井上貴至の名言

井上貴至のプロフィール

井上貴至、いのうえ・たかし。日本の官僚(総務)、地域再生家。大阪府出身。東京大学法学部卒業後、総務省に入省。自治体に官僚を派遣する地方創生人材支援制度を発案。内閣府地方分権改革推進室主査などを経て鹿児島県長島町に出向。同町の副町長として地域再生の仕事に携わった。

井上貴至の名言 一覧

人は人に集まる。


プランを出すのは簡単ですが、本当に大変なのはまわりの人を巻き込んで実現すること。


僕は、いろんな人たちをつなぐ「地域のミツバチ」になりたい。


地域には隠れたヒーローがたくさんいて、その人たちが地域を支えている。


総務省は公職選挙法や税法、地方自治法などの地方行政制度が中心の役所で、現場の地域づくりは主流ではありません。なかでも僕は若手官僚で唯一実名ブログを書いているので、主流にいる人たちからは疎まれているかもしれません(笑)。でも、直接の上司はかわいがってくれますし、長島町で成果が出てくれば、評価も後からついてくると思います。いまは自分が社会から求められていることをやるのが大事なのかなと考えています。


広い視野で、地域外の人と組むのはとても重要です。たとえば、いま僕がいる鹿児島県長島町は食のブランド化が課題の一つ。ただ、自分たちだけで考えると視野が狭くなってしまう。そこで大阪の辻調理師専門学校と協定を結び、先生や卒業生が生産者にアドバイスしたり、口コミで食材の良さを伝えてくれる。そのほうが地元の人だけでやるよりも効果的な手が打てる。


全国を回って気づいたことは、地域づくりが昔のジャイアンツになっているということです。四番ファーストタイプの選手ばかり集めて、チームとしてあまり機能していなかった。地域づくりも似たところがあって、主役しかいないんです。その結果、地域として機能していなくて、抱えている課題が放置されている。主役以外にもいろいろな人の力を借りるべきです。


井上貴至の経歴・略歴

井上貴至、いのうえ・たかし。日本の官僚(総務)、地域再生家。大阪府出身。東京大学法学部卒業後、総務省に入省。自治体に官僚を派遣する地方創生人材支援制度を発案。内閣府地方分権改革推進室主査などを経て鹿児島県長島町に出向。同町の副町長として地域再生の仕事に携わった。

他の記事も読んでみる

小杉俊哉

居心地の良いところにいるだけでは、成長がありません。あえて違和感のある環境に身を投じることも必要なのです。


安渕聖司

健康には、やはり食事が大事だと考えています。それに加えて、生活リズムを崩さないこと。たとえば私は、世界中どこへ行っても朝6時前には起きます。6時に起きて、そこから1時間半くらいの間に野菜中心の朝食をしっかり摂ります。これが1日のベースになります。そして日曜日から木曜日までの間、夜12時を超えて起きていることはありません。会食があったとしても必ず夜10時半までには帰宅をし、入浴をして眠ります。最低6時間の睡眠を毎日しっかり取るのです。この生活リズムを、かなり規則正しく実行しています。


是川銀蔵

分からんことがあったらお父さんに聞きなさい、あとは自分でやりなさい。若い者に政治をやらせなければ先は開けない。


松下幸之助

部下を抜擢するときは、運が強いかどうかを見る。難しい問題にぶつかったときに面白がれるヤツは、運が向く。


矢野博丈

いま振り返ると、私の仕事人生は、苦しい思い出ばかりです。とにかく何をやっても上手くいかないし、上手くいきかけると何かが起きて振り出しに戻される。その繰り返しで「自分は運が悪い」「能力がない」ということをつくづく思い知らされました。でも、結果的にはそれがよかったと思っています。


福原賢一

お金を稼ぐことを目的化してはいけない。お金はあくまで手段であって、稼いだお金をどう使うかが大事。それは人が幸せになるような文化や地域を作るために使われるべき。


三木田國夫

従業員に「希望」と「夢」と「安心」を与えるのがトップの仕事です。やり甲斐のある仕事が出来る職場がいいでしょう。簡単に言えば、「お父さん、いい会社に勤めて良かったね。退職してからも安心だね」と家族から言ってもらえる会社にするのが経営者の仕事です。


田中健介(経営者)

一強とはあらゆる点でトップレベルということを意味しており、一強即ちトップレベルを目指すところに不況なし。


小山昇

会社とプライベートを分けるのは間違い。家庭に問題を抱えていたら、仕事に集中できるはずがない。そのためには、私が社員のプライベートの情報を把握しておく必要がある。職場にいるときの情報だけで、社員の精神の好不調を確認することは難しい。奥さんと揉めて悩んでいるときに大きな仕事を任せたりしたら、彼の精神的なストレスが増すだけ。その影響が仕事に出れば、会社としても不利益になりますから。


城岡陽志

社長も大失敗すると思えば社員も安心する。失敗なくして社長になっている人なんか、いないんじゃないの?


渋井真帆

数字や決算書を読むというのは、分析するということです。分析するには比較が大前提です。数字が読めない人は、比較のやり方がわからないんです。数字を見ただけでは分析できないのに、ただひとつの数字をジーっと見て「わかりません」となってしまうのです。


岩瀬大輔

社会人になった途端に勉強をしなくなる人が多いのは、勉強しなくても脊椎反射で日々の仕事を乗り切れてしまうからでしょう。しかし、ビジネスパーソン、とくにプロフェッショナルであれば、常に勉強して知識を身につけておかなくてはなりません。たとえば、アスリートは試合に出るために毎日練習します。練習せずに試合だけ出場している選手はいません。プロとして仕事する以上、ビジネスパーソンも勉強にもっと時間を割くべきです。


塚越友子(水希)

理想は、実力に応じたステップを作って徐々に上らせること。十ステップくらい細かく分け、「いずれは十段目のような仕事をしてもらうから、そのために今は一段目をやってみよう」と伝えると意欲も出ますし、無理なく実力をつけていくことができます。


吉田忠裕

これまで当社はハイファッションやハイファンクションに強みを発揮してきたのですが、アジアを見ると、そうではないマーケットが非常に増えてきていると。それに対する供給力をきちんと強め、量的成長をしていかなければならなくなりました。


江川達也

昔誰かが考えついたやり方を覚えたって、そんなのちっとも楽しくないじゃないですか。それより僕は、自分で「江川流」の解法を考えだすのが好きだったんです。


ページの先頭へ