名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

井上貴至の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上貴至のプロフィール

井上貴至、いのうえ・たかし。日本の官僚(総務)、地域再生家。大阪府出身。東京大学法学部卒業後、総務省に入省。自治体に官僚を派遣する地方創生人材支援制度を発案。内閣府地方分権改革推進室主査などを経て鹿児島県長島町に出向。同町の副町長として地域再生の仕事に携わった。

井上貴至の名言 一覧

人は人に集まる。


プランを出すのは簡単ですが、本当に大変なのはまわりの人を巻き込んで実現すること。


僕は、いろんな人たちをつなぐ「地域のミツバチ」になりたい。


地域には隠れたヒーローがたくさんいて、その人たちが地域を支えている。


総務省は公職選挙法や税法、地方自治法などの地方行政制度が中心の役所で、現場の地域づくりは主流ではありません。なかでも僕は若手官僚で唯一実名ブログを書いているので、主流にいる人たちからは疎まれているかもしれません(笑)。でも、直接の上司はかわいがってくれますし、長島町で成果が出てくれば、評価も後からついてくると思います。いまは自分が社会から求められていることをやるのが大事なのかなと考えています。


広い視野で、地域外の人と組むのはとても重要です。たとえば、いま僕がいる鹿児島県長島町は食のブランド化が課題の一つ。ただ、自分たちだけで考えると視野が狭くなってしまう。そこで大阪の辻調理師専門学校と協定を結び、先生や卒業生が生産者にアドバイスしたり、口コミで食材の良さを伝えてくれる。そのほうが地元の人だけでやるよりも効果的な手が打てる。


全国を回って気づいたことは、地域づくりが昔のジャイアンツになっているということです。四番ファーストタイプの選手ばかり集めて、チームとしてあまり機能していなかった。地域づくりも似たところがあって、主役しかいないんです。その結果、地域として機能していなくて、抱えている課題が放置されている。主役以外にもいろいろな人の力を借りるべきです。


井上貴至の経歴・略歴

井上貴至、いのうえ・たかし。日本の官僚(総務)、地域再生家。大阪府出身。東京大学法学部卒業後、総務省に入省。自治体に官僚を派遣する地方創生人材支援制度を発案。内閣府地方分権改革推進室主査などを経て鹿児島県長島町に出向。同町の副町長として地域再生の仕事に携わった。

他の記事も読んでみる

福島哲史

活用できるビジネス文書を作成する際は、相手に用件が正確に伝わらなければなりません。そしてさらに、こちらが意図するように相手に動いてもらうことが必要。


染谷光男

欧州において、ローカル嗜好に受け入れられた商品の一例に、フランスの「スクレソース」という甘いしょうゆがあります。白いご飯にかけて食べるそうです。きっかけは焼き烏にありました。フランスで人気の焼き鳥店を訪れる客の動向を見ていたところ、白いご飯に焼き鳥の残ったたれをかけている姿が目に留まったのです。そこで、「これは商売になるんじゃないか」と。フランスのスーパーの棚にスクレソースを並べることができた結果、しょうゆメーカーとして2番手だったキッコーマンはフランスで1番手になりました。やはり、その土地で受け入れられるものを作ることがカギですね。


上田準二

普段の仕事でも、部下のフォローはやっていました。たとえば「他の商社にお客様を奪われた」と報告があれば、突き放すのではなく、翌週一緒に行って、自分が営業するところを見せて教えます。そして、部下が真似をして結果が出たら、ちゃんと部下の手柄として褒めます。山本五十六の「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」です。


谷本有香

基本的に人は、利他の精神で動く志の高い人を応援したいと感じます。そのため、いつまでたっても自分の利益ばかりを追いかけている人は、次第に誰からも支えられなくなり、「尊敬されるリーダー」でいられなくなるのです。すると、事業が傾いたタイミングで、簡単にトップから引きずりおろされてしまいます。


村田昭治

人は、使命感にあふれ、未来に挑戦する気概を青春時代のようにもつとき、人間力、人物力、実行力の魅力が横溢(おういつ)する熱気あるリーダーになっていくものだ。


アルフレッド・アドラー

大切なことは共感すること。共感とは、相手の目で見、相手の耳で聞き、相手の心で感じることだ。


前田知洋

会話で肝心なことは「あなたのことが知りたい」という気持ちを伝えることではないでしょうか。会食でワインが出てくれば、ワインのうんちくを傾けるのではなく、まず相手の好きなワインを聞く。いつ飲んだのか、誰と飲んだのか、なぜ好きなのか。自然と会話は弾んでくるはずです。好奇心や共感力があれば、うんちくは必要ありません。


新藤兼人

私は間もなく89歳になりますが、これからも映画を撮り続けようと思っています。年を取ったら取ったなりに、新たな素材との出会いがありますから、常に企画を何本か用意して、準備しています。準備をしているということが生きていることなんです。その途中で死んでも構いません。準備しながら生きること、それは自分の安定感になります。約束された安息ではなくて、どうなるかわからないという安定感です。


有田秀穂

基本的にストレスをためないことが先決です。強いストレスを感じ続けていれば、私たちの心や体は病んでしまいます。でも日頃からセロトニン神経を鍛えていれば、多少のストレスならスルッと自然に受け流せるようになりますよ。セロトニン神経を鍛えるコツは、太陽に合わせた規則正しい生活を心がけ、一定のリズムを刻みながら体を動かすリズム運動を習慣化すること。


田原総一朗

僕は新聞記事がおかしいなと思ったら、書かれた政治家やコメントした学者本人、あるいは近い人に電話をして話を聞きます。メディアは着眼点を与えてくれるツールだと思って利用すればいい。


瀬戸健

トレーナーと一対一の、個室でのトレーニングというサービス自体は、他にもあります。ただ、結果が出るかどうかはケースバイケースなのではないでしょうか。つまり、決して再現性のあるメソッドではなかったと思います。それを「必ず結果が出る」メソッドにまで落とし込んだのが、ライザップなのです。


嶋浩一郎

今、東京の下北沢で「B&B」という書店を経営しています。そこではビールが飲めます。それは、私自身、ビールを飲んだときのほうが本を買いたくなるから。普通は、ビールがこぼれたら本がダメになると考えて、やらないのでしょう。でも、ビールを飲みながら本を読みたい方が多く来てくれればいい。また、連日、著者を呼んだりしてイベントをしています。これも、そうしたら楽しい、何度も行きたくなる、と私が思うからです。