名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

井上貴之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上貴之のプロフィール

井上貴之、いのうえ・たかゆき。日本の経営者。自動車小売・買取チェーン「カーセブン」を展開する「カーセブンディベロプメント」社長。明治大学政治経済学部卒業後、三和銀行を経てカーセブンディベロプメントに入社。同社社長を務めた。また、日本自動車購入協会(JPUC)代表理事を務めた。

井上貴之の名言 一覧

自分が与えられた環境の中で楽しさを味わいにいけるようにならないと、どこに転職しても同じだ。


私の上司は入社当時から今に至るまで誰もいないし、物事がうまくいけばそれは皆さんのおかげであり、失敗すればその責任はすべて私の責任。そう思ってやってきました。


直営店・FC店の声をもとに開発したシステムを加盟店及び競合他社に提供しています。「現場」を持った我々が開発しているため、システム専業会社のものよりも使いやすいと好評で、自動車査定システム「インスマートシステム」はすでに800社に導入されています。


「カーセブン」だけはさらに一歩進むことにしました。代金については車両と書類がなくても、契約を結んだ時点で一部をお支払いし、我々自身もリスクを負うようにしました。また、キャンセルは7日間、いつでもキャンセルできます。他店では「キャンセルしないで下さいね」と言うところうちの営業マンは「いつでもキャンセルできるので安心して契約して頂いて結構ですよ」と言います。また、プロである我々には査定ミスなどそもそもあってはならないので、契約後の減額交渉をすることは絶対にありません。これらは「あんしん宣言」として、「カーセブン」の買い取りにおける最大の差別化と調っています。加盟店の中にも「儲かっているのに余計なことをするな」という声があっため、社内の説得も含め、全店強制実施するまでに2年かかりました。しかし、これにより他店よりも買い取り価格が低くても、我々に売ってくれるというお客様が増えました。


モノを売る場合、一番高く買い取ってくれるところに売りたいと考えるのが自然ですが、車は値段がすべてではありません。車の売却は、車両と書類を渡してから現金が振り込まれるまでタイムラグがあり、長いと平気で1週間以上待たされたりします。そのため「その間に店がつぶれたらどうするのか」「事情が変わったため契約をキャンセルしたくなったらどうするのか」「後から営業マンの査定ミスが発覚した場合、減額交渉されることがあるのか」など、売り主は様々な不安を抱えることになります。高く買い取ってくれることももちろん重要ですが、それ以上に「安心感」が求められるのです。


買い取りと販売を両方やっている最大の理由は、消費者メリットと我々のような自動車業者のメリットを追求するためです。例えば、コンビニエンスストアやスーパーのようなチェーン店では、大量発注によって仕入れコストを下げています。仕入れ原価が下がれば店舗の利益も増えますし、消費者にも商品を安く提供することができます。ところが古物流通の中古車は一物一価が原則で、大量に仕入れたところで安くなりません。むしろ需要が増えれば増えるほど仕入れ原価は高くなるので、大量仕入れでメリットを追求することができないのです。では、どうするべきか。行き着いた答えが、中間マージンを否定することでした。つまり、ユーザーに販売する車はオークションで仕入れるのではなく、ユーザーから直接仕入れるようにしたのです。余計な中間マージンがないので、商品を安く販売することができるようになりました。


井上貴之の経歴・略歴

井上貴之、いのうえ・たかゆき。日本の経営者。自動車小売・買取チェーン「カーセブン」を展開する「カーセブンディベロプメント」社長。明治大学政治経済学部卒業後、三和銀行を経てカーセブンディベロプメントに入社。同社社長を務めた。また、日本自動車購入協会(JPUC)代表理事を務めた。

他の記事も読んでみる

やすひさてっぺい(安久鉄兵)

基盤を固めるため、今年、「全国唐揚協会会長総選挙」を実施します。各都道府県に、協会を立ち上げるための会長を選出する選挙です。既に昨年、静岡唐揚協会が発足しましたが、これからの世の中、各地域が盛り上がることで全体が動く。地方分権化すれば、地元の唐揚げ店とコラボしながら、町おこしイベントなどもやりやすくなります。


阿部川久広

ビジネス上のコミュニケーションでは、言語にかかわらず、考え方から曖昧さを取り除くことの方が先決。


水野泰三(経営者)

元プロ選手を積極的に雇っているのは「専門的な販売員」を持とうという一環です。ウチほどやっているところはないんじゃないかな。元プロともなると説得力が違うし、子供なんかはその人を目当てに来店しますしね。そういう差別化はどんどんしていきたいと思います。


富田浩安

コロンビア大学での勉強が始まると、私は大きな衝撃を受けました。アメリカ人の学生たちがとにかく勉強していたからです。私はインターナショナルハウスという留学生が生活する寮に入っていたのですが、みんなが本当に勉強している。日本では受験勉強をして大学に入学したら運動などに明け暮れ、勉強は適当にするケースが多かっただけに驚きました。学生たちは図書館にこもってとにかく勉強をする。そういった光景を見て、私はそれまでの甘い気持ちを切り替えました。


猪瀬直樹

原則的に、仕事はすべて周りに任せるつもりで割り振ってください。自分が抱えられない部分を周りにカバーしてもらうのではなく、周りができない部分を自分がカバーしつつ全体をコントロールする。これがリーダーの役割。


金川千尋

事業の成功の7割は営業で決まります。ただし、営業に奇策はありません。


土光敏夫

じゃあ経団連をやめて暇になるから、僕が行くよ。僕のほかにも会社を辞めて植木屋のアルバイトをやっている人がいるから、2、3人連れて行く。
【覚書き|ある人が自宅の庭木の手入れは植木屋に頼んでいると言ったことに対する土光氏の発言。土光氏は自分の家の庭を自分で手入れしていた。また、俸給から生活費10万円を抜いて他は全額近所の女学校に寄付していた。】


田中通泰

私は休みや時間があれば、常に売り場を練り歩くようにしています。当社の商品を手に取ってくれている方はどんな方なのか。お店ではどのような場所に陳列されているのかといったことを直接確認するためです。現場を見ることが消費者の要望を知ることにつながるのです。


外山滋比古

頭の状態が悪いというのは、余計なことがたくさん頭の中に残っていることです。寝て起きたら、たいがい忘れていますから、朝が一番、頭の状態がいいわけ。だから夜に考え事をしてはダメで、ちゃんと寝て朝考えたほうがいい。呼吸も、血液の循環も、人間にとって大事なことは、みんな意識しなくてもできるでしょう。忘却も同じです。それを、学校の勉強で、忘れるな、忘れるなって、不自然なことを強いるから、おかしくなる。


松井忠三

私は西友の課長時代から意識改革の難しさを実感していました。トップが身体をはって考え抜いてやるしかない。


有森裕子

私がマラソンを始めたのは大学に入ってからです。具体的にオリンピックを目標にしたのは、リクルートに入って、初マラソン日本最高記録を出したときです。10代から才能があると注目されてきた選手ではないのです。そんな私には勝ちパターンはありません。事前に理想のレース展開なんて考えず、どんな状況でも走れる準備をするだけです。


ルー大柴

問題は上手下手ではなく、心の壁です。引っ込み思案は捨ててほしい。下手でも堂々と話すこと、物おじせずオープンになること。それが言葉の技術よりもずっと大事な、インターナショナルなマインド。