井上貴功の名言

井上貴功のプロフィール

井上貴功、いのうえ・たかのり。日本の経営者。「クロスキャット」社長。法政大学経済学部卒業後、小杉産業を経てクロスキャットに入社。執行役員コンサルティング事業部長、取締役執行役員営業統括部長、常務、副社長などを経て社長に就任。

井上貴功の名言 一覧

コンピュータ業界は、これからも大きく伸びていくと思っています。ただ、今までとは違う形で、あらゆる業態に細かく絡み合う形になっていくでしょう。その中で当社は、あくまでも顧客視点のITサービス業として、お客様と共に成長していきたいと思っています。


製造業であれば付加価値が高くない限り、最終的にコスト競争に巻き込まれてしまう。特に最近は外国企業で低コストを売りにしている会社もあり、そのようなところとも戦えなくなってしまう。しかし、サービス業ならば違う。サービスの価値はお客様が決める。ならば当社もお客様指向で、サービス業としてやっていこうと。


データを分析して終わりではなく、それを生かしてどうするのか。次のアクションまで提案します。当社はプログラム、システムをつくる製造業でしたが、世の中の仕組みが変わる中で、お客様が利用するITサービスをコーディネートし、付加価値を見いだす、そういったことも出来ないといけない。


金融系のシステムは24時間、365日止まってはいけないということが最大の条件です。こうした「ミッションクリティカル」なシステム開発を長年にわたって手掛けてきたことが、当社のシステム開発の品質と信頼性の高さを証明しています。


井上貴功の経歴・略歴

井上貴功、いのうえ・たかのり。日本の経営者。「クロスキャット」社長。法政大学経済学部卒業後、小杉産業を経てクロスキャットに入社。執行役員コンサルティング事業部長、取締役執行役員営業統括部長、常務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

新谷学

スクープを連発できるのは狙っているから。毎週毎週取ろうとしている。


鷲田小彌太

頼んでくれる人がいるから、居場所が生まれるんだよ。結局は、向こうからやってきた運命に身を任せるしかない。自分がいくら求めても、そこに自分を受け入れてくれる人がいなけりゃ、何もできないんだから。タダだって頼まれたことは、したほうがいいんだよ。


門川義彦

なぜアイコンタクトが大切なのか。それは相手を見ないと深いコミュニケーションができないからです。そのためには、相手と呼吸を合わせなければなりません。自分の呼吸に合わせてうなずいてくれるから、もっと話したいと思うのです。あなたもそっぽを向いている人に話しかけるのは嫌でしょう?お客様のことを本当に考えているのであれば、笑顔でしっかり目を見て、呼吸を合わせてうなずくことです。


大野裕

「書く」という作業は自分を客観的に見ることにつながるので、日記をつけることもお勧めです。日記があれば「数週間前は起き上がれなかったのに、いまは散歩に行けている」など、後から第三者的な目で確認できます。気分の波があることを客観的に理解できると、うつの揺り戻しがきても、むやみに焦らず、徐々に自分を取り戻していく力になります。頭の中だけで悪く考えすぎていないかどうか、もう一人の自分がチェックするのも役に立ちます。ただ、毎日何か書かないといけないと自分を縛りすぎると辛くなるので注意してください。


荻原博子

考えてみれば私の場合、30代の仕事といまの仕事は、ほとんど変わりません。原稿料だって安いまま(笑)。でも、それでいいんです。小さな仕事をコツコツ積み重ねていくことが力になりますから。だからおかげさまで、30代のころと同じように仕事の声をかけてもらえます。


松村厚久

個店主義を採用する会社はほとんどありません。各店舗異なる食材を使う分、配送コストが上がり、管理の手間もかかるからです。でも、大変さは覚悟の上。飲食店の食材の7割はどこも同じなので、うちも7割は全店で同じものを仕入れ、残り3割で差別化し、効率化を図っています。


太宰俊吾

いちいち目くじらを立てていたら、良い結果は得られません。まずは文化の違いを受け入れることが大事なのです。


中根千枝

いまのような変化の時代は、組織のタテの力が弱くなるのです。実際に、タテの束縛が緩くなってきています。実力のある個人にとっては、自由度が大きくなってきたわけですから、その方がいいと思います。


小山龍介

ブルー・オーシャン戦略を実践する場合、「取り除く」「減らす」「加える」「増やす」の4つのアクションを起こすことが重要です。


林文子

いま100年に一度といわれる不況だからこそ、既成概念を捨てて知恵を絞って、お客様が何を必要としているかをとことん考える機会にするといいでしょう。


鈴木進介

抽象的すぎる言葉は、生産性が悪くしてしまう。よく使われている抽象ワードのワースト5は「推進する」「強化する」「徹底する」「共有する」「浸透させる」。前向きな言葉に聞こえますが、何の具体性も示されていません。それぞれ何をどれぐらい求めているのか、人によって解釈が違ってくる。コミュニケーションのズレが起きやすく、やり直しなど多くのムダな時間を生む原因です。


岩佐大輝

プロボノ(各分野のプロによるボランティア)の仕組みがうまく回るために心がけているのは「時間のあるときに、楽しいと思うことだけをやってもらう」ということ。プロボノに登録しているメンバーは850人以上いますが、そのうち稼働しているのは50人程度。そのとき動きたい人、動ける人が、プロジェクト単位で集まって、休日などの空き時間を使って活動しています。また、メンバーの便を考えて、東京・表参道にみんなで集まれる小さなオフィスを借りました。場を用意することで、まったく違う業界の、さまざまなバックグラウンドを持った人たちが集まります。だからこそ、プロボノから面白いものが生まれる。「共創」ができるわけです。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

リーダーの役割とは、変革をリードし、次のリーダーを育てることだ。


高橋広明(パナソニック)

研修で身につくのは、本当に必要なものの10%程度です。最大の学びの機会は、やはり仕事です。


下田進

リアル店舗がしっかりしているという安心感がネット販売好調に繋がっている。


ページの先頭へ