名言DB

9490 人 / 112001 名言

井上貴功の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上貴功のプロフィール

井上貴功、いのうえ・たかのり。日本の経営者。「クロスキャット」社長。法政大学経済学部卒業後、小杉産業を経てクロスキャットに入社。執行役員コンサルティング事業部長、取締役執行役員営業統括部長、常務、副社長などを経て社長に就任。

井上貴功の名言 一覧

コンピュータ業界は、これからも大きく伸びていくと思っています。ただ、今までとは違う形で、あらゆる業態に細かく絡み合う形になっていくでしょう。その中で当社は、あくまでも顧客視点のITサービス業として、お客様と共に成長していきたいと思っています。


製造業であれば付加価値が高くない限り、最終的にコスト競争に巻き込まれてしまう。特に最近は外国企業で低コストを売りにしている会社もあり、そのようなところとも戦えなくなってしまう。しかし、サービス業ならば違う。サービスの価値はお客様が決める。ならば当社もお客様指向で、サービス業としてやっていこうと。


データを分析して終わりではなく、それを生かしてどうするのか。次のアクションまで提案します。当社はプログラム、システムをつくる製造業でしたが、世の中の仕組みが変わる中で、お客様が利用するITサービスをコーディネートし、付加価値を見いだす、そういったことも出来ないといけない。


金融系のシステムは24時間、365日止まってはいけないということが最大の条件です。こうした「ミッションクリティカル」なシステム開発を長年にわたって手掛けてきたことが、当社のシステム開発の品質と信頼性の高さを証明しています。


井上貴功の経歴・略歴

井上貴功、いのうえ・たかのり。日本の経営者。「クロスキャット」社長。法政大学経済学部卒業後、小杉産業を経てクロスキャットに入社。執行役員コンサルティング事業部長、取締役執行役員営業統括部長、常務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

秋草直之

我々は日本の消費者に鍛えられ、その要望に応えてきたからこそ、高い技術力を持つことができたと考えています。


久野正人

リーダーが成果を拳げることだけに血道を上げていると、部下との関係の質が損なわれて、むしろ成果が挙がらなくなる場合が多い。


岩田松雄

本来は、仕事の目的や背景を説明するのは上司の役割です。私自身、部下に仕事を頼むときには、「何のための仕事か」をできるだけ説明していました。しかし、実際には、そうした説明をしない上司が多いでしょう。そういう場合は、黙って指示どおりに仕事に取りかかるのではなく、部下のほうから目的や背景を尋ねるべきです。


ハーマン・サイモン

国が輸出で強いポジションを維持するには大企業だけに頼ってはダメです。日本はグローバルで事業展開する中小企業を増やすべきですし、できると思います。技術力の高い中小企業が多いのですから。


堀切功章

少子高齢化で量的なニーズが減ってくることばかりに目を奪われがちですが、質的な変化に目を向ければ、市場の掘り起こしはできる。


肥土伊知郎

スコットランドでは、「ウイスキーと呼ばれるのは3年以上熟成させたもの」というルールがあります。当社もそれに従いました。樽で貯蔵する前の原酒をニューポットと呼びます。その段階で「悪くない」とは思っていましたが、どうなるかは時間がたってみないと分からない。でも3年たって、テイスティングしたところ、「これは行ける」と。


厚切りジェイソン

他の人間にできたことが、僕にできないわけがないと信じることが大事。


吉留真

いまのアジアの状況は、攻めて、攻めて、攻めまくらないと勝てない局面なんです。いま攻めないと勝てない。手遅れになってしまうと思っています。あとは自分が攻められて終わりです。当然ですが、やはりその局面において、いろいろな作戦を考える必要があります。


小飼弾

実利に直結した本を読みたいなら、それぞれの分野で教科書といわれている本を選んだ方がよいでしょう。それは、専門書です。コンピュータの世界に身を置いてきた私を例にとると、『K&R』という本があります。コンピュータ言語の解説書で、バイブルともいえる本です。ただ、これを素人が読めるかといえば、そう簡単には読めません。やはり、ある程度、コンピュータを勉強した人にしか理解できない。でも、本当に実利に直結する本というのはそういう本です。


寺坂史明

現状の問題点なども挙げ、厳しいことも指摘しなくてはいけません。クタクタになって頑張っているのに結果が出ないのはなぜだろう。そんな営業マンの本音も返ってきます。自分自身が徹底的しきれてないことだって、トップとしては言わなくてはなりません。社員の本音を浴びるうちに精神的に参ってしまって、血尿が9日間出ました。でもそこまでやって、見えてくることがあります。やっぱり社長は頭を使って一所懸命に考えることです。
【覚書き|社長就任後、全国を回り社員たちと8か月で150回以上ミーティングを行い、真剣に議論したことについて語った言葉】


川村隆

なぜ、アイデンティティを重視したのか。再生には財政再建も急務であり、赤字事業を分社化するなど、構造改革の方針を決めていた。ただ、財政再建だけでは、社員たちは日立がどこに向かっているのかわからない。事実、若手から届くメールは、現状への失望が読み取れた。自分は何のために仕事をするのか。必要なのは未来の道筋を示すことだった。


大西紀男

過去の苦い経験がありますので、わたしは二度と会社を潰したくない。だから、無理して事業を拡大しようとは思っていません。今後は身の丈にあった小型オフィスビルの開発と運営に特化した事業に徹していく。