名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

井上逸兵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上逸兵のプロフィール

井上逸兵、いのうえ・いっぺい。日本の言語学者。「慶應義塾大学文学部」教授。石川県出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業、同文学部卒業、慶應義塾大学修士課程文学研究科修了。富山大学講師・助教授、信州大学人文学部助教授などを経て慶應義塾大学教授に就任。

井上逸兵の名言 一覧

特定の言葉をお互いに知っていると、「この言葉を使っても大丈夫」という安心感から仲間意識が生まれまる。


言語学は言葉がどう使われるかに注目する学問で、カタカナ語が使われること自体を良い悪いではとらえません。ただ乱用する風潮は個人的に好きではありませんし、相手がわからないと思ったら日本語に置き換えてあげるべきです。その心遣いはビジネスマナーに通じるのではないでしょうか。


日本語は外来語を定着させるのが、得意な言語と言えます。たとえば「アテンドする」「コミットする」の「する」を取って名詞にしてしまいます。「コミット」は動詞なので、名詞なら「コミットメント」のほうが正確なのですが、英語にサ変動詞の「する」さえつければ動詞になるのでこんなワザができてしまいます。また「ブリリアントな」のように、英語の後に「な」をつければとりあえず形容詞になる。他の言語では、こんな簡単に自国語に変換できるとはかぎりません。


井上逸兵の経歴・略歴

井上逸兵、いのうえ・いっぺい。日本の言語学者。「慶應義塾大学文学部」教授。石川県出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業、同文学部卒業、慶應義塾大学修士課程文学研究科修了。富山大学講師・助教授、信州大学人文学部助教授などを経て慶應義塾大学教授に就任。

他の記事も読んでみる

岩佐大輝

新しい産業を育てたければ、知恵を再現性が高いものにして、誰でもできるようにしないといけない。


黒鉄ヒロシ

上品な金の使い方ができる人は、寄付にしろ、飲み屋の支払いにしろ、黙ってやる。彼らは自慢をしないという見栄の張り方を知っているわけだ。


澤田貴司

顧客満足度を継続的に上げられる人、取引先の満足度を上げウィンウィンの関係をつくれる人、社員と一緒にゴールを目指せる人、それから数値結果を出せる人。この4つを経営の軸としてリーダーシップを発揮できる人なら間違いないと思います。


トマス・J・スタンリー

蓄財優等生は、お金は決して無駄にしてはいけないものと考える。生活設計を立て、予算を立てて、必要以上にお金を使わない。たとえ収入が多くても、そうすべきだと考える。高所得者といえども、収入より少ない金額で生活しなければ経済的に自立できない。


水尾順一

コンプライアンス意識を高めるためのコミュニケーションは、日々反復を徹底させることが基本。トップや上司がコンプライアンスの大切さについて繰り返し語ることはもちろん、皆がコンプライアンスの大切さを実感することのできる仕組みをつくることも重要。


西山昭彦

酒の席での失敗は取り返しがつきません。泥酔して接待相手を本気で怒らせた人がいました。翌日、謝ってなんとか取りなしたものの、次の年の昇進の道は断たれました。また、部下を朝まで連れ回す癖のある人も、「しょっちゅう付き合わされて部下がかわいそうだ」と昇進が見送られました。


トマス・エジソン

いつでも必ず、もっとよいやり方がある。それを探せ。


川野幸夫

今では、良い企業は「高収益」「顧客密着」といったエクセレントであるだけでは不十分です。尊敬される存在になることが欠かせない。


貞末良雄

前に読んだ本に「驚愕のマーケティング」という言葉がありました。こんなにいいものが、この値段で買えるのかと驚くような商品をつくれば、事業は成功するという考え方でした。自分たちのシャツの良さがわかってもらえれば、絶対に売れると信じていました。
【覚書き|創業当時、自社のシャツがほとんど売れなかった時代を振り返っての発言】


山本真司

すでに部下がいるという人でも、与えられた仕事を部下に指示してやるだけではマネージャーです。経営人材になるためには、ビジョンを描き、戦略を組み立てて周囲を巻き込むリーダーに変化する必要があります。


岩瀬大輔

稼げる人も稼げない人も、接することができる情報量や課せられる仕事、身の回りの出来事にそれほど大差はありません。両者を隔てるのは、そこから何をどう学ぶかという学びの姿勢です。


新将命

企業理念の10条件

  1. 作成の過程に社員の十分な参加・参画がある。
  2. 紙に書いてあり、「見える化」度が高い。
  3. 表現、内容、長さがユーザー・フレンドリーであり、人を鼓舞する。
  4. 差別化があり、戦略の根源として機能している。
  5. グローバルに通用する。
  6. 社内外のステークホルダーに対し徹底的にコミュニケートされている(頻度、場、方法等)。
  7. 経営判断・決断や業務の場で経営上の道具(ワーキングツール)として使われている。
  8. 定期的に実践評価が行なわれ、是正措置が採られている。
  9. 必要に応じて改訂を加えている。
  10. トップの強いコミットメントが具体的な形で示されている。