れやダブりがないように、何らかの枠組みを設けて情報を整理すると、全体の俯瞰が容易になり、それまで見落としていた視点もクリアにならざるをえません。


私たちは普段、世の中の動きをよく見ているようでいて、実はそうでもありません。日常にどっぷり浸かっていると、ものの見方やとらえ方はどうしても限定されてしまうからです。そこで必要なのが「俯瞰力」。空を飛ぶ烏の眼から世界を見るように、視点・視座をより高く引き上げ、より広い視野を持って、環境の変化や問題の構造を立体的にとらえ直すこと。


過去からのトレンドをとらえる時、重要になってくるのが「歴史観」です。世の中で今何が求められているかを問うためにも、歴史観を持つことはビジネスリーダーにとって必須だといえるでしょう。日本のみならず世界の歴史に触れ、歴史を遡りながら世界的な潮流を理解する。そうすることで、表層の短期的な変化を超えた、より根本的なマクロのトレンドを掴み、今、そしてこれから何をすべきかを考えることができるようになる。


ファクトを押さえるためには、絶えず知識・情報の幅を広げ、深く耕しておかなければなりません。その知識や情報を組み合わせ、そこにはどういう意味合いがあるのか、自分なりの仮説を立てるのです。そしてその仮説を常に検証し、事の展開を時系列で追いながら必要に応じて肉づけしたり、修正したりしてアップデートしていく。そうしないと、骨太の深い解釈にはなかなか至らない。


私は担当する講義でトヨタ自動車をよく例に挙げるのですが、同社には、社員一人ひとりに繰り返し問いかけ、考えさせる組織文化が根づいています。例えば、「あなたの仕事の本当の目的は何ですか」という問いがあります。この問いもある意味、「俯瞰力」を高める思考のギプスだといえるでしょう。仕事の目的というと、日常ではつい売上や予算といった目前の数字に意識が向かいがちですが、それらを達成した先にある本当の目的とは何なのか。自問自答を習慣づけ、徹底的に考え抜くことで、視座をより高く、視野をより広く保つことができるからです。


井上陽介の経歴・略歴

井上陽介、いのうえ・ようすけ。「グロービス経営大学院」マネジング・ディレクター。東京都出身。学習院大学法学部卒業後、消費財メーカーを経てグロービスに入社。

他の記事も読んでみる

長谷川和廣

学校の成績と、仕事での数字の最大の違いそれは、学校では70点をとれば落第しませんが、仕事では常に100点を目指さなければなりません。1点足りない99点では、失敗というケースが往々にしてあります。それは、ほんの1か所のチェック漏れが大事故やリコールまで発展する可能性があるからです。ですから100%を目指し、ギリギリまで粘る心の強さは、仕事のプロとしての第一条件です。


ムーギー・キム(金武貴)

文章力を向上させることは、論理的思考力や、他者に自分の言いたいことを的確に伝えるためのコミュニケーション力を高めることにもつながる。


菊池廉也

問題解決力は、座学だけでは身につけることができません。体験的に学ぶことが重要です。


緒方健介

上司の指示を全部鵜呑みすると、心中する羽目になります。大事なのは上司の上司など、上層部とパイプをつくり、確かな情報


安崎暁

ビジネスリーダー選抜育成制度の卒業生300人には、いつでもコマツの社長が務まるというのは言いすぎですが、何人かは本当に自分が社長になったつもりで仕事に取り組んでいます。将来は、きっとこの300人の中からコマツの社長が誕生するでしょう。巨大企業では実現が難しくても、我々くらいの規模のメーカーで45歳の社長が誕生すれば、日本の産業界にもプラスだと思います。


桝太一

出演者の皆さんには「最大限の好意」で接することを意識しています。「自分が相手を好きになれば、相手からは嫌われない」と思うからです。実際、これまで仕事のうえで好意を持って人に接して、激しく嫌われたことはありません。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

緊急事態に長文の報告書を求めるのは、できない上司の典型でしょう。上司の仕事とは、部下からいかに成果を引き出すかです。それなのに、部下の行動を監視して役員に報告することが仕事と思っているのは、中間管理職の悪い癖です。


高田明(ジャパネットたかた)

買う人の人生にどういう形で役に立てるのか、そこまで踏み込んで販売したら、きっとお客さんにも伝わるはずです。そして、そんなことが結果的に「売れるネタ」につながっていくのです。


佐藤秀哉

今でこそ、多くのお客様にご愛顧頂いていますが、創業から2期目などは大きな仕事が入るものの、現金が先に出ていく状態で非常に厳しい状況も経験しました。そんな時に思い出した場所が、日本IBM時代に過ごした浜松町です。浜松町の駅を降りて、増上寺の方向を見ると、東京タワーが見えます。その光景を見ると、「ここで頑張るんだ」、「一旗揚げるんだ」と決意した純粋な気持ちに戻ることができました。


ジョージ・バーナード・ショー

戦争において、いざ闘おうとするときに必要なのは、多少の熱い血と、勝つことよりも負けることの方が危険であるということを知ることである。


阿部祐二

意識が回復した瞬間から、こんなことを考えていました。「この入院は、英語力をもう一段レベルアップさせるための大チャンスだ」と。そして、DVDプレーヤーを病室に持ち込み、45日にわたる入院生活の間、朝から晩まで英語のドラマを観まくっていました。『24 -TWENTY FOUR-』は1話から最終話まで観ましたよ。英語力を磨こうと燃えている僕を見て、お見舞いに来た人はビックリしていました(笑)。この英語漬けのおかげで、僕の英語力は格段にレベルアップしました。
【覚え書き|交通事故で大怪我をして入院したときを振り返っての発言】


徳川家康

私はケチだから麦飯を食べているわけではない。いま天下は乱れに乱れ、領民も安らかな日は一日もない。そんななか私一人が暖衣飽食などできるものか。私が麦飯を食っているのも、少しでも節約して軍資金に回すためなのだ。


三井高房(三代目三井八郎右衛門)

人の心は、元小(もとちい)さくもって、その業(わざ)にいたって、大きく延ばし、畢竟(ひっきょう)、傘のように心得申すべく候。


藤田晋

努力している人を「意識高い系」と揶揄する人がいますが、自分のことを棚に上げ、他人のことをとやかく言う人は、それだけでダサい。努力はどこかで必ず生きます。周りから何と言われようと、気にしないでください。


平野信行

規模を追うよりも市場、お客様ごとにきめ細かく対応することが海外戦略のコア。