名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

井上逸兵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上逸兵のプロフィール

井上逸兵、いのうえ・いっぺい。日本の言語学者。「慶應義塾大学文学部」教授。石川県出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業、同文学部卒業、慶應義塾大学修士課程文学研究科修了。富山大学講師・助教授、信州大学人文学部助教授などを経て慶應義塾大学教授に就任。

井上逸兵の名言 一覧

特定の言葉をお互いに知っていると、「この言葉を使っても大丈夫」という安心感から仲間意識が生まれまる。


言語学は言葉がどう使われるかに注目する学問で、カタカナ語が使われること自体を良い悪いではとらえません。ただ乱用する風潮は個人的に好きではありませんし、相手がわからないと思ったら日本語に置き換えてあげるべきです。その心遣いはビジネスマナーに通じるのではないでしょうか。


日本語は外来語を定着させるのが、得意な言語と言えます。たとえば「アテンドする」「コミットする」の「する」を取って名詞にしてしまいます。「コミット」は動詞なので、名詞なら「コミットメント」のほうが正確なのですが、英語にサ変動詞の「する」さえつければ動詞になるのでこんなワザができてしまいます。また「ブリリアントな」のように、英語の後に「な」をつければとりあえず形容詞になる。他の言語では、こんな簡単に自国語に変換できるとはかぎりません。


井上逸兵の経歴・略歴

井上逸兵、いのうえ・いっぺい。日本の言語学者。「慶應義塾大学文学部」教授。石川県出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業、同文学部卒業、慶應義塾大学修士課程文学研究科修了。富山大学講師・助教授、信州大学人文学部助教授などを経て慶應義塾大学教授に就任。

他の記事も読んでみる

村瀬治男

まず、お客様のニーズを知るために知恵を絞りなさい。そして、ニーズがわかったら知恵を絞って提案をしなさい。


新居佳英

いずれ起業するつもりだったので、若い経営者の下で、若いうちから責任と裁量を持たせて仕事を任せてくれるところを選びました。
【覚え書き|大学卒業後、インテリジェンスに入社したことについて】


井川幸広

会社を興して5年目くらいまでは、資金繰りに悩まされました。支払いに毎月追われ、そのたびにお金を工面しに行っていました。非常に困難な状況でしたが、めげずにやってきたからこそ今があります。


包行均

コストアップ経営の時代が来ると思う。ダウンじゃなくて、アップね。品質問題が騒がれているけど、元をたどればコストダウンに行き着く。確かにコストダウンは必要でしょうけど、行き過ぎが品質の悪化を招いているんじゃないか、と。


ロバート・キャンベル

日本に住み始めて、もう26年になります。昨年、東日本大震災があって、僕も読書会を開くなど、何度も被災地に行きましたけど、あらためて日本人の心の強さを感じました。復興というものも、やっと始まったばかりというか、地域によってはまったくの手つかず状態にありますが、多くの人たちが、「何かをしよう」と自分の時間とお金をかけて継続的にやっているわけでしょう?


日色保

迷いのあるリーダーには誰もついてこない。リーダー自身が目指す方向を強く信じて突き進むべきだということも、実感した時期でした。


太田肇

仕事において個人がクリエイティビティを発揮できなければ、これからは生き残っていくのがむずかしくなる。


ダ・ヴィンチ・恐山(品田遊)

「すごく斬新」という感想を多くいただけてありがたいです。でも正直に言うと、自分ではあまりピンときていないですね。エゴサーチして、「面白い」とか「新しい」といった感想が出てくると、「本当だろうか」とつい疑ってしまいます。「えっ、だって世界ってだいたいこんな感じじゃない?」という戸惑いがあって……本の帯に「黙示録的」とあったのも驚きました。私としては、普段見ている光景をより象徴的に書いただけ、という感覚なんです。


宮内義彦

下からはなかなか既存のものを破壊しようとする動きが出てこないので、上から破壊していかなければならない。


真弓・ナタリー・ユエン

華僑に限らず、成功した人の多くは、絶対にうまくいく流れをどこかで掴んでいます。それを可能とするのは、ささいな幸運を見逃さぬ感性と、自分のすべてを肯定すること、どんな変化も受け入れられる考え方と行動力、自然に人生の流れに身を任せる信頼感、といったいくつもの知恵が必須です。


ビル・ゲイツ

マイクロソフトにはたくさんの素晴らしいアイデアがあるが、それらは皆、トップの人間から来たものである印象がある。残念ながらそれは間違った印象だ。


三枝匡

ミスミの社長を任されたあと、現場を歩き回りながら、ハタと気づきました。「この会社は商社なのに、こんなに外注してしまったら会社に何が残るのか」と。お客様のニーズを肌感覚で吸い上げ、クレームで叱られたらその学びを最大限に生かすという「お客様との貴重な接点」をすべて人任せにしていました。そこで社長就任後、長く続いてきたアウトソーシング方針をひっくり返しました。「持たざる経営」から「持つ経営」に大きく振り子を戻したのです。