名言DB

9419 人 / 110788 名言

井上貴之の名言

twitter Facebook はてブ

井上貴之のプロフィール

井上貴之、いのうえ・たかゆき。日本の経営者。自動車小売・買取チェーン「カーセブン」を展開する「カーセブンディベロプメント」社長。明治大学政治経済学部卒業後、三和銀行を経てカーセブンディベロプメントに入社。同社社長を務めた。また、日本自動車購入協会(JPUC)代表理事を務めた。

井上貴之の名言 一覧

自分が与えられた環境の中で楽しさを味わいにいけるようにならないと、どこに転職しても同じだ。


私の上司は入社当時から今に至るまで誰もいないし、物事がうまくいけばそれは皆さんのおかげであり、失敗すればその責任はすべて私の責任。そう思ってやってきました。


直営店・FC店の声をもとに開発したシステムを加盟店及び競合他社に提供しています。「現場」を持った我々が開発しているため、システム専業会社のものよりも使いやすいと好評で、自動車査定システム「インスマートシステム」はすでに800社に導入されています。


「カーセブン」だけはさらに一歩進むことにしました。代金については車両と書類がなくても、契約を結んだ時点で一部をお支払いし、我々自身もリスクを負うようにしました。また、キャンセルは7日間、いつでもキャンセルできます。他店では「キャンセルしないで下さいね」と言うところうちの営業マンは「いつでもキャンセルできるので安心して契約して頂いて結構ですよ」と言います。また、プロである我々には査定ミスなどそもそもあってはならないので、契約後の減額交渉をすることは絶対にありません。これらは「あんしん宣言」として、「カーセブン」の買い取りにおける最大の差別化と調っています。加盟店の中にも「儲かっているのに余計なことをするな」という声があっため、社内の説得も含め、全店強制実施するまでに2年かかりました。しかし、これにより他店よりも買い取り価格が低くても、我々に売ってくれるというお客様が増えました。


モノを売る場合、一番高く買い取ってくれるところに売りたいと考えるのが自然ですが、車は値段がすべてではありません。車の売却は、車両と書類を渡してから現金が振り込まれるまでタイムラグがあり、長いと平気で1週間以上待たされたりします。そのため「その間に店がつぶれたらどうするのか」「事情が変わったため契約をキャンセルしたくなったらどうするのか」「後から営業マンの査定ミスが発覚した場合、減額交渉されることがあるのか」など、売り主は様々な不安を抱えることになります。高く買い取ってくれることももちろん重要ですが、それ以上に「安心感」が求められるのです。


買い取りと販売を両方やっている最大の理由は、消費者メリットと我々のような自動車業者のメリットを追求するためです。例えば、コンビニエンスストアやスーパーのようなチェーン店では、大量発注によって仕入れコストを下げています。仕入れ原価が下がれば店舗の利益も増えますし、消費者にも商品を安く提供することができます。ところが古物流通の中古車は一物一価が原則で、大量に仕入れたところで安くなりません。むしろ需要が増えれば増えるほど仕入れ原価は高くなるので、大量仕入れでメリットを追求することができないのです。では、どうするべきか。行き着いた答えが、中間マージンを否定することでした。つまり、ユーザーに販売する車はオークションで仕入れるのではなく、ユーザーから直接仕入れるようにしたのです。余計な中間マージンがないので、商品を安く販売することができるようになりました。


井上貴之の経歴・略歴

井上貴之、いのうえ・たかゆき。日本の経営者。自動車小売・買取チェーン「カーセブン」を展開する「カーセブンディベロプメント」社長。明治大学政治経済学部卒業後、三和銀行を経てカーセブンディベロプメントに入社。同社社長を務めた。また、日本自動車購入協会(JPUC)代表理事を務めた。

他の記事も読んでみる

楠本修二郎

僕は整理整頓が大の苦手。頭の中にも、あらゆる出来事や情報が散らばっています。でも走っていると、それらが突如結びついて、自分でも驚くような企画や事業につながっていくことがある。一カ月前に食べたハワイ料理のエッセンスを、新規に立ち上げる日本料理店に取り入れてみたらどうだろう……。ランニングの時間は、僕にとってひらめきの宝庫といえるかもしれません。


小宮一慶

私は顧問を務める建設関係の会社の若手社員に、こう言っています。「日常業務に直接関係がなくても、電気工学や建物の構造力学といった知識まで知ると将来が違ってくるよ」と。


鈴木敏文

コンビニなどは1年で7割の商品が入れ替わります。販売の数字を追うときは、売れた量と時間(期間)の関係に着目しながら、仮説と検証を繰り返す。これが変化の激しい時代の販売データの活かし方です。


高岡浩三

お客さんが気付いていない問題を発見するには、「新しい現実」というのを見にいかなきゃいけない。新しい現実が、新しい問題を連れてくる。


大山健太郎

社長の座を長男に譲り、会長に退きます。半世紀ぶりの社長交代となります。当社は株式を公開せず、創業の理念をきちんと引き継いでいくことを重視しています。3人の兄弟が経営幹部として会社を支え、会社は私たちの「家業」そのものです。当然、長男に経営者としての自覚や能力が身に付いたら、社長を引き継ごうと決めていました。


栗山英樹

レギュラーがケガするのはすごく痛い。でも、違う選手がチャンスを得られる可能性がある。そこで成長すれば、レギュラーが戻ってきたときにはプラスアルファが生まれている。


早川幸治

耳を使った勉強は「移動時間を活用できる」という利点があります。リスニング力を上げたいときは通勤電車を大いに活用しましょう。


重村博文

大切なことは、感動と共感を与えられる作品を世に出していくこと。そのために、社員全員に1作1作、良い作品作りに注力してほしい。


河辺よしろう

新規客をつかまえるより、リピーターを維持できる提案をするほうが格段に儲かるもの。ライバルが登場した時の対抗手段になりますし、少子化で人口減少するこれからの時代には必須のルールといえます。


澤田秀雄

何を言っても、結果が出ないことにはやる気も元気も出てきません。とにかく黒字にして、利益を出して、ボーナスを出して、利益で環境を少しでもよくして、園内をキレイにしていく。結果が出れば社員にも、「社長の言っていることがひょっとしたら正しいんじゃないか」と思い始めてもらえます。ボーナスをもらえば、実感もわいてくるでしょう。だからまずは結果を出すしかないと思いました。