名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上貴至の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上貴至のプロフィール

井上貴至、いのうえ・たかし。日本の官僚(総務)、地域再生家。大阪府出身。東京大学法学部卒業後、総務省に入省。自治体に官僚を派遣する地方創生人材支援制度を発案。内閣府地方分権改革推進室主査などを経て鹿児島県長島町に出向。同町の副町長として地域再生の仕事に携わった。

井上貴至の名言 一覧

人は人に集まる。


プランを出すのは簡単ですが、本当に大変なのはまわりの人を巻き込んで実現すること。


僕は、いろんな人たちをつなぐ「地域のミツバチ」になりたい。


地域には隠れたヒーローがたくさんいて、その人たちが地域を支えている。


総務省は公職選挙法や税法、地方自治法などの地方行政制度が中心の役所で、現場の地域づくりは主流ではありません。なかでも僕は若手官僚で唯一実名ブログを書いているので、主流にいる人たちからは疎まれているかもしれません(笑)。でも、直接の上司はかわいがってくれますし、長島町で成果が出てくれば、評価も後からついてくると思います。いまは自分が社会から求められていることをやるのが大事なのかなと考えています。


広い視野で、地域外の人と組むのはとても重要です。たとえば、いま僕がいる鹿児島県長島町は食のブランド化が課題の一つ。ただ、自分たちだけで考えると視野が狭くなってしまう。そこで大阪の辻調理師専門学校と協定を結び、先生や卒業生が生産者にアドバイスしたり、口コミで食材の良さを伝えてくれる。そのほうが地元の人だけでやるよりも効果的な手が打てる。


全国を回って気づいたことは、地域づくりが昔のジャイアンツになっているということです。四番ファーストタイプの選手ばかり集めて、チームとしてあまり機能していなかった。地域づくりも似たところがあって、主役しかいないんです。その結果、地域として機能していなくて、抱えている課題が放置されている。主役以外にもいろいろな人の力を借りるべきです。


井上貴至の経歴・略歴

井上貴至、いのうえ・たかし。日本の官僚(総務)、地域再生家。大阪府出身。東京大学法学部卒業後、総務省に入省。自治体に官僚を派遣する地方創生人材支援制度を発案。内閣府地方分権改革推進室主査などを経て鹿児島県長島町に出向。同町の副町長として地域再生の仕事に携わった。

他の記事も読んでみる

白川保友

顧客志向という考えが人を動かす力を持つと実感したのは、JR東日本の担当常務として、ICカード乗車券Suica(スイカ)とPASMO(パスモ)の相互利用に向けた交渉を進めていた時です。私鉄やバスなどのパスモとスイカを共通化する構想に対して、私鉄側の警戒感は容易に解けませんでした。JR東日本は緑がコーポレートカラーですので「緑色に染まるのは嫌だ」とか、「主導権を奪われてしまう」などの声が聞こえてきました。私は「JRのためでなく、顧客のためにやりましょう」と私鉄各社を何度も説得しました。最後は群馬県の水上温泉に各社の担当者に集まってもらい、合宿形式の議論に臨みました。こちらの手の内やノウハウはすべて公開すると宣言し、実質的にはその場で共通の方向が決まったのです。


大坪文雄

上に立つ人間ほど、衆知を集めることの大切さを深く理解し、「みんなの知恵のおかげで事業ができるのだ。自分はそのコーディネートをしているだけだ」という自覚を持つべき。


佐藤優

小説には必ず人間の怒りや憎しみがテーマとして出てきます。よい小説を読むことで、人間の心の奥底にあるものや動きを知ることができる。


渡瀬謙

しゃべりが苦手な人ならば「しゃべらずに売るにはどうすればいいか」を考えるといいでしょう。


麻野進

正管理職の悪口は厳禁です。たとえあなたから見ていろいろ問題があっても、あなたの人事評価の権限を握っているのは直属の上司です。しかも、引き上げた上層部の責任もありますから、どんなダメ上司でも一年やそこらで配置転換にはならない。ケンカしても、勝てる相手ではありません。そんな暇があったら、ダメ上司の弱みをカバーしつつ課内の他のメンバーの人心掌握につとめたほうが生産的です。


福原有信

見せかけの模倣は駄目だ。やるなら徹底的に根本から始める。


小室淑恵

朝出社したら、全員が仕事に取りかかる前に日報を書きます。内容はその日のスケジュールと書く作業の優先度。それをメーリングリストで全員に流してしまうので、情報も共有できますし、自分のスケジュールがみんなに知られるため、自己を律する役目も果たします。


岡崎富夢

成果が上がる仕組みをどう作るか、大事なのはその一点。


永井浩二(経営者)

「いままでの3倍の汗をかけ」と言っています。数字のための営業ではなく、お客様のための営業をしてほしい。結果はいままでと同じで構わないが、そのために3倍の努力をしてほしい。そう指示しています。


松本和也

アナウンサー数年目になって技術が上がってきます。すると流暢に、立て板に水でしゃべる自分に酔ってしまう。私もある先輩から「お前の話はちっとも耳に残らないんだよ」と言われハッとしました。


野老真理子

清掃活動や学童保育は収益を生みませんが、新たな人々と出会うことで、信頼というおカネでは買えないものが得られる。


松下幸之助

カンでいいときと、カンではなく科学的なものでないといけないときがあるわけです。しかし、カンが必要ないということには決してならない。