名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上貴功の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上貴功のプロフィール

井上貴功、いのうえ・たかのり。日本の経営者。「クロスキャット」社長。法政大学経済学部卒業後、小杉産業を経てクロスキャットに入社。執行役員コンサルティング事業部長、取締役執行役員営業統括部長、常務、副社長などを経て社長に就任。

井上貴功の名言 一覧

コンピュータ業界は、これからも大きく伸びていくと思っています。ただ、今までとは違う形で、あらゆる業態に細かく絡み合う形になっていくでしょう。その中で当社は、あくまでも顧客視点のITサービス業として、お客様と共に成長していきたいと思っています。


製造業であれば付加価値が高くない限り、最終的にコスト競争に巻き込まれてしまう。特に最近は外国企業で低コストを売りにしている会社もあり、そのようなところとも戦えなくなってしまう。しかし、サービス業ならば違う。サービスの価値はお客様が決める。ならば当社もお客様指向で、サービス業としてやっていこうと。


データを分析して終わりではなく、それを生かしてどうするのか。次のアクションまで提案します。当社はプログラム、システムをつくる製造業でしたが、世の中の仕組みが変わる中で、お客様が利用するITサービスをコーディネートし、付加価値を見いだす、そういったことも出来ないといけない。


金融系のシステムは24時間、365日止まってはいけないということが最大の条件です。こうした「ミッションクリティカル」なシステム開発を長年にわたって手掛けてきたことが、当社のシステム開発の品質と信頼性の高さを証明しています。


井上貴功の経歴・略歴

井上貴功、いのうえ・たかのり。日本の経営者。「クロスキャット」社長。法政大学経済学部卒業後、小杉産業を経てクロスキャットに入社。執行役員コンサルティング事業部長、取締役執行役員営業統括部長、常務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

小谷田孝行

ホテルにとって人材は宝、チームパートナーです。会社を潰すのは簡単ですが、社員1人の後ろには家族が何人もいます。また一方で私が気を抜けば、「あなたの会社は変ね」と家族に指摘され優秀な人材が辞めてしまいます。


刈田範博

電話をかけるときは、自分が話している声のトーンや話のテンポ、自分の気分がお客様にどのように伝わっているのかを意識して話すことが大切です。


一宮忠男

近くに何店もつくれば自社競争になってしまうという意見もありますが、私たちの出店戦略は点ではなく面での展開です。私たちは覇権主義ではありません。マーケットの100%のシェアを取ろうとは思っていません。最大公約数のお客様の期待にしっかり応えていきたいのです。


山崎元

投資信託のうち99%は検討に値しません。販売手数料や信託報酬が高いからです。毎月分配型の投資信託はすべてダメ。仕組みとして損ですし、手数料が高すぎる。買って良いのは、販売手数料が無料(ノーロード)で、信託報酬は高くても0.5~0.6%以下のもの。


中曽根康弘

二人とも歳を取ったし、昔は仲が良かったじゃないか。仲違いしたまま墓場まで持って行く話ではないだろう。
【覚え書き|仲違いしている知人たちの仲裁をしたときの発言】


稲葉善治

ときには24時間体制で開発しなければいけないこともあるし、技術的なブレイクスルーを徹底して追求しなければならない場合もある。しかし、研究開発に携わる研究員の一人一人がゴールをわかっていれば、そんなに難しいことではないと思います。私はあれこれ考えずに目標に向かって一直線に進めと言っています。


佐藤可士和

デスクの横に、整理の避難場所としてフリースペースを設けています。これは、その場ですぐに分類しきれないものを暫定的に置くためのスペースです。僕の場合、仕事と密接な関わりのないサンプルや雑誌類をここに置くことが多いです。あくまでも「とりあえず」の処置なので、避難期間は2~3日で、長くても一週間。折をみて処分するなり、新たな定位置を決めるなどの判断を下すので、フリースペースがモノで溢れることもありません。


マハトマ・ガンジー

努力することは人間の務めである。最善を尽くしてもがいているときに、たとえ災いに押し流されそうになっても、決してくじけてはいけない。


瀬戸欣哉

ジュースバーは誰がボタンを操作しても同じジュースが出てきますよね。会社もそれと同じように、誰でも一生懸命働けば結果を出せるような組織でなければ、持続的に成長できない。


貫啓二

子供を楽しませるには、スタッフの元気や笑顔が不可欠。


辻本憲三

トップは現場に足しげく通うのではなく、判断するために存在しているのです。


前田晃伸

僕の親父はいつも「お前が決めるんだ。相談されても困る」と言っていました。したがって、中学のころから進路をどうしようかと一人でずいぶん悩みました。流れに身を任せた人もいる。しかし他人の作ったペースにずっと合わせ続けるのは結構疲れるんじゃないかと思います。