名言DB

9429 人 / 110879 名言

井上邦博の名言

twitter Facebook はてブ

井上邦博のプロフィール

井上邦博。日本の経営者。「進栄物産」社長。東京都出身。米ポールスミス大学ホテルマネジメント学部卒業。

井上邦博の名言 一覧

商品の販売には集客が最重要事項。


入手できる情報を取引先にいち早く伝え、素早い対応ができるよう努めています。


価格が安いと、数を売らないと数字が伸びないし、高額品を売るためには、商品知識がしっかりした販売員がいないと売れない。


ただ出店しただけでは売れません。出店メーカーにはそれぞれの店舗に合う品揃え、適切な価格の設定、販売体制の3つを心掛け、出店するように依頼しています。


伊勢丹に口座を開設し、催事企画会社としてスタートしました。創業時に伊勢丹から企画会社としての歩み方を数多く学びました。


井上邦博の経歴・略歴

井上邦博。日本の経営者。「進栄物産」社長。東京都出身。米ポールスミス大学ホテルマネジメント学部卒業。

他の記事も読んでみる

ジェフ・ベゾス

私はひとつの企業のためだけでなく、より大きな使命感を持っている会社が好きです。私はアマゾンを地球上で最も顧客中心の会社にして、多くの組織のロールモデル(お手本)になりたい。


西成活裕

一回、ひとつの分野で究めて他の分野に取り組んでみると、行き詰ることや難しいことって似た傾向があるんですね。「あのときに苦しんでいたあれか」と体験を置き換えられる。それで割と効率よく研究を進められるようになるんです。


橘玲

アスリートが厳しい競争に向かう時、大きなストレスにさらされますが、ストレスがあるからこそ高いパフォーマンスを発揮できるのも事実です。ロシアの心理学者ユーリ・アナンの「不安と運動能力の関係に関する研究」によると、人にはそれぞれパフォーマンスに効果的な不安レベルがあるそうです。たとえばある選手は不安レベル60の時に最も力を発揮し、ある選手はレベル30くらいの時に最高の成果を上げるのです。これはIZOF(個人の最適機能ゾーン)理論と呼ばれ、アスリートだけでなく、舞台俳優から軍事行動に参加する兵士まで、多くの分野にも応用されています。仕事も同じです。


山内奏人

プログラミングを始めたのは9歳です。そのころ自分で1枚ずつ写真を撮ってつなげるコマ撮りアニメをつくるのが好きだったんです。その関連本を図書館で読んでいたら、隣の本棚にプログラミングの本があって、これも面白そうだなと。そのころはC言語で、おみくじのアプリをつくったり、パソコンを二重にロックするプログラムを書いたりしていました。


江見朗

誤解を恐れずに言えば、「人生、人に好かれてなんぼ」。その意味で、感謝することは、人生の好循環を生み出す原点になると思うのです。


高萩昭範(髙萩昭範)

世界に売れるモノでなければ作りたくない。


田中和彦

いままでの職歴を書き出すことおすすめします。リストを作れば、自分の意外な経験やスキルに気づきますよ。私はリクルート時代に人事部で採用に携わった経験と、広報部で社内報の発行をしていた経験が重なって、「週刊ビーイング」の編集長になれました。そこで培ったプロデュースのスキルが、映画会社にプロデューサーとして転職するときに役立ったんです。


夏原武

不景気になると詐欺が増えるのは、将来に不安を感じる人が増えるためです。手元の虎の子を何とか手を付けずに、なんとか手を付けずに増やしていきたいと切実になり、「元本保証、高利回り」という常識で考えればありえない手段で運用しようと考えます。中途半端な知識を持っていることもかえって危険を招きます。


栗木契

理論に頼り切ることもまた事業活動を阻害する。とくに理論というものには、その再現性、そして広く知られている安心感から、「これに従っておけば大丈夫」と、人を思い込ませてしまいやすい魔性が備わっている点には注意が必要である。


能作克治

会社としては、外注費を絞ることができないので苦しいですが、地元の外注先に対して指導したり、社内と同等の人件費で発注すれば産地の企業が一緒に上がっていくではないですか。一社がダントツに伸びて、その一社がクシャミをしたら全員が風邪を引くようではダメ。同じぐらいの規模で伸びている会社がいくつもできることが、伝統産業には望ましいのです。